合法タンパリング1日目にまとまった契約をまとめます。ちょっと前の契約もまざってごちゃついているかもしれません。ご了承ください。

一応正式な契約は3/17(日本時間3/18早朝)のFA解禁後です。滅多なことがない限り契約成立と思っていいでしょう。滅多なことというとメディカルチェックで何か見つかって契約成立しないことなどがあります。

今オフの契約全体のまとめは下記のFAトラッカーでまとめています。





 AFC東


2021-03-16-01

テキサンズがLBマッキニーをドルフィンズLBローソンとトレード
レイダースOTブラウンがペイトリオッツにトレードへ
ペイトリオッツがTEジョンヌ・スミスと4年54億で契約
ペイトリオッツ、OLBジュードンとDBミルズとそれぞれ4年契約に合意
ペイトリオッツがWRアグホローと約28億円の2年契約へ
ジェッツとDEローソンが3年約49億円の契約に合意

この1日目で一番目だった動きをしたのはペイトリオッツでした。昨年うまくいかなかった攻撃にメスを入れ、守備もEDGEマット・ジュドンを獲得しパスラッシュ強化となりました。ペイトリオッツがここまでFAで動くのは珍しい現象となりました。




 AFC北


2021-03-16-02

レイブンズと元ジャイアンツGザイトラーが3年約24億円の契約に合意
3年約36億円の契約でブラウンズへ向かう元ラムズSジョンソン
元セインツDEヘンドリックソンがベンガルズと4年約65億円で契約へ


加入選手の数は少なかったものの、

レイブンズはRBガス・エドワーズの残留 Gケヴィン・ザイトラーでランブロックの強化

ブラウンズは弱点だったSを注目のFAジョン・ジョンソン獲得でしっかり補強

ベンガルズは昨年13.5サックを記録した注目のパスラッシャーEDGEトレイ・ヘンドリクソンを獲得など、注目の選手が一気に呼び寄せた地区となりました。




 AFC南


2021-03-16-03

タイタンズが元スティーラーズLBデュプリーと5年約92億円で契約へ
ペイトリオッツがOTキャノンのテキサンズへのトレードに合意
テキサンズがLBマッキニーをドルフィンズLBローソンとトレード

タイタンズは昨年不調だった守備1列目をDLデニコ・オートリー EDGEパド・デュプリー獲得で強化。昨年の補強失敗の汚名返上なるか

テキサンズ ジャガーズは大量の選手獲得となりました。層は厚くなりましたが大注目となる選手はあまりいないかなと。

テキサンズはトレードで獲得したTマルクス・キャノン EDGEシャック・ローソンの2選手には期待したい。




 AFC西


2021-03-16-04

チーフスが元ペイトリオッツのGトゥニーと5年契約
DEエンガーコエがレイダースへ、2年28億円の契約
オールプロのリンスリーがチャージャーズとの契約に合意、リーグ最高額のCに
ブロンコスがDLハリソンを維持、CBダービーも加入

獲得人数は少ないものの各チーム注目選手を補強しました。

チーフスはGジョン・スーニーを獲得 OL強化に期待

レイダースはEDGEヤニック・ガコウェイを獲得 5年間で45.5サックを記録するパスラッシャー

チャージャースはCコーリー・リンスリー Tマット・ファイラー獲得でOL強化

ブロンコスはRBフィリップ・リンジー残留 CBロナルド・ダービー獲得でパス守備強化

と各チームしっかり補強できた印象です。




 NFC東


2021-03-16-05

QBフィッツパトリックが1年契約でワシントンへ

39歳となるQBライアン・フィッツパトリックがワシントンFTへ 9チーム目の所属となります。NFC東所属は初めてのようですので、どうかき回すか楽しみです。テイラー・ハイニキと先発争いとなるでしょう。

他の3チームは目立った動きはありませんでした。




 NFC北


2021-03-16-06

RBジョーンズとパッカーズが4年約52億円の契約に合意
元ドラフト外FAのDEロメオ・オクワラがライオンズと3年約42億円の契約に合意

パッカーズ RBアーロン・ジョーンズ ライオンズ EDGEロメロ・オクワカはフランチャイズ指定候補でしたが、タグつけされずどうなるか注目でしたが、どちらも大型契約を勝ち取り残留となりました。この残留こそ最大の補強といっていいでしょう。

バイキングスは昨年の弱点だったDLの補強に デビン・トムリンソンを獲得。強力プレッシャーの復活に期待がかかります。




 NFC南


2021-03-16-07

QBウィンストンがセインツと再契約へ
LBバレットがバッカニアーズ残留、4年78億円の契約に合意
TEグロンコウスキーが1年最大10億円の契約でバッカニアーズ帰還へ
ファルコンズがプロボウラーのKクーと再契約

先日QBドリュー・ブリーズの引退が発表されたセインツは QBジェイミス・ウィンストンと再契約を結びました。QBテイサム・ヒルと先発争いを行うこととなるでしょう。

チャンピオンチームのバッカニアーズは TEロブ・グロンコウスキー EDGEシャキル・バレットの残留に成功しました。これでほぼ昨年と変わりのない戦力を維持出来たと言っていいでしょう。

ファルコンズは韓国人 Kク・ヨンホと再契約。昨年はプロボウル選出と安定したキックをみせました。アジア人として長くプレイしてほしいですね。



 NFC西


2021-03-16-08

LBフロイドが4年約69億円でラムズ残留に合意
FBユーズチェックが49ersと5年約29億円で再契約
CBベレットが49ersと1年の再契約

ラムズは EDGEリオナード・フロイド CBダリアス・ウィリアムスが残留となりました。昨年のリーグ1位の守備の主力を引き止めたのは大きいです。今年勝負をかけていますしね。

カーディナルスはEDGEマークス・ゴールデンが残留。DL/EDGE J.J.・ワットが加わるチームとしてパスラッシュの枚数はなんぼあってもいいですからね!

49ersは FBカイル・ユーズチェックと再契約しました。リーグを代表するFBで、彼が居る居ないでランの出方が全く違います。ファンとしても一安心というところでしょう。




 解雇や引退など


2021-03-16-09

チャージャーズが5年をともに歩んだCBヘイワードを放出

チャージャースはCBケイシー・ヘイワードを解雇しました。5年間不動の先発としてパス守備のリーダー的存在でしたが、昨年は守備の不振の要因ともなってしまったところがありました。今年32歳となるヘイワードは再起できるか、プロボウル2度選出と実績は十分なので安ければ試してみたい選手です。

ブロンコス S/CBカリーム・ジャクソンはチームがオプション契約を破棄したためFAとなります。CBロナルド・ダービー獲得とキャップの大きさによる破棄でした。今年33歳となりますが、昨年も全試合先発出場とタフネスっぷりは健在まだまだできる選手だと思います。