現時点の戦力と足りないポジションの穴の分析が主です。
今年もカレッジ知識はほぼ0状態でランキングサイト・スタッツ・動画を数分見て指名予想もしていきます。

順位順に2チームづつ書いていきます。


 15位 ペイトリオッツ



10位のカウボーイズと交換トレードの予想ですが、
分析はペイトリオッツ・指名はカウボーイズのことを書いていきます。

 指名順 

順位
1 15
2 46
3 96
4 120
4 122
4 139
5 177
6 188
6 197
7 242

 現時点の主なロースター 

   今オフ加入選手

2021draft-15ne-01

 放出選手 

2021draft-15ne-02

 ニーズのポジション 

QB WR G T LB CB S

今オフのFAでは大きな動きを見せたペイトリオッツ ドラフトでもQBを指名するか注目されています。キャム・ニュートンと再契約しましたがQB指名濃厚と思われています。というか予想でもすでに10位にジャンプアップしてトレイ・ランスを指名予想していますしね。



OLはGジョン・スーニーの抜けた穴を指名したい。個人的にはTアイゼア・ウィンをGにコンバートしてTの補強がいいかなと思うんですが、素人の戯言です。

つい先日WRジュリアン・エデルマンが引退を表明しました。


エースWRを突然失ったこともありWRの補強も必須となりました。

守備はほぼ埋まった感じはしますが、LB CB Sの主力の高齢化もあり、若返りのために指名しておきたいかなと。



 茶王のモックドラフト 


 🚨🚨 TRADE ALERT! 🚨🚨【カウボーイズ】 

2021draft-15-2

・ペイトリオッツ 
 15位指名
 46位指名(2巡目)
 CBジョナサン・ジョーンズ
・カウボーイズ 
 10位指名(QB トレイ・ランス
 99位指名(3巡目)

ということでペイトリオッツはジャンプアップして10位でQBトレイ・ランスを指名予想となりました。

カウボーイズとしては弱点である実績のあるCBの補強もできていいかなと。


【15位】(カウボーイズ)
 CB カレブ・ファーリー
 (バージニア工科大)

2021draft-15-1

弱点だったCBを強化する補強でファーリー指名予想となりました。プレイを見る感じではマンカバーもゾーンカバーもしっかりしており、エースCBとして期待できる選手です。ただブリッツはイマイチだったかも、前に出るスピードはそれほどでもないかもしれません。

同タイプは元ドルフィンズ・チーフス CBショーン・スミス どんな選手だったかちょっと忘れてしまいました。






 16位 カーディナルス



7位のライオンズと交換トレードの予想ですが、
分析はカーディナルス・指名はライオンズのことを書いていきます。

 指名順 

順位
1 16
2 49
5 160
6 223
7 243
7 247


 現時点の主なロースター 

   今オフ加入選手

2021draft-16ari-01

 放出選手 

2021draft-16ari-02

 ニーズのポジション 

RB TE G LB CB S

カーディナルスもオフの動きが多かったチームでした。最後のピースを埋めるようなドラフトをして勝負の年としたいところです。

RBケニアン・ドレイク TEアン・ダーノルドが放出となったのでその穴埋めをしたい。そのため7位にジャンプアップしてTEカイル・ピッツ指名を予想しました。



OLはFAで補強はしましたがまだGがちょっと物足りないかなと思います。

守備は1列目はもう揃ったと言っていいでしょう。LB CB Sは先発級がもう一枚ほしいなぁと感じます。



 茶王のモックドラフト 


 🚨🚨 TRADE ALERT! 🚨🚨 【ライオンズ】 

2021draft-16-2

・カーディナルス 
 16位指名
 49位指名(2巡目)
 160位指名(5巡目)
 2022年1巡目 
・ライオンズ 
 7位指名(TE カイル・ピッツ
 112位指名(4巡目)

ということで上記の交換でカーディナルスが7位指名のトレードアップと予想します。今年勝負の年となるであろうカーディナルスはラストピースとしてTEカイル・ピッツを指名し強力な攻撃陣に期待したい。

ライオンズとしては今年・来年で指名が2つ増えるという利点でありがたいトレードダウンとなるでしょう。


【16位】(ライオンズ)
 WR ジェイレン・ワドル
 (アラバマ大)

2021draft-16-1

レシーバー不足のライオンズ ワドルを指名予想します。スピードタイプでショート・ミドル・ロングなんでもこなせる万能型。リターナーとしても活躍が見込めます。

同タイプは現チーフス WRタイリーク・ヒル 彼に並べる活躍が見せれればライオンズは今年勝負できるかもしれませんね。