最終盤戦Week15をさらっとまとめていきます。


 試合結果と気になった試合のまとめ


SnapCrab_2020No-00255

今週はジェッツ初勝利 スティーラーズ連敗が止まらずなど大波乱がありました。特にスティーラーズは深刻度が増した気がします。残り2戦となり大分絞られた感じとなりました。

今週はちょっと多め6試合をいつもより短めの短評していきます。


 ジェッツ@ラムズ 

画像


『ジェッツ開幕からの連敗を13で止め初勝利』

今シーズンのジェッツは開幕ドライブはいいのですが、それ以降ピッタリと止まることが多かったのですが、この試合は守備のターンオーバー奪取からリードをじわじわ広げる展開に持ち込めました。

後半ラムズの反撃に合いましたが、守備が耐えきり逃げ切り勝ちとなりました。勝ち越しが決まってるラムズ相手に初勝利となるとは思ってもいませんでした。ラムズの良さを消すナイスゲームだったと思います。

ラムズはまさかの痛い一敗となり地区優勝がちょっと危うくなる5敗目となりました。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=mgEowDyihyY



 チーフス@セインツ 

画像


『チーフスが一敗を守る セインツは追いかけたが届かず』

セインツはこの試合QBドリュー・ブリーズが肋骨骨折から4試合ぶりの復帰となりました。ただ前半は微妙なパフォーマンスでまだ復帰は早かったのかなと思われましたが、後半になりやっと試合感が戻りチーフスを追いかけましたが、ちょっとエンジンがかかるのが遅くチーフスの逃げ切り勝ちとなりました。

チーフスは安定した試合運びでしたが最後のセインツの追い上げはちょっと怖かったですね。新人RBクライド・エドワース=イレアーが負傷離脱したのは心配です。

セインツは10勝4敗 チーフスは13勝1敗となり第1シードをキープしています。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=JuZmdYn1Hi8



 イーグルス@カーディナルス 

画像


『オクラホマ大先輩後輩対決は 先輩マレーに軍配 カーディナルスが勝利』

オクラホマ大出身QB対決 1年先輩のカーディナルスQBカイラー・マレー 後輩のイーグルスQBジェイレン・ハーツの戦いはカーディナルスのセーフティ奪取から始まりました。

セーフティ→TD→パントブロック→TDと1Qは完全に流れは完全にカーディナルスペースとなりましたが、そこからイーグルスも返し前半は殴り合いの様相と化し20-26でカーディナルスリードで後半へ。

後半になり試合は落ち着き守備合戦に、イーグルスがTDで追いつきましたがXPを外し同点止まり、4QにカーディナルスがTDを奪い勝ち越した後、イーグルスは2度同点ドライブがありましたが、ギリギリカーディナルスが抑え込み熱戦を制しました。最後までドキドキした面白い試合でした。

カーディナルスは8勝5敗でプレーオフ圏内をキープ イーグルスは4勝9敗1分となり地区優勝の可能性はまだ残っているもののかなり厳しい状況になりました。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=MNXXo5w0DFU



 バッカニアーズ@ファルコンズ 

画像


『バッカニアーズ 4Qまで劣勢からカムバック勝利』

序盤からファルコンズが好調で17-0で前半を終え、バッカニアーズこれあかんわと思う展開でした。

しかし後半に入りバッカニアーズが息を吹き返し4Qで同点に追いつき。最後はWRアントニオ・ブラウンのTDレシーブで逆転 バッカニアーズが勝利となりました。

しかしファルコンズってほんと逆転負けしまくるよなぁ・・・最近守備良くなってきてたはずなんですが最後の踏ん張りが効かないんでしょうね・・・

バッカニアーズは9勝5敗でプレーオフ圏内をキープ ファルコンズは4勝10敗となりました。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=nkzys5ARecw



 シーホークス@ワシントンFT 

画像


『シーホークスが勝利 ハスキンス久々の先発も乱調』

ワシントンFTはQBアレックス・スミスが足の負傷で欠場となり、QBドゥエイン・ハスキンスが久々の先発 ただ残念ながらシーホークス守備を攻略できず、2INTを食らいシーホークスの牙城を崩すことはできませんでした。

シーホークスもワシントンFTの守備に苦戦しましたが、ランがうまく抜け出し181ヤードを稼ぎました。リードを保ち勝利となりました。

シーホークスは10勝4敗でプレーオフ進出が決定となりました。ワシントンFTは6勝8敗ですがNFC東地区首位はキープしています。


【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=HOLAEKfqe4c



 スティーラーズ@ベンガルズ 

埋め込み動画


『スティーラーズまさかの3連敗 ベンガルズ大金星』

連敗中で試合内容も悪かったスティーラーズですが、ベンガルズも5連敗中で流石にスティーラーズが勝利するだろうと思われました。

蓋を開けてみるとQBベン・ロスリスバーガーが空いていないレシーバーに向かって投げまくるというらしくないプレイを連発し攻撃がまったく出ず。不調でもこんな状態は見たことがないくらいの出来でした。ベンガルズの守備が素晴らしかったとも言えますが、開幕11連勝の時と同じチームとは思えない状態になっています。

ベンガルズは攻撃は流石にスティーラーズ守備に苦戦はしましたが、ミスがなくRBジョバニ・バーナードの活躍もありジワジワ得点を重ねることができました。この試合でできる最高のパフォーマンスだったのではないでしょうか。

スティーラーズは3連敗で11勝3敗 ベンガルズは3勝10敗1分となっています。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=oQGrEvW4dDo



 今週のブラウンズ



 ブラウンズ@ジャイアンツ 

画像

『じっくりジワジワ差を広げる大人な戦い方で10勝目』



なんかほんとにこれブラウンズ??って思うような勝ち方を知っているベテランのような試合展開で2ポゼ差以上の大差を感じる試合だったと思います。

今まで力を見せつける試合も数試合ありました。ただほとんどお祭り騒ぎのようなTD祭りとなるんですよ。こんな20点で安心できるチームではないんです。

いつもなら2ポゼ差なんて何かやらかして同点にすぐなるという感情になるのですが。ただこの試合はその感じが一切なく圧倒したという。不思議な試合でした。


ラン攻撃は相手守備もかなり警戒しており、ランだけで打開するには難しい試合でした。そのためQBベイカー・メイフィールドのパス攻撃にかかる試合でした。それを見事にやってのけ297ヤード 2TD ターゲットを散らしパス精度も素晴らしかったです。OLのプロテクションも良かったおかげでした。

守備はCBデンゼル・ウォードが復帰し、パス守備が大分良かったです。なんかこの試合はDB陣がパスにしっかり追いついてました。今年一番の出来だったんじゃないでしょうか。

あんまり言うのもなんですがSアンドリュー・センデホーの欠場がうまく行った形なのかも・・・ただ代理で出たSシェルドリック・レッドワインのタックルの弱さがよくわかった試合でもありましたが・・・まあ今回は良かった!次も頑張れということで。

この試合はGワイアット・テラーの欠場 G/Tクリス・ハバートが負傷離脱(靭帯断裂でシーズンエンド)となり新人C/Gニック・ハリスに出番が回ってきましたが、しっかり代理として仕事してくれました。控えが少ないのでこれ以上怪我人が出ないことを祈りたいです。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=ppOKWJ9WGcg


ちなみにAFC南に続きNFC東にも4戦全勝となりました。同地区以外で負けてるのレイダースだけですもんね。その流れで次のジェッツ戦負けとならないように・・・・



 プレーオフ・ピクチャー


2020week15-001

今週もビルズ パッカーズの2チームのプレーオフ進出が決定となりました。毎週両カンファレンス1チームづつ決まっていきますね。これで残りは4×2 8枠となっています。

今週はプレーオフの目がなくなったチームもかなり増えました。残り2試合になったこともありかなり絞られました。



 AFC東はビルズが制覇 ペイトリオッツはPOの目がなくなる 

画像



ビルズは今週ブロンコス戦に勝利しAFC東地区の優勝を決めました。地区優勝は1995年以来25年ぶりだったそうです。

今年は3年目QBジョシュ・アレンの覚醒 WRステフォン・ディグスとのホットラインで強力な攻撃力で安定して勝ち切ることができました。ちょっと守備がイマイチでしたが終盤戦になってやっと調子が上向きになってきました。

攻守共に今一番勢いのあるチームでしょう。プレーオフも楽しみですね。

画像



ペイトリオッツは今週ドルフィンズに敗れ11年連続地区優勝+プレーオフ進出が今年で途切れました

QBトム・ブレイディの移籍 主力選手のオプトアウトなど開幕前から戦力が苦しかったので、流石の名将ビル・ベルチックHCでも厳しかったシーズンでした。AFCの一つの時代が終焉したような気もします。


 シーホークスプレーオフ進出決定 

2020week15-002

今週のワシントンFT戦で勝利。10勝目を挙げプレーオフ進出が決定しました。

今年のNFC西は中盤戦まで混戦状態でした。後半戦になってちょっとQBラッセル・ウィルソンの調子がおかしい試合もあり不安視はされましたが、総合的なチーム力で立て直しプレーオフ進出が決定しました。

まだ地区優勝は決まっていませんが、第1シードもありえますの残り2戦もしっかり勝ちきりいい状態でプレーオフに入りたい。





 その他気になったこと


 試合前から歓喜 


ビルズ@ブロンコス試合開始前

コイントスに勝ったビルズは陣地を選択、コイントスだけでチームで喜びを体で表現していました。この試合を勝って地区優勝も決めましたし、チームの雰囲気がとても良好なのだなとわかる光景でした。

まだ第1シードの争いに残っています。春日の呪い』も払拭しましたし、この調子で残りのシーズン プレーオフ好調のまま行きたいですね。



 久々のTD 


レイブンズ WRデズ・ブライアント

カウボーイズ時代の2017年以来のTDだったようです。チームの輪を乱すことで解雇となって以来なかなかチャンスが訪れませんでした。今年はPSから這い上がってチャンスをもらえてよかったですね。

QBラマー・ジャクソンとのXポーズの共演のセレブレーションを見ても、今回はうまくチームに溶け込めているようです。能力は間違いないのでこれからの活躍も期待。。。うちと当たる時だけは優しくお願いします・・・


バッカニアーズ WRアントニオ・ブラウン

こちらは昨年のペイトリオッツ加入時Week3以来のTDとなったようです。このTDが決勝点となりバッカニアーズが逆転勝ちを収めています。

今年は8試合出場停止もあり、後半戦からの出場でしたが、ちょっとフィットせずチームもあまりいい流れに乗ってない状況でした。久々のTDを取ったことでここから復調できるか注目です。





 新ユニフォーム 


数年前話題になった、ブラウンズの先発QBがすぐ変わることを皮肉ったユニフォーム写真。とうとうベイカー・メイフィールドの新ユニフォームを購入されすっきりした写真となりました。

フランチャイズQBが表れるって大変なんですよみなさん。ほんとメイフィールドありがとう。



 強烈な掌底 


タイタンズ RBデリック・ヘンリー

マイクがちょうど拾ったからかもしれませんが、スティッフアームの際にすごい打撃音で相手を倒していました。ほんと強力すぎます。

これ相撲やらせても結構いいところ行くんじゃないかな?



 週間MVP


 AFC 

2020week15-004

【攻撃】 BUF QB ジョシュ・アレン(今季4度目の受賞)
4TD レーティング114.5 週間MVPは今季4度目の受賞 シーズンMVPもあるかも

【守備】 IND DL ディフォレスト・バックナー
3サック 1FF 守備1列目の中心として活躍 チームも10勝目

【ST】 KC P トミー・タウンセンド(新人)
3度のインサイド20yを記録 セインツに勝利し第1シードを維持



 NFC 

2020week15-005

【攻撃】 ARI QB カイラー・マレー(今季2度目) 
4TD レーティング127.8 久々にWRホプキンスとのホットラインを形成

【守備】 TB LB デヴィン・ホワイト(今季2度目) 
3サック 4ロスタックル ラン守備リーグ1位の中心選手

【ST】 SEA P マイケル・ディクソン
4回すべてインサイド20yを記録 チームはプレーオフ進出が決定