今週もAFC北のまとめから始めます。


 今週のAFC北まとめ


 レイブンズNFL記録でサヨナラ勝ち 

画像

試合はレイブンズペースでしたが、試合時間残り1分でライオンズが逆転し2点差

返しのレイブンズのドライブは残り3秒のラストプレイで66ヤードのFGを選択 現役No.1キッカーのジャスティン・タッカー

マジで入れちゃうのかよ!

マット・プレイターの64ヤードを抜きNFL新記録となりサヨナラ勝利。現時点での今年のナンバー1プレイと言っていいでしょう。すごいとしか言いよう無い。

ライオンズは可哀想な負け方で連敗が止まらなかったのは残念です。いい試合してたんですがね。最後のドライブで4th19を通されたのが敗因だったかもしれません。ということでレイブンズは先週のチーフス戦に続き劇的勝利となりました。

レイブンズの試合が面白くて困る。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=PzGCEopXKf4


 ベンガルズ 同地区スティーラーズを圧倒 

画像

ベンガルズは新人WRジャマー・チェイスが2TDレシーブで同地区スティーラーズを撃破しました。チェイスはこれで3試合連続TDを継続中です。QBジョー・バロウとはカレッジ時代からのホットラインで良い連携がとれています。ベンガルズ好調ですね。

スティーラーズはこの試合EDGE T.J・ワット他LB陣の欠場でいつもの守備ができなかったのが残念でした。攻撃もQBベン・ロスリスバーガーの調子が上がってこず苦戦中ですね。ちょっと攻撃の改善が早めに行われないと厳しいシーズンとなるかもしれませんね。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=O0Tdw0mCg28


【勝敗表】
AFC 北地区
レイブンズ 2 1
ブラウンズ 2 1
ベンガルズ 2 1
スティーラーズ 1 2

スティーラーズのみが借金をかかえ、残り3チームは貯金1で並ぶ展開となっています。ちょっとスティーラーズが元気ないですね。だからといって油断しちゃだめなチームですがね。

次週は
ジャガーズ@ベンガルズ(TNF)
ブラウンズ@バイキングス
レイブンズ@ブロンコス
スティーラーズ@パッカーズ

好調のブロンコスがレイブンズを破ってくれることに期待したい。



 今週のブラウンズ


 9サック奪取でベアーズを封殺 貯金1 

画像

今年はパスラッシュが苦戦気味でしたが、この試合で大爆発しました。チームで合計9サックを記録しました。

詳細は
EDGEマイルズ・ギャレット 4.5サック
EDGEジャディビオン・クラウニー 2.0サック
Sロニー・ハリソン 1.0サック
LBジェレマイア・オワウス-コラモア 0.5サック
DLマリク・ジャクソン 0.5サック
EDGEタカリスト・マッキンリー 0.5サック

EDGEギャレットは4ロスタックルも記録しこれまでの鬱憤を晴らす活躍でした。この試合ずっと笑顔が絶えなかったですね。

正直マッチアップしたLTジェイソン・ピータースがまったく対応できなかったのも大きく影響しました。9回のプロボウル選出の殿堂入りも見えている選手なのですが、敵ながら見ていてつらいものがありました。39歳なので歳には勝てないんやなぁと。

新人LBコラモアも素晴らしい反応でパス・ラン守備で活躍。ベアーズのRBデビット・モンゴメリーに仕事をさせませんでした。DB陣も計7つのパスディフェンスを記録しパス守備も文句のつけどころはない試合でした。

ベアーズ新人QBジャスティン・フィールズは68ヤードパスとほぼ何も出来ず終わりました。プロの洗礼というにはかなり厳しいスタートでした。OLがここまで崩壊するとさすがに厳しかったですね。

攻撃はベアーズの厳しいパスラッシュに序盤苦戦、開始2ドライブ連続4thギャンブル失敗と出だしは最悪でした。ただその後のドライブは大きなミスはなくラン・パス共にしっかり仕事をしました。

特にRBカリーム・ハントの力強いランが効き攻撃を牽引してくれました。この試合ラン81ヤード 1TD レシーブ74ヤードと見事な活躍でした。ちょっとRBニック・チャブが中盤まで不発だったので、2枚エースRBがいるという心強さが発揮された試合だったと思います。

そして復帰戦となったWRオデル・ベッカムJr.は77ヤードを記録、派手さより堅実さを重きに置き怪我人リスト入りしたWRジャービス・ランドリーの穴を埋める復活の試合でした。今後もこの調子でお願いします。

キッカーのチェイス・マクラフリンが57ヤード 52ヤードを含む4FGを記録、序盤重苦しい中57ヤードを決めたのは素晴らしかったです。安定したキックで週間MVPクラスの活躍だったと思います。こちらも好調を維持していってほしい。

ブラウンズは2勝1敗 ベアーズは1勝2敗となっています。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=KBSPaBEWgrk


 試合結果と気になった試合のまとめ


アウェー スコア ホーム
パンサーズ 24-9 テキサンズ
コルツ 16-25 タイタンズ
ファルコンズ 17-14 ジャイアンツ
チャージャーズ 30-24 チーフス
ベンガルズ 24-10 スティーラーズ
ベアーズ 6-26 ブラウンズ
レイブンズ 19-17 ライオンズ
セインツ 28-13 ペイトリオッツ
カーディナルズ 31-19 ジャガーズ
ワシントンFT 21-43 ビルズ
ジェッツ 0-26 ブロンコス
ドルフィンズ 28-31(OT) レイダーズ
シーホークス 17-30 バイキングス
バッカニアーズ 24-34 ラムズ
パッカーズ 30-28 49ers
イーグルス 21-41 カウボーイズ

今週は新人QBが5人先発となりましたが全員負け。今の所今年の新人QBはプロの洗礼を浴びまくっている状況となっています。まだ3試合なのでこれからですね。

今週はレイブンズ以外にも2つのサヨナラFG勝ちがありました。その試合含め4試合をまとめます。


 チャージャース チーフスを撃破 

画像

今週の一番のアップセットだったと思います。同地区対決でチャージャースがチーフスから勝利しました。

チャージャースQBジャスティン・ハーバートは4TDパスを挙げチーフス守備を見事に攻略しました。

チーフスは開始3ドライブ連続ターンオーバーと最悪のスタートから、後半追いつきシーソーゲームに持ち込みました。しかし最後はQBパトリック・マホームズの無茶投げでこの試合2インターセプトを食らい連敗となりました。

チャージャースは2勝1敗 チーフスは1勝2敗 勝率5割を切るのは6年ぶりだそうです。ちなみに現在チーフスは地区最下位となっています。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=aPIL3zv9hfc



 ラムズがバッカニアーズに勝ち3連勝 

画像

注目の全勝対決は攻守で上回ったラムズが昨年のチャンピオンチームのバッカニアーズを破り開幕からの連勝を3に伸ばしました

ラムズQBマシュー・スタッフォードは343ヤード 4TDと見事な活躍でした。ホットラインを形成するWRクーパー・カップは3試合で367ヤードレシーブ 5TDを記録しており、リーグトップとなっています。このパス攻撃が非常に安定しており、今年は得点力が劇的に上がっています。1巡目2つ放出して補強したのが今の所大成功と言っていいでしょう。

守備もパスラッシュとパスカバーでバッカニアーズQBトム・ブレイディが苦戦しました。これだけラムズが試合を支配しても24点取ったのはG.O.A.Tの意地という感じでしたね。バッカニアーズのDB陣がちょっと手薄な印象で、攻撃力のあるチームにはちょっとこれからも苦戦するかもしれません。

ラムズは開幕3連勝 バッカニアーズは2勝1敗となりました。ラムズの快進撃がどこまで続くか楽しみな内容でしたね。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=2SNQ8xxAmfo



 OTの末レイダース3連勝 

画像

序盤からドルフィンズがLBエランドン・ロバーツのPICK6 レイダースギャンブル失敗からの連続TDで波乱の展開でしたが、そこからドルフィンズがは終盤まで失速。レイダースがセーフティで2点を取った後からペースを握り2ポゼ差をつける展開でした。

エースのRBジョシュ・ジェイコブスが欠場でしたが、RBペイトン・バーバーがこの日111ヤード 1TDランで見事に穴を埋める活躍となりました。

しかし4Qに入りドルフィンズが怒涛の追い上げで残り2秒で同点に追いつきオーバータイムとなりました。

お互いFGを1本づつ入れて最後はレイダースがもう一本FGを入れてなんとか勝利となりました。結果的には先に攻撃権を取れたことがレイダース勝ちにつながったかなと。これでレイダースは開幕3連勝となりました。

ドルフィンズは最後良く追いつきましたが、コイントス勝って勢いのまま行けてたら違った勝敗になってたかもしれませんね。最後の最後で運が尽きたかなと。ドルフィンズは1勝2敗となりました。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=QyGDrrkL8Nc



 パッカーズが競り勝つ 49ersは連勝止まる 

画像

前半は完全にパッカーズペースで試合が進み最大17点差をつけました。49ersは前半最後のドライブで1本返すことはできましたが、その前まではまったく攻撃が出ずかなり苦しい展開の試合でした。

後半になってから、49ersの攻撃がやっと出だしTEジョージ・キトルを軸に攻めが出だし得点を重ねました、そして残り37秒で27-28で逆転をしました。

パッカーズはタイムアウトなしで37秒からの攻撃で万事休すと思われましたが、ここから昨年のシーズンMVP QBアーロン・ロジャースが2本ロングパスを決めて、しっかりスパイクで時間を止め残り3秒 51ヤードのフィールドゴール これをKメイソン・クロスビーが決めサヨナラ勝ちとなりました。

最後の最後とても楽しい展開の試合でした。パッカーズは追い上げを食らったのは反省点ですが、攻撃は安定してましたね。やっぱWRダバンテ・アダムス様様という感じですね。ただ他のレシーバーもこの試合は良かったのでこの調子を意地していきたいですね。

49ersは後半良かっただけに、前半がもったいなかったです。49ersは今年初敗戦で2勝1敗 パッカーズも同じく2勝1敗となっています。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=hMhpt2L4BIY

Week3を終わって全勝キープチームは
【AFC】
 ブロンコス(西)
 レイダース(西)

【NFC】
 パンサーズ(南)
 カーディナルス(西)
 ラムズ(西)

の5チームとなりました。昨年プレーオフ進出したのはラムズのみで混沌のシーズン序盤と言っていいでしょう。


 残りの試合一言感想 

○パンサーズ@テキサンズ
 パンサーズが快勝で3連勝 テキサンズ新人QBミルズは大苦戦

コルツ@タイタンズ○
 タイタンズが同地区対決を制して2連勝 コルツはQBウエンツ出場も3連敗

ファルコンズ@ジャイアンツ
 ファルコンズがサヨナラFGで初勝利 ジャイアンツは3連敗

セインツ@ペイトリオッツ
 セインツが堅守で2勝目 ペイトリオッツ新人QBジョーンズ3INT

カーディナルズ@ジャガーズ
 カーディナルスが逆転で3連勝 ジャガーズ新人QBローレンス2INT

ワシントンFT@ビルズ
 ビルズQBアレンが4TDで快勝 ワシントンQBハイニキ2INT

ジェッツ@ブロンコス
 ブロンコスが完封で3連勝 ジェッツ新人QBウィルソン2INT

シーホークス@バイキングス
 バイキングスQBカズンズ3TDで初勝利 シーホークスは2連敗

イーグルス@カウボーイズ
 カウボーイズが攻守で圧倒 イーグルスQBハーツ2INT


 その他気になったこと


 JAC アグニュー FGリカバーTD 

前半時間がないこともあり、カーディナルスは68yのFGにチャレンジ。失敗しても前半が終わるだけだしリスクなしと思われました。

キックはショートし、リターナーのジャマール・アグニューが109ヤードを走りきりまさかのFGミスからのリターンTDで逆転となりました。

キャリア5年でキックオフで2つ パントで4つのリターンTDを決めている現役トップクラスのリターンスペシャリストのアグニュー 一つまた勲章を手に入れました。今後アグニュー相手に無理なキックはやめることになりそうですね。

ただ残念ながらジャガーズは後半に逆転され3連敗となりました。カーディナルスは3連勝結局勢いの差ですねぇ。



 WAS キックオフで新たな作戦で攻撃権を得る 

ワシントンFTのKダスティン・ホプキンスがキックオフでリターナーが取れないところに強烈なバックスピンをかけたキックをし、バウンドして戻ってきたボールを見事リカバーし攻撃権を奪い取りましたしかもホプキンス自らリカバーをしました。

正直初めて見る光景でしたね。直接取れないところに強烈なバックスピンをかける。こういうキックが蹴れる選手がいるのであれば、今後やるチームは増えるかもしれません。リターンチームも策が必要となりそうです。


 はしゃぐLARマクベイHC 

バッカニアーズと対戦したラムズのHCショーン・マクベイ バッカニアーズの55ヤードのFGが外れ前半終了 選手を迎え入れる際にこの大はしゃぎっぷり。前半リードで折り返したのが計算通り行ったという感じだったんでしょうね。

この試合にかけているという意気込みが溢れ出たのでしょうね。試合は見事に勝利し3連勝。今年のラムズはかなり強いですね。


 MIN カズンズ 靴などいらぬ 

バイキングスQBカーク・カズンズがスナップ前に右足のシューズを脱ぎ捨てプレイしました。脱げそうになったのかどうなのかわかりませんが、こういうときはタイムアウトとってもいいかなとは思います。

試合はシーホークスに勝利し今季初勝利。靴がなくてもプレイできるもんですね。(さすがにこのプレイだけだと思いますが)


 ARI ムーア 審判のせいでファンブルを記録 

カーディナルスのパントリターナーWRロンデール・ムーアがパントをマフってしまいました。しかしリプレイを見ると、審判の黄旗が当たって軌道が変わったために起こったものでした。リカバーできたので事なきを得ましたが、ファンブルは記録されてしまったようです。これは流石に可哀想。

初めて見る稀な事例ではありましたが、審判もフラッグ投げるときはプレイの邪魔にならないように気をつけていただきたい。


 パッカーズファンも気になる 

SnapCrab_2021No-00147

ベアーズ@ブラウンズの一幕 ブラウンズホームの試合でパッカーズのユニフォームを着ている観客が写りました。同地区のベアーズの様子が気になったのでしょうね。たぶん友達だとは思いますが、両隣にベアーズファンに囲まれてる形でした。

ブラウンズのホームなので問題なかったですが、ベアーズのホームとかではやらんようにね。


 新設『タイトエンド大学』 

サンデーナイトフットボールでおなじみの先発メンバー自己紹介V 通常なら名前と出身大学を言うのですが、49ersのTEジョージ・キトルは出身大学を『タイトエンド大学』と紹介(キトルはアイオア大出身)

ジョークだと思ったのですが、KCトラビス・ケルシー 元CARグレッグ・オルセンと共に作った慈善団体の名称だったようです。
https://twitter.com/te_university

@malibu315さん情報ありがとうございました。

 週間MVP


 AFC 

2021week03-101

【攻撃】ビルズ QB ジョシュ・アレン
358ヤード 4TD 1TDランでワシントンFTに完勝

【守備】ブラウンズ EDGE マイルズ・ギャレット
4.5サック 4ロスタックルの大暴れでベアーズを封殺

【ST】レイブンズ K ジャスティン・タッカー
NFL最長FG記録を更新する66ヤードのサヨナラFGを入れ劇的勝利に貢献



 NFC 

2021week03-102

【攻撃】ラムズ QB マシュー・スタッフォード
343ヤード 4TD バッカニアーズに完勝しチームは3連勝

【守備】カーディナルス CB バイロン・マーフィー
PICK6含む2INTを記録 チームは3連勝

【ST】パッカーズ K メイソン・クロスビー
51ヤードのサヨナラFGを決め勝利に貢献