Week6 @ヒューストン・テキサンズ戦
チームメンバー
スコア
ポジティブPOINT
ネガティブPOINT

 Week6
 @ヒューストン・テキサンズ

勝手に名付けた死闘の四連戦最終戦は敵地NRGスタジアムに乗り込み、ヒューストン・テキサンズとの対戦となります。

この死闘の四連戦とWeek2終了後に銘打ちましたが、その4チームとも上昇傾向にあるんですよねぇ・・・うちだけが負けまくり・・・・

この試合は開幕から先発を努めていたルーキーQBデショーン・カイザーに代わりバックアップQBケビン・ホーガンが先発を務めることになりました。確か怪我でもなんでもなく一度交代だったと思います。

 チームメンバー

ブラウンズのロースターメンバーは 攻撃 守備 です。毎回載せるのもなんなので画像のリンクだけということで
2017Browns week6-04

LBコリンズが脳震盪プロトコルをクリアしこの試合から復帰となりました。

テキサンズの主なロースターメンバー
2017Browns week6-01
開幕QBはサページでしたが、開幕戦で途中交代し1巡目ルーキーQBワトソンに先発が変わっています。

このルーキーは只者じゃなかったですね。
week3の王者ペイトリオッツ戦で33点取りましたが惜敗。
week4ではタイタンズ相手に57点で勝利。
week5では負けたもののチーフス相手に34点をあげました。
ものすごい攻撃をしています。このハイパーオフェンスを展開し10月の月間MVPまで獲得しちゃう大活躍を見せています。シーズン途中に練習で怪我をし2017シーズンが終わってしまいましたが、今年がとても楽しみな選手です。

このワトソンは12位での指名でしたが、この12位をトレードしたのはブラウンズなんですよねぇ・・・・

ワトソンの活躍はWRホプキンス フラーのキャッチング能力があるからこそでもあります。ホプキンスはまじでやばい。


2017Browns week6-02
CBボウイエー Sデンプスの放出した穴がやばいくらいにでかく、守備は崩壊中です。怪我人も多くEDGEクラウニー頼りとなっていますが、1人だけではなんともし難い状況です。


2017Browns week6-03
DLワットが2年連続でシーズン序盤で怪我人リスト入りとなってしまいました。3回のシーズン守備MVPを誇る選手なだけに痛い離脱です。

EDGEマーシラスも怪我人リスト入り LBクッシングはドーピングにより10試合出場停止を喰らいました。これだけ守備のキーマンを失っていますので崩壊はしょうがないところではありますね。

TEフェドロビッツ グリフィン Tブラウン ニュートン も怪我人リスト入りとオフェンスラインも厳しい中ワトソンの活躍は本当にすごいと思います。


 スコア

1Q 2Q 3Q 4Q total 勝敗
ブラウンズ 3 0 0 14 17 0-6
テキサンズ 10 14 9 0 33 3-3

チームの勢いの差が如実に現れた結果でしたね。前半で3ポゼション差が付きこれを返せるような攻撃は今のブラウンズには無理難題過ぎました。第4Qに2TDを返しましたけど、相手の守備が時間止めないように緩めたためでしたね。テキサンズはQBワトソンがこの試合も躍動してましたね。

 ポジティブPOINT

・QBワトソン 華麗なプレイで圧倒
225y 3TD 1INT レーティング103.4 見事な成績でした。それなりにプレッシャーをかけられていましたが、ルーキーらしからぬ落ち着いたプレイを披露していました。

テキサンズのポジティブPOINTじゃないのかと思われた方もいらっしゃると思いますが、最初に12位の指名権もってたのはブラウンズなので、ワトソン(4番)は実質ブラウンズが指名した選手と考えても良いのではないか、要するに実質ブラウンズの勝利なのです!

[ただ、元の元をたどるとこの12位は、2016年の2位指名権とのトレードでイーグルスから手に入れたものです。(イーグルスは2016年の2位の指名権でウェンツを獲得)どっちもQB指名して成功してるなぁ・・・・]



・CBマッコーティ PICK6
流石にワトソンだけでポジティブPOINTを終わらせるのはまずいと思ったので、一応唯一良かったと思えるプレイを。

EDGEギャレット(95番)が追ったことでワトソンのパスのコントロールがつかずというプレイでした。しかしすでに30点もの差をつけられている状態なので、完全に焼け石に水でしたがね・・・


 ネガティブPOINT

・狙われるディープゾーン
ここ数試合でよく見られる光景なのですが、ゾーンディフェンスのさい、深いサイドライン際がカバーしきれてないのが目立ちます。間違いなく相手はここ狙ってますね。FSのペッパーズ(22番)が間に合わないことが多いんですよね。なんかペッパーズ自体も思い切ったプレイが出来てない印象が強く、このコンバートは明らかに失敗だったと思います。もうちょっとSの補強に力入れてほしかったなぁ・・・


・QBホーガン 自滅
140y このPICK6を含め3INT すでに前半で差をつけられどうにもならなかったなと。パスのコントロールが良くない、これに尽きます。相手CBジョセフ(24番)に2INTを献上。通ってくれるといいなと思うような精度の悪いミドルパス連発でもう少し攻撃のリズムを作るような攻撃はできなかったのかなと、とにかく単調な攻撃でした。

結局次週の先発はカイザーに戻るようです。



 ハイライト動画 


細かいスタッツ

ということで死闘の四連戦もこれでおわりました。全敗と最初から謳ってるので最初から結果はわかってたとは思いますが、やっぱり全敗でした。しかし他のチームは調子があがっててほんといいなぁ。。。こっちはどんどん沈んで行っててなんか改善点が見えない試合が多くなってるような。。。

次回はその7 Week7 テネシー・タイタンズ戦を冷静に見直します。