サンデーナイトゲームの展望をしてきます。

ペイトリオッツ@シーホークス(9/21 9:20)G+ DAZN

他DAZNの放送試合はこちらとなっております。
2020week02-020


各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.actionnetwork.com/nfl/week-1-nfl-injury-report-injuries-2020

などでご確認ください


 ペイトリオッツ@シーホークス


2020week02-022

左の数字 背番号    欠場選手  Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位


2020week02-023



 強固な守備vs完成されたハイブリットQB

開幕戦どちらも勝利し上々の出だしとなった両チーム。ペイトリオッツは離脱者が多かったこともありチーム状態がどうなのか気になるところでしたが、昨年同様守備の固さはアピール出来た試合でした。

シーホークスもQBウィルソンのパフォーマンスは高度安定という感じでしたね。今年もウィルソンが居る限り攻撃は問題なさそうです。

守備のペイトリオッツ 攻撃のシーホークス 開幕2連勝を飾るのはどちら?



・ペイトリオッツ

【攻撃】
QBキャム・ニュートンを据え戦うこととなったペイトリオッツ 名将ベルチックHCがどのように扱い試合を展開していくか注目の開幕戦でした。

本番ではランパスオプションを多投 ニュートンは15回走り75y 2TDと見事な活躍でした。蓄積されたダメージ・負傷があることもあり、ここ数年はなるべくポケット内でプレイすることが多かったのですが、やはり動きまくるニュートンは脅威ですね。この試合でもラン多投となることでしょう。どこまで保つかが不安ではありますが、ニュートンが元気である限り相手にとっては脅威であることでしょう。

正直戦術ニュートン以外では目立った攻撃は今の所印象は薄いです。ニュートンの勢いが止まった時にどういう打開策があるかも見てみたいところです。


【守備】
ドルフィンズ戦ではさすがのパス守備で3INTを奪取しました。DB陣はやはり強力であることを見せつけました。相手のシーホークスで脅威なのはWRタイラー・ロケットとD.J・メトカーフでしょう。特に決め手となるメトカーフだけでも封じておきたいですね。

フロント7の離脱が多く不安はありましたが、開幕戦は思いの外悪くなかったという印象です。流石に昨年から比べると落ちますが、パスラッシュもある程度かかっていましたし、ラン守備もまずまずでした。今回は相手が強化されますのでこの試合の出来でどうなるかでしょうね。相手のQBウィルソンに対してもしっかりプレッシャーをかけられれば不安が一掃できそうです。



・シーホークス

【攻撃】
開幕戦は322y 4TDパスで週間MVPを獲得したQBラッセル・ウィルソンの独壇場となり大量得点でファルコンズに快勝となりました。今年もQBウィルソンが軸となる攻撃となることでしょう。

敵である名将ベルチックもQBウィルソンに最大級の賛辞を送っています。


この試合もWRタイラー・ロケット D.J・メトカーフにどれだけパスを供給できるか楽しみですね。ベテランTEグレッグ・オルセンも開幕戦TDレシーブを記録しています。豊富なターゲットを使うシーホークス対ペイトリオッツ守備。ここが勝負の鍵となることでしょう。

OLはもう少しがんばってほしいところはありますね。ウィルソンだからなんとか出来ている感が正直あります。

ランに関してはパスが好調だっただけにあまり出さないで終わりました。ペイトリオッツのパス守備が勝った場合はランでゴリ押しも十分できるRBは揃っていますのでこちらを軸に攻めるパターンもあるかもしれませんね。


【守備】
不安だったパスラッシュはまずまずの出来でした。Sジャマール・アダムスのセーフティブリッツが加わっただけでいいプレッシャーがかかってましたね。

パスラッシュ ラン守備自体はなかなかの出来ではありましたが。パス守備に関してはちょっとやられすぎました。ファルコンズのQBマット・ライアンに450y投げられ、25失点となりました。ファルコンズ自体トップレベルのレシーバーが揃ってパス攻撃は強いチームではありますが、400y以上やられたらさすがに言わざるを得ないかなと。ただペイトリオッツはあまりパス攻撃に固執することはなさそうなので、そこまで心配しなくてもいいかもしれませんね。

とにかくニュートンをどう止めるかでしょうね。ニュートンの元チームのパンサーズとの対戦も数々こなしていることもあり手の内はわかってるでしょう。とにかく波に乗せる前になんとか止めきれれば試合が有利になることは間違いないので前半戦の守備にも注目です。




 茶王 勝敗予想 
かつての同カンファレンスのライバルと言っていいニュートンとウィルソン。チームが変わって昔のノリの良いニュートンがどうシーホークスと戦うのかが見どころ言えるでしょう。

予想は無難にシーホークス勝利とします。ただニュートンに勢いがつくと誰も止められなくなるので、そうなったほうが面白そうだなとは思います。



 全試合勝敗予想


Week1の予想結果は10勝6敗でした。ちょっとだけ波乱はありましたが、開幕戦だったので無難に予想しておいてよかったかなと思います。 

CLE
PIT
BUF
ATL
JAC
LAR
MIN
NYG
TB
SF
GB
WAS
KC
BAL
SEA
NO

今週は狙ったというよりもジャガーズ ワシントンの勢いをそのまま買ったという感じです。試合内容も良かったと思いますしね。どちらも2連勝したほうが面白い序盤戦になりそうですしね。

今シーズンは苦しいかなと思ったチームも試合内容はなかなかなチームが多かったですしね。今週もいい内容のゲームを期待したい。



NFL 2020 カラー写真名鑑 (B.B.MOOK1500)
ベースボール・マガジン社
2020-08-31