ワイルドカードプレーオフ1日目はAFCの対決となります。

今シーズンの選手評価を入れ直しました。個人的な評価なので何かご意見があればよろしくです。ただ意見を受け入れるかはわかりませんwww

今回からは攻撃VS守備の構図で浅く展望していきます。

ビルズ@テキサンズ(1/5 6:35)
タイタンズ@ペイトリオッツ(1/5 10:15)


DAZN放送試合は

でご確認ください。

他のTV放送は
 
こちらから BSでも録画ですが全試合放送があるみたいですね。

 ビルズ@テキサンズ

2019week18-10
左の数字 背番号    欠場選手  Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位

ビルズのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=BUF
テキサンズのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=HOU

 2019シーズンチームスタッツ  2019week18-01
 ビルズ攻撃vsテキサンズ守備 
・ビルズ QBジョシュ・アレンのパスレーティング
Josh Allen All Qb-grid Chart

ビルズの攻撃はスタッツ通り得点力は高く有りません。ターンオーバーはそれほどしないのでその点で守備に負担をかけることはありません。

攻撃の主軸はスタッツ8位のランです。新人RBシグレタリーがエースRBでベテランRBゴアとの2枚でランを牽引しています、QBアレンもランに定評があります。

パス攻撃は時折見せるQBアレンの肩の良さで一発があります。エースWRブラウンは1000ydレシーブを記録しており、決して侮れないパス攻撃です。ただスロットWRビーズリーが欠場となってしまい。パス攻撃のリズムを作るのは難しいかもしれません。


テキサンズの守備ですが、まずはDLワットが帰ってきました。

今年ワットが怪我人リスト入りしてからパスラッシュに苦労していた印象なので、この復帰はものすごく大きいです。ただまだ完全復調とまでは行かないようで、出場スナップは限定されそうです。それでも間違いなく大きなプラスとなるでしょう。

ただその代わりSギプソンが怪我人リスト入りしてしまい。パス守備は不安が一層増すことになりました。特に一発に弱い印象なのでWRブラウンにダブルカバーをつけるくらいやってもいいかもしれません。ラン守備もそこまで良くなかったのでリズムを作られないようにしたい。


 テキサンズ攻撃vsビルズ守備 
・テキサンズ QBデショーン・ワトソンのパスレーティング
Deshaun Watson All Qb-grid Chart

テキサンズの攻撃は ランパスバランスがいい。ただサック数が多く、QBワトソンがカバレッジサックを受けるのが多い印象です。ハリー数が少なく抑えてるのもワトソンが最後まで粘って投げ捨てないというところがこの数字になっているものと推測します。

ホットラインとなるWRホプキンスにどれだけ通せるかが重要ですが、相手はリーグを代表する守備、そしてマッチアップの相手がCBホワイトとなると厳しいかもしれません。今季ペイトリオッツを破った時のようにいろんなターゲットに投げ分け、ミスをしない攻撃が必要となりそうです。CBホワイトに仕事をさせない作戦がいいかもしれません。


ビルズの守備失点数2位とラン・パス共に安定した守備でした。

守備が強いチームの中ではパスラッシュはそこまでではない珍しいタイプ(サック数TOPはDLフィリップスの9.5)なのですが、とにかく我慢強く攻撃を断ち切る印象です。

ビルズの守備と言えば強力なDB陣ということで、上記でも語ったとおりWRホプキンスvsCBホワイトとのマッチアップが楽しみな一戦です。ホワイトは今年INT王となりました。

ターンオーバーを奪って主導権を握りたいですね。


 茶王 勝敗予想  ビルズQBアレンは2年目 テキサンズQBワトソンは3年目 今後のAFCを牽引していくだろう若手QBの対決です。

ビルズはロースコアゲーム テキサンズはハイスコアゲームに持ち込みたい。最初のテキサンズのドライブが重要となりそう。ただテキサンズはあまり最初のドライブで得点が取れてないらしいです。ということで主導権をにぎるかなと予想して ビルズ勝利とさせていただきます。


 タイタンズ@ペイトリオッツ

2019week18-11
左の数字 背番号    欠場選手  Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位

タイタンズインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=TEN
ペイトリオッツのインジュリーリポートはこちら
http://www.nfl.com/teams/injuries?team=NE

 2019シーズンチームスタッツ  2019week18-02
 タイタンズ攻撃vsペイトリオッツ守備 
・タイタンズ QBライアン・タネヒルのパスレーティング
Ryan Tannehill All Qb-grid Chart

タイタンズの攻撃は今一番波に乗っていると言ってもいいでしょう。まずはQBタネヒルが12月の月間MVPを獲得しました。

他に今シーズンのQBレーティングも117.5と1位となりました。シーズン途中からの先発となりましたが、うまくチームを立て直し自らのキャリアも復活となったシーズンでした。

次はRBヘンリーが最終週で大逆転で今シーズンのリーディングラッシャーに輝きました。

パワーランに定評があるRBですが、こういうタイプはリーディングラッシャーは厳しいとは思っていましたが、一発もあるスピードも兼ね備えており強烈なランです。

そしてWRブラウンが月間新人攻撃MVPを獲得しました。

最終週で1000ydレシーブを達成。TEと言ってもいい大きいレシーバーで高さ強さがあります。タネヒルとのホットラインは今年の武器となりました。

唯一心配な点はFGです。 SnapCrab_No-0413
今季のFG成功率が44%という低さ。12月になってから契約したKジョセフはまだFGを蹴る機会が巡ってこないので、プレーオフで蹴ることになりますが、去年ブラウンズで蹴っていたキッカーなのですが緊張感に耐えられるかが不安です。


ペイトリオッツの守備スタッツの通り失点1位を誇る、今季最強の守備陣です。

シーズン序盤はシーズン記録レベルの失点数でしたが、後半戦になってからちょっと疲れが出てきていたかもしれません。LB陣が前半戦に比べると目立たなくなってきたかなとは思います。それでもよく抑えまくってますけどね。

やはり今年はDB陣がすごかったですね。CBの被パスレーティングなんですが 2019week18-12
この3人のCBのパス守備は今季最強と言っていいでしょう。特にCBギルモアはINT王も獲得しており、今シーズンのシーズン守備MVPの第一候補です。改めて数字みると92回で半分以上パス防いでるってエグいっすねwwww 新人WRブラウンとのマッチアップは注目です。


 ペイトリオッツ攻撃vsタイタンズ守備 
・ペイトリオッツ QBトム・ブレイディのパスレーティング
Tom Brady All Qb-grid Chart

ペイトリオッツの攻撃は全体的に良くはありませんでした。QBブレイディは今季のQBレーティングが88.0というだけで、苦戦したのが見えてきます。

パス攻撃がWRエデルマン頼りになってしまうのが苦しかったです。TEグロンコウスキーの抜けた穴が最後まで埋まらなかったですね。ここが苦戦した大きな理由でしょう。あと途中加入のWRサヌーがいまのところフィットしないまま来てるのが計算が狂ったところです。現状のままではパス攻撃は厳しいかもしれません。

攻撃の軸はパスよりもランになってくるかなと思います。層は厚いのでその時調子のいいRBを使っていくことでしょう。LBロバーツがFBとして起用されており徐々に板についてきてラン攻撃が安定していきました。ロバーツのリードブロックは注目です。 昨年も調子大丈夫?と言われて結局プレーオフになってしっかり調整してきたこともありますし、今回も蓋を開けてみるまでわからないなと思ってます。


タイタンズの守備は 大崩もせずしっかり失点を防いでおり、計算ができる守備かなと。

今年は開幕前にEDGEオラクポ モーガンが引退となりパスラッシュが不安でしたが。EDGEランドリーが成長を見せ9.0サックを記録しました。ウェイクが怪我で離脱しちょっと層に不安はありますが、思ったよりもなんとかなっている印象です。

LBブラウンが存在感抜群でしっかりランを止めており、ペイトリオッツのラン攻撃とのマッチアップがこの試合の重要な鍵となりそうです。ここがしっかり止めれれば主導権を握れそうです。

パス守備もヤード自体は出されていますが、DB陣は決定的なところではそれなりに抑えられてるかなと思います。ただこのメンバーならもうちょっとスタッツなんとかしたかったかなとも思います。


 茶王 勝敗予想  QBタネヒル個人としてはプレーオフ初先発となります。(2016年のプレーオフは怪我でムーアが先発)昨年までドルフィンズでプレイしていたので、ペイトリオッツとは良く戦ってきました。ここまで対ペイトリオッツに4勝6敗の成績を残しているようですが、ペイトリオッツのホームでは一度も勝てていません。

ただ先週ペイトリオッツはホームでドルフィンズに敗れており、今のペイトリオッツになら土をつけることができるかもしれません。そういう期待も込めて タイタンズ勝利と予想します。完全に肩入れ予想です。頑張れタネヒル!


NFL 100
National Football League
Harry N. Abrams
2019-09-03