※9/7更新 追記あり



 2019のチーム成績


2019スタッツ02 ビルズ

昨年は開幕3連勝から安定した守備で勝ち星を重ね、優勝は逃したものの2年ぶりにプレーオフ進出となりました。

攻撃は正直得点力はなかったもののここぞのところでの勝負強さでロースコアゲームをものにしました。QBジョシュ・アレンの強肩はあまり披露されることはなくパス攻撃もう少しな感じでしたが、もう一つの武器であるスクランブルがうまく機能しました。ラン攻撃がしっかりできたことで試合をある程度コントロールできたのが良かったのでしょう。

守備は本当に安定していました。特にパス守備は強力でした。もともとDB陣は揃っていましたが、3年目のCBトレデビオス・ホワイトが大きく成長しトップクラスのCBの仲間入りをしたと言っていいシーズンでした。全体的に隙のない守備で失点を防ぎ勝ち星を稼ぎました。

今年もこの安定した守備を維持できればプレーオフが近づくことでしょう。



 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC ショーン・マクダーモット 46
OC ブライアン・ダーボル 45
DC レスリー・フレイザー 61

Sean McDermott says Buffalo Bills were motivated by talk of them ...
HC ショーン・マクダーモット

4年目を迎えるショーン・マクダーモット 2度のプレーオフ進出をしビルズを完全に立て直しに成功させました。守備畑の経験を活かし強力な守備を作り上げ成績が向上しました。この功績により5年契約延長を勝ち取りました。



今年はペイトリオッツの牙城を崩すチャンスが訪れています。果たしてチャンスを物にできるか期待ですね。

OCのブライアン・ダボールは就任3年目となります。選手は揃ってきましたのでもうちょっと得点力を増やして安定した試合を作って欲しいですね。

DCのレスリー・フレイザーは4年目を迎えます。アシスタントHCも務めマクダーモットの家老的なポジションを務めています。守備はほぼ完成したと言っていいでしょう。これをどれだけ維持し続けるかが今後の仕事となるでしょう。



 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名
2 54 EDGE A.J・エパネサ
3 86 RB ザック・モス
4 128 WR ガブリエル・デービス
5 167 QB ジェイク・フロム
6 188 K タイラー・バス
6 207 WR アイゼイア・ホギンズ
7 239 CB デイン・ジャクソン
   120位までの選手

1巡指名はなかったですが、ちょっと弱かったパスラッシュ強化でEDGE A.J・エパネサ 2番手RBに期待のRBザック・モスを指名しました。どちらも1年目から戦力になってほしい指名ですので、期待に答えてほしいですね。


より詳しくはドラフト記事を御覧ください




 ロースター


 【攻撃編】 
202002buf-03
   放出・離脱選手
左の番号:背番号
   補強選手
   新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級
A:エース級
B:レギュラー級
C:バックアップ級
D:未知数
【備考欄】
 順位 :NFL TOP100
OPT:オプトアウト(離脱)
SUS:サスペンション(出場停止)
PUP:リザーブPUPリスト
NFI:ノンフットボールインジュリーリスト



 QB 
3年目のジョシュ・アレンが先発 強肩が武器なのですが、もう少しぶん投げてほしいなぁという感じなんですよね。ただパス精度はまだ不安定(昨年は成功率58.8%)なところがあるので、昨年のようにラン攻撃主体のほうが計算ができるということなんでしょう。今年は首脳陣のパスの信頼度を上がるようにして、思い切ったパスを投げまくってほしいですね。スクランブルがうまくラン能力が高いのも魅力の一つです。時折強引なランを見せることがあり怪我には気をつけてほしい。

Josh Allen 2.0: How Buffalo QB can make leap in 2019 | Yardbarker
ジョシュ・アレン



 RB 
ベテランのフランク・ゴアとは契約せず 2年目のデヴィン・シグレタリーが先発となります。昨年は775yランを記録。今年は独り立ちとなるのでやはり1000yが目標となるでしょう。低身長(170cm)で細かいカットバックでタックルをかわすのがうまいタイプです。

2番手はT.J・イエルドン 3巡目ザック・モスの競争となるでしょう。シグレタリーとうまく出場機会を分け合ってほしい。

Devin Singletary Fantasy Outlook Could Make Him a Draft-Day Steal in 2020
デビン・シグレタリー



 WR 
トレードでステフォン・ディグスを獲得 昨年のエースレシーバーのジョン・ブラウンとのコンビは今年のビルズの注目ポイントとなります。

どちらもミドル~ロングレンジのターゲットで、走力でぶち抜く能力が高いです。ディグスそれに加え競り合いにも強いというトップレベルのレシーバーです。ディグスは無理矢理でも取ってくれると信じてQBアレンは思い切ったパスを投げ込んでほしいですね。

コール・ビーズリーはスロットレシーバーでショートターゲットからランアフターキャッチが得意です。この3選手が先発確定です。ターゲットはかなり豊富なチームとなりました。

Stefon Diggs trade grades: Bills give up bevy of picks to Vikings
ステフォン・ディグス



 TE 
2年目のドーソン・ノックスが先発濃厚ですが、昨年はレシーブ能力がちょっと不安を感じるシーズンでした。(10ドロップ)このままではターゲットとして信頼はしにくいので、今年はドロップを減らすようにしたい。

ベテランのタイラー・クロフトが2番手でいるのでノックスの成長が見えなければクロフトを使うこともできる状態です。



 OL 
昨年のメンバーがそのまま残留しました。プロボウルには選ばれませんでしたが、パスプロテクション ランブロックどちらも安定したユニットという印象でした。一昨年引退ラッシュで崩壊状態なところからよく2年でここまで立て直しました。

先日LTディオン・ドーキンスとも契約延長もし当分は安定したOLとなりそうです。

2年目のRTコディー・フォードがプロボウル選ばれるレベルまで成長するのを期待したいですね。



 スペシャルチーム 
キッカーはスティーブン・ハウシュカが務めます。昨年は79.0%とちょっと低い成功率となりました。50y以上のキックの失敗が多かったです。元々は長距離キックは得意な選手なのでなんとか修正してほしいところです。

リターナーはWRアンドレ・ロバーツが務めます。キャリア通算リターンTD5回を誇るリターンのスペシャリストで」す。

 ※追記 
キッカー スティーブン・ハウシュカを解雇 6巡目指名の新人タイラー・バースを起用することが決定しました。ハウシュカに勝ったということで期待はできそうですね。



 【守備編】 
202002buf-04
   放出・離脱選手
左の番号:背番号
   補強選手
   新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級
A:エース級
B:レギュラー級
C:バックアップ級
D:未知数
【備考欄】
 順位 :NFL TOP100
OPT:オプトアウト(離脱)
SUS:サスペンション(出場停止)
PUP:リザーブPUPリスト
NFI:ノンフットボールインジュリーリスト



 DL 
昨年大ブレークしたジョーダン・フィリップスがFAで移籍となったのは残念ですが、クイントン・ジェファーソンにその穴を埋めてもらうのに期待しましょう。

2年目のエド・オリバーの成長にも期待ができますし、ローテーションメンバーとしてヴァーノン・バトラーも補強 十分期待度の高いユニットとなりました。

ベテランのスター・ロトゥレレイがオプトアウトを表明したのはちょっと残念ですが戦えるメンバーは揃っているのでなんとかなるでしょう。

Bills' Ed Oliver Arrested on DWI, Weapon Charges in Texas; Video ...
エド・オリバー



 EDGE 
これまでチームをささえてきたロレンツォ・アレキサンダーが引退 シャック・ローソンが移籍となりちょっと寂しさがありますね。

ベテランのマリオ・アディソン 2巡目でA.J・エパネサを補強しました。ジェリー・ヒューズ トレント・マーフィーは昨年先発メンバーでしたし、今年は誰が先発になるかはわかりません。ベテラン3人と新人1人でいい争いになることを期待したい。



 LB 
3年目のトレメイン・エドマンズ マット・ミラノが昨年から先発となって安定しています。今年はA.J・クラインを補強し層の薄さも解消されました。今年もランとショートパスを阻止する強力なユニットとなりそうですね。

Tremaine Edmunds Stats, News & Video - MLB | NFL.com
トレメイン・エドマンズ



 CB 
こちらもトレデビオス・ホワイト リーバイ・ウォーレスの若手先発コンビに加え、ベテランのジョシュ・ノーマンを補強。起用方法がちょっと大変になりそうですが、層はかなり厚くなりました。不安はまったくないと言っていいでしょう。今年も強力なパス守備が維持できることでしょう。

Tre'Davious White: Bills will use Madden ratings as "extra ...
トレデビオス・ホワイト



 S 
マイカ・ハイド ジョーダン・ポイヤーの先発コンビは変わらずです。お互い移籍4年前に移籍してきた選手ですが2人が来てから守備がかなり安定しました。今のビルズ守備を作り上げたと言っても過言ではありません。今年もこのコンビが最後の防波堤として立ちはだかります。

Finally put in a position to succeed, Micah Hyde is making a name ...
マイカ・ハイド



 スケジュールと展望


ビルズ
Week 対戦相手
1 ジェッツ
2 @ドルフィンズ
3 ラムズ
4 @レイダース
5 @タイタンズ
6 チーフス
7 @ジェッツ
8 ペイトリオッツ
9 シーホークス
10 @カーディナルス
11 Bye
12 チャージャース
13 @49ers
14 スティーラーズ
15 @ブロンコス
16 @ペイトリオッツ
17 ドルフィンズ


対戦相手の昨年の勝敗
26位 .525

【スケジュール】
同地区対決2連戦で始まる2020年シーズン。今年は優勝が狙えるポジションにいるのでスタートダッシュで引き離すチャンスです。連勝で有利な展開にもっていきたい。バイウィークがWeek11と深めなのでスタミナ切れしないように注意はしておきたい。

今年はAFC西 NFC西との対戦となります。攻撃 守備に秀でたチームが多く好試合を期待したいですね。

【展望】
今年はペイトリオッツの戦力が厳しいので大チャンスなシーズンとなるでしょう。このチャンスはのがしてはいけません。

攻撃はもうQBジョシュ・アレン次第です。ラン ターゲット プロテクションは十分計算ができる戦力は整いました。あとはパスが来るかどうかだけです。昨年よりも成長しているところを見せてほしいですね。

守備は少し入れ替えがありましたがしっかり補強して昨年よりも層が厚くなっており戦力的には昨年以上かもしれません。あとは昨年と同じ采配ができれば今年も期待できることでしょう。もう失点1位を目指すしか無いですね。

戦力的には地区で一番でしょう優勝候補筆頭にあげます。東地区の新時代の幕開けとなるか注目です。