Week12 サンデーゲームの展望をします。

ブラウンズ@ジャガーズ(11/30 3:00)DAZN
ベアーズ@パッカーズ(11/30 10:20)G+ DAZN

DAZN配信試合はこちら
SnapCrab_2020No-00205
レイブンズ@スティーラーズの配信が入っていましたが、水曜に延期となりました。
バッカニアーズ@チーフスは注目ですね。

各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries

などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/opp.htm



 ブラウンズ(7-3)@ジャガーズ(1-9)


2020week12-042
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 9連敗中のジャガーズ相手ではあるが気は抜けない

ブラウンズは後1勝で負け越し回避が確定となります。前節までは悪天候の試合が続いていましたが、今回のジャクソンビルホームでは予報はくもりとなっており、久々の普通のコンデションの試合となりそうです。ランは好調なのでこの試合もRBニック・チャブ カリーム・ハントのコンビで3連勝と行きたいですね。

9連敗となってしまったジャガーズですが、この試合は先発QBがマイク・グレノンで行くことが発表されました。



2試合先発をしていた新人のジェイク・ルートン 前先発のガードナー・ミンシューの方が正直なところ怖かったので、正直グレノン先発ならちょっと怖さはなくなったかなと思います。とは言え油断はしてはいけないので引き締めていってほしい。


2020week12-043
  TOP12    WORST12
2020week12-044



・ブラウンズ(7-3)

【攻撃】
RBニック・チャブが復帰2戦とも100ヤード以上のランを記録し好調です。カリーム・ハントとのコンビでどちらもフレッシュな状態で出せるのが強みですね。この試合もこの2人のランが攻撃の軸となるでしょう。

パス攻撃はここ3試合悪天候続きで判断する材料はありません。晴れた状態が少なすぎてQBベイカー・メイフィールドの調子が崩れまくってなければいいのですが。WRオデル・ベッカムに変わるロングターゲットは現時点ではカダレル・ハッジが務めています。ここに一発いいのが入ってくれると今後も安心できるので期待したい。

なんだかんだ言ってメイフィールドと一番相性いいのはWRラシャード・ヒギンズなんじゃないかなと感じてる今日このごろです。

OLのプロテクションはかなり安定してきていると思います。ランブロックは完璧と言っていいですし。TEオースティン・フーパーはブロックでもかなり貢献してて良いですね。ほんといい補強でしたわ。

ラン攻撃で圧倒して希望としては30点以上取ってほしいです。


【守備】
今週もEDGEマイルズ・ギャレットはCOVID-19陽性で欠場。前節はオリビエ・ヴァーノンが週間守備MVPを獲得する活躍 コンビを組んでいたエイドリアン・クレイボーンもいいプレッシャーをかけており、しっかり穴を埋めました。今週も期待したい。

CBデンゼル・ウォードがふくらはぎ負傷のため欠場となってしまいました。1人奮起していたDB陣の軸を失ったのは痛い。ジャガーズのパス攻撃も不安はあり、いい勝負となればいいんですがね。S陣も怪我人が多いので、ロングパスには注意が必要でしょうね。一か八かばかり狙ってこられるとかいうのもありそうで怖い

この試合はランが警戒しなければいけません。スタッツだけならラン守備は良さそうに思われますが、タフなランの展開になると結構ジリ貧になる傾向があります。しっかりサードダウンで止めきることが大事となる試合でしょう。



・ジャガーズ(1-9)

【攻撃】
この試合の先発QBはマイク・グレノンという発表がありました。



ここ3試合は先発に新人のジェイク・ルートンを起用。負けはしたものの強豪相手に善戦 特にロングパスの精度はなかなかで、正直ブラウンズの守備であればかなりいい線までやられるかもと思っていましたが、グレノンならなんとかなるんじゃね?って思っています。

この試合はWR D.J・チャンク クリス・コンリーが欠場となっておりターゲット不足が懸念されています。パス守備に不安ありのブラウンズにとっては少し不安解消かなと。

気をつけないといけないのはラン攻撃です。ドラフト外新人RBジェイムス・ロビンソンはここまで762ヤードランを記録しており、ランが軸となる攻めを展開してきます。タフな選手なので気合負けしないように。

OLは可もなく不可もなくといった感じです。プレッシャーをかけられるといいのですがね。


【守備】
今年はパスラッシュが不振となっています。昨年10.5サックを挙げた2年目EDGEジョシュ・アレンはここまで2.5サックとなかなか目立つことが出来ていないようです。QBメイフィールドをしっかりプロテクションし攻撃で有利に立ちたいところ。

ラン守備は元ブラウンズ ジョー・ショバートが頑張っていますが、成績はイマイチのようです。チャブとハントで思いっきり攻略していきたい。

パス守備も勢いのあった新人CB C.J・ヘンダーソンが怪我人リスト入りとなってしまい失速気味のようです。ただ前節のスティーラーズは序盤ちょっと苦戦していたこともあり油断はしないようにしたい。




 茶王 勝敗予想 
ジャガーズが9連敗ということで、今年はブラウンズは調子がいいのですがなんか親近感がある感じではある・・・元ジャガーズファンでもあるのでもう少し頑張ってほしいですね。正直ミンシューには期待感あったんですがねぇ。

予想はブラウンズ勝利とします。ここは落としたくないところです。しっかり勝ちきって8勝目をもぎ取ってほしい。




 ベアーズ(5-5)@パッカーズ(7-3)


2020week12-052
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 NFC北 天王山第1ラウンド

NFC North
パッカーズ 7 3
ベアーズ 5 5
バイキングス 4 6
ライオンズ 4 7

NFC北天王山 第1ラウンド銘打ちましたがこの試合でパッカーズが勝利するとほぼ地区優勝決定的と言っていい対決となっており、ベアーズとしては勝利が必須となる試合です。

ベアーズは序盤好調だったのですが、現在4連敗と絶不調。元々言われていた攻撃がやはり足を引っ張る展開となってしましました。QBニック・フォールズが前節負傷を抱えたためミッチ・トルビスキーが久々に先発を努めます。流れが変わってくれるといいのですが。

パッカーズは攻撃が良く得点力が高いです。守備も安定しておりここまで好成績となっています。ここを勝てば12月は非常に楽な展開となります。まだ第1シードも狙える位置ですので高い目標を持って行きたい。


2020week12-053
  TOP12    WORST12
2020week12-054



・ベアーズ(5-5)

【攻撃】
前述の通りこの試合の先発QBはミッチ・トルビスキーという発表がありました。



前節ニック・フォールズが臀部の負傷でカートで退場となりました。幸い大怪我とはなりませんでしたが、この試合は大事をとって欠場。トルビスキーにとってはチャンスが舞い込みました。

トルビスキーは開幕から3試合先発出場して勝利はしていますが、不安定なプレイ内容で先発交代となりました。ただ3勝してますからね、運はあるかもしれません。パッカーズに勝てれば今年はトルビスキーと心中する可能性もあるので頑張っていただきたい

攻撃の軸はWRアレン・ロビンソンにどれだけパスを通せるかというところでしょう。正直もう1枚安定したターゲットがほしいところなのですが、なかなかうまく行ってないというところです。TEジミー・グレアムはクラッチ力はあるんですけどね。相手としてもロビンソンさえ封じれば問題ないという感じなんですよね。

ランもRBデビット・モンボメリーは可もなく不可もなく。2番手レベルかなぁとエースとしてはかなり物足りなさを感じます。

OLのプロテクション的にはそこまで悪いわけではないので、個々の能力が物足りないと言わざるを得ないかなと。もう少し得点が取れるといいのですが。



【守備】
攻撃が淡白でありながら、この守備だからこそこのレベルで踏み留められているという状態です。

細かいスタッツで言うと、サードダウンコンバージョン被成功率 レッドゾーン被TD率はどちらも1位でかなりの踏ん張り具合が見て取れます。

1列目のパスラッシュ アンダーニースのLB陣 セカンダリーのDB陣どれも高いレベルの守備と言っていいでしょう。各所にプロボウル級のキープレイヤーが揃っており、高いクォリティの守備が見れます。今回は特にパス守備に頑張っていただきたい。WRダバンテ・アダムスとCBカイル・フラーのマッチアップが見どころになるでしょう。

できればターンオーバーを取って守備で主導権を取りたいところですが、パッカーズは非常にターンオーバーが少ないチームですが、前節のコルツ戦は3つ奪われ負けているのでベアーズも奪い取れればチャンスはありそうです。



・パッカーズ(7-3)

【攻撃】
今シーズンもパスもランも安定しています。QBアーロン・ロジャースはここまで29TD レーティング115.8と非の打ち所がない成績となっています。あまり話題にはなっていませんが、シーズンMVP候補の1人と言っていいと思います。

WRダバンテ・アダムスとのホットラインはリーグトップレベルで10TDをここで挙げています。攻撃の軸はここであることは間違いありません。他TEロバート・トーニアンもレシービングがうまい。ただこの2人以外がちょっと不安定なのが気になるところではあります。

ランはRBアーロン・ジョーンズ ジャマール・ウィリアムスのコンビがしっかり仕事をしてくれます。パスが攻撃の軸ではありますが、ランも機能しているので本当にバランスがいい攻撃です。

OLのプロテクションも固く問題なし。ベアーズ守備と緊迫したいい試合になることを期待したい。


【守備】
EDGEザデリアス・スミスがここまで8.0サックを記録しています。ただそれ以外が今年はそこまでな印象でZ・スミスが倒し切れるかが見どころですかね。

今年のパッカーズの守備は昨年ほどではないものの、ランもパスもそこそこやれているという感じです。正直あまりいい印象も悪い印象もない感じです。

おそらくターンオーバー奪取が少ないのが原因なのでしょう。ここまでターンオーバー奪取は9個とリーグ30位タイです。この物足りなさをプレーオフ前に解消してほしいところですね。




 茶王 勝敗予想 
ベアーズはここが踏ん張りどころです。ただパッカーズも前節ベアーズと同タイプであるコルツに負けていることもあり、十分ベアーズにも可能性はありそう。

予想はパッカーズ勝利とします。ただなんかQBミッチ・トルビスキーがラッキーボーイになるかもなぁと少し感じるんですよね。てかそうなったほうが面白いしwwwパッカーズ攻撃vsベアーズ守備の対決は楽しみな一戦です。




 全試合勝敗予想


今週は感謝祭ウィークということで全チーム試合があります。

week11 week12
ARI × HOU
CLE WAS
NO LV
CIN × BUF
CAR NYG
PIT IND
TEN MIN
NE × ARI
MIA × MIA
LAC CLE
GB × PIT
MIN × NO
KC LAR
TB × KC


GB


SEA




7 2
× 7 × 0
通算○ 99 通算○ 101
通算× 61 通算× 61
的中率 .619 的中率 .623


先週はちょっと成績が悪かったこともあり、今週は上位チーム勝ちの予想で無難に行っています。
コルツ@タイタンズ
チーフス@バッカニアーズが注目ですね

セインツ@ブロンコス がブロンコスはQB登録者なしで戦うことになったのである意味注目です

ジェッツはQBサム・ダーノルド
ドルフィンズはQBライアン・フィッツパトリックが先発となるようです。