ちょっと遅くなりましたがWeek3をさらっとまとめます。


 全勝チームの短評-AFC編


2020week03-60

9月が終了し、ぶっつけ本番ということもあったとは思いますが、怪我人が多かったという印象でしたね。怪我人リストが特例といこともあり、各チームたくさんのリスト入りとなってしまっています。3週で出てこれることもあり、これから復帰してシーズンに望む選手も出てくるでしょう。

今回は全勝チームAFC4チーム NFC3チームの試合を短評でしていきます。。


 チーフス@レイブンズ 

画像

注目の全勝対決はチーフスが制し開幕3連勝となりました。

チーフスのQBパトリック・マホームズがキレッキレでしたね。あれは止めようないです。385y4TDパス レーティング133.5とレイブンズ守備をズタズタにしていきました。たぶんあのパフォーマンス出されたら勝てるチームはいないかもしれないですね。それくらいやばい内容でした。

レイブンズはQBラマー・ジャクソンとレシーバーの息がこの試合は合っていませんでしたし、チーフスの守備の対応がこの試合は抜群に良かったですね。昨年のタイタンズ戦で封じられたのを思い出すような不出来な試合でした。あまり追いかける展開になったことがないこともあり、今後強敵と戦う際にはこの対策は必要となりそうですね。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=5wqkMk1DhAw



 ラムズ@ビルズ 

画像

今季好調の全勝対決は接戦の据えビルズが逆転勝利となり開幕3連勝を飾りました。

今年のビルズは3年目QBジョシュ・アレンのパフォーマンスが素晴らしいですね、昨年まではパス精度にまだ問題がありましたが、今シーズンは精度が上がったこともありますし、WRステフォン・ディグスの補強によりバカ肩が披露しやすくなりました。この攻撃を維持できれば今年こそペイトリオッツの牙城を崩せそうです。

一方ラムズも好調でしたがこの試合では序盤に3ポゼション差をつけられ苦しい展開となってしまいました。それでも終盤に逆転 最終的に負けたとは言え好調であること裏付ける内容でした。今シーズンはQBジャレッド・ゴフとOLが復活して得点力が戻りました。守備陣の大量離脱で苦しむと予想しましたが、このパフォーマンスを維持できれば十分地区優勝争いができそうです。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=ylRLV_SsXNA



 テキサンズ@スティーラーズ 

画像
画像
ワット3兄弟 左からデレク J.J T.J

序盤からテキサンズペースの試合でしたが終盤になってからスティーラーズの守備陣が本領発揮し逆転勝利となりました。スティーラーズは開幕3連勝

スティーラーズはQBベン・ロスリスバーガーの復帰で安定した攻撃を展開、特にTEエリック・イーブロンの加入で決め手ができたのが大きいですね。そして守備陣が絶好調と言えます、ここまで3試合でチームサック数が15でトップとなっており、強烈なパスラッシュで相手の攻撃を止めています。ここを相手のOLがなんとかしないとスティーラーズペースの試合が続くことでしょうね。

テキサンズは開幕3連敗と苦しいスタートとなってしまいました。正直スケジュールが厳しすぎましたね。チーフス・レイブンズ・スティーラーズ できれば1勝をもぎ取りたかったのですが難しかったでうすね。次のバイキングス戦で勝てればちょっと楽になると思われますので、まだまだ巻き返せると思います。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=8VwgnJlcmgw



 タイタンズ@バイキングス 

画像

タイタンズがシーソーゲームを制し開幕3連勝となりました。

タイタンズは3連勝とは言え2点 3点 1点とギリギリの試合となっています。それでも勝ち切るから力があるとは言えます。先週と今週はKスティーブン・ゴストコウスキーのFGが勝利の決め手となっています。最初は不安定なところも見せいましたが、最後の最後はしっかり決めるのは流石ベテランというところですね。攻撃は得点力もあり良いのですが、もう少し守備が失点抑えてくれて楽な試合をしたいところですね。

バイキングスは開幕3連敗となってしまいました。攻撃はOLの弱体化でうまく行ってない。守備はEDGEダニエル・ハンターの怪我人リスト入りでパスラッシュがイマイチとなっており、攻守のバランスが取れていない試合が続いているという印象です。序盤戦は結構当たりが厳しいスケジュールなので次のテキサンズ戦で立て直さないと厳しいシーズンとなるかもしれません。生き残りをかけた重要な試合となりそうですね。。。

あとこの試合の翌日にタイタンズはチームで計11名のCOVID-19陽性者が出てしまいました。
その経過については下記の記事でまとめていきます。


【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=p87ff2NvQPg


ということでAFCは
ビルズ(東)
スティーラーズ(北)
タイタンズ(南)
チーフス(西)
この4チームが開幕3連勝
となりました。丁度地区が別々となっていますね。


 全勝チームの短評-NFC編


NFC3連勝チーム3試合の短評をしていきます。

 カウボーイズ@シーホークス 

埋め込み動画

今週もQBラッセル・ウィルソンが好調 食い下がるカウボーイズを振り切り3連勝となりました。

シーホークスはQBラッセル・ウィルソンが毎試合素晴らしいパフォーマンスを見せています。3試合ですでに14TDパスと驚異的な記録となっています。現在のままで行くとシーズン74TDパスのペースとなっています。これまでの記録は55TDなので大幅更新ペースです。そうはならないとは思いますが記録更新は夢じゃないでしょう。ただ守備はもう少し引き締めてほしいところです。これだけやって1ポゼ差2試合はいかんですね。

カウボーイズは毎試合エンジンかかるのが遅いんですよね。試合後半になって追いつく力はあるからもったいない試合ばかり。最初から出してくれという試合が続いています。前半からぶっ放せるようになれば上昇しそうではあります。でも次週のブラウンズ戦では今のままでいてください。頼みます。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=TWQ7tWsf5lM



 パッカーズ@セインツ 

埋め込み動画

注目のサンデーナイトゲームは殴り合いの様相となりパッカーズが殴り勝って3連勝となりました。

パッカーズはここまで1試合平均40.7点と驚異的な得点力となっています。パスもランもバランスよく攻めれていますし、ここまでターンオーバーも1個と今の所隙がほとんどない状態となっています。OLも非常に強くQBアーロン・ロジャースにプレッシャーがほとんどかかっていないのが好調の要因でしょう。ここからパスラッシュの強いチームと当たった時どうなるかが見どころかもしれません。

セインツもいい攻撃でしたがねぇ。最後に策におぼれてしまったというところですね。今のところQB/OWテイサム・ヒルをうまく使いこなせていない感じです。珍しく負け先行となってしまいましたが、十分立て直しできるチームだと思います。心配することはないかなと。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=cXqRUDglvcs



 ベアーズ@ファルコンズ 

埋め込み動画

ベアーズが16点差を逆転し開幕3連勝となりました。

正直以外な好スタートとなったベアーズ。ただ攻撃に関してはWRアレン・ロビンソンの活躍は素晴らしいところなんですが、それ以外なんとも言えない状態です。この試合もQBミッチ・トルビスキーのパフォーマンスが悪く途中からQBニック・フォールズに交代となり、そのフォールズが逆転を呼び寄せた形となりましたしね。そして来週から先発QBがニック・フォールズに代わります。



無敗なのに不調でQBが交代となかなか見たことのない状況となっています。守備がギリギリなんとかできるところで踏ん張っているからなんとか勝てているというのが正しい見解かもしれません。ただフォールズはベアーズに合ってそうなのでここから攻撃がよくなることを期待しましょう。

ファルコンズは2試合連続で大量得点差からの逆転負けを食らい3連敗となってしました。攻撃力はいいですししっかり得点も取れているんですがね。いかんせん守備が最後なんでこうなるの?って状態なんですよね。守備も最初はそこまで悪くないんですが、終盤になるとおかしくなるんですよね。オカルトですがなにか取り憑いてるんじゃないのかなって負け方しすぎです。なんか守備の抑え投手的なことでもできるといいんですがね・・・打開策は守備の向上しかないでしょうね。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=KLvGgzHtvWc


NFCの開幕3連勝は
パッカーズ(北)
ベアーズ(北)
シーホークス(西)
の3チーム
となりました。ベアーズが以外な好スタートといったところですね。



 その他気になったこと


 ブラウンズ6年ぶりの貯金生活 


ワシントンFT@ブラウンズにてブラウンズが20-34で勝利し2勝1敗で貯金1となりました。ブラウンズの勝ち越しは2014年のWeek14以来6年ぶりとなりました。

2014年シーズンは先発QBにブライアン・ホイヤーを据え7勝4敗まで成績を伸ばしましたが、その後5連敗でシーズン負け越しとなったシーズンでした。

貯金がなくなったWeek15はその年のドラフト1巡目新人だったジョニー・マンジールが初先発となりベンガルズに完封負けを食らって居ます。ここから深い地獄が始まった感じでしたね。。。
https://www.footballdb.com/games/boxscore.html?gid=2014121409

今シーズンのブラウンズは開幕戦は最悪の出来でしたが、その後はしっかり修正して今状態が良いです。次週のWeek4はカウボーイズ戦です。貯金を増やしてほしいですね。



 やっちゃいけないやつ 


シーホークス WR D.J・メトカーフがファンブル そのボールがエンドゾーン奥のフィールド外まで転がった為タッチバックとなりターンオーバーとなりました。

年に1回あるかないかのプレイですが、これは完全にメトカーフの怠慢によるものでした。大いに反省するべきプレイでした。ただこの試合は110yレシーブを記録、最後の逆点TDレシーブで勝利に貢献はしました。今後は気を緩めずやっていただきたい。



 週間MVP


 AFC 


【攻撃】  KC QB パトリック・マホームズ
5TDパス レーティング133.5 手を付けられない状態でした
【守備】  IND CB ゼイビア・ローズ
2INTでコルツ移籍で復活をアピール
【ST】  TEN K スティーブン・ゴストコウスキー
55yウィニングFG含む6本のFGで逆転勝利に貢献



 NFC 


【攻撃】  SEA QB ラッセル・ウィルソン
5TD レーティング130.7 今週もキレッキレで2度目のMVP
【守備】  TB EDGE シャキル・バレット
2サック 3ロスタックルで強烈なパスラッシュで相手の攻撃を封殺
【ST】  DET K マット・プレイター
39yのウィニングFG含めパーフェクト