ディビジョナルプレーオフのまとめをしていきます。2019年度シーズンもいよいよ大詰めとなってきました。


 DP AFCの結果

 まさかのアップセット タイタンズがレイブンズに勝つ 
SnapCrab_2020No-00006



戦前はレイブンズがどう勝つかということで、あまりタイタンズ勝利を考えていた人は居なかったんじゃないかなと思っていましたが、蓋を開けたらまさかのタイタンズ完勝の試合となりました。

タイタンズはこの試合でも戦術RBヘンリーといえるくらい多用しました。それをレイブンズが止めることができませんでしたね。 展望でラン守備は不安ありと言っていたものがそのまま出てしまったなと。最後までやられっぱなしでした。パスは要所でQBタネヒルがいいパスを決めていました タイタンズらしさが爆発した試合だったと思います。

レイブンズはなんだか浮足立っていました。最初からパス多めの攻撃でなんか奇をてらって居たところも感じます。それが失敗したあと元に戻せなかったのかなと、リードが広がっていきどうにも戻らなくなってしまったのかなぁと推測します。

あとは4thギャンブルがことごとく失敗したことでしょうね。4回のギャンブルで一度も成功しませんでした。悪い流れを断ち切りたいのもわかるのですがさらに悪化させてしまいました。それに加えINT2 ロスト1 それも含めると7回のターンオーバーを食らったことになります。 これではさすがに勝てません。 確かにビルズ戦はねじり合いな試合でしたからね。それをしっかりコピーできたタイタンズ守備が素晴らしかったというのも間違いありません。最後まで集中してレイブンズの攻撃の流れにさせませんでしたしね。

しかしタイタンズがここまで勝ち上がってくるとは予想できませんでした。戦術RBヘンリーがスーパーボウルにまで到達するのか、チャンピオンシップが楽しみです。


 大荒れの試合 チーフスが大逆転勝利 
SnapCrab_2020No-00007



序盤は本当に何が起こったんだという状態でしたね。テキサンズがまず先制したあとの出来事 チーフスのレシーバーがポロポロして攻撃がままならずでこの2つの致命的なターンオーバーで1Qに21点 +FGで24点連取したテキサンズ、チーフスのマスコットもうなだれます。 これはこのままいくやろと思ってたんですが。テキサンズもなぜか焦りを見せます。 自陣からのパントフェイクを失敗。これはなぜやったのかと悔やまれるプレイでした。まだ勝ちを急ぐ段階ではなかったはずです。その後流れは完全にチーフスに傾きテキサンズのリターナーもやらかしてしまいます。 そして前半で24点のリードをひっくり返すというすごい試合となりました。ただ後半はそのチーフスの流れが止めることが出来ず、そのままリードを広げられ51点とったチーフスの勝利となりました。もう前半だけでてんこ盛りすぎた試合でした。

テキサンズはほんと焦る必要はなかったんですがねぇ。この点差で前半リードで終われなかったことが悔やまれます。チーフスは最初レシーバー陣がおかしかったですが、QBマホームズは冷静でしたね。TEケルシーとのホットラインを確実につなげ素晴らしい逆転劇を演じました。チャンピオンシップでもホームで試合が行われるので、ホームのお客を味方につけ、今年こそスーパーボウル進出を勝ち取りたいですね。


 DP NFCの結果

 盤石の守備 49ersがバイキングスを下す 
SnapCrab_2020No-00008



シーズンの力の差がそのまま出た試合でしたね。49ers完勝の試合でした。バイキングスは1QにディグスへのTDレシーブ以外はいいところはほぼなかったかなぁ。RBクックのランが完全に封じられ QBカズンズも6サックを浴び、完全に封じられました。
49ersはこの日はRBコールマンがエースとなり108yd 2TDを記録 日替わりでいい選手を使うやり方がうまいですねぇほんと。攻撃はほぼ盤石だったんじゃないかなぁと。でもバイキングス守備はTEキトルを封じることはできましたが、それ以外でも十分戦えるということを49ersが示した試合でもありましたね。

ということでチャンピオンシップでもホームで戦うことが決定しました。NFC第1シードの力をそのまま出してスーパーボウルまで突き抜けるか次週も楽しみです。


 最後までもつれた試合 パッカーズが逃げ切る 
SnapCrab_2020No-00009



パッカーズは1週おやすみの影響もあったのかもしれませんが、攻守共に素晴らしいパフォーマンスを見せていました。特に今年イマイチだったレシーバー陣がすごく良かったです。WRアダムス TEグレアムがこのパフォーマンスを見せてくれてればシーズンもっと楽に勝てた試合あったろうになという感じでしたね。
画像
RBジョーンズもいいランを見せていましたし、今年見た中では一番いい攻撃だったんじゃないかなぁと思います。

守備もシーホークスのQBウィルソンに5つのサックを浴びせ、前半は1FGしか許しませんでした。 やはり2人のEDGEスミスが2サックづつと素晴らしい活躍を見せていました。 画像

後半になってギリギリまで追いついてきたのはシーホークスの意地でした ここまで追い詰めるのはさすがでした。しかしパッカーズはなんとか逃げ切ることができました。

2年プレーオフを逃していたパッカーズがここまで復調したのは喜ばしいことです。チャンピオンシップで経験値の差を見せつけることができるのか注目です。


 BREAKING(今週のニュース)

CAR LB ルーク・キークリー 引退


突然で驚きました。8年で引退はやはりちょっと短いよなぁと感じるところです。2年目の2013年にシーズン守備MVPを獲得し、プロボウル7回選ばれ近年のナンバー1LBと言っていい選手でした。タックルの正確さ、反応の速さは軍を抜いていました。

SnapCrab_2020No-00010
https://en.wikipedia.org/wiki/Luke_Kuechly

2016年に負った脳震盪が深いダメージを負ったのかなぁと2017年も15試合出場したものの、脳震盪と戦っていたイメージがあります。素晴らしい成績でおそらく殿堂入りになるかとおもわれます。もうプレイを見れないのは残念ですが、元気なうちに次の道に進めることが良かったのかもしれませんね。おつかれさまでした。

近年はLBにスピードが求められる時代になっており、ここ数年はSからのコンバートなども多く軽量化が著しいポジションな気がします。この隙をついたのが今年のFB多用戦術だったのかなとも思います。LBもタックル数を考えると消耗度が激しいポジションですし、今後はローテーションとかも考えていくべきポジションになってくるかもしれませんね。


TE アントニオ・ゲイツ 引退


チャージャース TE アントニオ・ゲイツが引退を発表しました。昨年まで16年間チャージャース一筋でプレイ、今年は声がかからずプレイせずにシーズンが終了し、引退発表となりました。 SnapCrab_2020No-00005
https://en.wikipedia.org/wiki/Antonio_Gates

8度のプロボウル選出 レシーブヤードはTEの中ではトニー・ゴンザレス ジェイソン・ウィッテンに次ぐ3位の記録。長年NFLナンバー1TEという呼声も高かった選手でした。おそらく殿堂入りは間違いないでしょう。スーパーボウルに行けなかったのが残念な選手です。おつかれさまでした。


ブラウンズの新HC決まる
https://en.wikipedia.org/wiki/Kevin_Stefanski

バイキングスがプレーオフ敗退後すぐ決定しました。おそらく一本に絞っていたんでしょうね。ステファンスキーは2006年からバイキングス一筋で攻撃畑、まだ37歳と若いです。今年のバイキングスの攻撃を立て直しプレーオフに導いた手腕が買われました。記事によると5年契約を結んだということで、ブラウンズとしても気合が入った契約となります。ラン・パスバランスのいいプレーコールをしていた印象ですので、しっかりバランスが取れる攻撃に期待したいです。


NE エデルマン 迷惑行為で逮捕


ペイトリオッツのWRジュリアン・エデルマンが他人の車のボンネットに飛び乗ったことでの迷惑行為により逮捕となったそうです。敗戦の鬱憤晴らしは他の人の迷惑にならないよう気をつけましょう。


今年のオールオアナッシングはイーグルス


AMAZONプライム・ビデオで毎年配信される、1チーム1年密着ドキュメンタリー『オール・オア・ナッシング』今年はイーグルスを密着していたことが発表されました。例年通りならシーズンが始まる前の8月頃に配信されると思われます。

今年のイーグルスはかなりモヤモヤ感がありながらも最後にプレーオフに滑り込んだということもあり、紆余曲折ながらハッピーエンド的な最後が描かれることになりそうですね。


 小ネタ集

 ダーティーヒット再び 
タイタンズ@レイブンズにて タイタンズDLシモンズが倒れていたレイブンズQBジャクソンにヘッドバットをしかけました。

先週イーグルスのQBウエンツが脳震盪でベンチに下がったものとほぼ同じものでした。 今回はジャクソンに何もなかったから良かったものの、ちょうど先週仕掛けたシーホークスのEDGEクラウニーに罰金なしの裁定が下ったこともあり、ちょっとこのプレイに対する罰がゆるすぎる気がしますね。まずはフラッグ投げてほしいなぁと思います。


 狂う公式 
衝撃的な1日目だったこともあり、公式のスケジュールページでのスコアも逆に表示されていたらしいです。もちろん今は直ってます。本家でもこういうミスあるんすねぇ。