昨年のチームスタッツ

ファルコンズ003

昨年は圧倒的な攻撃力でNFCチャンピオンとなり18年ぶりのスーパーボウル進出となった。
得点1位 パス3位 ラン5位 そしてドライブ得点率1位 52.6%は驚異的。要するにドライブ2回に1回の確率で得点が入ることになる。
守備はレギュラーシーズンはパス守備に不安を抱えていたが、シーズン終盤~プレイオフに入ってから、若手DB陣が成長を見せてきており、スタッツは改善が期待できそう。

 去った選手

2017 atl FA
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
先発Gチェスターが引退。穴を埋めてくれる若手が出てこなければ、攻撃に少し影響がでてくるかもしれない。
DLバビノー EDGEフリーニーのベテラン2人はまだ契約が決まっていない。
フリーニーに関しては腕の怪我の治り具合で再契約する予定らしい。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 atl o
※ 追記 
 C オースティン・パスズター を獲得
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QBライアン RBフリーマン WRジョーンズのトリプレッツが強烈なシーズンだった。
昨シーズンと同じレベルを要求するのは難しいかもしれないが、怪我なくできれば問題ないだろう。

QBライアンが元のここ一番で勝負弱いQB
に戻らないこと
だけが心配である。
性格も素晴らしいQBなので、やっとNFLトップレベルの評価を受けたのは嬉しいことだが、スーパーボウルでのあの大逆転負け。やっぱりライアンは、、、ということだけにはなってほしくない。 1年だけじゃ不安なんですよ。2年結果を出してやっとその心配を吹き飛ばしてほしい所。

TEフーパーはブレークが期待される若手TEだ  と個人的に思ってる。
OLはチェスターの抜けた穴は補強せず、現有の若手の中から先発を選ぶことになるだろう。

昨年の攻撃陣とほぼ変わらずなので、補強は少なめだった。

 ディフェンス

2017 atl d

※ 追記 
8/6 CB ジャレン・コリンズ が サスペンション 10試合出場停止(禁止薬物)
まずはDLポーをFAで獲得。注目のFA選手を獲得できたのは大きいだろう。

ドラフト26位でEDGEマッキンリーを獲得。ヴィーズリーとのコンビでさらなるパスラッシュ強化を図っている。

75位でLBライリーを獲得。2年目のLBジョーンズ キャンベルと共に若いメンバーで構成される。
特にジョーンズは昨年期待以上の働きを見せており、今季も期待大だ。

DB陣は、プレイオフでの活躍が通年通してできるかが鍵。後半怪我で出られなかったCBトゥルーファントも含め成長著しいメンバーとなっている。


 スケジュール・戦力分析 総括

2017 atl s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
同地区対決が前半戦にはなく、後半戦にずっしり詰め込められている。特にラスト4週連続同地区対決となっている
他にもWeek10カウボーイズ Week11シーホークスの2連戦もあり、なるべく前半戦に白星を固めたいところだろう。

攻撃・守備共に若手が中心となっており、成長も見込める状態になっている。地区優勝筆頭でしょう。ただこの地区は癖の強いチームが揃っており、一筋縄ではいかないだろう。



NFLブログRSS(加入募集中 メッセージください)

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. いちろー
    • 2017年07月30日 23:54
    • 今年はDB陣が期待できますね!
      あとは同地区対決をどう勝ち進むかがカギですね!
      (atlファン)
    • 2. 茶王
    • 2017年07月31日 07:25
    • 攻撃陣は変わらず、守備はしっかり補強して、若手DBの成長も期待できるので
      今年も期待できそうですね。CLEファンとしてもWRゲイブリル Cマックが活躍してるので、実質ブラウンズも勝ってるということで!
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット