※9/6更新



 2019のチーム成績


2019スタッツ28 パンサーズ

昨年はQBキャム・ニュートンの負傷離脱によりシーズンが終わってしまった感じでした。そんな中一人気を吐いたのがRBクリスチャン・マキャフリーでした。ラン・レシーブともに1000yという歴史的な記録を作りました。チームの成績が伸びない中モチベーションを保ったのは素晴らしかったのですが、もう少し酷使がなくなるといいのですがね・・・

守備はラン守備の崩壊となってしまいました。ただ失点がここまで悪いのは攻撃がターンオーバーをしすぎていることも影響しているので、そこでモチベーションを保てなかったこともあるでしょう。今年の話題に軽く触れますが、守備は全体的に大幅に入れ替わることになります。1から作り直しのシーズンとなることでしょう。



 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC マット・ルール 45
OC ジョー・ブレイディ 30
DC フィル・ショー 64

He didn't flinch': Panthers coach Matt Rhule needed to show David ...
HC マット・ルール

昨年はシーズン途中に7年間HCを務めたロン・リベラを更迭となりました。新HCとしてマット・ルールを招聘しました。NFLでの経験はありませんが、カレッジでは2013年からテンプル大・ベイラー大のHCを経験しており、数々のNFL選手を排出した手腕が買われました。守備畑ではありますが、OCの経験もありどちらの采配も経験しています。パンサーズは今年は1から出直すこともあり確かにカレッジの経験が生きるかもしれませんね。

OCにはジョー・ブレイディをこちらもルイジアナ州立大のパスコーディネーターを招聘 30歳とコーディネーターとしては一番若く、チームと一緒に成長していってほしい

DCにはフィル・ショーが就任 ルールHCと共にテンプル大 ベイラー大でDCを務めておりルールと共にチームに招聘されました。ライオンズ レッドスキンズでのコーチ経験もありルールHCの右腕となる存在なのでしょう。



 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名
1 7 DL デリック・ブラウン
2 38 EDGE ユター・グロス=マトス
2 64 S ジェイミー・シン
4 113 CB トロイ・プライド
5 152 S ケニー・ロビンソン
6 184 DL ブラビオン・ロイ
7 221 CB スタントリー・トーマス=オリバー
   120位までの選手

全7名 守備選手だけを指名しました。1から作り直す起点となる存在になってほしいですね。

1巡目 DLデリック・ブラウン 2巡目 EDGEユター・グロス=トマスは守備1列目の先発となることでしょう。新しいパスラッシュユニットとして期待したい。


より詳しくはドラフト記事を御覧ください


 ロースター


 【攻撃編】 
202028car-03
   放出・離脱選手
左の番号:背番号
   補強選手
   新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級
A:エース級
B:レギュラー級
C:バックアップ級
D:未知数
【備考欄】
 順位 :NFL TOP100
OPT:オプトアウト(離脱)
SUS:サスペンション(出場停止)
PUP:リザーブPUPリスト
NFI:ノンフットボールインジュリーリスト



 QB 
キャム・ニュートンを解雇しました。怪我との戦いで自慢の足を封じて戦うことに徹底しましたがなかなかうまくいかず、昨年は怪我で離脱となりました。解雇時に功労者としてもう少し配慮して挙げてほしかったのですが、突然の解雇な感じで残念な別れ方でした。

先発はテディ・ブリッジウォーターです。3年契約を結びました。昨年はセインツでブリーズ負傷時に5試合先発し4勝1敗で切り抜けました。元々バイキングスで先発をしており、怪我の影響で解雇されバックアップとなったこともあり、まだ先発ができることをアピールできるチャンスをもらいました。爆発力は乏しい印象ですが安定した力はある選手なので結構勝てるんじゃないかなと思います。

ブリッジウォーターの出来次第では2年目のウィル・グリアーにも出場機会があるかもしれません。

Report: Saints Want to Keep Teddy Bridgewater in New Orleans ...
テディ・ブリッジウォーター



 RB 
クリスチャン・マキャフリーの酷使問題はなんとかしなければいけません。昨年は攻撃スナップ1056(全攻撃スナップの93.4%)とほぼ出ずっぱりでした。近年どこも2人体勢をとってエースであっても多くて70%台が普通となっていますので異様な出場回数です。今の所怪我なく来ていますが、今年も補強はなくこの酷使問題は早めな解決が求められます。

christian-mccaffrey-panthers
クリスチャン・マキャフリー



 WR 
ロビー・アンダーソンを補強しました。ロングターゲットタイプで一発の驚異があるレシーバーです。

3年目のD.J・ムーアは昨年1175yレシーブを記録し、成長を見せました。アンダーソンとのコンビは楽しみですね。

One major issue the Carolina Panthers must still fix before ...
D.J・ムーア



 TE 
9年在籍したグレッグ・オルセンを解雇しました。近年怪我がちで35歳と高齢なこともあり残念な形で解雇となってしまいました。

補強もなくこの穴はちょっと埋まらないかなと思われます。誰か急な覚醒でもあればいいんですがね。



 OL 
Gトレイ・ターナーとTラッセル・オクングを1対1トレード Tダリル・ウィリアムスをFAで放出など動きが多かったです。昨年あまりいい出来ではなかったこともあり、この一新策はいいんじゃなかなぁと、ただ成功するか開幕してからのお楽しみですね。

ただキャンプ中にラッセル・オクングが引退を考えているという報道が出てきました。もし引退となった場合このトレードパンサーズだけ損する形になると思うのですが、どうなるんでしょうね・・・



 スペシャルチーム 
キッカーは昨年グラハム・ガノが怪我で全休となり、ジョーイ・スライが先発でした、77.0%と不安定な数字に見えますが、50y以上のFG 8/11と成功数1位を記録しています。キャンプ前にガノの放出が決まりスライで行くことが確定となりました。この選択が吉と出るか凶と出るか。 

リターナーはWR D.J・ムーアが務める予定ですが。できればキックは誰か他の選手が務められる方がいいかなと。レシーバーになるべく重点を置きたいですしね。



 【守備編】 
202028car-04
   放出・離脱選手
左の番号:背番号
   補強選手
   新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級
A:エース級
B:レギュラー級
C:バックアップ級
D:未知数
【備考欄】
 順位 :NFL TOP100
OPT:オプトアウト(離脱)
SUS:サスペンション(出場停止)
PUP:リザーブPUPリスト
NFI:ノンフットボールインジュリーリスト



 DL 
カワン・ショート以外ほぼ全員去った形となりました。1巡目でデリック・ブラウンを獲得したこともあり、ショートとブラウンのコンビとなります。結構期待度は高いですね。

Carolina Panthers: Should team restructure Kawann Short in 2020?
カワン・ショート



 EDGE 
昨年先発だったマリオ・アディソン ブルース・アーヴィンのベテランコンビを放出となり若返りを目指すことになります。

2年目のブライアン・バーンズ 2巡目のユター・グロス=トマスのコンビに先発を勝ち取ってもらって新生パンサーズの軸となってほしいですね。



 LB 
2013年シーズン守備MVPを獲得したルーク・キークリーが引退となりました。キャリア8年 29歳での引退はほんと残念な発表となりました。

この穴を埋めるのは難しいですが、FAで補強したベテラン タヒール・ホワイトヘッドに今年はなんとかしてもらう形になるかなと思われます。先発にはシャック・トンプソンが残っており、ある程度はなんとかなりそうなメンバーではあります。



 CB 
こちらも昨年の先発ジェームス・ブラッドベリー ロス・コックレルを放出し、FAでイーライ・アップルを補強しました。

層は薄いですが最低限の戦力はなんとかいるかなと。ただ連携が取れるかは未知数です。



 S 
エリック・リードとは契約を結ばず 2巡目でジェイミー・シンを獲得しました。今年は全体的に一新していることもあり、DB陣としては連携の問題が難しいところですね。うまくいって若返りが成功となることを期待しましょう。



 スケジュールと展望


パンサーズ
Week 対戦相手
1 レイダース
2 @バッカニアーズ
3 @チャージャース
4 カーディナルス
5 @ファルコンズ
6 ベアーズ
7 @セインツ
8 ファルコンズ
9 @チーフス
10 バッカニアーズ
11 ライオンズ
12 @バイキングス
13 Bye
14 ブロンコス
15 @パッカーズ
16 @レッドスキンズ
17 セインツ


対戦相手の昨年の勝敗
14位 .500

【スケジュール】
序盤中盤に同地区対決が固まっています。正直他の3チームとは戦力差があり厳しいシーズンとなると思われますが、一発入れたいですね。今年はNFC北 AFC西との対戦となります。バイウィークが13週目なのでスタミナ切れには注意しておきたい。

【展望】
今年はQB OLに守備全体を一新したこともあり、1から立て直しが色濃いシーズンとなりそうです。攻撃はQBテディ・ブリッジウォーターがどれだけできるかにかかっていますが、攻撃の中心はRBクリスチャン・マキャフリーでしょう。彼にボールを渡せばなんとかしてくれますが、酷使が心配なので頼り過ぎには注意してほしいですね。攻撃はある程度はできるんじゃないかなぁと、殴り合いはきついですがね。

守備はもう一新しすぎて別のチームと言ってもいい状態です。若手・新人の出来次第なので未知数と言っていいでしょう。残っているベテランもいるのでうまくサポートして今シーズン乗り切って欲しい。

同地区のライバルから比べるとさすがに戦力が劣っています。でも意外と攻撃はなんとかなりそうな気がするんですよね。守備が思いの外うまく行ったら五分くらいいけそうではあるかなぁ。