2019年度シーズンも残るはプロボウルとスーパーボウルのみとなりました。オフシーズンに入ったら今年も32チームFA分析を行っていく予定ですが、まず予習も兼ねポジション別のFA選手を勝手にランキングをつけてみました。(UFAのみ)評価も2019年終了時点での評価に入れ替えています。今回は攻撃編です。

【守備編】は⇊


ちなみに今年はキャップ余らせても意味がないみたいで、結構活発なFA市場になるかもしれません。『続・ウミウシな人』さんの記事で詳しく書かれていますのでご参照ください。



QB
RB・FB
WR
TE
OL
K・P

2020全FA選手はこちらからごらんください



 QBランキング


2020FA 40qb

ブリーズ ブレイディの2大巨頭に加えリバースもFAとなります。ブリーズは残留が濃厚かなと推測します。ブレイディ・リバースは別のチームの移籍も噂されています。動向に注目が集まることでしょう。

タネヒル プレスコット ウィンストンは再契約濃厚かな?あとはフランチャイズ指定となるか、すっきり契約が決まるかでしょう。

マリオタ ブリッジウォーターはバックアップとなるでしょうけど、今季のタネヒルのようなこともありますし、先発が不安なチームと契約してチャンスを待ちたい。


 RB・FBランキング


2020FA 41rb

リーディングラッシャーのヘンリーの動向が注目されます。おそらくフランチャイズ指定してからじっくり契約の交渉となるんじゃないかなと。

ゴードンは昨年契約をごねたこともあり、間違いなく移籍でしょうが、トップレベルの契約が取れるかちょっと微妙になったような気もします。

テキサンズのミラーとハイドは即戦力として需要は高そうです。ただ長期契約は難しいかなと。ミラーはACLで1年離脱となりましたが、実績は間違いないので復活を期待できると思います。

リビングレジェンドクラスのゴア マッコイですが、またどこかで1年契約という形になるかなと。


 WRランキング


2020FA 42wr

注目はクーパーです。カウボーイズは主力のFAが多くクーパーにフランチャイズ指定ができない可能性も十分あるでしょう。契約はWRナンバー1レベルが必要でしょう。

アンダーソン アゴロア ペリマンが市場に出てきたら争奪戦となることでしょう。年齢的にも大型契約が必要となりそうです。

サンダース コブは即戦力としては重宝しそうですが、年齢的に長期契約は難しいかもしれません。

グリーンは1年のブランク明けとなります。ここまでの実績は今年のFAでナンバー1の選手なので、どこか思い切った契約をオファーしてくる可能性もあるかもしれませんね。

ゴードンは出場停止になっても我慢できるのであれば、、、能力は間違いないんですがね・・・


 TEランキング


2020FA 43te

ヘンリー フーパー イーブロンの上位3人はフランチャイズ指定候補となるでしょう。市場にでることがあったらすごい争奪戦になることでしょう。

この3人以外はちょっと年齢的なこともあり再契約オファーがあればそこで落ち着く感じになるかなと。

今年のTE市場は不作になりそうかな?


 OLランキング


2020FA 44ol
※太字は過去2年でプロボウルに選出経験がある選手

Gはシャーフ ピートはプロボウル経験もあり、大型契約が必須となるでしょう。スーニーもその仲間に入るかもしれない。

Tはコンクリンの動向が気になるところです。タイタンズはRBヘンリーとコンクリンどちらも残さないといけないのでどう契約するかは見どころでしょう。あとブラガ カストンゾも気になるところ。アラフォーのピータース ウィットワース ペンはまず進退がどうなるかでしょう。


 K・Pランキング


2020FA 45kp

ベテランが多い中フェアバンが市場にでてきたらキックに不安のあるチームは飛びつくことになりそうです。