シーズンも2ヶ月経ち半分がおわりました。はやいもんですね。


 波乱なし

全勝のペイトリオッツと49ersは今週も勝ち、上位陣も安泰で波乱がなかった週でした。

 ブラウンズ自滅 ペイトリオッツ8連勝  
初っ端のターンオーバー3連発で試合が決定づけられてしまいました。
RBチャブが不運な物もありましたが2回のファンブルロスト もう一つは奇をてらったQBメイフィールドのミス。これが3スナップ連続でしたからね。。。残念な試合でした。
と、その後の内容はまあそこまで悲観する内容ではなかったかなと。ポジっていこう!

ということで、ペイトリオッツ8連勝となりましたが、FG失敗やら攻撃が今ひとつというそこまでいい内容ではなかったとは思います。




Kヌージェントはこの試合ではFGレンジに入ってるのにギャンブル2回行うなど、キッカーの信頼度がかなり低く、この試合で解雇となってしまいました。代わりは元NYJのニック・フォークと契約となりました。

SnapCrab_No-0103
今週はビルズが敗戦し、2ゲーム差がつきました。ビルズと一騎打ちとなりました。後半戦Week16での直接対決で勝利すれば地区11連覇確定的となるでしょう。次週はSNFでレイブンズ戦です。


 好調パンサーズに完勝 49ers7連勝  
相手が4連勝中のパンサーズとあって苦戦するかなと予想していましたが、蓋を開けてみたらラン攻撃でパンサーズ守備を切り裂き、守備も3INT 7サックと封殺し。圧勝劇となりました。

なんといっても2位指名EDGEニック・ボサの大暴れですね。3.0サック 1INTを記録し2度目の週間MVPを獲得。新人MVPも筆頭候補と言っていいでしょう。


SnapCrab_No-0102

シーホークス ラムズ共に勝利でまだまだ油断ならない状況です。カーディナルスも最下位ではありますが借金1ですのでまだチャンスはあります。次週はTNFでカーディナルスと同地区対決です。

 トレード期限終了

・EDGE マイケル・ベネット ペイトリオッツ⇒カウボーイズ  

 
ベテランEDGEベネットはカウボーイズが2021年の7巡目と交換トレードとなりました。

起用問題からの首脳陣批判をしたことでWeek7は1試合謹慎となり、その溝は埋まらずトレードで放出となってしまったようです。

・ペイトリオッツEDGE出場スナップ
SnapCrab_No-0091
http://subscribers.footballguys.com/teams/teampage-nwe-6.php

確かにWeek3から出場スナップが減っていますが、控えになったというわけでなくローテーションで回す方針に転換したというのが正しいのでしょう。それに納得がいかなくチームと亀裂が入ったと推測されます。

カウボーイズではEDGEクロフォードの怪我人リスト入りがあり、その穴を埋めるためのものと思われます。

今シーズンのオフにイーグルスから5巡と7巡のスワップで獲得しましたが、年度の違いはありますが結果的に5巡がなくなる結果になりました。
SnapCrab_No-0092
http://www.nfl.com/player/michaelbennett/2507617/profile




・DL レオナード・ウィリアムズ ジェッツ⇒ジャイアンツ  


5年目DLウィリアムスはジャイアンツが3巡目+2021年5巡目と交換トレードとなりました。

ウィリアムスは新人から全試合先発出場中です。大きなインパクトは残せてはいませんが、怪我もなくコンスタントな成績を残せる選手です。ジャイアンツはフロント7の戦力が整っておらず、守備1列目の軸になることが期待されます。

SnapCrab_No-0110
http://www.nfl.com/player/leonardwilliams/2552486/profile



・RB ケニアン・ドレイク ドルフィンズ⇒カーディナルス  


4年目RBドレイクはカーディナルスが条件付き6巡目(条件次第で5巡目に上がる)と交換トレードとなりました。


カーディナルスはRBジョンソン・エドモンズが負傷しており、新たな先発RBとして期待されます。ドルフィンズは来年のドラフトに向けて指名権を増やしました。
SnapCrab_No-0111
http://www.nfl.com/player/kenyandrake/2555230/profile



・LB ジェナード・エイブリー ブラウンズ⇒イーグルス  


2年目LBエイブリーはイーグルスが2021年4巡目と交換トレードとなりました。


イーグルスはLBブラッドハムの負傷欠場が続いており、LBの層の薄さもあり獲得となりました。ブラウンズで昨年はEDGEとしての出場が多めでしたが、今年はベンチ外となることが多く、本人にとっても出番のあるチームに行け、元々5巡目指名選手だったためブラウンズにとっても悪くない対価となりお互い良いトレードになったと思われます。頑張れエイブリー

SnapCrab_No-0112
http://www.nfl.com/player/genardavery/2560964/profile



・CB アキブ・タリブ ラムズ⇒ドルフィンズ  


ベテランCBタリブは5巡目を付け、ドルフィンズが2022年7巡目と交換トレードとなりました。


CBタリブは現在怪我人リスト入りをしており、契約も今季まで。要するに5巡と7巡のスワップでサラリーキャップをドルフィンズに移行を受け付けた形となりました。

昨年ラムズに移籍してきてパフォーマンス自体は良かったのですが、怪我に泣かされた2年間となってしまいました。ドルフィンズ所属となりましたが怪我人リストに入ったままなようで、ユニフォームに袖を通す確率は低そうです。
SnapCrab_No-0115
http://www.nfl.com/player/aqibtalib/1302/profile


トレード最終日はCBタリブのみのトレードが成立と、思いの外静かな最終日でした。
トレード濃厚と思われたTウィリアムスは残留でホールドアウトも解除されたようです。



ホールドアウトは終わりましたが、ロースターには入っていない状態です。どうやら身体検査で通過できなかったということらしいですが



まさかのまたヘルメット問題が起こるとは。。。前途多難ですな。。。


 BRAKING(今週のニュース)



 

NE ビル・ベルチックHC通算300勝SnapCrab_No-0105

https://www.pro-football-reference.com/coaches/

現地日曜のブラウンズ戦で勝利し、HC通算300勝(シーズン269勝 プレイオフ31勝)を達成しました。それより上がいるということに驚く。。。てか上が33年と40年HCやってるってすごすぎですね。シーズン一番多く戦っても19~20試合ですから、ほんとすごい数字ですわ。

もう抜かせるの居ないだろうと思ったんですが7位にアンディ・リードがおりますね。200勝挙げてたんだ。こっちの報道は見逃しちゃってたなぁ。この2人に追いつけるとしたらラムズのシーン・マクベイがあと20年くらいやればもしかするとって感じかな?www

ということでおめでとうございます。どこまで記録伸ばすことやら。





RBエイドリアン・ピーターソン ラン6位浮上 



サーズデイナイト レッドスキンズ@バイキングスで76yランを記録し、元LAC ラディニアン・トムリンソンを抜きキャリアランヤード6位に浮上しました。

SnapCrab_No-0089
http://www.nfl.com/player/adrianpeterson/2507164/profile

キャリア12年 34歳となりました。怪我・謹慎・解雇など紆余曲折はあったものの、レッドスキンズで復活し達成した成績です。

SnapCrab_No-0080
https://www.pro-football-reference.com/leaders/rush_yds_career.htm

まだ現役のフランク・ゴアが4位におり、ちょっとは2年位長くキャリアを続けないとこの差を埋めるのは難しいかもしれません。+がついているのは殿堂入り選手なので、まず殿堂入りは間違いないとは思われます。(息子への暴行で1年謹慎があったのが考慮されてしまうとわからんかもしれませんが・・・)

チームは負け1勝6敗となり、厳しいシーズンを送っています。これでキャリア終わってしまうのは寂しいので、記録でモチベーションを保ってほしいですね。


 小ネタ集

  髭に支配される  

SnapCrab_No-0086
http://www.nfl.com/voting/rookies/2019

今年のネット投票式週間新人MVPですが、7回中5回ジャガーズQBガードナー・ミンシューが選ばれています。そこまで凄いパフォーマンスじゃない週でも選ばれており、ミンシュー人気が凄いという証拠なのでしょうね。

ホームゲームでたくさんバンダナと髭をプレゼントしてアピールしまくったチームのプロモーション+ミンシューの陽気な性格も相俟った結果なのでしょう。

今週はジェッツに勝ち4勝4敗の五分の星で折り返しとなりました。ミンシューの試合スタッツは279y 3TD レーティング119.6を記録。今週もミンシューが選ばれそうな感じがします。(今週は49ersのEDGEボサの活躍すごかったので、こっち選んでほしいが。。。)

そんな中本来の先発フォールズが練習に戻ってきました。

 

どうやらシーズン後半から復帰可能っぽいです。ただここまでミンシューが大ブレークしちゃいましたからねぇ、今シーズンは何か無い限りフォールズに戻しにくそうだなぁ。フォールズってシーズンの先発機会にほんと恵まれませんねぇ。


 CIN アンディ・ダルトン 記録更新  
ベンガルズ@ラムズはラムズ勝利となり。ベンガルズは開幕8連敗となってしまいました。2015年に開幕8連勝を記録したことがあり、両方を記録する先発QBとなってしまったようです。

SnapCrab_No-0101
https://www.pro-football-reference.com/players/D/DaltAn00.htm

戦力不足なのは否めませんが、ダルトン自体は例年とそこまで遜色はないし、パスヤードは例年よりいい成績なんですが、うまくいかないという状況になっています。エースWR A.J・グリーンが開幕から足首の負傷欠場が続いており、当初の予定からするとかなり復帰が遅れてしまっています。グリーンがいればダルトンのこの成績ですし、何勝かはしてたんじゃないかなぁ。どうやらバイウィーク明けのWeek10 レイブンズ戦から復帰するらしいです。

ただダルトンは先発から外れることになってしまったようです。



Week10は4巡目指名のライアン・フィンリーが先発をすると発表がありました。相手がいきなりレイブンズ戦ということなのでちょっと厳しいしょうがAFC北のためにもなんとか・・・・ただラン守備最下位なので、ラン主体のレイブンズ相手となると厳しいそうではある。。。ブラウンズ戦以外頑張れベンガルズ!



 フィッツパトリックホットライン  
マンデーナイトゲーム ドルフィンズ@スティーラーズ ドルフィンズQBライアン・フィッツパトリックのパスをスティーラーズSミンカ・フィッツパトリックに通しました。(INTです)

今シーズン途中にドルフィンズからトレードでSパトリックが来て、もしかするとあるかなぁと思ったら。この試合2回のフィッツパトリックホットライン(INTです)が通ったようです。

同じ名字のINTホットラインが複数記録されたのはこんな長い間達成されてなかったんですね。スミスとかジョンソンとかよくある選手名とかでもなかなか記録しなかったんですね。それをおそらく現状2人しかいないフィッツパトリック姓で達成するとはある意味すごい記録となりました。

ちなみに試合はスティーラーズが序盤苦戦しましたが勝利となり、ドルフィンズは開幕からの連敗を8にのばしてしましました。


 週間MVP


 AFC 


攻撃 PIT RB ジェイムス・コナー 
145y 1TDランを記録しMNF勝利

守備 LAC EDGE ジョーイ・ボサ 
2サック 4ロスタックルでチームの連敗を3で止める

スペシャルチーム IND K アダム・ヴィナティエリ 
FG1本 XP1本外しましたが 試合終了間際の逆転51yFG成功で勝利に貢献



 NFC 


攻撃 GB RB アーロン・ジョーンズ 
226y 2TDランを記録 Week5に続き今季2度目の受賞

守備 SF EDGE ニック・ボサ(R)
3サック 3ロスタックル 1INT チーム全勝に貢献 Week5に続き今季2度目の受賞


スペシャルチーム MIN K ダン・ベイリー 
4FG 1XPとパーフェクトなキックで勝利に貢献



ということで守備はボサ兄弟が揃って受賞となりました。
とつぶやいたら、調べてくれた方がおり、2016年Week2にマニング兄弟が同時受賞したことがあったようです。
SnapCrab_No-0116
https://www.pro-football-reference.com/awards/players-of-the-week.htm

兄弟プレイヤーはそれなりにいますが、カンファレンスが別じゃないとできないことなのでワット兄弟やマコーティー兄弟は現状物理的に無理なんすよね。



NFL Elite 2020 Calendar
Inc. Lang Companies
Lang Holdings Inc
2019-10-01