FA解禁して3日すぎ、大物選手の契約がだいぶ決まった感じですね。

・SpotoracのTransactionはこちら



 トレード


2020FA 0321-1

イーグルスがダリウス・スレイをトレードで獲得しました。



ライオンズは3巡+5巡を獲得 トレード後契約を見直し3年50Mの契約となりました。昨年のライオンズはQBマシュー・スタッフォードの怪我後勝てず、スレイのパフォーマンスもあまり良いとは言えませんでした。モチベーションが保てたなかったという話もあり、イーグルスで心機一転となりまたモチベーションが回復しすばらしいパフォーマンスに戻ることを期待したい。



あとスティーラーズがレイブンズからクリス・ウォーマリーを獲得

スティーラーズはジャボン・ハーグリーブの移籍の穴埋めとして獲得となりましたが、同地区がそれを助けるのはどうなのよと。。。レイブンズは1列目余りぎみだけどさぁ、どっか取ってくれるところなかったんか。。。。




 残留選手


2020FA 0321-2

アンドラス・ピートが5年57.5Mでセインツ残留となりました。
2年連続プロボウル選出Gなのでもうちょっと高くてもいいかなとは思いますが、33M保証5年契約と長期なのが良かったということでしょう。これで今年のセインツのOLも安泰といったところでしょう。



ダン・ベイリーが3年10Mでバイキングス残留となりました。
昨年はFG成功率93.1%と安定感を見せつけたんですが、思ったよりもリーズナブルな契約かなと思います。(キッカー最高はレイブンズ ジャスティン・タッカー 年平均5M)バイキングスはベイリーが来るまでキッカーに悩まされていたチームでしたので、これで一安心ですね。

2020FA 0321-3

守備の残留はそこまで大物はいませんでした。ペイトリオッツのアダム・バトラーはRFAで2巡目テンダーとなっています。




 移籍選手


2020FA 0321-4

トッド・ガーリーがラムズ解雇後ファルコンズと契約しました。



ガーリーは4年契約で2年経過していましたが、残念ながらトレード相手が見つからず、解雇となってしまいました。その後すぐファルコンズとの契約が成立。単年6Mとなりました。

ファルコンズは先日先発RBデボンタ・フリーマンを解雇したばかりでRBが薄い状態でした。ガーリーの加入によりラン攻撃の復活を期待したいですね。問題は抱えたままの怪我がもう少し回復してくれるといいのですがね。



メルビン・ゴードンがブロンコスと契約しました。



2年16Mという契約ですが。昨年ゴードンはチャージャースに対し年10M以上の契約を要求し成立せずホールドアウトというドロドロな関係になってしまいました。それを考えると安い契約で落ち着いた印象ですが、コメントで『チャージャースと対戦するために良い契約を蹴ってブロンコスに来た』と言っていたようです。そうとう恨んでいるみたいですね・・・・



エリック・イーブロンがスティーラーズと契約しました。
2年12Mと結構リーズナブルやなぁ。。。。スティーラーズはFA解禁時にはキャップスペースがマイナスでスタートしていましたが、EDGEパド・ドュプリーにタグ RFAのTマット・ファイラー CBマイク・ヒルトンと契約 そしてイーブロン加入となんか予想以上に動いています。

QBベン・ロスリスバーガー TEバンス・マクドナルドの契約見直しGラモン・フォスターの引退などでキャップを作ったみたいです。ただしロスリスバーガーは来年のキャップヒットが45Mとなったみたいです。来年のことは来年考えるという感じですかね。


エマニュエル・サンダースがセインツと契約しました。
契約内容は2年16M 昨年はシーズン途中に49ers移籍で若手中心のレシーバー陣の支えとしてスーパーボウルまで導いた活躍をしました。セインツはエースWRマイケル・トーマス以外のレシーバーがもうひとつなところもあり、テッド・ギンも少し衰えが見えてきたところでしたのでいい補強となりそうですね。

サンダースはパスを投げたりスペシャルプレイも得意な選手なので、QBテイサム・ヒルとのコンビで色々面白いことができそうですね。

2020FA 0321-5

守備は大物はそこまで大きな動きなしでした。カーディナルスがデボンドレ・キャンベルを獲得。カーディナルスのFAの動きが結構いい感じに見えますね。トレードでWRデアンドレ・ホプキンス FAでDLジョーダン・フィリップスをすでに獲得しています。NFC西は結構魔境になりそうな予感がします。


ブラウンズもアンドリュー・シンデホーを獲得しました。Sはカール・ジョセフに続き2人目の補強。とりあえずの先発は確保出来た感じですね。ただまだキャップがあるので噂されているSアンソニー・ハリスのトレードもまだあるんじゃないかなと思います。



 解雇・引退選手


2020FA 0321-6

ジョー・フラッコが解雇されました。



昨年トレードでブロンコスに移籍し前半戦先発をしていましたが、なかなか勝つことが出来ず負傷。その後はブランドン・アレン ドリュー・ロックの若手QBを起用し後半戦は5勝を挙げることができ、フラッコ起用はなくなった形となりました。今年は実績のある中堅QBの所属が決まっていないこともあり、ベテランに差し掛かっているフラッコを先発待遇として起用するチームは無いものと見られます。今後のキャリアどうするか、考える時間になってしまいました。


クレイ・マシューズが解雇されました。
昨年ラムズと2年契約を結びましたが、キャップスペース確保のため解雇となりました。昨年は8サックを記録しまだまだ力があることを示したシーズンでしたので、33歳となりましたが十分需要はあるでしょう。
ここまでのラムズの失った選手ですが、守備陣は色々居なくなりすぎですね。今一番の問題はパスラッシャーが居ないこと、そして今年の1巡指名がないこと。これをどう解消させるかがラムズの今年の注目ポイントとなるでしょう。




 チーム別契約状況


今年は地区別にしました。昨年よりは見やすいかなと思います。WEBページと埋め込み2種類用意しています。内容は同じなので見やすい方で御覧ください。

 WEBページ版 



 埋め込み版