ドラフト直前ですが、ドラフト以外のニュースをまとめます。


 引退のニュースまとめ


 QBアレックス・スミス 引退 

画像



昨年カムバック賞を受賞したQBアレックス・スミスが引退となりました。

2018年に足を複雑骨折 その手術による感染症で何度も手術を行い、復活どころか日常生活にも支障をきたす可能性が高かった状態でした。そこから長いリハビリをかけ、昨シーズン見事な復活を遂げ、チームをプレーオフに導きました。

残念ながら今年解雇となり今年のチーム探しとなるはずでしたが、引退を決意することとなりました。せっかく復活できたのですからもう一年みたかったなぁというのが、個人的な本音です。

Saints vs 49ers 2011 NFC Divisional - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=OyCpQkqmgTo

一番記憶に残るプレイとしては、2011年シーズン ディビジョナルプレーオフで残り9秒からの大逆転TDパス この試合は終盤のシーソーゲームがすごかった試合で、最後の最後QBアレックス・スミスのパスをTEヴァーノン・デービスがキャッチし『THE CATCH Ⅲ』と言われたプレイでした。

デービスの男泣きのシーンも未だ目に焼き付く名シーンでした。

2011-12 NFL Divisional Playoffs: 49ers vs Saints Full Highlights | NFL  Highlights - YouTube
https://youtu.be/P6FfeHDrexE?t=79

その前の逆転となるスミスのQBキープのTDも捨てがたい!ほんとこの試合はQBアレックス・スミスのベストゲームだったと思います。

残念ながらジャイアンツにスーパーボウルを阻まれ、次の年リベンジというところで、負傷している間に
QBコリン・キャパニックに先発を譲ることになり、スーパーボウルには行くも出場が叶わなかったのがほんと悔やまれるなぁと。

安定感抜群で、無理をしないというプレイスタイルの確立で見事なキャリアでした。おつかれさまでした。




 LBショーン・リー 引退 

画像



カウボーイズのLBショーン・リーが引退となりました。

リーは守備範囲の広さ ボールへの反応が素晴らしい選手でしたが、毎年怪我との戦いが続くキャリアとなりました。怪我さえなければNFLを代表するLBだったんですがねぇ、それでも2度のプロボウル選出とカウボーイズの守備を支えた選手でした。

カウボーイズの守備はリーがいなくなったら明らかに悪くなりましたからね、いるのといないのでは大違いでした。

近年は怪我の蓄積もあり若手に出場を譲る機会が多くなりFAとなった今年引退となりました。おつかれさまでした。怪我さえなければ殿堂入りできただろうなぁ・・・


 TEジョーダン・リード 引退 



ジョーダン・リードはワシントンで先発TEとしてプレイしてましたが、こちらも怪我に悩まされたキャリアでした。毎年怪我でいなくなり、キャリア8年で全試合出場はありませんでした。

それでも2015年にプロボウル選出され、レシービングTEとして出場すればNFLトップクラスのパフォーマンスを見せることができる選手でした。ほんと怪我さえなければなぁおつかれさまでした。


元スティーラーズOLギルバートが引退を表明

スティーラーズで長年RTとして君臨していた、マーカス・ギルバートが引退となりました。スティーラーズ時代はほんと壁に阻まれていたなぁ。嫌な相手だった。それだけいい選手ということですがねwww おつかれさまでした。


元ブロンコス、ブラウンズSのT.J.ウォードが引退を発表

T.J.ウォードはブラウンズからキャリアがはじまり、ブロンコスでスーパーボウル制覇に貢献したハードタックルが特徴のSでした。

最後にプレイしたのが3年前でその後は所属がなく、今年正式に引退となりました。プロボウル2回選出されたトッププレイヤーでした。おつかれさまでした。


 トレードのニュースまとめ


 QBブリッジウォーター DENへ 

画像



今朝飛び込んできたニュースで、昨年パンサーズで先発を務めたQBテディ・ブリッジウォーターがブロンコスにトレードで移籍となりました。

対価は6巡目指名権でサラリーもパンサーズがかなり負担してくれるという、ブロンコスにとってはリスクがかなり低くなっています。

ブロンコスは今年1巡目9位指名でQB指名もあるかと思われていましたが、これで今年のQB指名はなくなったかもしれません。

現在ブロンコスには3年目QBドリュー・ロックがおり、2人の先発争いとなることでしょうけど、ブリッジウォーターは安定感がありますし、守備が復活すればピッタリハマりそうな感じがします。いいQB取ったなと個人的には思います。


 Tブラウン KCへ 

画像



レイブンズTオーランド・ブラウンがトレードでチーフスに移籍となりました。

対価は
レイブンズ
 オーランド・ブラウン
 2巡(58位)
チーフス
 1巡(31位)
 3巡(94位)
 4巡(136位)
 2022年 5巡

となっています。元々はブラウンがLTの先発をやりたいからトレードを要求していたので、その要求を叶えた形となりました。

チーフスは先発だったエリック・フィッシャー ミッチェル・シュワルツを解雇し、先発Tが足りない状況だったので、まずはLT確保ができました。チーフスにとってはまずは一安心というところでしょう。

レイブンズは1巡目指名が2つとなったのでブラウンの代わりのRT先発候補の指名が有力となりそうです。

ドルフィンズGフラワーズがトレードでワシントンに帰還

ドルフィンズGエレック・フラワーズがワシントンFTにトレードで移籍となりました。

キャリア6年で84試合先発を務めており実績は十分ですが、7巡のスワップのみと対価は低いトレードとなりました。昨年ドルフィンズが3年30Mと大型契約を結びましたが、その対価に合ってなかったという結果なのでしょうね。

2019年にワシントンで先発をして名を上げた選手なので、戻ってきてまた活躍したいですね。



 春のリーグ会議のまとめ


先週今年度のルール改正などを決める春のリーグ会議が行われました。

ルール改正されたものをまとめていきます。

 背番号規制の緩和 



これまでポジションごとに背番号の規制をしていましたが、練習生(PS)拡大により背番号が足りなくなるかもしれないということで、ある程度規制を緩和することとなりました。

これまでQB K Pしかつけられなかった1~9 それにWRを付け加えた10~19番を他のポジションにも開放することとなりました。

開放されたポジションは
 RB・FB・WR・TE 1~49 80~89
 CB・S 1~49
 LB 1~59 90~99

 OL 50~79 90~99
まで着用可となりました。

個人的には他チームの知らない選手を見る場合背番号でポジションが把握できるのがNFLのいいところだと思っていたので残念ですが、足りないのだから仕方のないところですね。



さっそく背番号変更が決まった選手が居ます。今年カーディナルスからバイキングスに移籍となったCBパトリック・ピーターソンが背番号『7』を着用することが決まったそうです。

カレッジ時代の背番号に戻す選手がどれだけ増えるんでしょうねぇ。そのうち慣れるとは思いますが、開幕して数試合はちょっと違和感を感じそうです。


 オンサイドキックのレシーブチームは前に並べるのは9人まで 


この黄色いラインの中に9人まで この画像内では1人下がらないといけない

キックオフのレシーブチームは蹴る位置から10~25ヤードの『セットアップゾーン』に入れる人数が9人までとなりました。なので25ヤード以上離れた場所に2人以上の選手を配置しなければならなくなりました。(上の画像で40yの黄色い線より後ろに2人)

これまで11人並んでよかったので2人減ることでオンサイドキックにどれだけ影響がでるか実験的なルールとなることでしょう。

イーグルスがオンサイドキックに変わる自陣25ヤードから4th15のプレイができるルールは今年はなくなりました。上記の変更ルールがうまくいかなかった場合再検討となるみたいです。



・ブースと審判のコミニュケーションを拡張
・プレシーズンのオーバータイム廃止
・新HC・GM採用開始期間をCC終了後(2月上旬)に変更
・エクストラポイント時の反則はその場所で反則施行
・2回のフォワードパスが行われた場合ロスオブダウンとなる


エクストラポイントの変更点は、キック選択時に守備側が反則した場合、2ポイントに移行して2ヤード→1ヤードにできていたのですが、それが禁止となりキックの15ヤード地点からの反則の適用となるようです。

新HC・GM採用開始期間の変更は、これまでプレーオフを勝ち抜いてきたチームのコーチを引き抜きたい場合そのチームのシーズンが終わるまで待たないと行けなかったのですが、それが緩和されることとなります。

スカイジャッジ(天井カメラからのジャッジ)などは棄却されました。おそらく準備が間に合わないということなのかなと思います。しっかり準備ができたら採用してほしいですね。



 2018年ドラフトの5年目オプション行使はじまる


Pick Player Team Position Salary Rank
1 Baker Mayfield Browns QB $18,858,000 Playtime
2 Saquon Barkley Giants RB $7,217,000 1 Pro Bowl
3 Sam Darnold Panthers QB $18,858,000 Playtime
4 Denzel Ward Browns CB $13,294,000 1 Pro Bowl
5 Bradley Chubb Broncos EDGE (LB) $12,716,000 1 Pro Bowl
6 Quenton Nelson Colts LG (OL) $13,754,000 >1 Pro Bowl
7 Josh Allen Bills QB $23,106,000 1 Pro Bowl
8 Roquan Smith Bears LB $9,735,000 Playtime
9 Mike McGlinchey 49ers RT (OL) $10,880,000 Playtime
10 Josh Rosen Cardinals QB No option
11 Minkah Fitzpatrick Steelers S $10,612,000 >1 Pro Bowl
12 Vita Vea Buccaneers IDL (DT) $7,638,000 Basic
13 Da'Ron Payne Washington IDL (DT) $8,529,000 Playtime
14 Marcus Davenport Saints EDGE (DE) $9,553,000 Basic
15 Kolton Miller Raiders LT(OL) 3year $54million
16 Tremaine Edmunds Bills LB $12,716,000 1 Pro Bowl
17 Derwin James Chargers S $9,052,000 1 Pro Bowl
18 Jaire Alexander Packers CB $13,294,000 1 Pro Bowl
19 Leighton Vander Esch Cowboys LB $9,145,000 Basic
20 Frank Ragnow Lions C (OL) $12,657,000 1 Pro Bowl
21 Billy Price Bengals C (OL) $10,413,000 Basic
22 Rashaan Evans Titans LB $9,735,000 Playtime
23 Isaiah Wynn Patriots LT (OL) $10,413,000 Basic
24 D.J. Moore Panthers WR $11,116,000 Playtime
25 Hayden Hurst Falcons TE $5,428,000 Basic
26 Calvin Ridley Falcons WR $11,116,000 Playtime
27 Rashaad Penny Seahawks RB $4,523,000 Basic
28 Terrell Edmunds Steelers S $6,753,000 Playtime
29 Taven Bryan Jaguars IDL (DT) $7,638,000 Basic
30 Mike Hughes Vikings CB $9,577,000 Basic
31 Sony Michel Patriots RB $4,523,000 Basic
32 Lamar Jackson Ravens QB $23,106,000 1 Pro Bowl

   は行使決定 もしくは契約延長

QBジャクソンの5年目オプション行使を保証するレイブンズHCハーボー
ブラウンズがQBメイフィールド、CBウォードの5年目オプションを行使
延長なしでのQBアレンとLBエドモンズの5年目オプションは「理想的ではない」とビルズGM
ジャイアンツがRBバークリーの5年目オプションを行使

2018年ドラフト指名選手の5年目オプション契約を行使するかしないかの決断が現地5月3日までとなっており、ドラフト前に数選手の行使が確定しています。




5年目オプション契約は新人契約が最長4年のところ、1巡目指名選手のみ5年目契約をチーム側が選べるというルールです。
今年から2020年に締結した新労使協定によりサラリー形態が4段階に分かれ
・プロボウル2回以上選出
・プロボウル1回選出
・3シーズンで50%以上の試合出場(他2つ基準項目あり)
・それ以下

でランク分けされ、それにより5年目のサラリーが決定されています。

行使されなかった場合来年FAとなります。ドラフト終了後に確定するのでそこも注目です。

10位のQBジョシュ・ローゼンは解雇されたことでオプションの権利がなくなりました。15位のTコルトン・ミラーはすでに3年契約延長となっています。


 CFL初の海外ドラフト開催される




カナディアンフットボールリーグ(CFL)のグローバルドラフトが開催され、日本人選手が6人が指名されました。

正直グローバルドラフトって何?って感じでした。調べてみると初めての試みだったようで、そりゃ知らんわwww



申し訳ないのですが国内アメフトはほとんど見てないので、指名された選手について語ることは不能なので記事を御覧ください。

CFLでは1チーム2人以上のアメリカ以外の海外選手をロースターに入れるという規定があるらしく、このグローバルドラフトを開催するにあたって88名の海外選手を集めてテストを行いドラフトとなったようです。なので指名された選手はまずはロースターに残ることが目標ということになるでしょう。



5月からキャンプ 6月開催の予定でしたが、残念ながらコロナの影響により2ヶ月順延となり、キャンプも順延となりました。カナダはMLBのカナダのチームの本拠地での開催拒否など、アメリカから比べると結構厳戒態勢をとっている印象があるので、慎重な動きとなると思われます。

CFL→NFLはかなり狭き門ではありますが、今シーズンCFLでトップレベルの能力を見せれば来シーズンキャンプに呼ばれることもありますのでしっかり結果を残してほしいですね。



 ブラウンズのニュース


 EDGEクラウニー 1年契約 

画像



EDGEジャディビオン・クラウニーと1年契約を結びました。昨年オフもオファーしていたので1年後しの契約となりました。

昨年はタイタンズ所属であまり噛み合わず、負傷でシーズンエンドとなりました。ブラウンズではしっかり連携が取れ、ギャレットとのコンビでサックを量産できることを期待したいです。

ただクラウニーはプレッシャーはすごいけど、サックはあまり量産できるタイプではないんですよね。そこはギャレットにまかせましょう。



 DLリチャードソン 解雇 



DLシェルドン・リチャードソンを解雇し、キャップスペースを確保しました。って今年まだキャップスペース余ってるやろ。。。来年へ繰越のためのスペース確保らしいですが、必要な戦力すぎるんだけどなぁ。。。。

今年はFAでベテランDLマリク・ジャクソンを獲得していますが、リチャードソン解雇によりDLが足りなくなりました。ドラフトはDL不作ということもあり、まだ余ってるベテランDLの雇用もあるかもしれませんし、リチャードソンを呼び戻せるなら呼び戻したい。。。本人と関係こじれててもおかしくないけど。。。とにかくDLの補強は急務となりました。



 メイフィールド ウォード 5年目オプション行使 




とりあえず来年までの契約は安心です。なるべく早く契約延長をしたい2人です。

ベイカー・メイフィールドの契約がどれくらいになるのか、テキサンズのQBデショーン・ワトソン カウボーイズのQBダク・プレスコットの1年40M平均となるかもしれません。なるべく抑えめで長い契約となるのが一番ですが、思い切ってカーク・カズンズのような全額補償で安くできるとかないかなぁ。

デンゼル・ウォードはプロボウル選出のためちょっと高めのオプション契約となっています。怪我が多い選手ではありますが、出場すればトップレベルの活躍を見せられる選手なので、今年は無事に出場して大型契約となっていただきたい。


 その他のニュース



バッカニアーズの主力のFAで唯一再契約とならなかったので、再契約はないんだろうなぁと思っていたら、まさかドラフト前に再契約となりました。


WRブラウンが性的暴行の民事訴訟で元トレーナーと和解

2019年に起こった元トレーナーへの性的暴行の件が和解となったことで問題がなくなったことで再契約となったのかもしれませんね。

今年のバッカニアーズは昨年の戦力に加え今年のドラフト選手が加わり戦力は今年の方が上となることでしょう。心配な点は戦力飽和によって出られなくなった選手が不満を漏らしてチームが崩壊しないことだけですね。



画像

第一印象 ベンガル柄が薄まってブラウンズに寄ってきたような気が。シンプルで良いんですが、なんか被るなとwww

ブラウンズとの対戦 見間違えないように気をつけよう。もちろん選手達も



配信媒体との契約が増えました。

HuluではNFL Network Redzoneが見られるそうです。ただこれはアメリカのHuluのお話なので日本で見られるかは正直わかりません。Redzoneで他試合を把握している私としてはいいサービスではあるんですがね。



スケジュール発表も結構一大イベントとなってきましたね。

今年の発表はいつもより遅めですね。毎年GW中~明けだったような。1試合増えるからかもしれませんね。

スケジュール発表で一番の注目は各チームの公式Twitterのスケジュール紹介映像です。各チーム趣向を凝らした映像で、特に同地区との対戦時に雑な扱いをするジョークを入れたりするのが面白いところです。色々なチームを回ってみることをおすすめします。

公式Twitter探すの面倒だと思うので、リストどうぞ
https://twitter.com/i/lists/871241614093504512