今週もまとめます。長いまとめではありますが・・・来週以降はちょっとまとめ記事水曜に間に合わないかもしれません。

3人の新人先発QB
苦難のAFC北
小ネタ集
BRAKING
週間MVP

 3人の新人先発QB

今週は3人の新人QBが先発をしました。その結果も含め総評をしていきます。

 NYG ダニエル・ジョーンズ 劇的逆転勝利 

初先発で残り1分で逆転のQBスクランブルでTDを奪い逆転 最後バッカニアーズのFGが外れ、劇的な勝利となりました。この試合のジョーンズは336y 2TDパス 2TDランと大暴れでした。ジャイアンツにとってはこの勝利でジョーンズをフランチャイズQBとして使う決心が完全についた試合と言っていいでしょう。戦力としてはまだ厳しいチームではありますが、この勝利の流れをそのまま続けていきたいところです。

最後のスクランブルTDの声援見直しましたけどすごかったですね。これバッカニアーズのホームなんですが、ジャイアンツホームのような感じに思えますねwwww

ジャイアンツファンではありませんが、なんか祝福したくなる試合でしたね。正直イーライが嫌いだからってのもあるかもしれませんがwwwwww

先程発表になったNFC攻撃部門 週間MVPを受賞となりました。初先発での受賞は昨年のKCパトリック・マホームズ以来?ですね。おめでとうございます。



 JAC ガードナー・ミンシュー 落ち着いたプレイで新人勝利一番乗り 
TNFで一足はやく新人初勝利をQBミンシューが飾りました。非常に落ち着いたプレイで204y2TDを記録しました。OLが決して固いわけではないんですが、これだけ落ち着いてプレイできるのは素晴らしいです。なんか去年までのボートルズにはなかったものをしっかり持っていて、ジャガーズに今までいなかったタイプのQBかなと思います。おそらくあまりターンオーバーは食らうことはないタイプかなと。

QBフォールズの怪我でいきなりチャンスをもらってしっかりそのチャンスをものにしました。今後のジャガーズは要注意チームとなりえそうです。CBラムジー問題はありますが、この勝利でラムジーの心が変わってくれるといいですね。



 ARI カイラー・マレー 接戦を物にできず初勝利はお預け 
決して悪くはないんですが、勝ちには恵まれないですね。3Q終盤まではいい勝負だったんですが、そこからINTを食らいそのチャンスをパンサーズがものにしました。そこまでは面白い試合だっただけに残念なプレイとなってしまいました。

パンサーズの先発QBアレンはマレーとは2015年テキサス農工大で先発を争い二年だったアレンが先発を勝ち取り 一年のマレーはバックアップに回ったという因縁?の対決だったようです。その後2人とも大学をリクルートし別々の大学でプレイすることになったようです。

今回はパンサーズのアレンに軍配が上がり、パンサーズとしてはニュートンの抜けた不安が解消される試合となりました。ただこの出来を続けていればマレーの初勝利も早いうちにできるでしょう。十分勝負になっている試合ばかりですしね。



 苦難のAFC北

今週のAFC北は全敗となりました。レイブンズは今シーズン初敗戦ですが、どのチームも苦労している印象です。

 ブラウンズ(CLE) ラムズに惜敗 1勝2敗 
先発DB3人が欠場となり、守備に不安を抱えた試合ではありましたが。2INT 1ファンブルリカバーと想定外のDB陣の活躍もあり善戦というか勝てる可能性は十分あった試合でした。前半はOLが持たないと踏んで早いタイミングのパスを重視した攻撃で悪くありませんでしたが。後半は普通に真っ向勝負をして、OLがラムズの守備にやられまくり、まともな攻撃はこれではできませんよね。

なんというか、昨年のヒュー・ジャクソン時代に攻撃が戻ったんじゃないの??って思うもので残念です。あとやはり反則が多いですね、ここもフラストレーションが貯まるポイントになっています。正直チーム状態は悪いと言っていいでしょう。昨年はHC交代から打開しましたが、それは無理なので何かいい打開方法があるといいのですがね。。。



 レイブンズ(BAL) チーフスを止められず 2勝1敗 
連勝中同士の対決となりましたが、チーフスが圧倒的な力を見せつけた試合となってしまいました。レイブンズのラン攻撃は素晴らしかったのですが、この日のQBジャクソンのパスの精度はイマイチだったかなと。チーフスがうまくレイブンズの力を封じたとも言えます。

点差としては1ポゼ差までは行きましたが、常にチーフスがリードを保った展開で逆転は難しい試合でした。正直なところ前半のレイブンズの攻撃はから回ってたなぁと。ちょっと気負いすぎだったのかなと思えました。それでも1ポゼ差まで持っていったのは力は確実にある証拠です。1敗はしましたが地区首位であることには変わらず、一歩リードという状況です。


 スティーラーズ(PIT) 49ersの守備に轟沈 3敗  
スティーラーズは先週トレードで加入したSフィッツパトリックの活躍もあり、5つのターンオーバーを奪いましたが、49ersの守備もやり返し3つのターンオーバーを奪取し、譲り合いの試合となってしまいました。この試合で今年の49ersの守備は本物だなとわかりましたね。

後半はシーソーゲームとなりましたが、前半のうちに差を広げられる場面で出来なかったのが最後に響いてしまいました。スティーラーズの開幕3連敗は正直今まで見た覚えはないかなぁ。厳しいスタートとなりました。試合内容的にはここ2戦勝ってもおかしくないだけに、1つ勝てば雰囲気は変わりそうかなぁと。



 ベンガルズ(CIN) ビルズに逆転負け 3敗  
前半はチームの勢いの差で押される展開でしたが、後半はビルズのやらかしもあり4Qで一度逆転をしましたが、再度が逆転をくらい、最後はINTで惜しくも敗戦となりました。今年はRBミクソンのランが不調。OLの責任もあるかもしれませんが、現時点でチームランヤードは最下位となっています。パス攻撃は決して悪くないのですが、もう一つ足りない。やはりWRグリーンが戻ってきてからなのかなと。

あと個人的にはテイラーHCのオーバーアクションがきになりました。
jpg0636
試合後の審判への抗議が熱かったです。最近はSEAのピート・キャロルくらいしかオーバーアクションHCがいなかったのですが、新生が現れて楽しみです。

前まではSFのジム・ハーボー NYGのトム・コフリン DETのジム・シュワルツなどオーバーアクションタイプのHCがいたのですが、最近は落ち着いたHCが多い気がします。ベンガルズの試合はテイラーHCにも注目すると面白いかもしれません。


Week4では
レイブンズ@ブラウンズ(9/30 2:00)
ベンガルズ@スティーラーズ(10/1 9:15 MNF)

の同地区直接対決が行われます。レイブンズも仲良くしてもらわないといけないので、ブラウンズはまじでなんとかして勝ってもらいたいです。じゃないと序盤ですがレイブンズ独走の体制に入りかねません。なんとかならないかなぁ・・・・

 小ネタ集

 BAL K ジャスティン・タッカーのオンサイドキック 
ドロップキックでのオンサイドキックは昨年SEAのPマイケル・ディクソンがやっていたりしてましたが、こんなバレーのサーブのようにボールをふわっと上げてのオンサイドキックは初めて見ましたね。

結果はチーフスのWRハードマンがしっかりキャッチし失敗となりましたが、相手を撹乱させるには面白いキックだったと思います。どうやら2ミニッツ前で時計を進めたくなかったので、フェアキャッチさせて時間が止まったままにしたかったという意図も含まれたキック方法だったらしいです。

あとこのふわっと上げるの一度やり直ししてました。やり直しに関しては特に反則も取られませんでした。キックするまではプレイ外だからという感じなんでしょうね。


 NE 今シーズンの守備ドライブの結果 

今週も同地区のジェッツ戦で勝ちを収めたペイトリオッツ。今回のジェッツ戦では14失点をしましたがこれは守備が取られたわけでなく、INTリターンTD ファンブルリカバーTDの2つで攻撃が直接失点したものでした。ということで守備は3戦終わって開幕戦のFGのみしか失点していません

内訳は、INT6(内TD2)4thdown阻止 5 時間切れ3 パント22 FG1 となっております。

もちろんですが、主要のチームの守備スタッツは
jpg0635
現時点では全部1位となっています。てか守備だけの失点だと1.0なんですよね。。。。攻撃も好調ですが守備をなんとかしない限り勝ち目がないでしょうね。。。このまま今年も優勝なのかなぁ・・・


 NYG 勝利の輪に入りたいRB セイクオン・バークリー 
負傷のため試合途中離脱となってしまったRBバークリーですが、今シーズン初勝利をチームメイトと一緒に祝いたいため、松葉杖の状態で一生懸命輪の中に入ろうと頑張っている愛らしい様子です。



ただ残念ながら1~2ヶ月の離脱となってしまうようです。新たなフランチャイズQBが誕生したので本当にこれからというところで残念な離脱です。


 オードリー若林 ジャガーズファンを煽る 



5:40~

先週Week2ジャガーズ@テキサンズの試合での感想を述べるところで、『ジャガーズごときにあの押され方してるようじゃ』と炎上を心配しつつも煽っておりました。元ジャガーズファンではありますが、ジャガーズファンは頑張って炎上させてほしいなぁーwwww

今年はTVerでもNFL倶楽部の配信がはじまり、今まで見れてなかったので楽しく見させてもらっています。30分でよく詰め込んでますよねこの番組。



 BRAKING

今週おきたニュースを一応取り上げておきます。

 NE WR アントニオ・ブラウン 在籍11日で解雇 




まだ性的暴行の調査は終わったわけではありませんが、この解雇は疑惑が本当だった何かをチームが掴んだ結果なんじゃないかなと推測されます。

今までの経過はマキト@emuke_teaさんがまとめられていました。
わがままし放題で移籍して最後がこのような結果になってしまったのは残念ではありますが、自業自得かな。



プレイしないとSNSで言ってますが、まずは代理人はSNSを彼から取り上げたほうがいいのではないでしょうか・・・・


 PIT TE ニック・バレットをトレードで獲得 



開幕前から層の薄さが不安視されていたスティーラーズのTE 49ers戦で先発TEマクドナルドが負傷し、いよいよ人材がいない状態に(いるけど実績皆無の選手ばかり)という状態になってしまいました。シーホークスは負傷明けのTEウィル・ディズリーが復活し活躍していることもありバネットをトレードに出すことにした感じです。5巡との交換ということですが、同地区のライバルとしては、緊急事態なんだからもっとふっかけてほしかったなぁと。

3連敗スタートのスティーラーズはちょっと明るい話題がでてこない厳しい状況ですね。


 週間MVP

 AFC 

攻撃 HOU QB デショーン・ワトソン
351y 3TDパス レーティング135.8を記録

守備 JAC EDGE カライス・キャンベル
3サック 4ロスタックル チームも合計9サックと大暴れ

スペシャルチーム  NE P ジェイク・ベイリー(新人)
5回のインサイド20y 最長58yのロングパントを記録


 NFC 

攻撃 NYG QB ダニエル・ジョーンズ(新人)
336y 2TDパス 2TDラン レーティング112.7を記録 初先発で劇的勝利を飾る

守備 GB EDGE プレストン・スミス
3サック 2ロスタックルを記録 チームは3連勝

スペシャルチーム NO P トーマス・モーステッド
4回のインサイド20y 最長64yのロングパントを記録



NFL Elite 2020 Calendar
Inc. Lang Companies
Lang Holdings Inc
2019-10-01