スーパーボウルが終わった後のニュースも多かったのでまとめておきます


 HOU DLワット解雇

 J.J.・ワット テキサンズと話合いの結果解雇 





契約最終年を迎えていたテキサンズ DL J.J.・ワットが解雇となりました。

スーパーボウル前に自分の去就についてチームと話し合いがなされた結果チーム事情も相まってこうなりました。おそらくトレードの打診もあったかもしれませんが、トレードとなると今シーズンのサラリー17.5Mがそのまま継続となるため、手を挙げるチームが現れなかったと思われます。

ワットは今年32歳とキャリアとしては終盤を迎えており、本人としてもテキサンズで勝負を掛けるよりも他チームでリングを狙うというという選択に至ったことと思われます。

テキサンズ側はデッドマネーがないため17.5Mそのままキャップスペースとなる利点もあり、ワットの意向を飲む形となったのかなと推測します。




キャリア10年間テキサンズ一筋だったワット 3度の守備MVPを獲得しまだ十分力を残していることもあり色々なチームからオファーがあるものと思われます。リングを狙えるチームとの交渉はすでに始まっていることでしょう。


弟のスティーラーズEDGE T.J.・ワットがこちらにこいと手招いています。スティーラーズはFBデレク・ワットもおり、もしスティーラーズに来るとなると3兄弟揃い踏みとなります。

頼みますからやめてください。ただキャップスペースが無いので現状のままでは雇えないとは思いますが・・・

有力視されているのはスティーラーズ パッカーズ バッカニアーズ レイブンズ カウボーイズ ラムズ レイダースなどのようです。ブラウンズも有力ですし補強ポイントなので来てほしいところですが、兄弟と2回対決となるとちょっと可能性薄いかもしれません・・・



 双子とも引退


 Cパウンシー兄弟 揃って引退 



スティーラーズ C マーキス・パウンシー チャージャース C マイク・パウンシーが揃って引退を表明しました。

マーキスは9回のプロボウル マイクは5回のプロボウルとNFLを代表するセンターとして活躍していたこともあり、ベテランとは言え急な引退 しかも2人揃ってというのは驚きでした。

スティーラーズとチャージャースはOLの柱を急に失うこととなってしまいました。今オフは後任探しがまず最初に手を付けることかもしれませんね。おつかれさまでした。




 ショッテンハイマー逝去


 マーティ・ショッテンハイマーが逝去 



ヘッドコーチとして200勝という偉業を成し遂げたマーティ・ショッテンハイマーがお亡くなりになられました。享年77歳

ブラウンズ チーフス レッドスキンズ(現ワシントンFT) チャージャースで21年HCを務め13回のプレーオフ出場と輝かしい成績を残した名コーチです。

ただ残念な事にスーパーボウルには出場がなく、その運には恵まれていませんでした。ご冥福をお祈りします。

【Wikipedia】
https://en.wikipedia.org/wiki/Marty_Schottenheimer




 スーパーボウルQB手術


 チーフス QBマホームズ 足のつま先を手術 



チーフス QB パトリック・マホームズはディビジョナルプレーオフで痛めていた足のつま先の手術を行ったようです。

チャンピオンシップでは明らかに痛みを抱えたプレイでしたが、スーパーボウルでは回復したような走りをしていましたが、完治までは至っていなかったようです。そこまで重い怪我ではないのでオフはゆっくりしましょう。


 バッカニアーズQBブレイディ 膝の手術 



スーパーボウルを制したバッカニアーズ QB トム・ブレイディもシーズン中膝の違和感と戦いながらプレイしていたらしく、手術をすることとなりました。どのような負傷なのかは詳しく書かれていませんが、軽い手術となるそうです。

43歳で膝の痛みがあった上でスーパーボウルMVP。。。すごいとしか言いよう無いです。




 バッカニアーズ水上パレード


 バッカニアーズ優勝パレードは水上で行う 




コロナ禍ということもあり、ヒルズボロ川を船で移動するパレードを敢行しました。バッカニアーズのモチーフは海賊ということもあり、チーム名と合った画期的ないいパレードでした。




そんなパレード中 またトロフィーで遊ぶ事件が発生。船と船の間でトロフィーをパスするという暴挙。今回はQBトム・ブレイディがやらかしました。

まあトロフィーは無事だったので良かったですが、まじやめておけやwwwwwアホやろまじでwwww


容疑者であるブレイディはパレード後連行されました。(ただ酔っ払ってスタッフにつかまれながら歩いてただけ)

これだけ見るとほんとただの酔っぱらいのおっさんですわwwww



 その他のニュース


バッカニアーズLBホワイト 愛馬とともにビクトリーラン

画像

バッカニアーズ LB デビン・ホワイトはスーパーボウル制覇後 ホームスタジアム『レイモンド・ジェームス・スタジアム』にて愛馬とトロフィーを片手にビクトリーランをしておりました。

試合でも時折セレブレーションで乗馬ポーズをしていたのは趣味だったんですね。トロフィー投げとか野蛮なのやめてこういうのにしましょう。



180日間鼻毛をそがれて・・・

スーパーボウル前日に行われた【NFL Honors】でシーズンMVPを獲得したパッカーズ QB アーロン・ロジャースがユーモアを交えたインタビューを受けていました。

『180日連続で鼻毛をそがれて(PCR検査のこと)』と毎日受け続けていたPCR検査をユーモアな表現でコメントしました。



今年のNFLは8月のキャンプからスタッフ・選手全員が毎日PCR検査を受け逐一検査結果が報告され、すぐ施設封鎖など機敏な対応で無事シーズンを終えることができました。途中スケジュール変更など大変な時期もありましたが、プレーオフはほぼ何事もなく大成功したといっていいでしょう。

約96万回という膨大な検査量 この物量作戦はNFLだからこそ出来たとは言えますが、COVID-19の研究にも何らか役立ったものでもあったとは思います。選手・スタッフ・運営のみなさま大変だったと思いますがおつかれさまでした。


引退したTEウィッテンは高校で指導者に

スーパーボウル前に引退表明をしていたTE ジェイソン・ウィッテンは高校で指導者となることとなったようです。1度目の引退後は1年間マンデーナイトの解説者を務めましたが、あまり評判はよくなく。ロモと比較されることも多かったです。本人も向いていないという感じもあったのかもしれませんね。

同じく今年引退したQBフィリップ・リバースも高校で指導者となるようですので、経験を生かして教え子がNFLで活躍するといいですね。


・司会のおっさん熱弁


【NFL honors】の司会者のタレント スティーブ・ハーベイさんは大のブラウンズファンで、今年のブラウンズの大活躍について熱弁をし 出演していたWRジャービス・ランドリーに感謝を述べていました。


NFL honorsでブラウンズについて熱弁するのは毎年恒例のようで、メイフィールドの新人年でも歓喜のスピーチを行っていたようです。来年は最大級の喜びのスピーチが聞けるように頑張ってほしい。