今年も新人契約(4年間)が終わった2017年のドラフトで地区ごと全8回 週1で書いていきます。
昨年の評価点は大雑把過ぎたことに反省をし、今回は点数方式を変更しています。

なぜブラウンズシリーズと平行で楽しんでいただけるとありがたいです。


 チーム評価ルール 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【評価点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【評価点】
Apporoximate Value + オールプロ選出回数×3 + プロボウル選出回数

【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 31~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~30位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません

   :2020年シーズン時点で他チームに所属
   :2020年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ワシントン・フットボールチーム


2017-17was

【評価点】86-【指名点】40= 46点【16位】

2017-17
1巡目 17位 DL ジョナサン・アレン

当時のチーム名はレッドスキンズ。来年また名前が変わるかもしれません。

1巡目 DLジョナサン・アレンは先発として結果を残し5年目オプション行使で残留となりました。

6巡目 Cチェイス・ルーリアーは1年目途中から先発となり53試合先発を務めました。4年40Mで残留しています。

10人指名でしたが点数としては伸びませんでした。しかし2人の主力が残り結果としてはまずまずのドラフトだったのかなと。


 ニューヨーク・ジャイアンツ


2017-18nyg

【評価点】62-【指名点】29= 33点【22位】

2017-18
2巡目 55位 DL デビン・トムリンソン

1巡目 TEエバン・エングラムは1年目から先発TEとして活躍 昨年初のプロボウル選出となりました。5年目オプション行使で残留しました。今後もジャイアンツの攻撃の軸となる選手として長期契約を考えたい。

2巡目 DLデビン・トムリンソンは全試合出場と主力DLとして活躍。FAでバイキングスと2年22Mで契約となりました。ちょっとこの穴が埋めるのは大変かもしれない。

4巡目 RBウェイン・ゴールドマンはエースRBサクソン・バークリーが怪我が多くその穴を埋める存在として活躍しました。FAで49ersと契約。

6人指名とちょっと少ないこともあり点数は低くなりました。ただ6人中3人戦力として起用していたこともありドラフトとしては悪くないのかなと。


 ダラス・カウボーイズ


2017-19dal

【評価点】58-【指名点】30= 28点【25位】

2017-19
6巡目 191位 S ザビエル・ウッズ

1巡目 EDGEタコ・チャールトンは残念ながら戦力となれず2年で解雇となってしまいました。

2巡目以降CBチドビ・アウジー CBジョーダン・ルイス Sザビエル・ウッズがDB陣の主力としてプレイしましたが、パフォーマンスとしてはイマイチな出来で昨年のパス守備崩壊につながってしまいました。ルイスのみ残留となりましたが、ここが成功していればもう少し昨年はなんとかなったかなぁと。

ドラフト外でTEブレーク・ジャーウィンが昨年3年24Mとなかなかの契約を結びましたが、昨年はACL断裂と今年再起に賭ける年となります。

守備中心のドラフトだったのですが、守備の主力となる選手が取れなかったのは痛いドラフトとなってしまいました。


 フィラデルフィア・イーグルス


2017-20phi

【評価点】55-【指名点】36= 19点【28位】

2017-20
1巡目 14位 EDGE デレク・バーネット

1巡目 EDGEデレク・バーネットは1巡目としてはイマイチな成績となっています。ただ5年目オプション行使で残留しましたので、今年こそブレークで大逆転で契約を勝ち取りたい。

ただバーネット以外に主力となった選手はおらず、ある程度出場した5巡目 LBネイサン・ジェリーもFAで49ersと契約となりました。

2巡目CBシドニー・ジョーンズ 3巡目CBラッセル・ダグラスのどちらかが主力CBとして期待していましたが残念ながら期待には答えられず、厳しいドラフトとなったかなと思います。


スタッツ参考
PROFOOTBALL REFERENCE


【あまり参考にならない当時のドラフト評価記事】