COVID-19問題により延期となったタイタンズの試合が現地火曜日行われます。

ビルズ@タイタンズ(10/14 8:00)


この延期により次週サースデイナイトゲームの予定だったチーフス@ビルズはマンデーゲームに移動となり、Week6のサースデイナイトゲームはありません。

各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries

などでご確認ください


 ビルズ(4-0)@タイタンズ(3-0)


2020week05-062
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 AFC全勝同士の対決

タイタンズのCOVID-19感染問題で現地火曜に試合が行われることになった全勝対決。

ビルズは3年目QBジョシュ・アレンの成長により攻撃が大幅に改善され4連勝となっています。下馬評以上の安定した試合運びで、今年こそAFC東のペイトリオッツの牙城を崩す可能性が高そうです。

タイタンズは3連勝となったもののその後COVID-19で選手12名 スタッフ9名が感染。約2週間この問題で悩まされ土曜にやっと施設の閉鎖が解けました。選手層にかなり問題があるとは言えスケジュールをこなさないと行けないということでこの試合はかなり厳しい状況となっています。

連勝対決とは言えちょっと色々問題を抱えるタイタンズが戦えるのかが心配なところではあります。


SnapCrab_2020No-00156
SnapCrab_2020No-00154




・ビルズ

【攻撃】
3年目のQBジョシュ・アレンが能力開花し、ここまで4試合で12TD パス成功率70.9% レーティング122.7とMVPレベルの活躍を見せています。9月のAFCの攻撃MVPにも選出されました。昨年まではパス精度に難があり、ポケット内で粘らずスクランブルに行くことも多かったのですが、今シーズンはWRステフォン・ディグスを獲得したことにより、自慢の肩力でバンバン投げ込んでいくスタイルに変貌を遂げました。4連勝の攻撃の内容は文句なしと言っていいでしょう。

平均得点は30.8点で5位となっており、この状態を維持できれば、地区優勝はもちろんですが、スーパーもあり得ると思います。

パス攻撃が順調なのもありランはあまり印象が薄くなっていますが、RBデビン・シグレタリーのパフォーマンス自体は悪くありません。パスが通じないときは頼ることになると思います。

OLはまずまずですので、良いとは言いにくいです。これ以上悪くならないようにはしたいですね。


【守備】
平均失点25.2点と昨年の強固な守備から比べるとかなり落ちている印象です。その原因は開幕前から不安視されていたパスラッシュが不安的中という状態です。サック自体はまずまず稼げてはいますが、もう少しプレッシャーをかけていかないと守備改善は厳しいかもしれません。

ラン守備はまずまずではありますが、今回の相手のタイタンズには昨年のリーディングラッシャーRBデリック・ヘンリーが居ます。ここの突進をなんとか防がないといけません。

パス守備は先発CBだったリーバイ・ウォレスが怪我人リスト入りとなり、開幕からなかなか起用されなかったジョシュ・ノーマンに期待したいところです。パス守備自体は今年はうまく行っていませんが、タイタンズのターゲット不足もありこの試合は抑えたい。



・タイタンズ

【攻撃】
タイタンズの攻撃はRBデリック・ヘンリーのランを軸にQBライアン・タネヒルのプレイアクションというパターンですがこれがなかなか攻略できないんですよね。ラン攻撃に関しては問題なしでこの試合もランを軸に攻撃していくものと思われます。

問題はCOVID-19によるターゲット不足です。WR登録が現時点で3人となっており、実績のあるのは2年目のA.J・ブラウンのみ。そしてここまで施設閉鎖により練習日数も足りていませんTEはいるのでそれでカバーするしかない状況となりそうです。流石にこの試合ではパス攻撃は厳しいと思われます。

OLはサックは避けていますが、数字だけで見るとタネヒルにプレッシャーがかかってしまっているみたいです。そこまで悪いイメージがないので数字に惑わされているだけかもしれませんが、ここも不安ではありますね。


【守備】
守備はCOVID-19からはなんとか主力が避けられましたし、DLダクアン・ジョーンズがリストからアクティブとなり戻ってきました。とりあえず守備に関しては今まで通りのパフォーマンスは期待できそうです。

失点は平均24.7点と可もなく不可もなくとなっています。今年の守備はパスラッシュが目玉となっており、プレッシャー率としては4番目に高くなっています。

ただラン守備が今年イマイチなようです。ヤード数的には下から2番目となっています。DLがちょっと弱いというのもあるでしょうけど、ラン特化チームとの対戦ばかりだったというのもあったかもしれません。

パス守備もCBがちょっと足りてないかなと、CBジョナサン・ジョセフがちょっと穴となっているようです。ここをしっかりカバーしないとビルズのパス攻撃に対しては厳しい状況となりそうです。




 茶王 勝敗予想 
どちらが全勝を守るか注目ではありましたが、正直なところ内容よりも無事に試合が行われるということが大事!ってことになってしまったかなと。

予想はビルズ勝利とします。やはりタイタンズは2週間で数日しか練習ができなかったという状況での試合となるため、パフォーマンスが維持できているのか心配です。ビルズはその間しっかり調整できてますからね。その差が出てしまうかなと思います。




 全試合勝敗予想

※サンデーゲーム展望と同じものを載せています。こんなところでネタバレ食らいたくないと思うので結果は書きません。

Week4は10勝5敗でした。通算39勝23敗 的中率.629となっています。毎週安定して5~6外してる感じです。

TB×
ARI
BAL
LAR
KC
ATL
PIT
HOU
SF
DAL
CLE
SEA
DEN
NO
BUF

今週はライオンズ パッカーズがお休みです。