折返しとなるWeek8です。もう半分シーズンが終わってしまうんですね。早いものです。


ブラウンズのことをもう少し詳しくというご意見もあり、ブラウンズの分析は”今週だけ”ちょっと長めしてみました。来週はたぶん短評に戻ります。

DAZN放送試合は

でご確認ください。

 ブラウンズ(2-4)@ペイトリオッツ(7-0)

2019week8-04
左の数字 背番号   今季加入選手   新人選手   欠場選手 
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数 Rは新人
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位

ブラウンズのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=CLE
ペイトリオッツのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=NE

SnapCrab_No-0063

ブラウンズは先週はバイウィークでした。現在2勝4敗とシーズン序盤は開幕前の期待を裏切る結果となっています。

<今年の問題のOL>
RGザイトラーの抜けた穴が大きかった+RTハバートの不調もあり右のパスブロックがうまく行ってない。右からのプレッシャーはQBメイフィールドから見えるので、メイフィールドが早めに逃げる選択を取ってしまう。振り向いて見るとLTも押されていて更に慌てる。これが悪い時のパターンですね。TEN・LAR・SF戦がこれでした。

右がなんとか抑えられるとメイフィールドの動きは問題なくなるんですよね。これが出来たBAL・SEA戦は素晴らしいポケットワークを見せ攻撃は好調でした。

NYJ戦はブリッツ多用で枚数が間に合わなかったところもあります。ただその分後ろの枚数がいなかったので、ブリッツの裏をつく攻撃でうまく勝てました。

その問題のOLですが、どうやら入れ替えを行うようです。



現段階では予想という状態ですが、LTをマクレイにするというのが有力らしいです。

現状だとこれだけプレッシャーがかかっている状況がシャッフルすることで、緩和できればいいんですが、数字みてしまうときついものがありますね。正直左よりも右をなんとかしてほしいかなと思うんですよね。

ただこれは予測なので先発は試合がはじまってみないとわからんみたいです。そりゃ今から知らせてペイトリオッツに対策させる必要はないですしねwwww
SnapCrab_No-0083
https://www.ourlads.com/nfldepthcharts/depthchart/CLE

このOLの並びが月曜(現地日曜)にどのような変化になるかは当日のお楽しみ・・・お楽しみできる状態であればいいなぁ・・・・


<メイフィールドのINT問題>
現在INT11個はNFL最多

↓全INTがGIFで表示されており、かなり重いので注意して開いてください。


今年のメイフィールドのパス精度の問題も多少はありますが、プレッシャーからの無茶投げが目立っています。あとはレシーバーのジャックルからのINTも3個ほどあり、これに関してはメイフィールドよりもレシーバーの問題です。

昨年までのフェイバリットターゲットだったWRヒギンズが欠場が続いていたこともあり、ヒギンズとのラインを復活することで攻撃のリズムがよくなってパス精度も上がることに期待したい。

<ラン攻撃はまずまず>
RBチャブは6試合で607yラン 6TDを記録し期待通りの活躍です。ただ問題は2番手なんですよね。RBジョンソンの抜けた穴がまったく塞がらず、ジョンソンのレシーブがあればもう少し攻撃がうまく行っただろうなぁと思うことばかりです。RBヒリヤードがその役割をと使っているのですがレシーブが正直うまくない・・・やはり彼はリターナー専門として生きていくのがいいのかもしれない・・・あと2試合すればRBハントが試合に出れるのでそれまではこのショートターゲット問題は辛抱でしょう。

<守備について>
CBウォード ウィリアムスがやっと試合に戻ってきます。ただSランドールが欠場となってしまい。なかなか先発DBが揃いません。ただパス守備に関してはしっかりやれています。もう少しINTがほしいので、そこをウォード ウィリアムスの復活で改善できれば完璧かなと。

パスラッシュはEDGEギャレットがここまで9.0サックを記録しており、ギャレットは好調なのですが、反対側のEDGEヴァーノンがいまいちなところがあります。サックの数だけではなくプレッシャー自体の印象があまりないかなと。もう少しローテーションして他の選手にもチャンスやってもいいかなと。特に今シーズンチャンスが来ないLB登録ではあるエイブリーをちょっと使ってやっても良いんじゃないかなと。

ウィルクスDCも『試合に出れば大きな影響をもたらすだろう!』と言ってるんですが、それならちゃんとベンチ入りさせてほしいかな・・・・

<スタッツの悪いラン守備>
ラン守備の成績が悪いのは、BAL・SF・SEAと、ここ数試合ラン特化チームとの対戦も多かったこともあるとは思います。

ただ昨年のラン守備の悪化は外側のランに追いつけていないというのが問題でしたが、今年は中央のランに対しての対応のまずさが問題ありです。なんか相手のリードブロックが毎試合うまい印象なんですよね。要するにそこが弱点だから突かれてるってことになるんですがね。今回のペイトリオッツもRBミシェル ボルデンなど中央突破ランが強いので、ここは注意しなければいけません。

<この試合で個人的にやってほしいこと>
・OLシャッフルがたまたまでもいいのでうまくいく
・ラン中心で行く
・WRヒギンズの復活で攻撃のリズムを取り戻す
・中央のランをあまり出させない
・EDGEはギャレットの反対はローテーションして常にフレッシュな選手でプレッシャーをかける
・プレッシャーがうまく行ってパスミスを誘いINTを取りたい。今年のブレイディは意外とそれがある
・ここぞのところでWRベッカムのスーパーキャッチでCBギルモアをぶちやぶる

全部うまくいってやっと勝ち目が出てくるかなぁ・・・パス攻撃は今回はあんま無理してやらんほうがいいかもしれませんね・・・


SnapCrab_No-0065

ペイトリオッツは先週のジェッツ戦は完勝でした。レシーバー不足が懸念されていましたが、RBボルデン WRマイヤーズ(リスト外)などがターゲットとして活躍しました。今週はWRゴードンが怪我人リスト入りとなってしまいましたが、WRサヌーをトレードで獲得。ターゲット不足は解消されつつある状態です。先週もうちょっと苦しい試合してくれると思ってたんだけどなぁ。。。。

守備はもう何も言うことがないです。ジェッツ戦では4INT2リカバー 6つのターンオーバーを奪いました。CBギルモアは現状No.1CBと言っていいでしょう。今回おそらくWRベッカムとのマッチアップとなりますが、ブラウンズの戦略次第なところはあります。ベッカムに投げきる選択をしたならばどちらが上を行くか注目ですね。

EDGEベネットをトレードでカウボーイズに放出しました。采配への不満をぶちまけ、あまりチームに溶け込んでいなかったようです。放出の影響はそんなにないかなと思われます。

・サードダウン被成功率
SnapCrab_No-0084
https://www.footballdb.com/stats/teamstat.html?lg=NFL&yr=2019&type=reg&cat=W&group=D&conf=&sort=thirdpct

サードダウンの数字どうなってるか見たら驚愕としか言いようがない数字でした。。。7試合でペイトリオッツ守備からサードダウン突破できたのが12回ってなんなんすか?やばすぎでしょこの数字・・・・そりゃ失点しないわ・・・



 茶王 勝敗予想 

この試合は正直勝ち目薄いと思ってます。なのでペイトリオッツ勝利予想です。ペイトリオッツ守備にバイウィーク明けのブラウンズがどういう戦略を練ってくるのか、ここが見どころです。これで負けても内容が良ければまだ希望が持てます。完封負けでもしたら今年は諦めます。



 パッカーズ(6-1)@チーフス(5-2)

2019week8-05
左の数字 背番号   今季加入選手   新人選手   欠場選手 
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数 Rは新人
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位

パッカーズのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=GB
チーフスのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=KC

SnapCrab_No-0067

パッカーズは3連勝中6勝1敗と素晴らしい序盤戦の成績となりました。今年の攻撃はWRアダムスの欠場が多くターゲットに苦慮してるところはあるものの、QBロジャースのプレイはさすがというところですね。RBジョーンズが8TDランを記録しており、ランでもしっかりコントロールもできているところが昨年と違うところですね。

攻撃もさることながら今年は守備が良いんですよね。FA補強したEDGEの2人のスミスが期待通りの活躍で2人で13サックとサックを量産し続けています。ヤード自体は出されているものの、ターンオーバー奪取数が13でリーグ4位タイというのも特出するべき点でしょう

SnapCrab_No-0082
https://www.footballdb.com/stats/turnovers.html?sort=taketot

今年のパッカーズは攻守のバランスが良く隙があまりないという印象です。順調にいけばプレイオフは間違いなさそう。



SnapCrab_No-0069

チーフス先週QBマホームズが膝の負傷で離脱という残念なことが起こりました。しかし3週ほどで戻ってこれるということで、とりあえずは安心しました。これを期に足首の方もしっかり治してリフレッシュした状態で戻ってきてほしいですね。

ということでQBムーアが先発となります。ブロンコス戦で途中出場をしましたが、比べるのがマホームズというのが厳しいところではありますが、ある程度はできるかなと。今までのような爽快な攻撃はできないとは思います。ベテランの味で20点くらいに収まる攻撃になりそうかなと。

守備はランが出されすぎて相手に試合のコントロールされています。負け試合のパターンはこれでしたね。決してパス守備も数字ほどいいわけではないので、ランを抑えてコントロールされないようにしなければいけない。今週はDLジョーンズ EDGEクラークが欠場となり、チーフスの守備の軸であるパスラッシュも不安があり厳しいかなと思われます。



 茶王 勝敗予想 

チーフスはQBマホームズだけでなく守備の核も欠場となっており、厳しい一戦となりそうです。ということでパッカーズ勝利予想です。



 ドルフィンズ(0-6)@スティーラーズ(2-4)

2019week8-06
左の数字 背番号   今季加入選手   新人選手   欠場選手 
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数 Rは新人
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位

ドルフィンズのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=MIA
スティーラーズのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=PIT

SnapCrab_No-0071

ドルフィンズは開幕前から予測されていたこととは言え、厳しいシーズンとなっております。打開方法はQBフィッツパトリックの爆発にかけるしかないでしょうねぇ。QBローゼンでは残念ながら打開できないという判断となりました。とにかくターンオーバーを恐れずぶんなげていけ!

守備もいいところが正直ない。もうちょっとQBにプレッシャーをかけれるといいんですが、サック数31位タイ QBヒット数最下位と厳しい。DB陣はなかなかの先発メンバーなのですが活かしきれないというのが現状です。このフロント7では今回も厳しいでしょう。



SnapCrab_No-0073

スティーラーズは先週はお休みでした。今週はQBルドルフが脳震盪から復帰し先発に戻るようです。新人QBホッジスの活躍も素晴らしかったので惜しい気もしますが、長期的なことを考えるとルドルフが出場したほうがいいでしょうね。

今季の攻撃は、RBコナーがちょっと期待外れな出来です。アベレージ3.2yではちょっと寂しいです。1試合で51yランが最高となっており、一度爆発して勢いつけたいところです。QBルドルフは4試合で7TDパスとクラッチ力はすばらしい。ちょっと過保護なところもありパス機会が少なめです。もう少しパス試投回数増やしてほしいけど、復帰戦なのであまり無理させないかな?

守備はフロント7がしっかりしている印象です。EDGEワットは現時点で4.0サックですが、QBヒット数は14回で2位となっています。

1位が兄貴なので兄弟ワンツーなんすよね。新人LBブッシュも活躍しており、DBもSフィッツパトリック加入でまとまっており、ターンオーバー奪取も15個とNFL2位タイです。ただその割に失点が多いんですよねぇ。なんか取られちゃってる。もう少し失点少なくなってもいいと思うんですがね。ただこの調子で続けていけばいずれスタッツは良くなっていきそうな気がします。


 茶王 勝敗予想 

フィッツパトリックの爆発以外ドルフィンズの勝ち目が見えない。ただローゼンだと爆発すらないですし、いつか爆発することを祈るしか無い。無難にスティーラーズ勝利予想とします。



 PFFの試合予想



 茶王 全試合予想(66-40-1 的中率.623) 


右から3番目のジャンクさんとうとう並ばれてしまいました。ここ数週的中率が良くないので、追い抜かれたくないなぁ。

MIN
NO
SEA
PHI
CHI
DET
TB
LAR
JAC
IND
CAR
HOU
NE
GB
PIT


今週はちょっと戦力差があるマッチアップが多めなので無難な感じになってしまっています。一応逆張り一個だけ、CAR@SFの一戦 CARも4連勝中で先週はバイウィークということもありフレッシュな状況RBマカフィーの酷使は問題ではありますが今の所怪我なく来ている。今年のCARは新人EDGEバーンズの大当たりもありQBへのプレッシャーが素晴らしい。十分勝ち目はあると思われます。

・今シーズンのQBヒット数

1試合少ないのでCARは実質トップと言っていいと思います。


NFL 2019 カラー写真名鑑 (B.B.MOOK1462)
ベースボール・マガジン社
2019-08-29