現時点の戦力と足りないポジションの穴の分析が主です。
今年もカレッジ知識はほぼ0状態でランキングサイト・スタッツ・動画を数分見て指名予想もしていきます。

順位順に2チームづつ書いていきます。


 5位 ベンガルズ


 指名順 

順位
1 5
2 38
3 69
4 111
5 149
6 190
6 202
7 235

 現時点の主なロースター 

   今オフ加入選手

2021draft-05cin-01


 放出選手 

2021draft-05cin-02


 ニーズのポジション 

WR TE G T DL EDGE LB CB K

とにかくQBジョー・バロウを守るのが今年の最大の課題です。なので1巡目はT指名は確定と言っていいでしょう。ちょっとターゲット不足でもあるのでWR・TEの補強もしておきたい。

守備はS以外全部指名してもいいくらいです。まずはフロント7整備が一番かもしれませんね。Kも不安ありですが指名するほどの余裕はないかな。



 茶王のモックドラフト 


【5位】
 T ペニー・ソーウェル
 (オレゴン大)

2021draft-05-1

今年のナンバーワンTと評されている選手です。プレイ動画を見ましたが、相手のパスラッシャーがまったく歯が立たないという状況ですごかったです。AFC北は優秀なパスラッシャーが多いのでマッチアップが楽しみです。

同タイプは現49ersのTトレント・ウィリアムスとなっています。彼のようにNFLトップクラスのプロテクションを期待したいですね。






 6位 ドルフィンズ


 指名順 

順位
1 6
1 18
2 36
2 50
3 81
5 156
6 208
7 231

 現時点の主なロースター 

   今オフ加入選手

2021draft-06mia-01


 放出選手 

2021draft-06mia-02

 ニーズのポジション 

RB WR C/G EDGE

2021draft-06-2

一昨年Tレアミー・タンシルのトレードによりテキサンズからもらった1巡目3位指名 これがオフにトレードダウンとトレードアップが行われ6位指名となりました。

守備は現状のままでも十分戦えそうです。いいEDGEが取れそうであれば補強するくらいかなと。

なので上位指名は攻撃中心に補強を行いたい。特にRBとWRは今後のチームの中心となる選手の指名が望まれます。当たりを引ければ数年プレーオフ争いができることでしょう。OLも層が薄くなっているのでしっかり層を厚くしておきたい。



 茶王のモックドラフト 


【6位】
 WR デボンタ・スミス
 (アラバマ大)

2021draft-06-1

昨年の大学MVPとなるハイズマントロフィーを獲得したWRです。WRのハイズマントロフィー獲得は1991年のデズモンド・ハワード以来29年ぶりの快挙でした。13試合で117レシーブ 1856ヤード 23TDとそりゃMVP取るわという異次元な記録となっています。この成績を引っさげどれだけNFLで活躍できるか楽しみな選手です。

同タイプは現ファルコンズのWRカルバン・リドリーとなっています。昨年1374ヤードレシーブを記録しブレークした3年目の選手です。彼のよりも早くブレークしてくれるのを期待したい。