ブラウンズは8敗目を喫しました。後は五分を目指すしか無い(´・ω・`)今年はもう記者のおもちゃとして我慢するしか無い・・・


 AFCプレーオフの行方

 ペイトリオッツ 11年連続プレーオフ進出 
前半は互角の展開でしたが、後半は力の差を見せ久々にCBギルモアの2INTなどもあり快勝で11勝目。11年連続プレーオフ進出が決定しました。

ここ数週QBブレイディの肘の負傷と今年のOLの出来が良くないこともあり、攻撃がイマイチなところがありました。ただプレーオフの前にアジャストしてくるのがこのチームだしなーって感じで思ってます。根拠はないんですがね。

守備もここ数週CBギルモアと勝負を避けられ、意外とその作戦が有効だった感がありました。ただギルモアに方に投げると結局この試合のようになるんだなと。

次週はビルズとの同地区直接対決です。勝てば11年連続地区優勝が決まる戦いです。勝って力の差はまだあるところを示せるか注目です。


 ビルズ 2年ぶりプレーオフ進出 
戦前の予想通りロースコア勝負となり、4INT含む5ターンオーバーを奪ったビルズが接戦を制し、2年ぶりのプレーオフ進出決定となりました。10勝以上あげたのも1999年以来20年ぶりみたいです。

今年のビルズはとにかく我慢という展開が多く、守備がそれでも折れなかったのが素晴らしかったですね。最終的に攻撃もそれに答えて接戦を制し好成績となりました。これだけタフな試合で怪我人が出てないのが今年のいいところなのでしょう。次週のペイトリオッツとの直接対決があります。ペイトリオッツの地区11連覇を阻止できるかも今後の注目です。

負けたスティーラーズはワイルドカード争い2番手争いに残っています。最終戦にレイブンズとの対戦があり、次週のジェッツ戦と共に負けられない戦いが続きます。


 南地区天王山1戦目 テキサンズが制す 
両チームギリギリのところで失点を阻止するなど序盤から手に汗にぎる展開、両チームとも素晴らしい守備でした。これぞ天王山! 最後はテキサンズが2ポゼ差をつけ、タイタンズの追い上げを振り切り勝利となりました。テキサンズは9勝目

Week17で2度目の対戦が残っていますが、テキサンズは次週のバッカニアーズ戦で勝利するとタイタンズの結果に関係なく2年連続地区優勝が決定します。蚊帳の外からすると、できれば最終戦までもつれ込んでほしいなぁと思うんですが、そんなこと言ってられない状況ですしね。

タイタンズは現状自力でのプレーオフはなくなってしまいました。ただスティーラーズが2連敗となるとタイタンズが2連敗となっても上となる複雑な状況のようです。スティーラーズ次第+テキサンズ次第で地区優勝もまだあるという状況です。次週のセインツ戦で負けると地区優勝はなくなるので勝ちたいところです。ただ時系列的に試合前に可能性なくなってるかもしれませんが。。。(テキサンズは前日に試合)


 AFC順位表 
SnapCrab_No-0324
星はプレーオフ進出決定
チーフスはブロンコスを下し10勝目をあげています。今週はペイトリオッツとビルズのプレーオフ進出が決定しました。残りは南地区の優勝チーム 逃したチームとスティーラーズのワイルドカード争いの2枠となりました。

Week16の対戦は
ビルズ@ペイトリオッツ
テキサンズ@バッカニアーズ
セインツ@タイタンズ
スティーラーズ@ジェッツ

となっています。東地区の優勝をかけた争い 残り2枠の争いが佳境に入っています。

ペイトリオッツ テキサンズは勝てば地区優勝が決定となります。

他の条件は


 レイダース オークランドラストゲームで敗戦 
プレーオフ争いの試合ではありませんが、来年からホームをラスベガスに移すレイダース。オークランド リングセントラル・コロシアムでの最終戦は残念ながら最後の最後で逆転され敗戦で終わりました。

このスタジアムはMLBのオークランド・アスレチックスと共用しており、野球がまだ終わってない時は内野の土の部分がそのままの状態で試合を行うのが印象的なスタジアムでした。 負け方が残念すぎることもありますが、ファンがスタジアムにゴミを投げブーイングをする残念な最後となってしまいました。チャージャースの時といい流石に笑顔で送り出すということにはならないですよね・・・

来シーズンはネバダ州ラスベガス オールエージェントスタジアムがホームとなります。
Las_Vegas_Stadium


 NFCプレーオフの行方

 シーホークス 2年連続プレーオフ進出 
先週のラムズ戦完敗で大丈夫か?と思われましたがこの試合では最終的に1ポゼ差にはなりましたが、3つのINTを奪い常にリードした展開で内容は完勝で11勝目。チームは2年連続のプレーオフ進出となりました。

この試合でもそうですが、常に接戦を演じ結局競り勝つというのが今年のシーホークスでした。というか今年だけじゃなく例年そうなんですがね。シーズンMVPは難しくなってしまいましたが、QBウィルソンは本当に安定感があり結果を出すQBですわ。

49ersとの地区優勝争いが残っており、Week17の直接対決が優勝決定戦濃厚となりそうです。楽しみですね。


 パッカーズ 3年ぶりプレーオフ進出 
同地区ベアーズの守備に苦戦するも、守備がベアーズの攻撃を止め勝利し11勝目。プレーオフ進出を決めました。 でも最後のベアーズのラグビーは惜しいところまで行ったのでファンはヒヤヒヤでしたでしょうね。 今年のパッカーズはちょっと後半戦になってから攻撃の勢いが落ちているところが心配ですが、それでも11勝ですからね。昨年のバラバラだったチームをまとめ上げた新HCラフルールは素晴らしかったと思います。あと補強した2人のEDGEスミスがどちらも期待に答える活躍だったのが大きいですね。守備で勝てる試合が増えたのが今年のパッカーズでしたね。

まだ地区優勝は決まっていません。次週バイキングスとの直接対決があります。ただここで負けても最終戦のライオンズ戦で勝利すれば優勝。マジック1という状況のようです。


 49ers 敗戦するも6年ぶりプレーオフ進出 
時折力を見せるファルコンズに惜敗するも、ラムズが敗れたため49ersの6年ぶりプレーオフ進出が決定しました。キャパニック先発時代以来となります。ファルコンズはセインツに勝ったり力を見せるんですが安定しなかったですね。

今年の49ersは新人EDGEボサの獲得 DLアームステッドの覚醒、LBワーナーの成長で守備がNFLトップレベルになりました。攻撃はラン攻撃が安定して出ており、バランスのいい攻撃で得点を重ね素晴らしい内容の試合の連続でした。

不安要素はNFL倶楽部でオードリー春日さんが応援してから3敗を喫すなど、オカルトな要素『春日の呪い』のみです。
SnapCrab_No-0330-2
Week17でシーホークスとの直接対決で地区優勝を決めたい。


 NFC順位表 
SnapCrab_No-0325
星はプレーオフ進出決定
ということで今週はパッカーズ シーホークス 49ersのプレーオフ進出が決定しました。残りは東地区優勝チームと バイキングスorラムズのワイルドカード争いの2枠のみとなりました。

Week16の注目の対戦は
ラムズ@49ers
カウボーイズ@イーグルス
パッカーズ@バイキングス

となっています。こちらも東地区の優勝をかけた争い 残り2枠の争いが佳境に入っています。

バイキングスは勝てばプレーオフ決定 地区優勝の目も残ります。カウボーイズも勝てば優勝決定となります。今週が大勝負となります。

他の条件は


 BREAKING(今週の記録)

今週は大記録が2つあったのでニュースを2つに分けました


BAL ラマー・ジャクソン QBランヤード記録更新

サースデイナイト ジェッツ@レイブンズ
レイブンズQBラマー・ジャクソンが、マイケル・ヴィックの記録を抜きQBのシーズンランヤード記録を塗り替えました。



チームも12勝目をあげ、ジャクソンのシーズンMVPはほぼ確定と言っていいでしょう。あとはプレーオフでどれだけできるか、昨年のプレーオフはチャージャース相手に完敗の内容でしたので雪辱を晴らしたいですね。

・QBのシーズンQBランヤード10傑 SnapCrab_No-0320
https://en.wikipedia.org/wiki/Dual-threat_quarterback#Rushing_yards_2



NO ドリュー・ブリーズ TDパス歴代1位に

セインツのQBドリュー・ブリーズは今週のコルツ戦で4TDパスを記録し、ペイトン・マニングを抜き通算TDパスの歴代1位となりました。

今季はWeek2に右手親指の靭帯損傷により5試合の欠場をしましたが、それでも現在まで21TDパスを記録 チームもWeek13の時点で地区優勝を決めていました。40歳となりましたがまだまだ衰え知らずです。
SnapCrab_No-0326

・ブリーズのTDパスをレシーブした選手一覧
長年セインツのエースレシーバーを努めていたコルストンが1位です。2位には現SEAのTEグレアム セインツ時代はグロンコウスキーと同レベルの評価でしたねぇ。6位にはチャージャース時代のターゲットTEゲイツもいます。

・TDパス数10傑 SnapCrab_No-0326
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_National_Football_League_career_passing_touchdowns_leaders

ブレイディも残り1TDでマニングと並ぶところまで来ています。ただ勢い的にブリーズを抜くのは難しそうかなぁ。残り試合で爆発するかどうかでしょうね。


 BREAKING(今週のニュース)


今年のハイズマントロフィーが発表される 今年のハイズマントロフィー(大学MVP)はLSU(ルイジアナ州立大)のQBジョー・バロウが受賞しました。正直大学の試合見ておらず、ツイッターのタイムラインで流れる情報を眺める程度の知識しかありません。

スタッツ見たらすごいっすね。13試合で48TDパス。そしてチームは13試合全勝もさることながら50点以上とったの試合が6試合。毎試合得点入りすぎですwwwwww



個人スタッツを見る限りでは、ある程度走ってはいますが、モバイルタイプではなさそうですね。スローフォームも綺麗ですね。ドラフト1巡目指名は確実な感じはします。1位候補だったタゴバイロアというQBが股関節の大怪我を負ってしまい、今年のドラフトをスルーする可能性もあり、1位指名候補にあがりそうです。

・2020ドラフトランキング
https://www.drafttek.com/2020-NFL-Draft-Big-Board/Top-NFL-Draft-Prospects-2020-Page-1.asp


EDGE テレル・サッグス ARI解雇後ウェーバーでKCへ 今週の試合前日に解雇となりました。放出したカーディナルス キングスベリーHCは放出の理由を彼のキャリアを尊重して、ポストシーズンを戦えるチームに所属してもらうためと会見で発言。サッグスとしては昨年まで所属していたレイブンズに戻れなければ引退するという話も出ていたそうですが、ウェーバー順は成績下位からということで、ポストシーズン進出を決めたチーフスが獲得となりました。

EDGEオカフォーが怪我人リスト入り クラークの出来も期待ほどではなかった状況でEDGEの補強はピンズドなんですよね。果たしてサッグスの決断はどうなることでしょう。



WRジョシュ・ゴードン 今年も出場停止処分に

もうなんでしょうね。シーズン終了まで我慢が効かないんやなぁ・・・シーズンが終了したからってやっていいわけではないけど・・・

何度も更生施設に行きコミッショナーに認められ復帰できました。契約を保有しているシーホークスがどう判断するかの表明は今の所見当たらず、今まではブラウンズ ペイトリオッツがゴードンのサポートをしていきましたが、所属チームのサポートなしでは今度こそ復帰は難しくなるかもしれません。

こういう目標がなくなった場合最悪なことは犯罪に手を染めることで、それだけはなんとか阻止して、安静な生活を送ってくれることを望みます。


プロボウル2020ロースター発表 SnapCrab_No-0328
https://en.wikipedia.org/wiki/2020_Pro_Bowl

ということで発表されました。レイブンズが最多12選手選出と断トツでした。ペイトリオッツの守備はもう少し選ばれても良かったんじゃないかなぁと。LBバンノイ コリンズ Sマコーティーなどは選ばれても良かったとは思います。


 小ネタ集

 容赦ないガチンコ勝負 
ペイトリオッツ@ベンガルズ ハーフタイムショー
放送ではハイライトなどの放送でなかなか見れないハーフタイムショー、たまにある低学年チームvsマスコットチーム 大抵の場合マスコットチームの忖度で低学年チームが勝って拍手となるのですが、このマスコットだけはガチ勝負をしかけました。面白いっちゃ面白いけど怪我させないようになwwwww


 ミスをリカバー 
ブロンコス@チーフス
ブロンコスのパンター コルビー・ワッドマンが目測を誤ったのかパントを蹴る前にボールが落ちてしまい、自らリカバーし再度蹴り直し事なきを得ました。なかなか見ることのない部類のミスでした。


 雪合戦 
ブロンコス@チーフス
雪の積もったスタジアムで行われるのは大抵雪合戦です。白いシャツのWRデマーカス・ロビンソンの逃げ方が物語ってるとおりで楽しそうですね。


 週間MVP


https://twitter.com/NFL/status/1207291909418422274

 AFC 


攻撃 BAL QB ラマー・ジャクソン(5回目)
5TDパス+歴代シーズンQBランヤード記録更新

守備 BUF CB トレデビオス・ホワイト
2INTを記録、スティーラーズの攻撃を抑えプレーオフ進出へ

スペシャルチーム HOU EDGE アンジェロ・ブラックソン
値千金のFGブロックでライバルタイタンズに勝利



 NFC 


攻撃 NO QB ドリュー・ブリーズ
4TDパスで 通算TDパス記録を樹立

守備 ARI CB パトリック・ピーターソン
1INT ブラウンズの攻撃を封殺し受賞

スペシャルチーム MIN K ダン・ベイリー
4FGを決めプレーオフまで後1勝に



NFL 100
National Football League
Harry N. Abrams
2019-09-03