Week3 ワシントンFT (1-1)

開幕戦の不安を一掃し1勝1敗となったブラウンズ Week3はワシントンFTとの対戦となりました。

ワシントンFTは1勝1敗 開幕戦でイーグルス相手に8サックを決めたパスラッシュが強力なチームです。DL EDGEにドラフト1巡指名選手がずらっと揃う守備が自慢のチームです。2020ドラフト1巡目2位のEDGEチェイス・ヤングも強力なパスラッシュをしてきます。彼を乗らせないことがこの試合での課題となりました。ただ攻撃がイマイチなのでそこを付ければという試合です。

2020cle-03-03
ワシントンFT EDGE チェイス・ヤング


 主なロースター


2020cle-03-01
左の数字 背番号    今季加入選手    新人選手    欠場選手 
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数 Rは新人
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位

この試合はEDGEオリビエ・ヴァーノンが欠場となりました。昨シーズンはまずまずの出来ではありましたが、高額サラリーの出来と考えると物足りなかったかなと。

ワシントンFTは主力の欠場はありませんでした。

【当時の展望】




 スコア


SnapCrab_2021No-00052
https://nfljapan.com/score/50368


 5ターンオーバー奪取で勝ちを引き寄せた  

埋め込み動画

この試合は守備の活躍が光る試合でした。ワシントンFT QBドウェイン・ハスキンスから3つのINT 2つのファンブルリカバーを奪い流れを引き寄せることができました。

ただ攻撃はいまいちだったので序盤と中盤あたりにリードを奪われる展開にもなりました。ワシントンFTのDLアイオナイディス EDGEヤングなどが怪我で試合途中に離脱となったのも追い風となったかなと。

勝ったものの内容としては反省点が残る試合だったかなと思います。


 ゲームハイライト動画 

https://www.youtube.com/watch?v=lmpQQl8yab0

細かいSTATS(PDF)


 ポジティブPOINT


 守備が5ターンオーバー奪取 



この試合は守備のおかげで勝てたと言っていいでしょう。

インターセプト
 LB マルコム・スミス
 LB B.J・グッドソン
 S カール・ジョセフ

ファンブルフォース
 EDGE マイルズ・ギャレット(リカバーも)
 CB テレンス・ミッチェル(リカバーはLBグッドソン)


以上を記録しました。

正直相手のQBドゥエイン・ハスキンスの投げミスも目立ったので、相手の自滅にも助けられたところはありますが、そのミスをしっかりものに出来たのでしっかり評価したい。


 やっぱり攻撃の軸はRBなのよ 



この試合はQBベイカー・メイフィールドのパスは苦戦しました。パスラッシュが強く厳しい試合でした。得点が取れたドライブはやはりランがうまく出たことで得点が取れていました。

ランの個人スタッツ
RB ニック・チャブ
 19回 108ヤード 2TD
RB カリーム・ハント
 16回 46ヤード


合計158ヤードを記録しました。この2人のランをもっと頼ってもよかったかもしれませんが、まだシーズン序盤ということもあり、なるべく慎重な起用を心がけていたのかもしれませんね。とりあえず攻撃はRB2人のおかげでなんとかなりました。


 ネガティブPOINT


 苦しんだパス攻撃 OLも苦戦 


1Qと3Qは攻撃が進まず苦しかったですね。

パスの個人スタッツ
QB ベイカー・メイフィールド
 16/23 156ヤード 2TD レーティング117.3
 2サック 4QBヒット


ターンオーバーがなかったことと、守備が逆にターンオーバーを奪ってくれたおかげでTDも取れたということでレーティングが高くなりました。正直数字だけが良くなっただけで、かなり苦戦した試合でした。

OLもトップレベルのパスラッシャー相手ですので、これくらいで抑えたと思えば十分な出来かなとは思いますが、攻撃がうまく行かなかった原因でもあるので一応反省点に。

途中でDLマット・アイオアナイディス EDGEチェイス・ヤングが怪我で離脱していなかったらもっと苦戦してたかもしれませんね。

ただ主な反省点はパスだけだったかなと思います。ランブロックに関してはしっかりできていましたし昨年のOLから比べれば現時点では十分な出来だと思います。


 冷静じゃない当時の感想ツイート

試合当時の感想ツイートを載せるおまけのコーナーです

開幕戦の出来が悪かったLB B.J・グッドソン その後は安定したプレーとなりました。QBも走れるチームには相性が悪い選手なのかもしれません。

2勝1敗となり、久々の貯金生活 先発QBがブライアン・ホイヤーだった2014年以来だったようです。



ということで6年ぶりの貯金生活となったブラウンズ
次回はWeek4 @カウボーイズ戦を冷静に見直します。