今年もブラウンズ戦とナイトゲームの展望を行っていきます。

ブラウンズ@チーフス(9/13 5:25)DAZN
ベアーズ@ラムズ(9/13 9:20)G+ DAZN


各試合の怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries
などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2020/opp.htm



 ブラウンズ@チーフス

2021week02-01
2021week02-01
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 昨年のDPの再戦

2021week01-002

ブラウンズの開幕戦は敵地にてチーフスと対戦となります。昨年のディビジョナルプレーオフの再戦となります。

vlcsnap-2021-04-17-17h20m49s603

ブラウンズは2005年から16年間開幕戦勝利がありません(2018年に引き分けあり)今年こそ脱したい記録ですが、相手がチーフスとかスケジュールに悪意を感じます(AMAZONのクラウドシステムでランダムで決めたらしい)

チーフスは本拠地でスタートとなります。アローヘッドスタジアムはクラウドノイズが激しいことで有名です。今年はスタジアム全開放となるようなので、クラウドノイズは大変な事になりそうです。ブラウンズにとっては厳しい開幕戦を迎えそうです。


【2020年チームスタッツ】
2021week02-03
  TOP10    WORST10
2021week02-02


・ブラウンズ

【攻撃】
昨年の攻撃陣がほぼそのまま残っている状況です。攻撃の軸はRBチャブ ハントのラン攻撃となります。まずはランでファーストダウンを取りまくりリズムを作りたい。

そしてQBメイフィールドのパス攻撃が決め手となる攻撃となってくれることを願いたい。できれば序盤でWRベッカムへTDパスを通しモメンタムを引き寄せてほしい。ただベッカムはクエッショナブルとなっており出場は五分となっています。

OLも昨年と同じ陣容となっており、NFLトップレベルのプロテクション、ランブロックとなっています。注意しないといけないのはDLジョーンズとリードのパワー、ここさえ封じればなんとかなると思います。

チーフスの守備はリーグ中位レベルですので、先にモメンタムを取って流れを引き寄せてペースを握りたい。

あと気になるのはKマクラフリンのキック精度です。ブラウンズは2年連続スターターQBを1週目で交代していることもあり、マクラフリンがその流れを断ち切ることを願いたい。股関節の負傷でクエッショナブル登録なのも心配です。

【守備】
昨年の弱点だったDB陣はCBヒル Sジョンソンの補強を行い再編成されました。特にSジョンソンはTE対応がうまくTEケルシーが少しでも苦戦できる状況を作られれば十分戦える状況となりそうです。ここがこの試合の注目ポイントかもしれません。

あとはWRヒルをCBウォードが封じてくれる展開になるといいなぁと。ウォードならやってくれると信じてます。反対側はおそらく新人CBニューサムが先発となりそうです。ウォードを避けてパスが飛んでぐる回数が多くなる可能性もあるので、開幕戦で攻略されないこと祈りたい。補強したCBヒルはNB担当となります。

LBもウォーカー 新人のコラモアと反応の良いタイプを補強しました。昨年は4thギャンブルで止められなかったこともあり、このLB陣にはそこの改善に期待したい。

あとはEDGEギャレットがサックを2回以上決める。てかサックを決めないと流れは引き寄せられないので、頑張ってQBマホームズを捕まえていただきたい。EDGEクラウニーでもかまいません!

ただDLが入れ替えとなりジャクソンは補強しましたが、ローテーションメンバーに不安ありかもしれません。ただプレシーズンではなかなかのパフォーマンスを見せた選手もおり、不安を一掃してもらいたい。

確実に昨年から比べるとかなり望みがある守備になったと思います。



・チーフス

【攻撃】
QBマホームズはプレシーズンで全試合プレイしており、仕上がり具合は順調そうでした。今年もWRヒル TEケルシーへのホットラインはNFLトップクラスであることは間違いないでしょう。

ランはRBエドワーズ-イレアーが捕まえにくい選手ですので、きっちり止めていきたい。

ということでラン・パスに関しては昨年とほぼ変わらない陣容で問題ありません。今年の不安点はOLをほぼ全とっかえしたことでしょう。実績のある選手はしっかり補強はできましたが本番でしっかり連携が取れているかどうかは見てみないことにはわからない。連携がうまくとれていなければブラウンズのパスラッシュに飲み込まれることもあるかもしれません。ここが要チェックポイントとなるでしょう。

【守備】
DLリードを補強し1列目がDLジョーンズ EDGEクラークと3枚が強烈となりました。このパスラッシュは要注意です。ブラウンズのOLならなんとか防いでくれると信じたい。

CB陣は若手中心ですが、非常に粘っこい守備を見せます。油断ならないパス守備です。

ラン守備がちょっと不安ありと見ます。SマシューがCOVID-19リスト入りで欠場となるのが痛いSマシューはギリギリ間に合ってクエッショナブル登録となりました。出場かは当日の判断となるそうです。マシューが出るとしてもやはりラン中心で攻めるのが良さそうです。





 勝敗予想 
予想はチーフス勝利とします。

なんか書いててもしかすると勝てる可能性結構あるかも??と思いましたが、これまでの開幕戦の呪いはそんなに甘くないかなぁ。勝てることには越したこと無いけど、ボロ負けにならず結構抵抗できた内容であればある程度満足できると思ってます。予想はずれてほしいなぁ。



 ベアーズ@ラムズ


2021week03-01
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 どちらもQB変更で迎える開幕戦

2021week01-003

ベアーズはミッチ・トルビスキー → アンディ・ダルトン
ラムズは
ジャレッド・ゴフ → マシュー・スタッフォード
に変更となり初戦を迎えます。

昨年どちらもプレーオフ進出となったものの、攻撃に不安がありどちらも改善に着手した同士の対決がサンデーナイトで対決することとなりました。

守備はどちらもNFLトップクラスで、どちらの攻撃がその守備を突破できるか注目です。

【2020年チームスタッツ】
2021week03-03
  TOP10    WORST10
2021week03-02


・ベアーズ

【攻撃】
プレシーズンで1巡目指名QBフィールズが活躍しており、もしかすると開幕先発もという感じではありましたが、QBダルトンが開幕先発となることが発表されました。ベンガルズ時代は5年連続プレーオフ進出と安定したパフォーマンスを取り戻せれば、ある程度計算ができる攻撃となることでしょう。レシーバーはWRロビンソンが残留したことで、今年も彼にどれだけ通せるかがパス攻撃の鍵となることでしょう。

ランはRBモンゴメリーがエースとしてどれだけやれるか、2番手でRBウィリアムスも補強したのでまずまず期待できそうです。

OLは正直Tが不安です。即戦力として期待していた新人のTジェンキンスが欠場となり、デプス上ではGウィルキンソンがLTを務めることとなるようです。DLドナルドを中心とするラムズのパスラッシュは強力なのでどこまでプロテクションが保つかが心配です。



【守備】
1列目はNFL屈指の選手が揃っています。EDGEマックを筆頭にパスラッシュは強力です。1列目がラムズの攻撃をどれだけ崩すことができるかが試合の鍵を握ることでしょう。クエッショナブル登録なのが心配ではありますが出場はするでしょう。

LBトレバサンが欠場となりましたが、ただLBの層は厚いのでなんとか穴は埋められると思いたい。ラムズもラン攻撃に関してはあまり自信がないのでこの試合はなんとかなるかなと。

問題はCBが補強出来ずかなり層が薄い状態で開幕を迎えています。サイドライン際のパスの競り合いなどはマッチアップ的には厳しいことになりそうです。昨年ターンオーバー数が少なかったのですが、今年もその点は厳しいかもしれません。



・ラムズ

【攻撃】
QBスタッフォードはプレシーズンに登場せず、ぶっつけ本番となります。チームの方針でプレシーズンで先発クラスの出場を控えていただけで、怪我とかの心配はありません。

WRカップ ウッズのコンビにどれだけパスが通せるかは楽しみですね。今年のラムズの攻撃はこの試合が判断材料となることでしょう。

ランは期待されていたRBエイカーズがシーズンエンドとなり、緊急でRBミシェルをトレードで獲得しました。RBヘンダーソンとの2枚でラン攻撃を組み立てることとなるでしょう。正直大きくは期待しないほうがいいかもしれない。

OLは昨年と陣容は変わりません。ある程度若返りはできまずますのユニットとなりました。LTウィットワースは40歳を迎えまだまだ衰え知らずです。



【守備】
昨年3度目のシーズン守備MVPを獲得したDLドナルドを中心とする1列目は強烈です。ドナルドを1対1で止めるのはなかなか難しく、ラムズのパスラッシュのほうが勝る展開になると思われます。ただユニットとしては昨年よりもメンバー的に戦力はちょっと落ちるかもしれません。

LBは昨年の先発だったカイザーをロースターカットしたのは驚きましたが、それだけ余裕のあるユニットとなったのかなと思います。

CBラムジーはWRロビンソンとのマッチアップとなることでしょう。トップレベルのマッチアップで見どころとなるかなと思います。ロビンソンさえ封じれば脅威はなくなるので、ここ次第でしょう。



 勝敗予想 
予想はラムズ勝利とします。

攻守ともにラムズのほうに軍配があがるかなと、ラムズはかなり今年にかけている感じがあります。ベアーズもパスラッシュでは対抗できるでしょうけど、攻撃がラムズ守備を突破できるイメージがちょっとできませんでした。


 全試合勝敗予想


Week1 結果
カウボーイズ バッカニアーズ
ジャガーズ テキサンズ
チャージャーズ ワシントンFT
シーホークス コルツ
ジェッツ パンサーズ
バイキングス ベンガルズ
カーディナルズ タイタンズ
49ers ライオンズ
スティーラーズ ビルズ
イーグルス ファルコンズ
ブラウンズ チーフス
パッカーズ セインツ
ブロンコス ジャイアンツ
ドルフィンズ ペイトリオッツ
ベアーズ ラムズ
レイブンズ レイダーズ

ちょっと印象でポツポツつけていったんですが、結構ビジター勝利になっちゃいました。

新人QBを起用するジェッツ ジャガーズは開幕白星発進と予想します。特にジェッツは前QBダーノルド率いるパンサーズが相手となるので、ちょっと因縁じみたものも感じる注目試合ですね。

パッカーズ@セインツはルイジアナ州にハリケーン上陸のためジャガーズの本拠地 ジャクソンビルのTIAAバンクフィールドで行われることになりました。次回のWeek4のホームの試合では本拠地に戻れることを祈ります。