COVID-19のニュースはこちら


それ以外のニュース1ヶ月分覚えてる限りまとめていきます。



 NFLアナリスト 謹慎 

NFLネットワークでアナリストを務め、NFLのニュース発信者として有名なイアン・ラポポートさん本日このようなツイートを発信、10/22までの謹慎となったようです。

内容は

『私はNFLネットワークの許可を得ずにSNSであるものを投稿してしまったことで、ガイドライン違反となり、10/22まで謹慎となりました。ネットワークの決定を尊重します。申し訳ありませんでした。』

何が原因かは色々憶測が飛び交っています。先日のタイタンズの施設外での練習写真の引用リツイートでは?とか言われていますが、真相はわからないですね。

毎日彼のツイートでニュースを取得してる人間としては非常に残念ではあります。謹慎明けでいつもどおり発信してくれることを願っております



 Week5直前 先発QB状況 

怪我 不調などで先発が変わったチームが結構あります。開幕からQB交代となったチームをまとめていきます。


 ペイトリオッツ 
キャム・ニュートン→ブライアン・ホイヤー(Week4)→ジャレット・スティダム(Week5)

ニュートンがCovid-19陽性のため欠場

Week4はホイヤーが先発をしましたが低調なパフォーマンスのため途中交代 Week5は2年目のジャレット・スティダムが先発と発表されました。NFL初先発でどれほどやれるかは注目です。

ペイトリオッツは火曜日にブロンコス戦です。

 ジェッツ 
サム・ダーノルド→ジョー・フラッコ(Week5)

ダーノルドがブロンコス戦で肩の負傷により欠場が決まりジョー・フラッコが先発となります。

フラッコはOLが固くないと厳しいかなと思いますが、RBレベオン・ベルが怪我人リストから復帰となります。ベル次第かなと思います。昨日COVID-19陽性と伝えられましたが、誤検知で陰性となったのでほんと良かったですね。

ジェッツは月曜にカーディナルス戦です。



 チャージャース 
タイロッド・テイラー→ジャスティン・ハーバート(Week2)

テイラーがWeek2の試合前にチームドクターから施術された鎮痛剤の注射により合併症を起こし突然欠場となり、新人ハーバートが緊急登板となりました。

まだ勝利は無いものの期待感の高いパフォーマンスを見せており、そのまま先発に定着となりました。テイラーにとっては不本意な先発交代で可哀想ではありますが、チームの未来としてはアクシデントとは言えこのまま行きたいというのもわかります。ほんとこの件はしっかり調査はしてほしいですね。

チャージャースは火曜にセインツ戦です。


 ブロンコス 
ドリュー・ロック→ジェフ・ドリスケル(Week3)→ブレット・リピン(Week4)→ドリュー・ロック?(Week5)

ロックがWeek2のスティーラーズ戦で肩の負傷で欠場 Week3はドリスケルが先発も低調な内容でWeek4はリピンが初先発 なんとかジェッツから勝利を収めました。Week5は肩の負傷からロックが戻ってくる可能性があるようです。

現時点では半々みたいです。出場可能性については明日正式発表となります。欠場となった場合はおそらくリピンがそのまま先発となるでしょう。

ブロンコスは火曜にペイトリオッツ戦です。


 ワシントンFT 
ドゥエイン・ハスキンス→カイル・アレン(Week5)

Week5はハスキンスではなくアレンを先発に据えて戦うことが発表されました。

怪我ではなくパフォーマンス不足による交代のようです。ワシントンはここまで1勝3敗 守備の出来の良さで1勝をもぎ取りましたが、攻撃はQBハスキンスの良いとはいえず、1試合平均234.8yパス 4TD 3INT 13サック レーティング80.3となっています。レシーバー不足ではありますがちょっと判断が鈍いというのも試合を見てると感じました。これにともないアレックス・スミスがバックアップとなりベンチ入りとなるようです。とうとう復活まで秒読み段階となるかもしれませんね。

ワシントンFTは月曜にラムズ戦です。


 ベアーズ 
ミッチ・トルビスキー→ニック・フォールズ(Week4)

ベアーズはトルビスキーのパフォーマンスには満足が行かずWeek3のファルコンズ戦途中からフォールズを投入し逆転勝利し開幕3連勝となりました。その後から先発が交代となっています。

ただフォールズのパフォーマンスもイマイチな感じではありますが、サースデイナイトでバッカニアーズを破り4勝1敗となりました。守備に頼って攻撃は無理しないというのが今後も勝ちパターンとなりそうですね。


 49ers 
ジミー・ガロポロ→ニック・マレンズ(Week3)→ジミー・ガロポロ(Week5)

ガロポロWeek2ジェッツ戦に足首の負傷により欠場 この試合で他の選手も怪我人が多く出てスタジアムの芝問題も疑問を呈すなど色々ありました。
その後マレンズが2試合先発を務め1勝1敗 今週からガロポロが復帰となります。

怪我が多い選手なので今後も気をつけたいですね。

49ersは月曜にドルフィンズ戦です。



 HOU オブライエンHC 解雇 

テキサンズGM兼HCのビル・オブライエンがWeek4バイキングス戦の敗戦後解雇となりました。


テキサンズはここまで開幕4連敗 対戦したチームがチーフス レイブンズ スティーラーズ バイキングスとプレーオフ常連チームとあって厳しいスケジュールでした。ちょっと解雇は厳しいかもしれませんが、テキサンズも地区2連覇している強豪でチャンピオン候補チームであったこともあり、強敵であっても1勝くらいはしてほしかったというオーナーの気持ちもわからないでもないかなと。

あとWRデアンドレ・ホプキンスをトレードで放出を筆頭にGMの手腕に疑問の声が多かったというのもあったと思います。これで成績が問題なければ不問となったかもしれませんが、現状では失敗と言える状況でしたので我慢ならなかったのかもしれませんね。トレードがうまく行かずドラフト権がほとんどなくなり若い有力な選手がいないというが現時点での問題かなと。

暫定HCはアシスタントHCだったロメロ・クレネル GMはジャック・イースタービーという方が務めるようです。クレネルは昔ブラウンズのHCを務めた経験があり、現在73歳という高齢です。今後スケジュールは弱まりますのでテキサンズがここから再醒できるかは首脳陣次第でしょう。




 NCAA 2カンファレンス再開へ 



延期となっていたBig TenとPac-12の再開が決まったようです。

Big Tenは10月下旬から8試合 Pac-12は11月上旬から6試合の予定となったようです。

他のリーグと終了を合わせた形となったようで、試合数は少なくなってしまいましたが、とりあえず再開となってよかったですね。ちょっとカレッジの感染対策についてはわかりませんが、しっかり注意して行ってもらいたいですね。



 BAL CBハンフリー大型契約 



レイブンズ2017年ドラフト1巡目 4年目のCBマーロン・ハンフリーが5年98.7M(年平均19.7M)66M保障の大型契約を結びました。

レイブンズはQBラマー・ジャクソンの新人契約も2022年までありますし、WRが比較的に安い契約の選手で固めていることもあり、まあまあキャップに余裕はあるんですよね。同地区としてはもう少し苦しんでほしいところなんですが、数年は崩壊することはないんだろうなぁ。。。




 XFL 2022再開 

元WWEスーパースター ザ・ロックこと俳優のドゥエイン・ジョンソンが買取オーナーとなったXFL。本人のツイートで再来年の2022年に活動再開を予定していると発表されました。

今年コロナの影響により途中で終わり解散となったリーグ。私もESPNで見ていましたが内容として結構面白かったので本当に残念な終わり方となってしまいました。お客も結構いい感じで入っていましたしね。ルールもNFLと違うものを採用し結構面白かったです。

3度目の復活となりますが、今度こそ大成功となってほしいですね。