ドラフトまで1週間を切りました。1ヶ月間の主なニュースをまとめておきます。


 ドラフト・リーグのニュース


 ドラフトは予定通り4/24開催 




コロナウィルス感染拡大の影響で、世界各国身動きが取りづらい状態が続いていますが、NFLドラフトはリモートを駆使し、演出はバーチャルで行う形式で開催されることとなりました。バーチャル空間はゲーム Madden NFLでおなじみのEAスポーツが作り上げるそうです。

予行練習はしているようで、その雰囲気は当日のお楽しみという感じみたいです。今までとは勝手の違う方法であるため、どうなるかわかりませんが昨今の状況で開催されるだけありがたいことですね。暖かく見守りましょう。




一応指名される有力選手もバーチャルで参加ということになっていますが、どういう感じで参加になるんでしょうね?予想としては参加者のモーションキャプチャーをすでに取っており、それを駆使して演出に使うのかな。これも当日のお楽しみですね。

ドラフトは
 ・1日目 4/24 9:00~ 1巡目指名 (指名制限時間10分)
 ・2日目 4/25 8:00~ 2~3巡目指名 (指名制限時間7分)
 ・3日目 4/26 1:00~ 4~7巡目指名 (指名制限時間5分)

※日本時間です
となっております。指名制限時間は今年だけはタイムアウトはないそうです。例年とシステムがまったく違いますしね。なので概ねこのくらいで指名してねという時間だと思いましょう。


 チームワークアウトもバーチャルで 



当初の予定では、ドラフト前にミーティング・合同練習などで今年のチームの初顔合わせが行われていたはずですが、コロナウィルス感染拡大の影響により延期が余儀なくされました。

ということでバーチャルでのワークアウト開始を4/20~5/15まで行われることが決定しました。このバーチャルワークアウトの内容ですが。

・リモートでのミーティング
・ビデオ会議による個人ワークアウト
・ワークアウトのための機器を1選手1500ドル(約16万円)までの条件で送ることを許可


読み取れるものとしてはこんな感じです。例年から比べるとワークアウトの期間はかなり長くなりました。ただ集まるわけに行かない状況なので個人個人でやっていくしか無いし、慣れていないことばかりでうまくできるかもわかりませんしね。ほんと今年開幕できることを祈りたいです。






 コロナウィルス関連


 ブロンコス EDGEミラー ラムズ Cアレンがコロナ感染 



4月中旬に入り選手へのコロナウィルス感染が2人出てしまいました。スーパースターであるブロンコス EDGE ボン・ミラーの感染はちょっと衝撃的でした。

ラムズ C ブライアン・アレンと共に軽症で済んでいるようで、そこは少し安心です。ただ軽症であってもきつい症状であることもよく聞くのでお大事にです。

現在はチーム施設などは封鎖状態ですし、選手から選手への感染はあまりないとは思いますが、頑張って気をつけても感染する可能性はありますし。今後増えないことを祈るのみです。


 先月陽性だったセインツHCペイトンは回復 



先月NFLで初の感染者となってしまった、セインツHC ショーン・ペイトンは軽症で自宅で静養ということでしたが、3月末に回復されました。

最初は衝撃的ニュースでしたが、4月になってからは日本でも有名人の感染者が続出中ですし、ほんと身近に感じられる状態となってしまいました。自分が無症候であるかもしれないと思って行動するしかないっすねほんと。




 3チームが新ユニフォームお披露目


バッカニアーズ ファルコンズ ブラウンズの3チームが新ユニフォームを発表しました。一つつづ軽く見ていきましょう。

 タンパベイ・バッカニアーズ 
画像



昨年までは肩は黒にしていたのをシンプルにした感じになりました。ちょっと同地区のファルコンズっぽさも感じます。ブレイディがこのユニフォームを着ている姿をはやく見たいですね。


 アトランタ・ファルコンズ 
画像



番号の上に『ATL』の文字を入れました。この地区の三文字表記は正直あまり見かけないタイプのユニフォームですね。正直なところ評判は今の所良くないみたいです。まあ・・・・そのうち慣れるんじゃないんですかね?www  


 クリーブランド・ブラウンズ 
画像



ぱっと見昨年と何が違うの?って感じです。オレンジのパンツをやめたという変化みたいです。新HCステファンスキーを迎え新たな気持ちで今シーズン望んでほしいですね。




 その他のニュース



 XFL解散後破産申請 




NFLシーズン終了後に始まったXFLでしたが、3月に入ってコロナウィルスの影響でシーズンが停止し、残念ながら破産申請 要するに倒産となってしまいました。

なかなかの客入りで新ルールもおもしろかったですし、これは順調な出だしで定着するかもと思われただけに、仕方が有りませんが本当に残念な終わり方となってしまいました。

WWEが主催で本業の方も大打撃を受けている状態なのですぐXFLの復活は難しいかもしれませんが、またいずれ復活できることを願いたいですね。


 ターバリス・ジャクソン 36歳の若さで事故で亡くなる 



また寂しい話題ですが、バイキングス シーホークスで先発出場していたQBターバリス・ジャクソンが交通事故でお亡くなりになりました。

私が見出した時にバイキングスのQBとして先発しており、シーホークスではマット・ハセルベックとラッセル・ウィルソンの間の年 正にブリッジとして先発をしていました。

プレイスタイルはうろ覚えではありますが、ウィルソンに似たモバイルもできるタイプでした。NFLで定着はしなかったものの試合には結構出ていた印象の選手でした。

この若さでの事故死というのはほんと寂しいです。ご冥福をお祈りします。


 CHECKDOWN主催MADDEN大会 LAC Sジェームス圧勝 

画像

ちょっと暗い話題が多かったので、最後は明るめの話題で

STAY HOMEでできるアメフトということで、Madden NFLで選手8人でのオンライントーナメントが4月上旬に行われ、チャージャースのSデーウィン・ジェームスが優勝となりました。

決勝の様子はチャージャース公式youtubeチャンネルで見られるようです。サムネで分かる通りめっちゃ圧勝ですwww