Week9のサンデーナイトゲームの展望をします。
今週はブラウンズはお休みです。フレッシュな状態で来週を迎えていただきたい。


バッカニアーズ@セインツ(11/9 10:20)G+ DAZN

DAZN配信試合はこちら
SnapCrab_2020No-00185


各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries

などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/opp.htm



 セインツ(5-2)@バッカニアーズ(6-2)


2020week09-022
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 NFC南 首位決戦第2ラウンド

NFC South
バッカニアーズ 6 2
セインツ 5 2
パンサーズ 3 5
ファルコンズ 2 6

開幕戦で当たりセインツが勝利、今シーズン2度目の対戦となります。セインツが勝利となれば直接対決勝ち越しのアドバンテージが得られることもあり1.5勝分の価値がある勝利となります。(同星の場合は直接対決の結果により順位が決まる為)なのでバッカニアーズとしては絶対に負けられない戦いです。

現在バッカニアーズが首位ですがセインツも負け数は同じで差はほぼなしと言っていいでしょう。前回の対戦はまだQBトム・ブレイディがチームと連携が取れていなかったところもありセインツの完勝でした。その頃と今のバッカニアーズは違うと言っていいでしょうね。

2020week09-0211

現在キャリアTDパス数 TOP2のセインツ ドリュー・ブリーズ ペイトリオッツ トム・ブレイディ この戦いも気になるところです。今シーズンのTD数はブリーズが13 ブレイディが20となっています。40超えたQBですがほんと衰え知らずですわこの2人。


2020week09-023
  TOP12    WORST12
2020week09-024



・セインツ(5-2)

【攻撃】
現在バイウィークを挟んで4連勝中ではありますが、2度のオーバータイムの末の勝利があり、ヒヤヒヤものではありました。

今年のパス攻撃は例年と比べると迫力がちょっと落ちてる印象があります。その原因はエースWRマイケル・トーマスが不在だったことでしょう。RBアルヴィン・カマラが不在の間ターゲットとしてがんばっていましたが、やはり一発の恐怖がなかったところもあり今ひとつ物足りなさはありました。今週復帰予定 そしてWRエマニュエル・サンダースもこの試合から復帰となります。QBドリュー・ブリーズによるハイパーオフェンス復活を期待したいですね。

パスが攻撃の軸ではありますが、カマラとRBラタービス・マレーのコンビでしっかりランも出せています。パスだけではないというところもしっかり見せており、いいバランスのとれた攻撃です。


【守備】
今年は守備がイマイチですね。失点が多すぎます。レッドゾーン被TD率が83.3%とリーグ最下位です。24回のレッドゾーンディフェンスで20回TDを取られているのは流石に踏ん張りが効かなすぎです。喪失ヤードの割に悪い印象がついているのはこのせいでしょうね。ここが改善されない限り殴り合い必至となることでしょう。

あとは守備のターンオーバー奪取数が6つというのも寂しいところです。ただ前回のバッカニアーズ戦で3つ奪っていますので今回も狙えるといいのですがね。てかその後3つしか奪えてないのはかなり問題があるような。。。



・バッカニアーズ(6-2)

【攻撃】
QBトム・ブレイディは10月のNFC攻撃MVPに選出されました。開幕戦はセインツに敗れ不安があったもののそこから徐々に攻撃陣との連携が取れだし、10月は全盛期に戻った?と思える完璧なパフォーマンスでした。強力なレシーバー陣とのパス攻撃がこの試合でも見られるか注目です。

そしてWRアントニオ・ブラウンとうとうが出場します。


昨年はSNSでわがままし放題で物議を醸しレイダースから開幕前に解雇 拾ったペイトリオッツで1試合出た後知人の女性暴行のスキャンダルで解雇 本人は引退宣言→すぐ撤回などまあ色々ありました。バッカニアーズとは2週間前に契約しましたが、暴行の件他逮捕案件もあり8試合出場停止を受けており、今週から復帰可能となります。

今の所昨年問題のあったSNSでは大人しくしており、あとはプレイするのみでしょうね。7度のプロボウル選出のリーグトップレベルの力はある選手なので、プレイ以外で騒動を起こさないようお願いしたいところです。先週欠場したWRクリス・ゴッドウィンもクエッショナブル登録と復帰可能な状態となっており、ターゲットが更に豪華になるバッカニアーズ。相手守備にとっては地獄でしかないかもしれない。

ランは獲得ヤード23位と下位になっていますがそこまで悪い印象はなく、RBロナルド・ジョーンズがエースとしてまずまずな仕事ができています。レシーブも悪くないですしね。ランもバランスよく取り入れていると思います。

セインツの守備がちょっと踏ん張りが効かないところもあるみたいなのでしっかり点を重ねて行きたいですね。


【守備】
前節のジャイアンツ戦は思いの外苦戦しました。ここまで強固だったラン守備ですが、今シーズン初めて1試合100ランヤード以上の喪失を記録。確かにあまりいいパフォーマンスは見られませんでした。この試合もセインツのランで突破されるのは避けたいところです。特にRBアルヴィン・カマラをしっかり封じることができるかが注目点となるでしょう。

パス守備はINTがとれるかどうかは重要となるでしょう。ここまでチームのINTは11個とリーグ最多を記録しています。この試合はセインツの主力レシーバー陣が戻ってくることもあり、パス攻撃をどれだけ抑えられるかも重要となります。そこでターンオーバーを奪える展開になれば一気にペースを握ることができるでしょう。そのためにもQBにプレッシャーを与えてうまくパスミスを誘える展開に持ち込みたい。ここまでINT3つのみのQBドリュー・ブリーズ相手ですのでちょっとむずかしい要望ではありますがね。




 茶王 勝敗予想 
今回も予想は難しいですね、どう転ぶかほんとわからないです。終盤までもつれ込んでシーソーゲームになる展開になってほしいですねぇ。

予想はバッカニアーズ勝利とします。セインツのレシーバー陣この試合で復活ということもありほんとどちらも甲乙つけがたいところなんですが、セインツに2連敗というのだけは避けたいという思いのみですね。好勝負になることを大きく期待したい一戦です。




 全試合勝敗予想


今週はブラウンズ ベンガルズ イーグルス ラムズがお休みです。

week8 week9
CAR × GB
GB × WAS
TEN × KC
LAR × SEA
DET × TEN
NE × HOU
KC ATL
LV MIN
PIT BAL
DEN LV
NO ARI
SEA PIT
PHI TB
TB NE




8 1
× 6 × 0
通算○ 73 通算○ 74
通算× 45 通算× 45
的中率 .619 的中率 .622

先週はアーリーゲームが外れまくりで焦りましたが、なんとか勝ち越しました。ほんと何があるかわからんスポーツですわ・・・今週はアップセットは起こりにくいかなぁと。わからんすわほんとwwww