シーズン折返しとなりWeek8のサンデーゲーム2試合を展望します。
この試合からサマータイム終了で試合開始が1時間遅くなります。ご注意ください。

レイダース@ブラウンズ(11/2 3:00)
カウボーイズ@イーグルス(11/2 10:20)G+ DAZN

他DAZN配信試合はこちらとなっています。
SnapCrab_2020No-00178
配信はありませんが、今週は
スティーラーズ@レイブンズ
49ers@シーホークス

と注目の同地区対決もあります。気になる方はほんのちょっとばかりお求めやすくなったGemepassで試合を確認しましょう。

各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries

などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/opp.htm



 レイダース(3-3)@ブラウンズ(5-2)


2020week08-022
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 殴り合いが得意なチーム同士の対決

チームスタッツを見る通り得点力はあるものの失点を防ぎきれない似たような両チーム。殴り合い必至となりそうな対戦です。

レイダースはパス攻撃が好調。豊富なレシーバー陣にQBデレク・カーが投げ込み高い得点力のチームとなっています。ランも十分仕事しておりバランスの良い攻撃です。ただ守備がイマイチで失点がブービーとなっています。3勝3敗ですがここまでの対戦相手が結構厳しい中で五分の星なので、ここから上昇していく可能性はかなり高いチームだと思います。その上昇のきっかけとなる試合としたいところです。

ブラウンズはランが3位でランを軸にここまで高い得点力を挙げています。ただ問題はパス守備の崩壊で失点も多くなっていて、負けゲームは完敗 勝ちゲームは接戦となっています。それでも5勝2敗と前半戦勝ち越しを決めました。ここで勝てば後半戦の戦い方が楽になりますのでなんとか勝ちたいところです。


2020week08-023
  TOP12    WORST12
2020week08-024



・レイダース(3-3)

【攻撃】
QBデレク・カーは13TD 2INT レーティング112.8と安定したパス攻撃ができています。近年の成績から比べると好調と言っていいでしょう。今年補強したWRネルソン・アゴロア 新人WRヘンリー・ラッグスが期待通りの活躍をしており、WRハンター・レンフロー TEダレン・ウィーラーもおりターゲットが豊富になり、カーもうまく投げ分けています。ブラウンズのパス守備では正直封じるのは厳しいでしょうね。

ランはRBジョシュ・ジェイコブスの力強さ+瞬発力を兼ね備えた突破力には気をつけないといけません。

OLも強固です。前節のバッカニアーズ戦ではEDGEは封じたもののLBデビン・ブッシュのブリッツにやられ3サックを食らっていました。参考にしたいところなんですが、これを実行できる戦力がいないんですよねぇ・・・EDGEにがんばってもらうしかない。正直パスラッシュだけが頼りです。


【守備】
レイダースの勝ち方ははっきりしており、30点未満に抑えれば勝ち 30点以上取られたら負けという状態です。この試合もこの失点の目安で決まるかもしれませんね。

パスラッシュがうまく行ってないのがすべての原因かなと思います。現時点でチームサック数が7とかなり少なくプレッシャーもあまりかけられていないようです。EDGEマックス・クロスビーだけが4.5サックと頑張っています。要はクロスビーさえ抑えておけば安心とも言えます。

ラン守備も可も不可もなくという感じですし、ブラウンズとしてはバランス良くテンポ良く攻め30点以上を取りたい。



・ブラウンズ(5-2)

【攻撃】
前節WRオデル・ベッカムJr.がACL断裂となりシーズンエンドとなってしまいました。今年は連携が取れ始めこれからという時だったので残念な離脱となりました。ベッカムの離脱によりロングボム要員がいなくなってしまったのが問題です。前節初TDを記録した新人WRドノバン・ピープルズ=ジョーンズに現状は期待するしか無い。あとWRカダレル・ハッジが怪我から戻ってきたので数だけはなんとかなりました。

TEオースティン・フーパーは先週虫垂炎の手術で戻ってこれず、ターゲット不足はちょっと心配なところです。ただベンガルズ戦ではQBベイカー・メイフィールドがターゲットを散らしてうまく行ったのでこの試合でもパス攻撃はなんとか頑張ってほしい。

ランはRBニック・チャブの離脱により2試合連続でラン100y未満となってしまっています。RBカリーム・ハントもショートヤードを取りきってくれるところはいいのですが、ランだけで打開というのは今の状態では難しいかもしれません。うまくバランス良く攻めていきたい

OLはパスプロテクションはがんばってますし、今年はQBメイフィールドのステップワークも軽くプレッシャーが来てもうまく交わせています。殴り合いの様相になりそうなので、うまく打ち勝ちたいところ。


【守備】
明らかにレイダースの攻撃には相性が悪そうです。まずOLがめっちゃ固い。EDGEマイルズ・ギャレット1人でなんとかできることを祈りたい。あとはDB陣のブリッツが通ればという感じになりそうです。

ランもRBジョシュ・ジェイコブスが中央ジワジワ突破タイプ これがほんときつい。ここで相手にコントロールされそうなんですよね。

そしてターゲットが豊富なところ。CBデンゼル・ウォードだけのブラウンズDBにとってはもうウォード方面に投げてくれと祈るしか無い

2ポゼ差つけられたら一気に飲まれると思うので、リードは1ポゼ差までになんとか抑えて反撃を待ちたい。全体的に分が悪いと思われます。




 茶王 勝敗予想 
どちらも攻撃に特化したチームで、殴り合いが期待されます。

予想はレイダース勝利とします。もちろんブラウンズに勝ってほしいのですが、明らかに相性が悪そうな相手で勝ちのイメージが出来なかった。ホームアドバンテージがうまく作用できればいいんですがね。この試合はあまり期待せずに見ようと思います。




 カウボーイズ(2-5)@イーグルス(2-4-1)


2020week08-032
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 混沌のNFC東 同地区対決

NFC East
イーグルス 2 4 1
ワシントンFT 2 5 0
カウボーイズ 2 5 0
ジャイアンツ 1 6 0

一応首位攻防戦ではありますが、全チーム1つ勝ったら上がれる状態なので、とりあえず前半戦最後にいい締め方ができるかどうかという試合と言っていいでしょう。

NFC東は全チームOLが苦しい状態となっており、どのチームもQBが苦戦しています。その中でどれだけ攻撃を通すことができるかが鍵となる試合かなと思われます。



2020week08-033
  TOP12    WORST12
2020week08-034




・カウボーイズ(2-5)

【攻撃】
前節QBアンディ・ダルトンが脳震盪で途中離脱。今週の試合も当日まで不明ですが、7巡目指名の新人QBベン・ディヌッチが先発の可能性が高いようです。先週の試合も途中出場はしましたが、あまり印象は残らず、短い時間ながら3サックを食らいました。離脱しまくりでプロテクションが保たないOLでどれだけやれるのか不安しか今の所ないかなぁ・・・

この試合はランを軸にしていくことになりそうです。RBエゼキール・エリオットはここまで458yランとちょっと例年から比べると物足りない記録となっています。あとファンブルが今年は多いです。ボールセキュリティに注意が必要です。OLのせいとも言えますが、もう少し頑張ってほしい。

今回はパスはあまり期待するのは難しいのでレシーバーはエンドアラウンドなどの攪乱作戦などを仕掛けてほしい今回は柔軟なプレーコールが重要な試合となりそうです。


【守備】
現在ラン喪失ヤードが最下位となっています。数試合前から怪我から復帰したLBレイトン・ヴァンダーエッシュが戻ってきたのですが、2試合連続200ヤード走られており、なかなか改善が見られません。本当にどうしてしまったのでしょうか?

DTがちょっと弱いというのもありますし、EDGEも思ったよりも機能してるとは言い難く、この守備1列目とSのパフォーマンスがイマイチというのも原因とも言えます。とりあえずこのラン守備が改善されないことには苦しい試合が続くこととなるでしょう。LBショーン・リーが戻ってきたので改善されることに期待しましょう。

ただこの試合はイーグルスもエースRBマイルズ・サンダースが欠場ということで、相手もランは苦しみそうということで予想は難しい。。。

今週EDGEエバーソン・グリフィンをトレードで放出 DLドンタリ・ポー CBダリル・ウォーリーを解雇しました。この戦力の入れ替えでどう変わるか見てのお楽しみというところでしょう。



・イーグルス(2-4-1)

【攻撃】
イーグルスもOLの離脱者が多くプロテクションが崩壊しています。QBカーソン・ウェンツはここまで28サックを受けており、なかなか攻撃がままならない。

レシーバーも怪我人が多くターゲット不足にも陥っています。そんな中WRトラビス・フルガムという無名選手がチャンスを物にし4試合で357yレシーブとエース級の働きをしています。この試合も彼に頼るしかありません。

この試合でTEダラス・ゴーダート Tジェイソン・ピータースが戻ってきます。ターゲット不足とOLの改善に期待したい。

RBジェイソン・サンダースが欠場となっており、ランも残念ながら期待薄です。正直QBウェンツになんとかしてもらうしかないが、もうどう転ぶかも予想がつかないのが本音です。


【守備】
パスラッシュもチームサック数24としっかりプレッシャーをかけている。パス守備もCBダリウス・スレイの補強が当たりで例年から比べると断然良くなっている。

ここまではいいのですが、ラン守備がちょっと苦しい状態となっています。LBの層が元々薄く結果も出せてない中今週先発LBネイサン・ジェリーが怪我人リスト入り。ここに来て台所事情も苦しい状態となってしまっています。この試合はRBエゼキール・エリオットをどう抑えるかが不安なところです。




 茶王 勝敗予想 
どちらも不安要素たっぷりすぎて、正直どんな試合になるか予想がつかないです。どうなってもあーそうだねぇとなりそう。。。とは言っても40点取るとかはなさそうかなとそのくらいですね。30点は守備が取ってもおかしくないと思います。

一応予想はイーグルス勝利とします。唯一ホットラインがあるという点ここだけを頼りにしました。カウボーイズはQBが現有戦力ではキツイでしょうしね。果たして結果はどうなることやら・・・




 全試合勝敗予想


今週から先週の結果も一緒に載せておきます。先週は12勝2敗と荒稼ぎさせていただき、的中率.625まで回復しました。

week7 week8
PHI CAR ×
DET GB
CLE TEN
PIT LAR
NO DET
BUF NE
DAL × KC
GB LV
TB PIT
KC DEN
SF NO
LAC SEA
SEA × PHI
LAR TB




12 0
× 2 × 1
通算○ 65 通算○ 65
通算× 39 通算× 40
的中率 .625 的中率 .619

今週はビルズ コルツを負けにしちょっと冒険予想にしました。