ドラフトも終わり本格的なオフシーズンとなりました。5月上旬までのニュースをまとめます。


 SEA メトカーフ オリンピック陸上に挑戦





ドラフト終了後 シーホークスWR D.K.・メトカーフがオリンピック陸上100m予選大会に出場することが発表されました。まさかの挑戦でした。


昨年インターセプトリターンをしているSブッダ・ベイカーを10ヤードくらい離れていたメトカーフが追いついたことで走力がすごいと話題になりました。この時の追いついた速度を100mに換算したら9.88秒だったらしい



現地5月9日に大会があり、結果は予選9位と10.36と予選突破とはなりませんでした。ただ本職のスプリンター相手に健闘した結果となりました。ほんと普通に勝負になってたのがすごいです。

オリンピックの夢は絶たれましたがナイスチャレンジだったと思います。1年陸上に集中したらまじでオリンピック出れる可能性もありそう。



 ティーボウ JACワークアウトに参加→復帰へ


Sample_0063-1



今年2月に野球引退を表明した元QBティム・ティーボウがジャガーズのワークアウトにTEとして参加したことがドラフト前に報道されました。

ティーボウは2010年ブロンコス1巡目指名で入団 2011年には先発をしプレーオフ進出に貢献しました。しかしその後はチームを転々としQBとしての需要がないため2016年以降はMLBに挑戦メジャーに昇格はならず今年引退となりました。

しかしここにきて急に復帰の可能性があるのはびっくりな報道でした。QBとしての評価は低かったもののTEなど他のポジションに転向するならというオファーは当時あったようですが、本人はQB以外ではお断りという状況でした。

そして今回TEとしてワークアウトを行いました。現在33歳 正直5年早く決断していただきたかった。そうすれば今のセインツのQBテイサム・ヒルみたいな活躍をしてたかもしれません。

この機会を与えたのはジャガーズの新HCアーバン・マイヤーがカレッジ時代のHCで教え子を復活させたい一心だったのかなと思われます。



まだ確定ではありませんが、ジャガーズはティーボウと契約する計画であることが報道されました。最終的にロースターに残れるかはなんとも言えないですが、キャンプ プレシーズンマッチでティーボウが見られると思われます。本当に楽しみ!

【ティーボウ ハイライト動画】
https://www.youtube.com/watch?v=szK_2PbAXgc




 ドラフトに関するニュースのまとめ


 視聴者数は歴代3位 




昨年ドラフトが歴代1位の視聴者数でしたが、1日目は昨年に次ぐ2位の1260万人が視聴 全体視聴数3番目となったそうです。やっぱりアメリカでのアメフト人気はすごいですね。


 大学別指名数はアラバマ大とオハイオ州立大がトップ 



チャンピオンチームのアラバマ大とオハイオ州立大が10人指名されトップとなりました。

以下の順位はこちら

10 アラバマ オハイオ州立
9 ジョージア ノートルダム
8 フロリダ ミシガン
7 ルイジアナ州立(LSU)
6 ケンタッキー ペン州立 ピッツバーグ
5 ブリガムヤング(BYU) クレムソン ミズーリ ノースカロライナ オレゴン スタンフォード テキサス セントラルフロリダ(UCF) 南カルフォルニア(USC)

ほとんどカレッジフットボールを見ない私でも知ってる大学名ばかりです。名門チームはコーチもしっかりしているでしょうしね。NFL側としてもそこも指名材料とはなるのでしょう。


 ポジション別指名人数表 トップはCB 

ポジション 1巡 2巡 3 4 5 6 7 Total
QB 5 1 2 1 0 1 0 10
RB 2 1 1 4 1 5 4 18
FB 0 0 0 0 1 0 0 1
WR 5 5 5 5 3 8 5 36
TE 1 1 3 2 4 0 0 11
C 0 3 1 1 0 1 2 8
G 1 1 3 1 1 3 3 13
T 4 6 4 4 3 3 1 25
DT 0 2 3 4 3 5 2 19
DE 6 3 5 7 4 3 6 34
LB 3 3 4 3 4 2 2 21
CB 5 3 8 6 7 6 3 38
S 0 3 2 1 8 5 2 21
K 0 0 0 0 1 0 0 1
P 0 0 0 0 0 0 1 1
LS 0 0 0 0 0 2 0 2




今年はCBの指名が一番多かったようです。例年から比べるとTが結構多めかなと感じます。OL困ってるチームって結構あるので、今年入れ替えが結構行われるかもしれませんね。

果たしてどれだけチームの主力として活躍してくれるか開幕まで楽しみに待ちましょう。


 ベルチック犬今年もドラフト参加 

20210507

昨年バーチャルで開催されたドラフト時に話題となったペイトリオッツ HC兼GMビル・ベルチックの飼い犬『Nike』

今年もNike専用椅子が用意され、ドラフトに参加していました。もう毎年恒例でいいかもしれませんね。ほんとおとなしい犬でかわいい。



 怪我人のニュース


 DEN Tジェームス アキレス腱断裂でシーズンエンド 


ブロンコスTジャワン・ジェームスが自主的ワークアウト中にアキレス腱断裂となりシーズンエンドとなる見込みとなりました。

一昨年FAでブロンコスに移籍したもの1年目3試合で怪我 昨年はオプトアウトで全休。再出発を迎えてこの怪我 4年51Mで契約したブロンコスとしては、怪我は仕方がないところではありますがいい加減にしてくれと言いたくもなりますよねこれは・・・



ということでジェームスをNFIリスト(ノンフットボールインジャリーリスト)に入れることとなりましたが、今年のサラリー1000万ドルについて支払いがどうなるかという問題ですが、NFIリスト入りとなったため支払い義務はなくなったそうです。(サラリーキャップについては変わりませんが)

施設外でのワークアウトなのでチーム側に責任がないためということです。復活を目指して練習してたとは思うので可哀想ではありますが、言われてみたら納得かもしれません。他の選手も施設外での練習は気をつけて行いましょう。



 ジェッツ DLウィリアムス 骨折でキャンプ出遅れも 


ジェッツDLクイネン・ウィリアムスが足の骨折により約2ヶ月安静となってしまいました。キャンプ前のワークアウトは欠席することが決まり、開幕には間に合うとは思いますが、キャンプがちょっとギリギリとなる可能性がありそうです。

ウィリアムスは今年で3年目の選手で昨年は7.0サックを挙げチームに欠かせない選手です。足を使わないで体つくりは大変でしょうけど、開幕に間に合ってくれることを願いたい。



 GBロジャース チームとのいざこざ続く





QBアーロン・ロジャースとグリーンベイ・パッカーズとのいざこざ

発端は今年のサラリーキャップ問題でロジャースにもキャップを抑える契約チームが交渉した際にロジャースがその交渉に不満を募らせたこと。ただ昨年のドラフト1巡目でQBジョーダン・ラブを指名したことから亀裂が始まっているのではという噂はよくされています。

チーム側はロジャースはパッカーズの一員だ!と主張 でもロジャース自身は不満を表明後は正式なコメントはしていない状況となっています。





解決しないもんだから、ブレッド・ファーブ筆頭にOBの面々が色々コメントを求められている状況で事が大きくされている印象です。マスコミの悪い面がでてるのかなぁと思う次第です。

ドラフトが終わってしまったこともあり、トレードとなるには時期が悪い状況です。結局ロジャースが正式なコメントをしない限り進展はないと思うので、待つしかないでしょう。なんとなく残ったとしても今年のパッカーズはちょっと不穏な空気になりそうな気がしますね・・・



 契約のニュース


 Tビラヌエバ レイブンズと契約 

昨年までスティーラーズのLTだったアレジャンドロ・ビラヌエバがレイブンズと1年契約を結びました。ドラフト前に先発RTオーランド・ブラウンをトレードで放出しその穴埋めとなることになるでしょう。てか北地区に戻ってこないでよ・・・他にチームあるでしょ・・・

また今年も対決することになってしまいました。今年はお手柔らかに、うちのパスラッシャーEDGEギャレットやクラウニーに道を譲っていただきたく存じます。


 Tフィッシャー コルツと契約 



今オフチーフスから解雇されていたTエリック・フィッシャーがコルツと契約しました。

コルツは今年引退した先発LTアンソニー・カストンゾの穴埋めとしてプロボウルLTを手に入れました。ただフィッシャーはAFCチャンピオンシップでアキレス腱断裂の大怪我を負っており、さすがに開幕には間に合わないとは思います。どのくらいの時期に復帰できるかがコルツにとって重要ですが、契約したということは回復具合は順調なのかなと推測します。フィッシャー復帰までに耐えられるかが序盤戦のカギとなるでしょう。



 Cラグノウ 4年契約延長 C最高年俸に 



そんな中4年目を迎えるライオンズ Cフランク・ラグノウが4年54Mで契約延長しました。現時点でセンターの最高契約となったそうです。若手センターの中では一番の選手ですもんね。昨シーズンはプロボウルに選ばれており、これからもNFLを代表するCとして期待される選手です。



 その他の契約ニュースまとめ 

ドラフトを受けてカウボーイズがDTウッズをリリース
ライオンズが元2巡目指名選手のRBジョンソンをウェイバーに
ドルフィンズが先発Sのマッケインをリリース
元ペイトリオッツDBジェイソン・マコーティーがドルフィンズへ
バッカニアーズがギャバートと再契約、ロースター上のQBは4名に

ドラフト指名によりあぶれる選手がカットとなってしまっています。そんな中CBマコーティーがドルフィンズと契約。今年同地区内での移籍が多いような。気のせいかな??



 その他のニュース



今年は背番号変更する選手が結構多いと思われます。新人でも一桁番号の選手がふえることでしょう。序盤は不慣れな感じになりそうですが、なんとか慣れればいいんですがね。シーズン終わる頃にはこれでよかったとなってください私の脳。



オフシーズンの公式な練習日程が発表されています。キャンプ前にチームで連携がとれるので昨年怪我などで出られなかった選手にとっては大事なものとなります。上記のジェームスのように無理して怪我しないように。ただこのワークアウトでの怪我の場合はサラリーは保証されると思います。


・元DeNA石川雄洋氏が俊足生かしアメフト転向「まだ体は十分に動く」 



キャップマジかい。

今年引退した元横浜DeNAベイスターズ内野手・外野手でプレイした石川雄洋がアメフトに挑戦することが発表されました。地元横浜をホームとするノジマに加入となったようです。

確かに走力に関してはNPBでもトップレベルではありましたが、果たして通用するでしょうかね。もう34歳ですし。

ただNFLでもラッセル・ウィルソン筆頭に野球もプロレベルの選手も居ますし、昔はアメフトと野球の二刀流をしていたディオン・サンダース ボー・ジャクソンなどもいました。アメフト初挑戦の石川と同等に語るのは失礼ではありますが、ベイスターズファンとしては通用してくれたらいいなぁと思っております。

過去には古木がK-1挑戦もありコンタクトスポーツに挑戦は難しいものとは感じていますが、試合に出れるようであれば見てみたい。