2/13時点でのキャップスペースは $28,950,758 です。

(2021年のサラリーキャップを$185,000,000と想定して計算しています。まだサラリーキャップが決定してないので若干変わる可能性もあります。)

NFL Team Salary Cap Tracker



 FA選手一覧


2021FA 06bal-01
   制限付きFA(RFA・ERFA)
   2020シーズン終了後解雇された選手


RFA ERFAとは
キャリア3年で契約が切れる選手がRFAとなり、3段階の1年契約で再契約できるものです。

3段階とは
高:4.5Mくらい 1巡
中:3Mくらい 2巡
低:2Mくらい その選手のドラフトされた巡

他チームは右のドラフト巡と交換に引き抜きオファーができますが、同オファーで契約しなおせば引き抜きを阻止することも可能となるFAとなっています。

ERFAはキャリア2年で契約が切れる選手で前年と同額で1年再契約ができます。こちらは引き抜き不可です。

他FAの説明についてはこちらにまとめております。


2021 Free Agents

すでにQBロバート・グリフィンⅢ RBマーク・イングラムなど解雇を決行しキャップスペースを確保しました。

残留候補はEDGEマット・ジュドン ヤニック・ガコウェイ RBガス・エドワースあたりとなるでしょう。

RBエドワースはRFAです。1年契約であれば中程度が必須です。RBイングラムを解雇したこともありここで複数年契約をするのも十分あるでしょう。

EDGEジュドンは昨年フランチャイズ指定をされています。生え抜きパスラッシャーなんでなるべく残ってほしいところです。ただ2年連続フランチャイズ指定はなんとも言えないところです。

上記の2人の契約となるとEDGEガコウェイを残すのは難しいかもしれません。ちなみのガコウェイも昨年はジャガーズからフランチャイズ指定後バイキングスにトレード、シーズン中にレイブンズに更にトレードとなり1年で3チームを渡り歩きました。今年26歳と若いこともあり市場に出たら大注目の選手となるでしょう。

WRウィリー・スニード Cマット・スクラは市場に出ることになると予想します。まずまず人気を集めるのではないかと。ただCスクラはディビジョナルプレーオフのスナップミス多発でちょっと評価は落ち気味かなと。


 FA選手を抜いた選手一覧


 攻撃選手 

2021FA 06bal-02

 守備選手 

2021FA 06bal-03
    2020シーズン終了後加入選手


 補強ポイント 

Tオーランド・ブラウンがLTで使ってくれるチームに移籍したいという要望をしているそうです。


Tブラウンは今季Tロニー・スタンリーが足首の負傷でシーズンエンドになった後RT→LTにチェンジしプレーして自信がついたことでこの要望になったと思われます。Tスタンリーが今年の開幕には間に合うとは思いますが、トレードが成立となればTの補強は必須となるでしょう。

他WR DL EDGEが補強ポイントです。残留交渉にスペースが行く可能性がありFA補強は厳しいかもしれません。



 カット候補 

2021 Salary Cap

・契約組み直し
DL/EDGE カライス・キャンベル (15.0-10.0)=5.0M
DL ブランドン・ウィリアムス (14.4-6.9)=7.5M

すでに人員整理はつけているのでこれ以上の解雇はないと思われます。

ベテランDL2人が今年で契約が切れることもあり、どうしてもスペースを確保したいのであれば、契約延長+見直しによるスペース確保の契約交渉を行うということもありそうです。FA補強というより残留交渉のためのスペース確保はあるかもしれません。


 2020チームスタッツ

2020スタッツ06 レイブンズ

QBラマー・ジャクソンは2年連続1000ヤードランを達成しました。大きな怪我もなく2年しっかり走れたのは素晴らしいです。その代わりパス攻撃はイマイチでした。ただパス攻撃はこのくらいと考えた攻撃の組み立てをしていったほうがいいかもしれません。

守備はほぼ何も言うことはないです。ただこの戦力の中では思ったよりもパスラッシュがうまく行かなかったかなと。NFLトップクラスの戦力でしたからね。今年はパスラッシュの改善を目指したい。