無駄に長くなってしまいましたが、ご閲覧いただければ幸いです。


 今週の上位チームの結果

 レイブンズ ラムズ相手に大完勝劇 
さすがのレイブンズのランもラムズのDLドナルド ブロッカーズ相手に中央突破は苦労するだろうなと思っていましたが、蓋を開けてみるとその壁は何事来なく通過され、止める術なく6ドライブ連続TDという圧倒的な攻撃でレイブンズが完勝となりました。

レイブンズのQBジャクソンは今シーズン4度目の週間MVPを獲得でシーズンMVP最有力候補と言ってもいいでしょう。現時点でランは876ヤード 残り5試合で124ヤードを走れば史上二人目のQBランヤード1000ヤード到達となります。(もう1人はマイケル・ヴィック)これを達成して地区優勝なら文句なしのシーズンMVPでしょう。ブラウンズと同地区のライバルではありますがこの記録を見るのを楽しみにしています。怪我だけには注意してくれ。

 AFC北順位表 
SnapCrab_No-0198

現在3ゲーム差、セーフティーリードです。まあ優勝決定的と言っていいでしょう。


 49ersもGB相手に快勝 
こちらも強豪同士ということで、接戦が期待されたゲームでしたが、蓋を開けると49ersの攻守共に太刀打ちできず、見事な完勝劇でした。ナイトゲーム2試合とももう笑うしかないような試合でしたね。

49ersは2試合欠場していたTEキトルが復帰 129y 1TDレシーブと調子が上がってきたQBガロポロと共にこのまま突き進みそうですね。

 NFC西順位表 
SnapCrab_No-0204

49ersは10勝目 シーホークスも今週勝ち1ゲーム差は変わらず、まだ優勝はわかりません。

 NFC北順位表 
SnapCrab_No-0202

3敗目のパッカーズは今週休みだったバイキングスと並びました。こちらも地区優勝はどちらに転ぶかまだまだわかりません。


 ペイトリオッツ守備がカウボーイズの攻撃を抑え勝利 
ペイトリオッツは今シーズン自慢の守備がカウボーイズにTDを許さずロースコアゲームを制しました。QBブレイディのパス成功率が5割を割るなど攻撃自体は最初のTD以外は厳しかったものの、守備がすごすぎましたね。



記事の通りCBギルモアがカウボーイズのエーズWRクーパーを完全封殺。まさかの0レシーブに抑える完全シャットダウンとなりました。正直すごすぎました。
個人的にはファンタジーフットボールでWRクーパーを起用してた私にとってもこのせいで2ポイント差でまけてしまいました。20yくらいとらせてやってほしかった・・・

 AFC東順位表 
SnapCrab_No-0197

ペイトリオッツは10勝目 ビルズも勝利し8勝とまだ追いつく可能性は十分あります。


 NFC南同地区対決 セインツヒヤヒヤの勝利 
パンサーズも強敵ではありましたが、ちょっとセインツの守備がおかしかったですね。反則の多さも目立ち、ブリーズが負傷欠場の間の守備はどこにいってしまったんや?という感じでした。

最後はパンサーズのKスレイのFG失敗があったお陰で返しのドライブを決めサヨナラ勝ちとなりましたが、正直どちらにころんでもおかしくない試合でした。ただこういうので勝ちを拾えるから強いんですよね。

ちなみになんですが パンサーズKスライが外したFG セインツEDGEダベンポートがOLを飛び越えています。2年前にOL飛び越え禁止ルール(リーピング)が出来たと思ったのですが、詳しく調べると、守備側はスナップされた時スクリメージライン1y以内に居て、そこから助走なしで飛び越えた場合は反則とならない。ということを調べた結果わかりました。いい勉強材料を提供していただきありがとうございました。一つ賢くなりました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Penalty_(gridiron_football)のLeapingの項目で書かれていました。

 NFC南順位表 
SnapCrab_No-0203

セインツは9勝目 パンサーズとの差が4ゲーム差となりました。今日の感謝祭ゲームで勝ち早くも地区優勝が決定したようです。

 


 AFC南同地区対決 テキサンズが接戦を制す 
コルツvsテキサンズ第2ラウンドも接戦となり、テキサンズが勝利し1勝1敗となりました。

試合展開としてはコルツがコツコツと積み重ねてなんとか取った得点を、テキサンズはWRホプキンス フラーのスーパーキャッチで亡き者にする展開でした。内容としてはコルツが押していた展開だったんですがねぇ。パス一発の怖さを感じた試合だったなぁと。

 AFC南順位表 
SnapCrab_No-0199

テキサンズが7勝目となり一歩リードをしましたが、コルツ タイタンズの三つ巴はまだまだわからないですね。ジャガーズはほぼ脱落かなと。


 シーホークス イーグルスに競り勝ち2敗キープ 
シーホークスのQBウィルソンは珍しいパスミスなどが目立ち、あまりいい状態ではありませんでしたが、その分守備が頑張り先行逃げ切りで勝利となりました。シーホークスは2敗をキープし首位49ersをぴったりマーク。

イーグルスは主要WRの欠場の影響が大きすぎて攻撃がまったくうまく行きませんでした。この試合でQBウェンツが負傷を負いました。



ただ軽症のようで次戦には問題なさそうです。

 NFC東順位表 
SnapCrab_No-0201

カウボーイズも敗れたため1ゲーム差は変わらず。この2チームに絞られてはいますが、お互いなかなか調子が上がりません。9勝がラインになるかなと。


 他気になった試合

 レッドスキンズ QBハスキンス初勝利 
ドラ1指名QBで唯一勝利がなかったハスキンスですが、ライオンズ戦で初勝利を挙げました。ただ内容としてまだまだだなと。正直キーナムの方が上と言わざるを得ません。1年目なんで評価するのはまだ早いですが、他の新人QBの出来が良いので出遅れたことは間違いないので、ここから巻き返して来年に期待をもたせてほしいですね。


・1年目先発経験選手一覧
順位 チーム 選手名 勝利
1-1 ARI カイラー・マレー 3
1-6 NYG ダニエル・ジョーンズ 2
1-15 WAS ドゥエイン・ハスキンス 1
4-104 CIN ライアン・フィンリー 0
6-178 JAC ガードナー・ミンシュー 4
ドラ外 PIT デブリン・ホッジス 1

残りは全敗中のベンガルズのフィンリーのみです。あとDENがドラ2のドリュー・ロックが先発するかもしれないという話もあるようです。

ついでに2年目以降で初先発したQBの表も作りました

年目 順位 チーム 選手名 勝利
2 ドラ外 CAR カイル・アレン 5
2 3-76 PIT メイソン・ルドルフ 5
2 6-199 NYJ ルーク・フォーク 0
3 6-201 DEN ブランドン・アレン 1

フォークはすでに解雇されており、現在無所属です。元々3番手でしたからね。


 ブラウンズここに来て3連勝 
ハスキンス以外に話題が思いつかなかったので、ブラウンズの試合を振り返っておきます。28点先取ということで、去年のベンガルズ戦を思い出すような試合展開でしたね。後半に守備がちょっと緩んだのも一緒な感じでしたね。

RBハント1人増えたことで、セーフティバルブからのランアフターキャッチに期待感があるようになったのが大きいですね。RBチャブといいコンビが形成されています。ハントがこの起用で不満が出てこないことを祈るだけかなと。

個人的に期待していたDLオグンジョビの代役として先発したDLデヴァロー・ローレンスですが、結果は出せず。残念ながら解雇となってしまいました。



プレシーズンでいきなり頭角を表し、DL3番手を勝ち取り、ローテーションで毎試合数スナップ出場をしてきましたが、プレシーズンの力は発揮することは出来ませんでした。この結果ですし仕方がないですね。ハズレです。


 BREAKING(今週のニュース)



BUF フランク・ゴア ランヤード歴代3位に浮上


WEEK4で通算15000ヤードを記録し、今週3位のバリー・サンダースの15269ヤードを抜き、歴代3位となりました。

SnapCrab_No-0245 http://www.nfl.com/player/frankgore/2506404/profile

4チームを渡り歩いて、15年目36歳となりましたが、若手の頃より怪我がなくなってることがすごいですね。今年もしっかり仕事しており好調ビルズを牽引しています。まだ数年やれそうですね。ピーターソンより元気だもの。

SnapCrab_No-0246
https://www.pro-football-reference.com/leaders/rush_yds_career.htm

2位のウォルター・ペイトンまで1473ヤード あと2年頑張れば届く可能性はありそうですね。


 小ネタ集

 地を這うロングスナップ 
ジャイアンツ@ベアーズ
タイトル通り地を這うロングスナップで、キックは外れてしまいました。ホルダーは見事な立て直しだったんですが、蹴るタイミングがちょっと合わなかったんでしょうねぇ。

試合はベアーズが19-14で辛くも逃げ切り勝ちとなりました。このFG決まってたらもしかするとがあったかもしれませんね。


 かち上げエルボースマッシュ 
パンサーズ@セインツ
セインツEDGEジョーダンがエルボースマッシュで15y罰退を食らいました。パンサーズQBアレンのボールを狙ったものだと思いたいのですが、スローで見るとボールに本当に行ったのかこれ・・・・って感じに見えるんですよねぇ。正直退場でも文句言えないんじゃないかなと思うものだったかなと。乱闘ならなくて良かったなと。。。


 ビッグマンTD 


バッカニアーズ@ファルコンズ 
昨年のドラフト1巡DLがゴール前の攻撃に参加しキャリア初のTDレシーブを記録しました。これがどうやら現パンサーズのDLドンタリ・ポーの記録を抜いて最重量TD記録を樹立したようです。

ちなみにポーはチーフス時代にTDパスも記録しています。 この記録にもぜひ挑戦していただきたい、


 教育上よろしくない遊び 
ブラウンズファンがEDGEギャレットのヘルメット乱闘事件を模した遊びを考案したようです。個人的にはこれは気分が悪いかな。。。自分が同じことやられたことを考えてからやっていただきたいなぁ。同じチームのファンとして残念な気持ちです。

ただリプを見るとそれなりに楽しんでる方が多いようで、文化の違いを感じますねぇ。。。。日本だと炎上しそうな案件だとは思うんですがね。


 週間MVP

https://twitter.com/NFL/status/1199681869610135553

 AFC 
攻撃 BAL QB ラマー・ジャクソン(4回目)
パス169y 5TD ラン95yを記録しラムズを圧倒 週間MVP4度目の受賞。現在シーズンMVP最有力候補

守備 CLE LB ジョー・ショバート
4パスブロック 2INTを記録 先週も2INTを記録しておりチームのINT王。プロボウル投票しましょう!

スペシャルチーム NE WR/ST マシュー・スレイター
パントブロックを記録 ペイトリオッツのSTのキャプテンとして活躍。


 NFC 
攻撃 TB WR クリス・ゴッドウィン
184y 2TDレシーブを記録 エバンスと2枚看板で攻撃を牽引

守備 SF LB フレッド・ワーナー
11タックル 1サック 1ファンブルフォースを記録 好調49ersの真ん中を守る大黒柱

スペシャルチーム WAS KR(WR) スティーブン・シムズ(新人)
キックオフリターンTDを記録 ドラフト外の新人


NFL Elite 2020 Calendar
Inc. Lang Companies
Lang Holdings Inc
2019-10-01