後半戦開始のWeek10 サンデーゲーム2試合の展望をします。

テキサンズ@ブラウンズ(11/16 3:00)
レイブンズ@ペイトリオッツ(11/16 10:20)G+ DAZN

DAZN配信試合はこちら
SnapCrab_2020No-00190


各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries

などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/opp.htm



 テキサンズ(2-6)@ブラウンズ(5-3)


2020week10-022
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 ここが勝てれば楽になれそうなブラウンズ

両チーム残り8試合と後半戦開始のゲームとなります。

ブラウンズは休み明けということで怪我を抱えたままプレイしてた選手がほぼフレッシュな状態となっています。ただ現地木曜にCOVID-19陽性でT/Gクリス・ハバートがリスト入り。濃厚接触者はおらず不幸中の幸いというところでしょうか。この点においてはここから毎週どのチームも不安に晒されるんでしょうねぇ。ほんま運ゲーかなぁ。

テキサンズは予想外の苦戦のシーズンとなっています。攻守のバランスがここまでおかしくなるとは思いませんでしたね。だって私スーパーボウル進出予想してましたし・・・とはいえQBデショーン・ワトソンのポテンシャルは高いのでまったく油断できない相手です。


2020week10-024
  TOP12    WORST12
2020week10-023




・テキサンズ(2-6)

【攻撃】
なかなか調子が上がらないテキサンズですが、パス攻撃だけは油断なりません。補強したレシーバー達も放出したデアンドレ・ホプキンスの穴を埋められているわけではありませんが、期待値が高すぎただけで、それほど悪くない成績にはなっています。今年はWRウィル・フラーが怪我せずに全試合出場してますしね。

パス守備の悪いブラウンズとしてはこのパス攻撃を抑えるにはQBデショーン・ワトソンを捕まえる意外ないかなと思われます。OLはあまり強くないですし、ワトソンも結構粘るタイプなのでしっかりプレッシャーをかけていきたい

ランはいまいちな状態でRBデヴィット・ジョンソンが欠場ということでランはそこまで脅威ではないかもしれません。RBデューク・ジョンソンのランアフターキャッチには注意です。元ブラウンズなのでこの試合以外での活躍を願います!


【守備】
前節DL/EDGE J.J・ワットがキャリア100サックを決めました。おめでとうございます。

ただ今年のテキサンズの守備は全体的に崩壊気味です。パスラッシュもワットの4サックがチーム最高となっており苦しい状況。ラン守備もLBベナードリック・マッキニーのシーズンエンドが大きく影響しているみたいです。ということでランをうまく使っていきたいですね。

パスラッシュの影響もありパス守備もイマイチといった状況です。ターンオーバーの数も少なく踏ん張りきれず失点を重ねてしまっているようです。ただスケジュール的に攻撃の強いチームと当たっていたという面もあり、ブラウンズでも行けるとは限りませんので楽観視は禁物です。



・ブラウンズ(5-3)

【攻撃】
[朗報]RBニック・チャブが戻ってきました!これでRBカリーム・ハントとのタンデムが復活です。ただ戻すかどうか迷っていた感じはあるのであまり無理しないようにしてほしいところです。Gワイアット・テラーも休み明けで戻ってきましたし、後半戦からまた強力なラン攻撃復活を印象付ける試合にしてほしいですね。

この試合は虫垂炎だったTEオースティン・フーパーも戻ってきます。TEがちょっと飽和気味になりますが、安定したショートターゲットが戻ってくることで、攻撃にリズムが出ることが期待できそうです。ロングターゲットがどうなるかが問題なところですが、WRドノバン・ピープルズ=ジョーンズには期待したいところですね。余裕があれば何度か狙って行ってほしいところです。

テキサンズの守備は正直不調という印象ですし、パスラッシュもDL/EDGE J.J.・ワットを要注意することを念頭に入れておけばなんとかなるんじゃないかなと。あまり楽観視はしちゃいけませんが、できないことはないはずと思います。


【守備】
テキサンズのOLはイマイチなのでとにかくプレッシャーをかけていきたい。ということで毎試合ではありますがEDGEマイルズ・ギャレットのパフォーマンスに期待したい。あとDLラリー・オグンジョビが前半戦0サックで終わってしまったんですよね。彼が元気なところをこの試合では見たいところですね。

ランはテキサンズの状況が厳しいので、楽観視してはいけませんがそこまで脅威に感じることもないかなと思われます。

パス守備がなぁ。CBグリーディー・ウィリアムスはいつ戻ってくるねん・・・Sもいつになったら連携とかうまくやってくれるねん。うまく行ってないのにメンバーは頑なに変えるつもりもない。DCジョー・ウッズに疑問符が毎試合積み上がっていく状況です。DBが専門なはずなんですがねぇ。パス守備は正直期待はできません。CBデンゼル・ウォード方面で多く勝負してくれることを願うしか無いです。




 茶王 勝敗予想 
ブラウンズ後半戦初戦、いいスタートを切ってほしいところです。

予想はブラウンズ勝利とします。ただこれだけ有利につけていますが、パスだけで圧倒される可能性も十分に考えられます。なので相手の開幕ドライブがこの試合の運命を握りそうな気がします。テキサンズがこれまで戦って負けてきた相手を見ると、ブラウンズはそこよりも確実に楽な相手です。スタッツ通りに行かないような気がするなぁ・・・。一気に行かれないようにお願いしたい。

こう長々と言い訳文を書くということで、自信の無さが表れていると思ってくださいwww




 レイブンズ(6-2)@ペイトリオッツ(3-5)


2020week10-032
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 AFC新時代に王朝はこのまま飲み込まれるのか?

昨シーズンAFC王者がチーフスとなり新時代が幕開けしました。それまで王者として君臨していたペイトリオッツは現在3勝5敗と大苦戦

選手が大幅に入れ替わったとは言え、ここで負けて6敗目はかなり厳しい状態に追い込まれます。新時代QBラマー・ジャクソン率いるレイブンズがとどめを刺すのか?ペイトリオッツは王朝として踏みとどまるのか?

大げさかもしれませんが、そんなサンデーナイトゲームです。



2020week10-034
  TOP12    WORST12


・レイブンズ(6-2)

【攻撃】
レイブンズは今年も驚異的なラン攻撃を軸に得点をとり試合をコントロールしています。

QBラマー・ジャクソンはここまで469ランヤードを記録。昨年ほどではありませんが、しっかり走っています。新人RB J.K・ドビンズを加え3枚のRBもまずまずといったところです。この試合もランを軸に攻撃することになるでしょう。ただ前節のコルツ戦ではかなりランが抑えられた印象でした。Tロニー・スタンリーの離脱の影響もあるかもしれませんが、この試合ではその不安を払拭したいところです。

パスは開幕戦のブラウンズは強気に出して成功しましたが、その後は抑えめな印象です。それでも安定しており、WRマーキス・ブラウン TEマーク・アンドリュースとのホットラインは強力です。ただペイトリオッツDBは強いこともあり、やはりランを軸に進めて決め手でアンドリュースに託す形で行きたい。


【守備】
守備はここまで完璧と言える内容です。特にCBマーカス・ピータース マーロン・ハンフリーのコンビは鉄壁と言っていいでしょう。パス守備は不安が一切ありません。不安視されたS陣も不満なしですしね。

開幕前に不安だったLB陣は新人LBパトリック・クイーンがめっちゃいいです。反応はいいし、タックルも正確。新人守備MVP候補の1人と言っていい選手です。こういう穴すぐ埋まるから嫌いだわ・・・スティーラーズもレイブンズも・・・

パスラッシュも強力なのですが、この試合はDL/EDGEカライス・キャンベルが欠場となりました。でもEDGEヤニック・ガコウェイ補強してますからねぇ。層の厚さでなんとかなるんでしょうね。ほんと隙がみつからん。



・ペイトリオッツ(3-5)

【攻撃】
ペイトリオッツの攻撃は苦戦が続いています。前節はなんとか勝ちはしましたが、全敗のジェッツにかなり追い込まれましたし、攻撃はジェッツの方が良かったと言える内容でした。

開幕当初はQBキャム・ニュートンのRPO(ランパスオプション)が好調だったのですが、ここ数試合は失速しています。そしてこの試合はリーグトップレベルのレイブンズ守備との対戦。苦戦は必至かなと思われます。

打開する方法はニュートンのマンパワーしかないかなと思います。ここで負けたらシーズン終了という玉砕覚悟で行ってほしい。正直正攻法ではランもパスも厳しいと思います。コーチ陣の策に期待しましょう。あとは守備の頑張りに期待です。


【守備】
守備はQBへのプレッシャー パス守備は良く昨年の守備MVPのCBステファン・ギルモア率いるDB陣は好調です。ターンオーバー数もリーグ4位となっており、相手QBに無茶投げをさせてターンオーバーを奪える展開になったらいいんですがね。

ただレイブンズはあまりパスは投げてこなさそうです。ラン守備の方はやはりLBの層の薄さもあり苦しんでいます。ここの対策が出来ない限り厳しいかなと思います。なんとかランを防ぎパスを投げざるを得ない展開に持っていければと。もう後ろはDBに全部まかせて、フロント7は前のめりで行ってほしい




 茶王 勝敗予想 
新時代か王朝復権か。

予想はレイブンズ勝利とします。明らかにペイトリオッツの分が悪い試合となるかなぁと。ニュートンがノリノリになるような序盤になればわからなくなるかもしれませんが、そうなる展開がイメージできなかったです。




 全試合勝敗予想


先週の結果と今週の予想です。

week9 week10
GB TEN ×
WAS × CLE
KC DET
SEA × GB
TEN NYG
HOU CAR
ATL LV
MIN LAC
BAL ARI
LV SEA
ARI × NO
PIT PIT
TB × BAL
NE MIN




10 0
× 4 × 1
通算○ 83 通算○ 83
通算× 49 通算× 50
的中率 .629 的中率 .624

先週はまずまずの的中でしたね。
今週はジェッツ チーフス カウボーイズ ファルコンズがお休みとなっています。

今週他の注目試合としては
バッカニアーズ@パンサーズ
イーグルス@ジャイアンツ
ビルズ@カーディナルス
シーホークス@ラムズ


そして
チャージャース@ドルフィンズ
これは新人QB対決となります。結構注目の試合目白押しですね。要チェックです。