日本時間2/9早朝から開幕するXFL 視聴方法をググっても出てこなかったので、Twitterでその話しをしていたら
ESPNのライブ配信の公式アカウントから『うちならXFL全試合視聴できるぜ!』とまさかのリプを頂いたので試しに入ってみました。とりあえず問題なく見られそうな感じでしたのでご紹介します。月1540円と有料ですが、7日間のお試しが期間があります。

ここからは視聴アプリ『ESPN Player』の登録方法等XFL特有の独自のルールの説明をしていきます。



 ESPN Playerアプリ


まずはアプリをダウンロードしましょう。アプリ名は『ESPN Player』です。『ESPN』のアプリもありますのでお間違えなく!  

ESPN Player
ESPN Player
開発元:ESPN
無料
posted withアプリーチ

PCからでも加入はできますが、正直な話 簡単に解約できそうなのがアプリの方かなとwww
PCは↓こちらから





 登録方法


このページではアプリからの登録方法のみ書きます。でもPCからでも大体同じだとは思います。
Screenshot_20200206-231645
アプリを開いたらこの画面になるので『SUBSCRIBE』をタッチしてください。

Screenshot_20200206-231652
月額1540円だよって書かれています。ここには書かれていませんがちゃんと7日間の無料期間もありますのでご安心下さい『SUBSCRIBE NOW』をタッチし次へ

Screenshot_20200206-231704
購入画面になります、ここに書かれている通り7日間の無料期間がしっかり明記されています。ただ7日過ぎて解約してない場合は自動で支払いすることになるのでご注意ください。

支払い方法は普通のゲームの課金方法と同じで色々選べると思います。ただPCからの登録ではクレカのみとなっていますのでご注意ください。『定期購入』をタップし次へ

Screenshot_20200206-231748
アカウント作成画面になります。『CREATE ACCOUNT』をタップして次へ


Screenshot_20200206-231853
ユーザーネーム メールアドレス パスワード 再度パスワードの確認 を入れます。

1つ目のチェックボックスはESPNの情報メールの有無です。いらなければつけなくても問題ありません。

2つ目のチェックボックスは規約を読んだか?ってのなのでつけないとたぶん通りません。なのでつけてください。

Screenshot_20200206-2360

これで登録は以上となります。XFL以外にも色々なカレッジスポーツも見れるようです。カレッジのアメフトもアーカイブにチャンピオンシップ2試合だけ残ってました。いつまで見られるかわからないのでお早めに。

PCとスマホでは視聴確認できました。GoogleCast AppleTVは持ってないんですが、ヘルプで使用可能と書かれていました。FireTVについては
残念ながら使えないと思っておいたほうが良いようです。

 ※追記 
アプリからではなくブラウザからloginして見れるようです。Fire HDタブレットでも同様にブラウザから見れました




 解約方法


一番気になるであろう解約方法も載せておきます。すいませんがAndroidのみの方法です。iPhoneでも多分同じような方法でできるとは思います。まず『Google ストア』のアプリを起動し左上の三本線をタップして、マイページに行って下さい。

Screenshot_20200206-234432
マイページから『定期購入』をタップ


Screenshot_20200206-234444
ESPN Playerを選択し、この画面に。そして『定期購入を解約』をタップすれば解約できます。

以上解約方法でした。



 XFLの独自ルール


NFLとは結構違うルールがあり、ゲーム性が結構違う可能性もありえそうです。しっかりXFLの色が出せれば面白くなりそうなので期待したいですね。ということでそのXFL独自ルールを説明していきます。


 エクストラポイントが1~3点 



TD後のエクストラポイントなんですがキックはありません。その代わり最高3点入れることも可能となり。1ポゼションで最高6+3で9点入れることも可能となります。

内訳は
2y地点から1プレイでTD 1点
5y地点から1プレイでTD 2点
10y地点から1プレイでTD 3点


となります。結構悩みそうな絶妙なバランスな気がします。ちなみに守備側がターンオーバーしてそのままTDすると守備側に3点入ります。(NFLでは2点) NFLでは年に1回あるかわかないものですが、10yからならちょっと増える可能性ありそうですね。


 スクリメージを超えない前パスならもう一回前パス投げてもOK 



このルールが最大の肝になってくるかもしれません。スクリメージラインを超えなければ前パスをもう一回投げられるってことは、レシーバーの位置にQBをセットするという戦術も十分ありえることに。

このルールならロンリーセンターとかも面白いかもしれませんね。これを大いに利用するチームが現れて、面白い戦術が見れることを期待してます。てか1週目全チームこれちゃんと利用してみてほしいルールですわ。


 キックオフのがやけに複雑 




キックオフの位置は自陣30yからですが、キッカー以外のセットする位置が、敵陣35y地点となります。リターン側は30y地点に並びます。でリターナーがボールを取るまでは動いてはいけないようです。取ってから3秒後に審判が合図をして動けるようになるみたいです。

でさらに複雑なんですが。

・エンドゾーンまでノーバウンドでタッチバックとなった場合は35y地点から攻撃
・フィールド内に一度バウンドしてからタッチバックとなった場合は15y地点から攻撃
・サイドラインに出てしまった場合は45y地点からの攻撃
・敵陣20yまでキックが届かなかった場合は45y地点からの攻撃 

となっています。要するに『キックオフは敵陣20y以内にボールが落ちるようにキックしろ。じゃないと結構罰退させられるぞ。』ということです。このルールはどうでしょうね。今の所見てみないとわからんという印象です。


 パントも厳しい 



キックオフと同様に、パントもちょっと厳し目です。

・タッチバックが35y地点からの攻撃
・サイドラインに出てもタッチバックと同様35yからの攻撃

ということで、『35y以内に止まって、サイドラインに転がらないようなコントロールパントが必要』となります。XFLはタッチバックを許さない姿勢が見受けられます。


 オーバータイムがPK戦みたいになる 



引き分けはなく、交互に5yからの1プレイを5回行い、得点が高かったチームの勝利となります。同点の場合はサドンデスになるようです。守備側のリターンTDはなし 守備からの得点はありません。

これも見てみないことにはって感じでしょうね。交互にやるということで、ちょっと入れ替えがグダグダにならないか心配ではあります。


他プレイクロックが25秒計のみ 片足キャッチが認められる など細かい違いがあるようです。そのへんは公式HPに詳しく載っていますので、知りたい方はそちらを御覧ください。



ロースターはWikipediaが一番見やすいかなと思います。



ということで久々に復活するXFL。昨シーズンはAAFが途中で頓挫しましたがXFLはなんとか成功してほしいですね。ルールは面白そうなのでNFLとは違う魅力を見せることができるか、楽しみに開幕を待ちたいと思います。

スケジュールは以下のようになっています。
画像
現地時間なので+14時間で日本時間になります。