フランチャイズ・トランジション指定の期限が終了し、FA正式解禁は日本時間で19日朝5時からですが、合法タンパリング(事前交渉)が開始され、移籍が確定的となった情報がたくさん出ています。SpotracのTransactionを元に1日目をまとめました。

・SpotoracのTransactionはこちら



 フランチャイズ・トランジション指定


2020FA 0317-1

フランチャイズ指定14選手 トランジション指定1選手 計15選手が指定されました。予想よりも多めでしたね。

特にペイトリオッツのジョー・スーニー カーディナルスのケニアン・ドレイクなどは事前では指定候補に挙がっておらず結構サプライズな指定となりました。




 トレード


2020FA 0317-2

4件のトレードが成立となりました。まず一番のサプライズとなったのがテキサンズのディアンドレ・ホプキンスのトレードでしたね。



対価は
HOU WR ディアンドレ・ホプキンズ+4巡
ARI RBデビット・ジョンソン+2巡+2021年の4巡


各所で色々言われている通り、ホプキンス放出としては対価が安すぎます。NFLナンバー1と言ってもいいレシーバーがジョンソンと2巡はないですわ。昨年のFAの動きも色々言われていたテキサンズ、HC兼GMのビル・オブライエンの考えが正直わかりませんわ・・・


ビルズに移籍となったステフォン・ディグスは7巡をつけ 1巡+5巡+6巡+2020年6巡とのトレード


コルツに移籍となったディフォレスト・バックナーは1巡とトレード



ファルコンズに移籍となったヘイデン・ハーストは4巡をつけ 2巡+5巡とのトレード



この3件は対価として正当かなと思います。ホプキンスの件はほんとちょっとオカシイと思う・・・




 残留選手


2020FA 0317-3-1

攻撃選手ではやはりカウボーイズ アマリ・クーパーの残留が大きなニュースでした。



5年100M(年20M)というWRとしては2番目に高い契約となりました。ダク・プレスコットをフランチャイズ指定しクーパーがどうなるかと思われましたが、なんとか残留させることができDALファンはほっとしていることでしょう。


2020FA 0317-3-2

守備選手ではシーホークス ジャラン・リード バッカニアーズ ジェイソン・ピエールポールの残留が決まりました。TBにとってはシャキル・バレットをフランチャイズ指定したことでパスラッシュコンビを今年も残すことに成功しました。あとはDB陣の整備で守備が安定することを願いたいところですね。



 移籍(予定)選手


2020FA 0317-4-1

まだ解禁されていないので正式ではありませんが、移籍がほぼ確定となった選手が続々と発表されました。

攻撃陣ではブラウンズがTEオースティン・フーパー Tジャック・コンクリンと大物FA選手2人を獲得しました。



昨年の弱点だったOLの強化が出来ましたし、トップレベルのTEも獲得しレシーバー強化ができました。今年はRBカリーム・ハントも最初から居ますしもうQBベイカー・メイフィールドがやってくれることだけです。まじで期待してっからな!



マーカス・マリオタはレイダースと契約をしました。
デレク・カーのバックアップとしての契約となりましたが、自身が昨年体験したバックアップからの先発も十分狙えるかもしれないので頑張ってほしいところです。


2020FA 0317-4-2

キャップスペースがかなりあったドルフィンズの動きが活発的でしたねEDGEシャック・ローソン LBカイル・バンノイ CBバイロン・ジョーンズを獲得しました。



ローソンとバンノイは同地区で争った選手でしたので、同地区の弱点も知っているかもしれませんし、いい補強だったのではないでしょうか。ドルフィンズの守備はガラッと変わりそうですね。



レイブンズがDLマイケル・ブロッカーズを獲得しました。
先日トレードでEDGEカライス・キャンベル フランチャイズ指定でEDGEマット・ジュドンを引き止め。正直同地区のライバルとしてはきついわこれ。。。。




 解雇・引退選手


2020FA 0317-5

ファルコンズの攻撃陣中心の解雇 スティーラーズはEDGEパド・デュプリーの契約資金作りもあり解雇が目立ちました。それに加え先発Gラモン・フォスターも引退を発表し、結構やりくりに苦労している印象が目立っているかなと。




 チーム別契約状況


今年は地区別にしました。昨年よりは見やすいかなと思います。WEBページと埋め込み2種類用意しています。内容は同じなので見やすい方で御覧ください。

 WEBページ版 



 埋め込み版