オフシーズンが始まり1ヶ月が経とうとしています。2月下旬までのニュースをまとめておこうかなと思います。

 リーグのニュース


 新労働協約(CBA)が現在難航中 




2011年に締結されていたCBA(団体労働協約)が2020年シーズン後に切れることに対し、新CBAがオーナーと選手会の間で承認されました。
流れとしては
  1. オーナーと選手会(決定)
  2. チーム代表選手32人の投票で2/3以上(22票?)
  3. 選手間投票で過半数
という流れで2/21に2番の代表選手の投票が行われる予定でしたが、ここで現在ストップがかかっています。

2011年に締結されたCBAは最終年の今年にフランチャイズタグ トランジションタグ両方を使うことができる内容が織り込まれており、新CBAの状況待ちの状態となりタグ張りの時期が2日延期となりました。タグがどうなるか今週が山場となるでしょう。

新CBAでは、
  • 今シーズンからプレーオフ進出チームが7チームに増える
  • 2022年からシーズン17試合に増やす
  • 現在の球団と選手の収入割合を47%→48%に引き上げる
  • 17試合となったシーズンからは48.5%に上昇
新CBAにならなくても決定な事項
  • 6月1日以降の解雇の場合来シーズンにデッドマネーを持ち越すことはできなくなる
  • 複数年契約の場合前年の30%以内のサラリーの上昇にしなければいけない。(今年5M 来年15Mとかはできなくなる)
プレーオフが7チームに増える事により、ワイルドカードプレーオフは全6試合となり、ファーストラウンドバイは第1シードのみとなるようです。



これに対してテキサンズのDL J.J・ワットなどが納得行ってないツイートをしたりして、ちょっとまだ難航しそうな雰囲気があります。不満の内容はGoogle翻訳で見た感じなので間違っているかもしれませんが、こんな感じです。
  • 17試合に対しての選手へのケアが収入補償0.5%の上昇だけ?放映権的に低いよね?
  • 試合が増えることにより選手へのダメージ軽減のためにロースター枠の増加を求めたい
やはり試合が増えることに対する選手へのケアがこの協定では不十分と見ているようです。ただ怪我人への保護の面では一定の評価は受けているようです。(元選手への医療サービスについての項目があるようです。)この新協定が決まるかは今週が山場を迎えることでしょう。


 ブラウンズのニュース


ちょっとブラウンズ関連の悪目のニュースが2件ありましたのでそれについて語ります。

 CLE マイルズ・ギャレット 出場停止解ける、がしかし・・ 







2/13 コミッショナー ロジャー・グッテルとマイルズ・ギャレットが会談をし、昨年から続く無期限出場停止が解けました。実質6試合停止となりました。正直な感想としてはチームのファンではありますが、かなり大甘な裁定になったなと思います。

ことの発端はギャレットがルドルフをヘルメットで殴ったことですからね。   
で、出場停止が解けた後に放送されたマイルズ・ギャレットのインタビューがかなり物議を呼び込んでいます。

インタビューの内容は『メイソン・ルドルフが俺に対して人種差別の暴言を吐かれた。さらに挑発されて抑えがきかなくなった。お互いやっては行けない行為だった。』と答えたことで、ルドルフが反論、それに加えPITのHCマイク・トムリンもルドルフを擁護

もうさ要らん事言わず、そのまま受け入れて我慢してほしかったすわ。そりゃルドルフも挑発してたところは確かにあったけどさ、言った言わないの問題は絶対解決せーへんて・・・他の選手は聞いてたかもしれへんけど、、、たぶんなにも解決しないまま開幕むかえるんやろなぁ。。。ほんとギャレットが飲み込んで終わりにしてほかったなぁ・・・


 T グレッグ・ロビンソン マリファナ所持で逮捕 


昨年の先発LTグレッグ・ロビンソンがマリファナ所持でテキサスで逮捕されました。まあマリファナで捕まるってのはそこまで珍しくないことなんですが、その内容が衝撃すぎました。

メキシコに車で向かう際に捕まったらしいのですが、所持してたマリファナの量が157ポンド=約72キロ!!!

売り目的の所持で逮捕の一報から、この人一人分のマリファナって・・・・ロビンソンは今年FAとなりますが。もうそんな状況じゃなく何年牢屋入るのかなという感じでしょうね。。。。


 契約関連のニュース


 2週間分の契約関係の記事羅列 

元パンサーズTEオルセンがシーホークスと契約
イーグルスLBブラッドハムがFAに
トニー・ジェファーソン解雇
ジョシュ・ノーマン解雇
アムカマラ ガブリエル解雇
ブラウンズ新GMがCBキャリーら4選手をカット
レッドスキンズがベテランTEリードを放出
ライオンがDTハリソンを放出
カーディナルスがOTハンフリーズと3年契約に合意
2年の空白期間を経てDEヒューストンが引退

QBブリーズは2020年もセインツでプレー
QBリバースはFAへ、チャージャーズには戻らず
トム・ブレイディ FA市場に一度参戦するかも?
ショーン・リー現役続行の意思
トレード候補選手にジェッツRBベルの名も
揺らぐRBフリーマンのファルコンズでの未来

とりあえずこの2週間であった契約関連の記事を羅列しました。ブレイディ ブリーズ リバースのベテランQBの動きがありました。ブリーズは残留 リバースはFA ブレイディはFAに出るって言ってるけどまだ懐疑的かな?という感じです。

とりあえずいまのところの今オフの契約 解雇 引退のまとめはこちらです。
2020FA 0226


 【小ネタ】デズ・ブライアント復帰意欲万全 


デズ・ブライアントが復帰に向けアピールをしています。2018年に怪我出場0、2019年は契約チームなし。3年連続1000yレシーブの実績がありますが、性格には難があり。でもまだ31歳と老け込む歳ではありません。契約の意思があるチームが表れるといいですねぇ。


NFL 100
National Football League
Harry N. Abrams
2019-09-03