ドリュー・ブリーズ引退表明


画像
https://twitter.com/NFL/status/1371207771983638529




FA解禁前の本日セインツ QB ドリュー・ブリーズが引退を表明しました。

自身のインスタグラムで子供4人がこれからもっと一緒に過ごす時間が増えたと喜びの動画と共に引退のメッセージを添えました。

オールプロ5回 プロボウル13回選出 スーパーボウルMVP 攻撃MVP など輝かしい活躍で20年のキャリアを終えることとなりました。シーズンMVPに一度もなれなかったのはめぐり合わせが悪かったとしか言いようがないです。


 ドリュー・ブリーズのNFLキャリア


Drew Brees: biografia, títulos, estatísticas e recordes na NFL

ドリュー・ブリーズは2001年ドラフト2巡指名でチャージャースに入団します。その時の1巡目指名は殿堂入りしたRBラディニアン・トムリンソンです。

ちなみにこのトムリンソンは人気漫画【アイシールド21】のモデルとして噂された選手で 背番号21番とアイシールドを着用していたスーパープレイヤーでした。

新人年はバックアップとして過ごし2002年から先発QBとして出場 2003年は2勝しかあげられず低迷した結果、チャージャースは2004年ドラフトの1巡目でQBフィリップ・リバースを獲得
(本当はイーライ・マニングだったけど拒否されてトレード)

それに奮起したブリーズは2004年は先発を譲らず11勝を挙げ初のプレーオフ進出をしました。2005年もチャージャースに残りましたが肩の負傷もあり、2006年FAでセインツに移籍となりました。

How Sean Payton and Drew Brees Can Rekindle Their Magic for 2013 | Bleacher  Report | Latest News, Videos and Highlights

セインツでは同年にショーン・ペイトンHCが就任 ドリュー・ブリーズと共にセインツを変える存在となり、パス中心の攻撃『ハイパーオフェンス』をこの2人で完成させました。

15年間セインツの顔として共に歩んできた名コンビでした。


Super Bowl XLIV: Saints First Super Bowl | Saints vs. Colts | NFL Full Game  - YouTube

【第44回スーパーボウル ハイライト】
https://www.youtube.com/watch?v=P0zuCOfcSjc
【第44回スーパーボウル フルゲーム】
https://www.youtube.com/watch?v=31mh9IGFAAo

【2009年 NFCカンファレンスチャンピオンシップ ハイライト】
https://www.youtube.com/watch?v=McIW6tC8Rcg
【2009年 NFCカンファレンスチャンピオンシップ フルゲーム】
https://www.youtube.com/watch?v=-rUp-t386sU

移籍4年目の2009年13勝を挙げ初めて第1シードを獲得。カーディナルス バイキングスを破り初めてスーパーボウル進出を果たします。

スーパーボウルではペイトン・マニング率いるコルツと対戦見事勝利し初のスーパーボウル制覇を成し遂げました。この試合は後半開始でサプライズオンサイドキックを成功させモメンタムを一気に引き寄せた試合でした。

個人的にはチャンピオンシップのブレッド・ファーブ率いるバイキングスとの死闘が好みです。どちらも公式でフルゲームが上がっていますのでご視聴ください。

サムネのあのちっちゃい子がたぶん長男ですね。11年も経てばそりゃあれだけ大きくなるかぁ。

その後のセインツは9度のプレーオフ進出とNFC強豪チームとして君臨しましたが、スーパーボウルまでなかなか届かず、出場は結局2009年の1回のみに留まりました。

一番惜しかったのは2018年のラムズに破れたチャンピオンシップ



試合終了間際の勝ち越しを狙うドライブで、明らかなパスインターフェアを見逃され勝ちを逃す結果となりモヤモヤする負け方となってしまいました。結果的に最後のチャンスでしたのでほんと悔やまれるものとなってしまいました。

キャリア最後の試合は同年代を切磋琢磨したトム・ブレイディ率いるバッカニアーズとの試合



レジェンド2人による豪華なプレーオフでワクワクしました。最後はブレイディの力が勝り負けとなりました。ブリーズは今出せる力をすべて出しきって満足したようにも思える試合でした。

20年間のキャリア本当におつかれさまでした。


 ドリュー・ブリーズの記録


SnapCrab_2021No-00046
https://www.pro-football-reference.com/players/B/BreeDr00.htm

画像



キャリア通算成績は1番と2番ばかりです。トム・ブレイディと共に分け合っている形となっています。

1位のヤードに関しては、今年ブレイディに抜かされる可能性が高いですが、パス成功回数はブレイディと364回差とあって今年は1位を守りきれる可能性もありそうです。

ブレイディが居るせいで2位になってしまっていますが、普通にここで争ってるのがおかしいレベルの記録です。

SnapCrab_2021No-00048-2

キャリア通算ではブレイディに分がありますが、1シーズンの記録で言えばブリーズの方が上というシーズンが多かったです。

 パス成功回数 10傑の内6シーズンランクイン
 パスヤード 5回のシーズン5000ヤード超え
 パス成功率 6回の70%超え 


ハイパーオフェンスという言葉どおりのパス攻撃を披露しました。これだけのシーズン記録作ってるのになんでシーズンMVPないんや・・・ほんとめぐり合わせとしか言えない。

ブリーズはパス攻撃主軸時代を作った第一人者と言っていい選手だったと言えるでしょう。


 今後のブリーズとセインツ


Drew Brees Inks Post-NFL Broadcasting Deal With NBC, Around $6 Mil Per Year

ドリュー・ブリーズは引退後NBCのアナリストに就任が決定したようです。

NFL NCAAはもちろんオリンピックもスタジオでコメントするみたいですね。


セインツの現時点で所属QBはテイサム・ヒルとトレバー・シーミアンのみとなっています。

テイサム・ヒルは今朝、4年140Mというすごい契約延長を行いました。ただこの契約は今年のキャップを抑えるためのもので、実際全額ヒルに払うかは微妙な内容の契約のようです。形だけ大きいけど中身はそうでもないのでしょう。正直詳しくはわかりませんが。

https://overthecap.com/player/taysom-hill/6047/

とりあえず今年はテイサム・ヒルを先発で使うこととなると思われます。ただヒルはレシーバーやランのジョーカーとしての存在感があったため、QBで使うこととなるとスキルポジションが一つ穴が開くこととなるので、QBのパフォーマンスとともに不安はあるでしょう。

ブリーズのいなくなった新生セインツがどうなるか気になりますね。