ブラウンズは二桁敗戦となり残念なシーズン終了となりました。例年通り時間をおいて冷静になってからシーズン振り返りをしようと思います。。。


 最後のプレーオフ枠を賭けた戦い

AFC・NFC共に残り1枠を賭けた戦いが終わりました。

 タイタンズが勝利し最後の枠に滑り込む 


相手のテキサンズはプレーオフに向けて主力を温存しており、戦力的には圧倒的有利な立場でした。それをしっかり完勝し自力でワイルドカードを勝ち取りました。

この試合ではRBヘンリーが大爆発で221ydランを記録 1位のチャブと90ydほど差がありましたが最後に大逆転。初めてのリーディングラッシャーを獲得しました。それに加え新人WRブラウンも1000ydレシーブを達成QBタネヒルはレーティング117.5となり1位となりました。数字からして攻撃陣の充実さが目に見て取れます。この勢いのまま第6シードからどこまでいけるか注目です。


 イーグルスが勝利し2年ぶりの地区優勝 


TEアーツ WRアゴロアが負傷欠場となり、ターゲット不足が懸念された試合でしたが、RBスコット WRウォード WRデービス TEパーキンスなど馴染みのないPS上がりの選手が仕事をしてくれました。守備のビックプレイが試合の決め手となりましたが、不安だった攻撃に光が見えた試合でした。この勝ちで東地区地区優勝が決定となりました。

正直今年はカウボーイズが自滅してくれたおかげなのはありましたが、こういうチームがアップセットをしていくのもよく見ますので、戦うチームはしっかり引き締めて戦いたいですね。


 シード順を賭け戦い

第1・2シードは次週休みとなりディビジョナルプレイオフをホームで戦える権利があります。それの争いも白熱しました。

 白熱のSNF 49ersが制し地区優勝 第1シード獲得 


2019年最後の試合となったNFC西地区優勝決定戦。年の最後を締めくくるにふさわしい最後まで手に汗握る素晴らしい試合でした。内容としては49ersのほうがかなり良かったのですが、シーホークスもなんとか食らいついていく展開。最後の49ersの攻撃を止め、5点差残り時間2分半という大逆転ドライブのチャンスを得たシーホークス。エンドゾーン手前まできて4thギャンブル。 あともう数インチで逆転TDを阻止した49ersが勝利し7年ぶりの地区優勝と第1シードを獲得しました。49ersはほんと今シーズンは攻守ともに安定して素晴らしいチームに変貌しました。プレーオフも楽しみです。

一方敗れたシーホークスは第5シードとなりました。ほんと惜しい敗戦でした。復帰のRBリンチはまずまずの動きでしたので、ここからエンジンがかかってくることに期待しましょう。49ersとは今シーズン1勝1敗でどちらも素晴らしい試合でした。決着戦はプレーオフで決めたいですね。

NFCの第2シードはパッカーズが勝ち取りました。

新HCラフルール新体制となった1年目でしたが見事に返り咲くことができました。49ersのシャナハンHCとどちらかが今シーズンの最優秀HCになるかな?私はシャナハンと予想します。


 ペイトリオッツまさかの敗戦で第3シードに 
まさかの敗戦でしたね。ペイトリオッツのホームゲームでしたしね。QBフィッツパトリックに最後の最後で逆転ドライブを完結されてしまいました。

今週はチーフスが勝ちシード順が逆転 ペイトリオッツは第3シードとなりファーストラウンドバイを10年ぶりに逃すこととなりました。



ペイトリオッツの攻撃は不安は取り除けてないところはありますが、それをカバーしていた守備もちょっと不調気味になってきているのが大きな不安です。攻撃はプレーオフになったらブレイディだしなんとかしそう。そんな根拠の無い理由ですがまあなんとかするんだろうなと。ただ守備がイマイチになってしまうとまずいかなと。ベテランが多めの守備なのでちょっと疲れがあるのかもしれませんね。それでファーストラウンドバイが取れなかったのはかなり痛かったかもしれません。次週のワイルドカードでこの不安が当たりなのかはずれなのか確認したい。


 プレーオフ進出全チーム出揃う 

以下のように決定しました。
NFC-2
各カンファレンス1・2位はワイルドカードプレーオフはシードとなり1週お休みとなります。

・ワイルドカードプレーオフの日程 SnapCrab_No-0407
日本時間 1/5 日曜
6:35~ ビルズ@テキサンズ
10:15~ タイタンズ@ペイトリオッツ
1/6 月曜
3:05~ バイキングス@セインツ
6:40~ シーホークス@イーグルス

となります。日曜の早朝からなのでご注意ください。


 BREAKING(今週のニュース)


HC人事早速開始 シーズンも終了したということで、来年に向けた首脳陣人事が開始されました。

・CLE フレディ・キッチンズ 解雇
最終戦今シーズン最下位が決定しているベンガルズに完敗し10敗を喫したブラウンズ。昨年は代理OCとして素晴らしいプレーコールをして新HCとして残留、チームも大量補強で大いに期待されていましたが、残念ながら成績が落ち1年で解雇となってしまいました。

ちょっと厳しいかもしれませんが、シーズン終盤戦プレーコールに変化がなく、来年に向けた改善策がまったく見えてこなかったのが一番の理由だったのかなと推測します。攻撃はRBチャブ以外の打開策が見えなかったことで昨年まで支持していたファンが失望へと変化してしまいました。

現在新HCのインタビュー中です、いろんな人に声をかけており、まだ誰が有力かはわかりません。


・NYG パット・シュマー 解雇
RBバークリーというキープレイヤーはいるにはいましたが、全体的に戦力不足は否めず成績向上は無理があるのではないかなと、それだけに2年で修正はシュマーHCでなくても厳しかったとは思うのでちょっと可哀想ですね。

GMは残留とのことですが、QBジョーンズが希望を見せたことも有り、RBバークリーのルーキー契約中にしっかりチームを整えて勝負するべきだと思います。ここ数年の保守的な動きを見るとGM残留はちょっと大丈夫かなと不安はあります。


・WAS 新HCはロン・リベラ
レッドスキンズはシーズン序盤にグルーデンHCを解雇し、キャラハン代理HCが采配をつとめておりました。ロン・リベラも今シーズンはシーズン終盤までパンサーズでHCとして手腕を奮っていましたが、12月に解雇となっていました。



2011年から9年間で2015年にスーパーボウル制覇 キャム・ニュートンを育て上げた名将と言っていいHCです。守備畑で守備の整備には定評があります。正直ブラウンズに来てほしかったなぁ・・・・いいなぁレッドスキンズ。

他JAC ダグ・マローン DAL ジェイソン・ギャレットの解任が噂されております。CARも代理HCなので新HCが誰になるか注目されることでしょう。


ドラフト20位まで決定


プレーオフを逃したチームの最終順位が決定し2020年のドラフト20位まで確定しました。21位以降はプレーオフの結果により決定します。


アントニオ・ブラウン セインツと交渉??


シーズン開始前にSNSで色々物議を交わしレイダースから解雇 ペイトリオッツと契約後DV問題発覚で解雇と話題を振りまいたWRブラウン。プレーオフ前に来てセインツと契約か?という話になっています。とりあえずセインツと接触はあったようです。

能力はNFLトップレベルなのは間違いないのですが、今年のトラブル多発、そしてDV問題はまだ解決しておらず、コミッショナーからの処分も十分ありえます。この報道から1週間経ちまして、あまりそこから大きな動きはない感じです。正直今無理して契約しなくてもええんちゃうかなぁ。


LAC QBリバース 自身の去就を会見で表明


38歳となったフィリップ・リバースですが、先シーズンのプレーオフに導いた力は今年は見せることが出来ず、自分の力を出したが上手く行かず、来年の契約は厳しいけど違うチームになったとしても来年も頑張りたい。と会見で涙ながらに発言されていました。

同世代のPITロスリスバーガー NYGイーライなどライバルが今年は怪我などでプレー出来なかったこともあり、そろそろ引退が見えてきていることは間違い有りません。ただこの2人と違ってリングがないんですよリバースは。厳しくなってきたことは間違い有りませんが、できれば有終の美で終わってほしい選手です。ここまで隔年で調子良かったり悪かったりする選手でもあったので、衰えではなく隔年だったと個人的には思いたいですね。来年もチャージャースでやってほしいなぁ。


 小ネタ集

 ヘルメット事件再び 
ブラウンズ@ベンガルズ
ベンガルズが勝利のニーダウンを終えた後、RBミクソンがセレブレーションとしてヘルメットを振り回したところ、審判がそれに気づかず横切ろうとしたところ太ももにヒット。特にお咎めはありませんでしたが、とりあえず平和的なヘルメット事件となりました。まずは周りをみてからセレブレーションしましょう。


 今週も大男のTD 
ファルコンズ@バッカニアーズ
敵陣35yd地点からファルコンズは6人のOLを起用し、74番のTタイ・サムブライロはレシーバー権利があり、見事なTDレシーブとなりました。キャリア5年で初レシーブ 初TDだったようです。おめでとうございます。


 最終戦出し惜しみせずトリックプレイ 
プレーオフを逃したチームは今シーズン最終戦となるので、最後は出し惜しみなくスペシャルプレーを出していました。DETの新人QBブロウは残念ながら今年勝利を掴むことができませんでしたが、パッカーズ相手に大善戦でした。


 週間MVP

https://twitter.com/NFL/status/1212003069552144385

 AFC 


攻撃 TEN RB デリック・ヘンリー
221ydラン 3TD プレーオフ滑り込み+逆転リーディングラッシャーを獲得となりました。


守備 CIN EDGE カルロス・ダンロップ
2.5サックでチームは2勝目 ブラウンズの攻撃を封殺しました。

スペシャルチーム KC WR/KR メコール・ハードマン(新人)
キックオフリターンTDを記録 チームはファーストラウンドバイを獲得



 NFC 


攻撃 PHI RB ボストン・スコット
138スクリメージyd 3TD 2年目の小兵RB スプロールズみたいな感じの選手です。

守備 ATL LB ディオン・ジョーンズ
延長戦でサヨナラINTリターンTDを記録し勝利

スペシャルチーム LAR P ジョニー・ヘッカー
インサイド20を3回記録 今年はちょっと調子悪くみえたけど最後に仕事しました。