契約以外のニュースをまとめます。1週間分の契約のまとめは後で書きます。
オフシーズンなのでちょっとあまりいい話題でないものが多めです。


 NFLの放映権10年約11兆円で更新


2021年度(2022年度が正しいようです)で放映契約が切れることもあり、各放送媒体の放映権の10年延長更新がされたようです。サンデーナイトはNBC マンデーナイトはESPN アーリー・レイトゲームはCBSとFOXと今までと変わらない形態となるようです。

そんな中Amazonがサースデイナイトゲームの独占契約を行ったとのこと。今年まではNFL Networkも配信されていましたが、来年からAmazonのみということになるんでしょうね。

GamePassになんらか影響がないことを願いたい。



今回の新しい放映権の契約は10年で総額1050億ドル(11.5兆円)ととんでもない金額となっています。おそらく今年サラリーキャップが下がった問題はこれで解決となるでしょう。

しかしすごい金額だこと。。。年1兆円ほどですがこの契約で利益出るってことなんですよね?ほんとNFLはキラーコンテンツなんだなと感じます。


おそらく来年からだと思われますが、ESPNが放送しているマンデーナイトゲームがWeek12以降フレキシブルスケジュールを採用することとなるようです。

注目の試合をマンデーナイトに変更できるということですが、時間変更ならまだ観客も対応できるでしょうけど、日付が変わることに関してはちょっと問題ありそうな気もしますね。ナイトゲームなので注目ゲームを見たいという気持ちもありますが、観戦する人にとって納得いくような対策をしっかり立てないといけないでしょう。


スーパーボウルの放送持ち回りも決定。今までCBS FOX NBCの3社で回していたのですが、今回の契約でESPNも加わり4社で持ち回ることとなりました。

ちなみに2022年はNBCとなっています。



 HOU ワトソンわいせつで民事訴訟






トレード要求がなかなか叶わないテキサンズのQBデショーン・ワトソンですが、わいせつ行為による民事訴訟を起こされてたようです。

内容としてはマッサージの施術の際にわいせつ行為があったというもののようです。州によって色々風営法的なものが違うのかもしれませんが、グレーゾーンのお店で行為に至ってそれを訴えられた感じなのかなと。あくまで個人的推測です。

一昨年、アントニオ・ブラウンが女性暴行問題で不起訴にはなったもののNFL側から出場停止を食らった経緯もあります。性的暴力の疑いでも訴訟されているので、ワトソンも出場停止を食らう可能性はあるかもしれません。

話題になるとこういうのが多くなるので、日頃から気をつけないといけないですね。



 昨年のドラ1 Tウィルソン解雇→逮捕





昨年タイタンズからドラフト1巡目で指名を受け、オフにトレードでドルフィンズに移籍となったTアイザイア・ウィルソンですが、トレード成立3日後に解雇となりました。

トレード後チームのフィジカルテストに遅刻 ミーティングにも遅刻 ワークアウトの約束を無断欠席と3日間でこれだけやらかしました。

もともと素行面で問題があり昨年はCOVID-19問題で厳戒態勢だったのにもかかわらず、パーティなど行ったりしタイタンズ側も手に負えず結局新人年は3スナップのみの出場に留まり放出となりました。ドルフィンズに拾ってもらったという感覚は無いまま残念な結果となりました。



そして昨日警察とカーチェイスの末逮捕 マリファナ所持 無謀運転他で逮捕されたようです。流石にもう手を差し伸べてくれるところは無いかもしれない。まだジョシュ・ゴードンの方がマシに見えます。ゴードンも駄目だけどフットボールが好きなのはわかるんです。

どうしてもフットボール人生を続けたいのであれば、NFL以外のリーグに頭下げて拾ってもらって改心した姿を見せるしかないでしょう。当分パーティはやめなさい。



 2021年ドラフトについてのニュース


 今年はクリーブランドで開催 



昨年は自宅でのバーチャルオンラインドラフトで開催。今年はクリーブランドで人数を制限して開催されることが決定となりました。

ファーストエナジースタジアム ロックンロールの殿堂(博物館) 五大湖科学センターの3会場を使用し行うようです。ちなみにバーチャルの形も継続されるようでしっかりソーシャルディスタンスをとった形となることでしょう。

観客は無料で参加ということですが、ワクチン接種が必要となっているようです。

日本時間では4/30 早朝から3日間開催となります。


 まさかのドラフト本販売 





ちょっとびっくりでしたが、まさかのドラフト名鑑が販売されることとなりました。Amazonでは一度売り切れる結構盛況な出だしを見せています。

今回のドラフトはもちろん来年~4年後くらい見返してドラフト成功か失敗かを見るのも楽しめるかもしれません。カレッジフットボールに触れる機会があまり無いので、こういう本は大変ありがたいですね。

これだけ盛況なんですからFA本も出してみたらどうでしょうか。ちなみにうちのブログもシーズンよりもFA戦線の方が訪問者数多いですしwww


 ドラフト順位決定 





セインツ、COVIDプロトコル違反の処分で2022年ドラフト6巡目指名権剥奪と罰金7,600万円
COVIDプロトコル違反でレイダースに8,700万円の罰金処分、剥奪されたドラフト指名権は控訴により復活

昨年のCOVID-19プロトコル違反などで指名権剥奪が決まったところで順位が決定となりました。

あと昨年の新労使協定により、マイノリティの人材を他チームがHCやGMとして引き抜いた場合にも補償ドラフトが与えられる制度がこのドラフトより採用されています。優秀なマイノリティ人材を育てたという功績でもらえるドラフト権です。102~105位の4つの3巡目指名はその補償ドラフト権となっています。

ドラフトの順位や指名選手などはWikipediaが一番見やすいと思います。ソートもできますしね。

今年1巡目指名がないのはテキサンズとラムズのみのようです。




 その他のニュースまとめ


ダルトンとの契約前にシーホークスQBウィルソンのトレードを申し入れていたベアーズGM


ベアーズはQBアンディ・ダルトンと契約を結びましたが、その前までシーホークスのQBラッセル・ウィルソンのトレードを本気で狙っていたようです。

3年分の1巡指名権と2人の先発をつける大盤振る舞いの提示だったようですが成立しなかったという話らしいです。これ成立してたらお互いのファンはどういう反応になってたんでしょうねぇ。どちらも阿鼻驚嘆しそうな気がする・・・


QBウェンツはコルツで背番号2を着用予定


トレードでコルツに移籍となったQBカーソン・ウエンツは背番号が2番に変更となりました。

イーグルスでは11番を付けていましたが、コルツでは2年目のマイケル・ピットマンが11番をつけており、ピットマンが11番を譲る気がなく変更となったようです。背番号の件では意気は会いませんでしたが、プレイでは意気投合できるといいですね。


ペイトリオッツGヘロン、アリゾナの公園で襲われている女性を救出

ペイトリオッツのGジャスティン・ヘロンは中年男性に襲われている老婦人を助けたというほっとするニュースでした。

オフシーズンは捕まる方のニュースが多いのでこういう良い方のニュースは落ち着きますね。


イーグルスがTEアーツにトレード追及を許可

イーグルスはベテランTEザック・アーツに対しトレードを許可しています。

ドラフトまでまだ1ヶ月あるのでそこまでにトレードが成立するか、ドラフト中に指名権とトレードが行われる可能性もあるでしょう。トップレベルのレシービングTEなので、レシーバーに不安を感じるチームは交渉していることでしょう。

ただ問題はアーツの今年のキャップが12.7Mであることです。ここがもう少し下がらないと手を出しにくいかもしれません。