契約と怪我人が多かったのでまとめておきます。


 大型契約延長のニュース


チーム ポジション 選手名 契約 年平均
スティーラーズ EDGE T.J・ワット 4年112M
(保証80M)
28M
レイブンズ TE マーク・アンドリュース 4年56M
(保証30M)
14M
コルツ RB ナイハイム・ハインズ 3年18.6M
(保証12M)
6.2M
イーグルス T ジョーダン・マイラタ 4年64M
(保証40.8M)
16M
バイキングス S ハリソン・スミス 4年64M
(保証22.5M)
15.3M
バイキングス T ブライアン・オニール 5年92.5M
(保証53.4M)
18.5M
セインツ CB マショーン・ラティモア 5年97.6M
(保証53.4M)
19.52M
パンサーズ WR ロビー・アンダーソン 2年29.5M
(保証20M)
14.7M

20210918-1

T.J.ワットがスティーラーズと約123億円の4年契約に合意
レイブンズとTEマーク・アンドリュースが4年61億円の延長契約に合意
コルツがRBハインズと3年20億超えの契約延長に合意

開幕直前で延長契約が多かったので表でまとめました。

AFCの方ではスティーラーズEDGE T.Jワットの契約はブラウンズのギャレットを抜いて、現役EDGEトップの契約となりました。もう一時期のQBの契約と同じくらいの金額ですね。どんどん選手のサラリーが上がっていきますね。

それに比べるとレイブンズTEマーク・アンドリュースの契約が半分ですからねぇ。TEもサラリーは上がってきてはいますが、ポジションの格差は更に広がっているかもしれません。ちなみにアンドリュースの契約は現役TEでは3番目に高い契約となっています。

20210918-2

イーグルスがOTジョーダン・メイラタと4年間、約70億4,000万円の延長契約にサイン
バイキングスSスミスが4年最大70億円の契約延長に合意
バイキングスがRTオニールと5年101億円で契約延長
セインツとCBラティモアが5年107億円の契約延長に合意
パンサーズがWRアンダーソンと2年32億円の契約延長へ

NFCはイーグルスのTジョーダン・マイラタがなかなかの大型契約となりました。正直実績的にはそこそこというところなので青田買い的な契約かなと思います。マイラタはオーストラリア人でラグビー選手からのフットボール経験無しで入ってきた選手で先発LTまで成長した選手です。

バイキングスのTブライアン・オニールの契約はセインツのラムジックに続く現役RTで2番目に高い契約となりました。ランブロックに定評がありRBダルビン・クックのランに貢献していることで高評価となりました。

セインツのCBマショーン・ラティモアは現役CBで2番目の大型契約となりました。セインツは来年もサラリーキャップ厳しいはずなんですが、契約できたってことはその辺の問題もクリアしていることなんでしょうね。


 レイブンズの開幕前怪我人連鎖


RB ガス・エドワーズ ACL断裂
RB J.K・ドビンズ ACL断裂
RB ジャスティス・ヒル アキレス腱断裂
WR ラショッド・ベイトマン 鼠径部手術
TE ニック・ボイル 膝の負傷
LB L.J・フォート ACL断裂
CB マーカス・ピータース ACL断裂

レイブンズRBドビンズはACL断裂でシーズン絶望
RBヒルのアキレス腱断裂を受け、レイブンズがベルとフリーマンのワークアウト
レイブンズCBピータースとRBエドワーズがACL断裂
鼠径部負傷のレイブンズ新人WRベイトマンが手術へ

開幕前からシーズンエンドの選手が続いています。特にRBの主力であった3人が全員シーズンエンドとなってしまいました。攻撃の軸がランであるチームなので開幕から突貫工事で修正しなければならなくなりました。

守備ではCBマーカス・ピータースもシーズンエンドとなってしまいました。リーグトップレベルのCBの穴埋めということで、こちらもかなり大変な状況となっています。

新人WRラショッド・ベイトマン TEニック・ボイルは10月には戻ってこれそうです。 

RB陣に故障者続出のレイブンズがベテランのラタビアス・マレーと契約へ
RBリビオン・ベルが練習生としてレイブンズと契約

緊急でしたが、セインツから解雇されたラタービス・マレーと契約 FAだったレベオン・ベル ダボンテ・フリーマンとPS(練習生)契約を交わしました。

いずれの選手も過去シーズン1000ヤードを記録したことのある実績は十分な選手です。ピークは過ぎていますが、往年の輝きを取り戻せれば豪華なユニットになりそうです。開幕戦はアクティブ登録されずでしたが、チームにフィットすればいずれ上がってくることでしょう。


 Week1の怪我人リスト入りまとめ


3週後に復帰の可能性あり
ドルフィンズ DL レクワン・デービス
ジェッツ LB ブレイク・キャッシュマン ハムストリング
ジェッツ T メキー・ベクトン 膝 – MCL
レイブンズ G タイリー・フィリップス
ブラウンズ LB アンソニー・ウォーカー ハムストリング
ベンガルズ S リカルド・アレン
タイタンズ S アマニ・フーカー
テキサンズ LB ケビン・ピエール-ルイス ハムストリング
ブロンコス CB ロナルド・ダービー ハムストリング
ブロンコス WR ジェリー・ジュディ 足首
ワシントンFT QB ライアン・フィッツパトリック 股関節
カウボーイズ WR マイケル・ギャラップ ふくらはぎ
カウボーイズ EDGE デマーカス・ローレンス
バッカニアーズ CB シーン・マーフィー-バンティング
シーホークス C/G イーサン・ポーチェック ハムストリング
シーズンエンド
ジェッツ S ラマーカス・ジョイナー 三頭筋
レイダース DL ジェラルド・マッコイ
ライオンズ CB ジェフリー・オクダ アキレス腱
49ers RB ラヒーム・モスタート
49ers CB ジェイソン・ベレット 膝 - ACL

20210918-3

ワシントンQBフィッツパトリックは股関節亜脱臼により故障者リスト入り
ジェッツLTベクトンが膝蓋骨脱臼で4週間から5週間の離脱
カウボーイズのオールプロOLマーティンがアクティブ登録、WRガラップはIRへ
カウボーイズDEローレンスが足の手術、“かなりの時間”離脱へ
49ersのRBモスタートが手術を選択し、今季終了
ブロンコスWRジューディとCBダービーがIR入り

主力のみですが開幕戦でこれだけ怪我人リスト入りとなってしまいました。怪我がつきもののスポーツではありますが、ほんと多いなぁと感じますね。

ワシントンFT QBライアン・フィッツパトリックが離脱となりました。ジャーニーマンとして色々渡り歩いているQBですがあまり怪我はしない印象だったので残念です。手術はせず復帰には8週間ほどかかる模様です。今週から先発はQBテイラー・ハイニキが務めることとなります。

49ersのエースRBラヒーム・モスタートは手術をすることとなりシーズンエンドとなりました。ランの軸がいなくなったのは残念です。Week1はドラ6新人RBイライジャ・ミッチェルが104ヤードランを記録し穴は彼にうめてもらいたい。

カウボーイズはWRマイケル・ギャラップ EDGEデマーカス・ローレンスと攻守の主力が離脱となりました。ギャラップは3週後の復帰できそうですが、ローレンスは足の骨折で手術をし8週くらいかかると予想されています。パスラッシュの軸の離脱で守備は苦戦するかもしれません。


 オードリーのNFL倶楽部今年もTVer配信あり

オードリーのNFL倶楽部の放送が木曜から始まっております。G+ 地上波(関東ローカル?)に加えTVer GYAOでも1週間のアーカイブ配信が始まりました。非常にありがたい!

1週目のURL
TVer:https://tver.jp/corner/f0083896
GYAO:https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AENFL%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8/6141b4a4-1d85-49f1-afcd-474d434622b4

配信は1週間ですので見逃さないように!マイリスト登録などしておきましょう。

日本語解説もG+のみとなっていまいましたので、ほんと貴重な番組が今年も放送されてよかったです。新人女子アナウンサーの研修番組とも言われており、今年も新人の小高茉緒アナがアシスタントを務めます。

vlcsnap-2021-09-17-20h35m52s294

恒例の応援チームはオードリー若林さんがテキサンズを辞めカーディナルス そして応援したチームが呪われる春日さんはなんと2年ぶりにブラウンズを指名。。。。開幕戦負けたのこれだろ。。。

小高アナの応援チームはTwitter投票にて決めるそうですが、チーフス以外は申し訳ないけど茨の道となりそうな。。。なので無難にチーフスに入れておきました。



 その他のニュースまとめ


・シーズン中版『ハード・ノックス』開始 



1チームのキャンプのドキュメンタリー『ハード・ノックス』がシーズン中のチームの様子追う『ハード・ノックス・イン・シーズン』が開始されます。要するにAMAZONでやってる『オール・オア・ナッシング』みたいなのを配信するということでしょう。たぶんGAMEPASSでも配信されることになるかと思います。

SnapCrab_2021No-00140

今年のカウボーイズの『ハード・ノックス』は日本語字幕入りも選択できます。ただご覧の通りの翻訳っぷりで正直内容を把握するのは残念ながら難しいです。シーズンのも字幕はい入るかもしれませんが、あまり期待はできないことでしょう。



・背番号変更は「無意味」



バッカニアーズQBトム・ブレイディが背番号変更に異議を唱えました。

確かにDBかLBなのか背番号で判別しにくいという主張はわかりますねぇ。対戦したカウボーイズは特にLBが背番号変更が多かったこともあったので、そこは確かにわかりにくかったかもしれません。

見る方も慣れるまでは違和感ありますが、それはプレイヤーも一緒ですよね。



・DAL Tコリンズ 出場停止



カウボーイズ先発RTラエル・コリンズが薬物検査を拒否したことで5試合の出場停止となりました。

結局禁止薬物を摂取したかどうかはわかりませんが、拒否は悪手だったのではないかなぁ。開幕戦でカウボーイズのOLは昨年から比べるとある程度良くはなっていたので、この離脱は痛いです。序盤戦コリンズの抜けた穴を埋められるかは課題となりそうです。

デプス上では2年目のテレンス・スティールが代役となりそうです。


・WRゴードン 選手会から復帰のお墨付き

WRジョシュ・ゴードンはNFL復帰に向け、選手会から復帰可能のお墨付きをもらったそうです。

ゴードンは現在薬物乱用により無期限出場停止中です。これまでも何度も薬物乱用により出場停止を受けては、復帰できるまで回復してまだ乱用してしまうという繰り返しが続いています。

今オフはアリーナフットボールにも出場したりと、まだまだフットボールへの熱は持っており、選手会からは復帰可能と判断されました。ただリーグ側が判断することなので、どうなるかですね。

ゴードンの遍歴を見るとほんと薬物の依存ってのは完全に脱却するのは難しいものだなと感じます。今回は完全脱却できればいいですね。


・ウエンツ ゴールデンタイムで紹介される  

『人志松本のツマミになる話』にてコルツQBカーソン・ウエンツがちょっとだけ紹介されていました。ただエゴサーチしたというだけな感じみたいですけどねw

気になる方はTVerにて御覧ください
https://tver.jp/corner/f0083853
27:30あたりからウエンツの話になります。