NFCのカンファレンスチャンピオンシップを展望していきます。

バッカニアーズ@パッカーズ(1/25 5:05)G+ DAZN NHK-BS

カンファレンスチャンピオンシップはBSでも生中継があるようです。


各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries

などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/opp.htm



 バッカニアーズ@パッカーズ


2020week20-011
左の数字 背番号    欠場選手
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 シーズンMVP2人合わせて5回のレジェンド対決

NFL: Will Tom Brady or Aaron Rodgers have a better 2020 season?

NFCカンファレンスチャンピオンシップは、パッカーズ アーロン・ロジャースは2度 バッカニアーズ トム・ブレイディは3度MVPを獲得をしたレジェンドQB同士の対戦となりました。

最近しばしばトム・ブレイディの応援で見かける『GOAT』の文字直訳はヤギですが、Greatest Of All Timeの頭文字4文字から取ったもので、史上最高の選手ということで使われます。スーパーボウル6度制覇した男ですから、そう呼ぶのにふさわしい選手ですね。

対するアーロン・ロジャースは2010年のスーパーボウル制覇以降3度カンファレンスチャンピオンシップで阻まれ10年ぶりのスーパーボウル進出を目指す戦いとなります。


今シーズンはWeek6で対戦しており、この時はバッカニアーズが10-38の圧勝となりました。ラン・パス 守備どれもバッカニアーズが上回り、ロジャースが珍しく身動きが取れない試合となり2INTを食らった試合でした。パッカーズとしてはこの試合の雪辱戦となります。 

【Week6 Highlight動画】
 https://www.youtube.com/watch?v=LtAD1jLuSFc

画像
https://twitter.com/FieldYates/status/1352245710108954626

今シーズンのTDパス数はロジャースが1位 ブレイディが2位タイと素晴らしい成績を残した同士の対戦となります。

パッカーズが前回の雪辱を期し第1シードの意地を見せるか バッカニアーズ ブレイディが9回目のスーパーボウル進出なるか。背番号12のレジェンド対決 楽しみな一戦です。

Raymond James Stadium to Debut Intel True View Replay System - Football  Stadium Digest

ちなみにバッカニアーズが勝つと、スーパーボウルで初のホームチームの出場となります。今まで今回で55回目を迎えるスーパーボウルでいまだ破られないジンクスとなっています。これを破るのが【GOAT】トム・ブレイディとなるのかも注目です。


2020week20-012
  TOP12    WORST12
2020week20-013


・バッカニアーズ




【攻撃】
先週のQBトム・ブレイディは199ヤードながら2TDパスを記録。パスも良かったのですが、ショートが残ったところで得意のQBスニークを2度決め元気なところを披露しました。今週もこの好調が維持できていることを期待したい。

記事にある通り今年のバッカニアーズはロードで10戦して8勝をあげているとのことです。プレーオフもロードで連勝を続けています。今年は観客動員が絞られクラウドノイズで聞こえないということもなく、ホームの利は例年から比べるとあまりないというのも要因かもしれませんね。

WRアントニオ・ブラウンが膝の怪我で欠場が決まりました。




調子が上がっていただけに大事なチャンピオンシップで欠場なのはちょっと痛いです。ただWRマイク・エバンス クリス・ゴッドウィン TEロブ・グロンコウスキーは健在なので、ターゲット不足の心配はないと思います。パッカーズのパス守備はリーグ上位レベルです。特に気をつけないと行けないのはS陣ですので、そこの動きは注意が必要となるでしょう。

ランは先週RBロナルド・ジョーンズが戻ってきて レオナード・フォーネットと出場を分け合い合計125ヤードランを記録しいい仕事をしました。今週のパッカーズはラン守備はそこまででもないので、この2人のランがキーポイントになるかもしれません。

OLのプロテクションはセインツ相手で1サックに抑えたのでパッカーズ相手でもこちらに分があるかなと思います。しっかりラン・パスをサポートしてほしい。



【守備】
先週のセインツ戦はしっかりしっかりプレッシャーをかけQBブリーズから3インターセプト 計4つのターンオーバーを奪取しました。今週もこのパスラッシュでプレッシャーをかけていきたい

Week5で負傷し離脱していたDLヴィータ・ベアがこの試合から復帰することとなりました。



この復帰は大きいです。中央に塞がる大きな壁としてナンバー1ラン守備が更に強化されることは間違いないでしょう。パッカーズのRBアーロン・ジョーンズの中央のランを封じるのがベアの仕事となるでしょう。ジョーンズを止めQBアーロン・ロジャースにプレッシャーを掛ける、Week6の再来とするためにはこれが必須となるでしょう。

問題はパス守備です。先週のパッカーズはWRダバンテ・アダムスにはCBジェイレン・ラムジーがついており、他のレシーバーに投げ分ける作戦を取っていましたが、バッカニアーズにはラムジーほどのCBはいませんので、間違いなくアダムスが相手の攻撃の軸となるでしょう。


ただ前回の試合はこのアダムスへのパスを狙って2インターセプトを奪取し試合を有利に展開しました。このようにうまくいけば今回も有利になりますが、相手がロジャースですから同じ轍は踏まないでしょうね。

結局投げられる前になんとかするのが一番の対策となるでしょう。とにかくパスラッシュが通るかどうかが大事な試合となるでしょう。




・パッカーズ




【攻撃】
第1シードで先週のラムズ戦がプレーオフ初戦でした。しっかり力の差を見せつけた勝利だったと思います。今年シーズンMVP最右翼と言われているQBアーロン・ロジャースも296ヤード2TDと安定したパス攻撃を披露しました。

前回のWeek6の対戦ではWRダバンテ・アダムスへのパスを狙われインターセプトをされてか攻撃がおかしくなったので、今回は同じことにはならないと思いたいですね。

ラムズ戦でもアダムス以外のレシーバーを中心にパスを投げて組み立てていたこともあり、この試合もしっかり投げ分けるのが大事となるでしょう。相手もアダムスに集中している分他のレシーバーのマークは弱くなるのでそこが狙い目となります。WRアレン・ラザード マルケス・バルデス=スキャンティング TEロバート・トーニアンの面々が活躍する試合となればパッカーズがペースを握るかなと思います。

RBアーロン・ジョーンズは先週99ヤード 1TDと見事な活躍でした。チーム全体でも188ヤードもランで稼ぎ試合をコントロールすることに成功しました。RB A.J・ディロンの突破力も光った試合でした。

今回のバッカニアーズは一筋縄ではいかない相手です。ちょっと分が悪いかなと。一発抜け出すようなことがあるといいのですがね。



OLのプロテクションはTデビット・バクティアリの離脱で不安視されていましたが、先週のラムズ戦ではその穴を見事に塞ぎ、NFL1位の守備チームに対し見事にパスラッシュを封じることに成功しました。バッカニアーズ守備もパスラッシュはトップレベルなのでこの試合も気を引き締めてしっかり守りきりたい。

Week6での大敗はQBロジャースを守りきれず4サックを浴びてしまったのが敗因だったと思います。今回は前回のようなことにはならないと思いたい。



【守備】
前回の対戦ではランが155ヤードとかなりだされまくり、QBトム・ブレイディにもプレッシャーをかけられず、守備はいいところがなかった試合でした。

まずはランの対策がどれだけできるかが問題となるでしょう。インテリアDLとLBがちょっと弱いところはすぐに修正は難しいと思いますので、とにかく力負けしないことが重要となるでしょう。コントロールされたくないので、なんとか止めてほしいところですが分は悪いでしょう。

パスラッシュは先週ラムズ相手に4サック記録したこともあり、今回こそはしっかりサックを決めてほしいEDGEザデリアス・スミス ラッシャン・ゲイリーに注目です。

パス守備は良い方なのですが、今回の相手はターゲットのガタイが大きいのが難点なんですよね。パッカーズのDB陣ってあまり大きい選手が居ない(CBケビン・キングだけ190cm)ので競り合いになると厳しいかなと。

ランもパスもダーネル・サページ エイドリアン・エイモス S陣の活躍がキーポイントになるかなと予想します。彼らが大きな仕事をしてくれればパッカーズペースに持ち込めるかなと思います。




 茶王 勝敗予想 
予想はバッカニアーズ勝利とします。

前回の試合に引っ張られているところが正直あります。パッカーズ守備が上回る展開がちょっと想像できなかったところがあります。対してバッカニアーズの守備がなんか書いているとパッカーズと相性がいいのかなと思うようになってしまいました。ブレイディが初めてスーパーボウルホームでゲームをすると予想します。