※9/6更新



 2019のチーム成績


2019スタッツ31 ラムズ

昨年はRBトッド・ガーリーが負傷を抱えたままプレイした結果、ラン攻撃がうまく行かず、パス攻撃もゴフがプレッシャーに耐えきれず攻撃が完全に崩れた状態となってしまいました。OLが徐々に衰えが見えてきており改善出来なかったのが祟ってしまった結果かなと思われます。

守備は元から安定感があるチームではないので、相手チームとの相性は結構あるんですよね。あとは攻撃のターンオーバーが多かったことも失点につながったのもあります。これだけのメンバーが揃ってるけどなんかチームスタッツがあがらないんですよねこのチームの守備は。

今年から新スタジアム『Sofiスタジアム』プレイすることになります。まだ無観客か限定的に客を入れるか決まっていませんが、新たな気持ちで望みたいシーズンですね。




 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC シーン・マクベイ 34
OC ケヴィン・オコネル 35
DC ブランドン・ステーリー 37

Sean McVay has super motivation for his talented Rams - Los Angeles Times
HC シーン・マクベイ

今年で4年目となるショーン・マクベイがHC まだ若干34歳です。すでにチームを立て直しスーパーボウル出場を経験していることもあり、次世代を代表する名将となるんじゃないかと思われるHCです。昨年はちょっと躓きましたが、また立て直して手腕を発揮してほしいですね。

OCは昨年まではマクベイが兼任してましたが、今年はケヴィン・オコネルを招聘しました。元NFLでバックアップQBをしていた経験を活かしたい。

DCはブロンコスのLBコーチだったブランドン・ステイリーを招聘。HC コーディネーターが全員30代という若い首脳陣となりました。



 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名
2 52 RB キャム・エイカーズ
2 57 WR ヴァン・ジェファーソン
3 84 EDGE/LB テレル・ルイス
3 104 S テレル・バージェス
4 136 TE ブライスン・ホプキンス
6 199 S ジョーダン・フラー
7 234 LB クレイ・ジョンストン
7 248 K サム・スロマン
7 250 G トレメイン・アンクラム
   120位までの選手

上位で攻撃のスキルポジションを指名 2巡目RBキャム・エイカーズにはラン攻撃を立て直しを WRヴァン・ジェファーソンは減ったターゲットを補うことを期待したい。


より詳しくはドラフト記事を御覧ください




 ロースター


 【攻撃編】 
202031lar-03
   放出・離脱選手
左の番号:背番号
   補強選手
   新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級
A:エース級
B:レギュラー級
C:バックアップ級
D:未知数
【備考欄】
 順位 :NFL TOP100
OPT:オプトアウト(離脱)
SUS:サスペンション(出場停止)
PUP:リザーブPUPリスト
NFI:ノンフットボールインジュリーリスト



 QB 
5年目を迎えたジャレッド・ゴフが先発です。昨年5年134Mという大型契約を結びましたが、パフォーマンスとしてはこのままでは厳しいなというのを突きつけられたシーズンとなりました。ラン攻撃が出なかった OLが例年より弱かったこともありパスを強要される場面が多かったですが自身の力だけでは打開出来なかった印象が強かったです。もう少しプレッシャーに押しつぶされないようにしないといけません

Carson Wentz, Highest Guaranteed NFL Contracts After Jared Goff's Reported  Deal | Bleacher Report | Latest News, Videos and Highlights
ジャレッド・ゴフ



 RB 
長期契約したトッド・ガーリーを1年で解雇しました。これは大きな決断でした。RBの価値を下げる結果となり寂しい気持ちにはなりましたが、チーム事情としては決断せざるを得なかったのかなぁ。

今年はエースRBが決まってない状況で、2巡目のキャム・エイカーズを含め競争となります。ラン攻撃は未知数ですね。不安ありと見ます。できればレシーバータイプのRBがほしいところなんですがエイカーズがそうなってくれるといいのですがね。



 WR 
ブランディン・クックスをトレードで放出となりました。

先発ロバート・ウッズ クーパー・カップは昨年ふたりとも1000yレシーブを記録しました。安定した成績を残せるコンビです。3番手のクックスのところに2巡目ヴァン・ジェファーソンがぴったり収まるこをと期待したい。

Robert Woods or Cooper Kupp: Who To Target in 2020 (Fantasy ...
左 クーパー・カップ(今年から背番号10)
右 
ロバート・ウッズ



 TE 
5年目のタイラー・ヒグビーが先発です。昨年は734yレシーブとキャリアハイを記録しました。今年もレシーブに期待したい。

2番手のジェラルド・エバレットもレシービングに定評はあります。OLの助けにもなりますしダブルTE起用も今年も多くなりそうですね。



 OL 
昨年とメンバーは一緒となりました。昨年は怪我人も抱えたそこまで抱えたわけでもないので、果たしてこの戦力維持は勝算があるのか疑問があります。

スタッツ自体は数字としては固く見える結果なんですがゴフがプレッシャーに負けたという印象が強く、そこまでOL良かったかなぁと感じるんですがね。



 スペシャルチーム 
キッカーは7巡目でとったサム・スロマンが務める予定のようです。新人なので未知数ではあります。ただ今年はお客もそこまで入ってない状態ですしプレッシャーは少ない状態でできるので、そこは新人キッカーにとってはありがたいかもしれませんね。

パンター ジョニー・ヘッカーはプロボウル常連で、パント能力はもちろんですが、毎年パントフェイクでパスを投げることでも有名です。ヘッカーのパント時はいつフェイクが来るかも楽しみにしましょう。

リターナーはWRヌシンバ・ウェブスターが務める予定です。

Bothell's Johnny Hekker gears up for Super Bowl LIII in Atlanta
P ジョニー・ヘッカー



 【守備編】 
202031lar-04
   放出・離脱選手
左の番号:背番号
   補強選手
   新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級
A:エース級
B:レギュラー級
C:バックアップ級
D:未知数
【備考欄】
 順位 :NFL TOP100
OPT:オプトアウト(離脱)
SUS:サスペンション(出場停止)
PUP:リザーブPUPリスト
NFI:ノンフットボールインジュリーリスト



 DL 
今年もアーロン・ドナルド マイケル・ブロッカーズの2枚の壁が立ちはだかります。

アーロン・ドナルドは背丈は小さいのですが、目の前にいると迫力が違い、パワー・スピードは比べる人が居ないレベルです。2回シーズン守備MVPを取っているだけある選手です。 コンビを組むブロッカーズは長身で高い壁となる選手です。

The Rams should let Aaron Donald run the ball. Seriously ...
アーロン・ドナルド



 EDGE 
昨年の先発ダンテ・ファウラーjr. クレイ・マシューズを放出しました。

リオナード・フロイドを獲得しましたが、昨年パスラッシュと比べるとかなり落ちるメンバーとなりました。誰か覚醒してくれることを祈るしか無い3巡目のテレル・ルイスには先発に食い込んでほしいですね。ただLBの方が薄いのでそちらに回るかもしれません。



 LB 
コーリー・リトルトンがFAで移籍となり、こちらもかなり薄くなってしまいました。3巡目のテレル・ルイスはこちらに回る可能性が高そうです。ルイスが当たりであってほしいですね。



 CB 
トロイ・ヒル 昨年途中にトレードで獲得したジェイレン・ラムジーが先発です。

ラムジーは昨年チームに入りましたが、まだチームに溶け込めてないところがあったかなと思います。トップレベルのCBであることを今年は証明してほしい。

Rams' Jalen Ramsey on pace for big contract extension - Los ...
ジェイレン・ラムジー



 S 
エリック・ウェドルが引退を表明しました。この大きな穴を埋めるのは正直難しいでしょう。

先発テイラー・ラップ ジョン・ジョンソンが努めますが、3巡目のテレル・バージェスもNBの起用ができるのであれば出場チャンスは得られるだろう。



 スケジュールと展望


ラムズ
Week 対戦相手
1 カウボーイズ
2 @イーグルス
3 @ビルズ
4 ジャイアンツ
5 @レッドスキンズ
6 @49ers
7 ベアーズ
8 @ドルフィンズ
9 Bye
10 シーホークス
11 @バッカニアーズ
12 49ers
13 @カーディナルス
14 ペイトリオッツ
15 ジェッツ
16 @シーホークス
17 カーディナルス


対戦相手の昨年の勝敗
29位 .527

【スケジュール】
終盤に同地区対決が固まっています。今年はNFC東 AFC東との対戦となります。開幕からNFC東の優勝候補カウボーイズ イーグルスとの対戦となります。昨年はスタートダッシュで失敗したので今年はしっかりスタートを決めたい

【展望】
今年はあまり良い補強が出来ず、問題が解決できるのか不安を感じるところが多い印象です。

攻撃はラン攻撃が未知数 OLの補強なしが不安なところです。昨年パス攻撃中心となって厳しい攻撃となったこともあり、ラン攻撃が昨年よりも落ちる可能性も否めないので、果たしてこれで行けるのかは試合で確認するしかない。今年プレシーズンが無いのも辛いところかもしれません。

守備もEDGE LBの薄さが気になります。他のポジションでそれをカバーできるのかは疑問が残ります。このアンバランスさを解消することができるのかは不安ですね。

攻守共にアンバランスな戦力分布になってしまっている印象です。このアンバランスさがいい方向に向かえばいいのですがね、首脳陣の手腕次第かなと。個人的には今年は結構厳しいシーズンになるかもと思います。