毎週なんらか大きな動きがありますね。Week5前のニュースをまとめます。


 CBギルモア他トレードのまとめ


 CBギルモア トレードでパンサーズへ 

画像



ペイトリオッツCBステフォン・ギルモアがパンサーズにトレード移籍することとなりました。
対価は2023年6巡目 かなりお安い条件となりました。

というのも最初の報道では解雇予定となっており、数時間後にトレードが成立したという流れでした。ペイトリオッツとしては解雇で何もないよりなんか貰えたという感じでした。

PUPリスト入りのままトレードとなったため復帰はWeek7以降となります。

現在のパンサーズのCB陣は
ステフォン・ギルモア(19年守備MVP)
ドンティ・ジャクソン(18年2巡)
A.J・ボウイエー(プロボウル1回)
C.J・ヘンダーソン(20年1巡・元JAC)
ジェシー・ホーン(21年1巡)IRリスト入り終盤復帰予定


とリーグトップクラスの層の厚さとなりそうです。現在3勝1敗と開幕スタートダッシュに成功したので今後も楽しみなチームとなりそうです。



 WRグラント トレードでベアーズへ 



WRジャキーム・グラントがドルフィンズからベアーズへトレード移籍となりました。対価はこちらも2023年の6巡目と交換となっています。

ベアーズはWRの層に不安があるので、層を厚くして新人QBジャスティン・フィールズのターゲットを増やす目的での獲得となりました。そこまで実績がある選手ではありませんが、チームにフィットして戦力となってくれることに期待ですね。


 契約・解雇のニュースまとめ


 LB J・スミス DAL解雇後GBと契約 

画像





LBジェイロン・スミスはカウボーイズから解雇され、数日後パッカーズと契約を結びました。

プレシーズン時に走力が落ちて不安視されていたのを聴きましたが、シーズンが始まってプレイを見た感じではそこまで気になるほどではなく、パフォーマンスも悪くは見えませんでした。

2019年にプロボウル選出 2019年に5年64Mの大型契約もしたまだ26歳の選手なだけあって、驚きの解雇となりました。ウェーバーで拾うチームはなく、通過後即パッカーズと契約となりました。サラリーはまだ不明です。パッカーズはLBの戦力不足が解消するいい補強となりましたね。

カウボーイズはLB豊富にいるとは言え、スミスを解雇する必要があったのかなぁと他チームファンからしたら疑問の行動だったかなと思います。



 LBコリンズ NEに帰還 



先週ライオンズから解雇されていたLBジェイミー・コリンズが古巣ペイトリオッツと契約しました。これでペイトリオッツに3回目の出戻りとなります。

ペイトリオッツでは大活躍はするけど、他チームと大型契約して移籍するとそこそこなパフォーマンスになる印象が強いので、古巣に戻りまた高いパフォーマンスにもどるかもしれませんね。ただ現状ペイトリオッツはLB EDGEは結構豊富に揃っている印象で、ローテーションメンバーとなるかもしれません。



 NYJ DLマイヤーズ 4年55Mで契約延長 



ジェッツは4年目のDLジョン・フランクリン-マイヤーズと4年55M(年平均13.75M)保証30Mで契約延長しました。

昨年まではローテーションメンバーで今年先発で現時点で3.0サックを挙げている期待の選手ではあります。FAになった場合もっと高くなると想定したものなのかなと。青田買いという印象はあり、この契約が正解だったかは来年あたりまでわからないでしょうね。

ただ今年はかなりブレークしそうな選手ではあります。ジェッツはDL育てるのはうまいチームですしね。DLクイネン・ウィリアムスと共に中央の壁として成長を期待しましょう。


 怪我人リスト入りのまとめ


3週後に復帰の可能性あり
MIA G/C マイケル・ディター
MIA WR ウィル・フラー
BAL DL/EDGE デレク・ウルフ 背中
CLE C/G ニック・ハリス ハムストリング
TEN LB ジェイヨン・ブラウン
IND G クイントン・ネルソン 足首
HOU WR ニコ・コリンズ
JAC G A.J・キャン
LAC DL ジャスティン・ジョーンズ ふくらはぎ
LAC LB ケネス・マレー 足首
WAS TE ローガン・トーマス ハムストリング
GB WR マルケス・バルデス-スキャンティング ハムストリング
DET C フランク・ラグノウ つま先
TB CB カールトン・デービス 大腿四頭筋
SEA RB ラシャード・ペニー ふくらはぎ
SEA WR ドウェイン・アスクリッジ 脳震盪
SF K ロビー・ゴールド 股関節
長期欠場orシーズンエンド
NE DL ヘンリー・アンダーソン 胸筋
JAC WR D.J・チャーク 足首
WAS LB ジョン・ボスティック 胸筋
WAS CB トーリー・マクタイヤー ACL断裂
DET EDGE ロメオ・オクワラ アキレス腱断裂
ATL CB アイシャ・オリバー

コルツのオールプロGネルソンがハイアンクルスプレインでIR入り

コルツのGクイントン・ネルソンが足首の負傷で怪我人リスト入りとなりました。キャンプで負傷で開幕になんとか間に合いここまで先発出場を続けていましたが、初の怪我人リスト入りとなってしまいました。ただ3週で戻ってこれるかもしれないので、早めの復帰を期待したい。

記事にはなっていませんが、バッカニアーズCBカールトン・デービス ライオンズCフランク・ラグノウなどチームの主力が離脱しています。穴を埋めるのは大変な感じです。

ジャガーズWRチャークが足首骨折、ベンガルズ戦から除外

ジャガーズWR D.J・チャークが足首骨折で長期離脱となりました。エースWRで新人QBトレバー・ローレンスにとっては痛い離脱となりました。チームもまだ勝利がなく攻撃に不安が募る状態です。




 JAC マイヤーHC不貞行為


 マイヤーHC 孫と会うはずが若い女性とダンスを楽しむ 




ジャガーズのアーバン・マイヤーHCはサースデイナイトゲームでベンガルズに敗れた後、ジャクソンビルには戻らず、孫に会うということで、オハイオ州にとどまりました

ところが孫に会うはずが、クラブ?バー?で若い女性とダンスを楽しむ映像が隠し撮りされ拡散されていましました。敗戦後にチームに戻らずコロナ禍でこの行動はかなり問題視されました。

マイヤーHCもこの行動を認め、反省しました。





ジャガーズのオーナー シャヒド・カーンは声明を発表し、処分はせずマイヤーHC続投を明言しました。マイヤーHCは選手にもミーティングで謝罪を行いました。ただHCがシーズン中しかも未勝利の中このような軽率な行動をしてしまったのはやはり選手としてはモヤモヤが残る可能性はあるかもしれません。チームの士気に影響があっても仕方がないかなと個人的には思います。

あと削除はされましたが、マイヤーHCの奥さんもツイッターで発言『だれにでも間違いはある』とマイヤーHCを養護していました。もう奥さんには頭が上がらないことでしょうね。



 Week4にあった記録のまとめ


 TB QBブレイディ キャリア通算パスヤード記録更新 

画像



バッカニアーズQBトム・ブレイディドリュー・ブリーズの持つキャリアパスヤード記録80359ヤードを更新しました。ブリーズが現役の時は抜きつ抜かれつという感じでしたが、ブリーズが引退となり、これでブレイディの記録は当分抜かれないこととなるでしょう。

単純計算で4000ヤードを20年間ですからねぇ、ただ今年から試合数が増えたこともあるので、抜かせそうなチーフスQBパトリック・マホームズの15~20年後にこの記録の話題が出てくることに期待しましょう。


 PIT QBロスリスバーガー 400TD達成 



画像

スティーラーズQBベン・ロスリスバーガーはWeek4のブロンコス戦で1TDを記録 これが通算400TDパスとなりました。歴代では8位の記録となっています。

スティーラーズは今週も敗れ3連敗となりました。ちょっとQBロスリスバーガーのパフォーマンスがイマイチで攻撃の流れが作れない状態となっています。往年のようなポケットでの異様な粘りが減っており、ここが衰えたなぁと感じるところですね。ヌルヌルのロリさんの復活が今シーズン中に見られるといいのですがね。


 KC リードHC 2チームで100勝 



画像

チーフスは今週イーグルスを破りました。アンディ・リードHCはこの勝利でチーフス通算100勝を達成 イーグルスHC時代も100勝を達成しており、2チームで100勝を挙げた初めてのHCとなったとのことです。

HC歴通算23年で達成、普通ここまでの名将ですから1チームにとどまることが多いので、この記録を達成できるHCが今後現れるかはなんとも言えないところですね。それだけすごい記録です。てか通算200勝しているHC自体7人しかいないようですしねw
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_National_Football_League_head_coach_wins_leaders

細かいことではありますが、今回の記録はプレーオフも含めた通算の勝利数となっており、シーズンではチーフスでは93勝となっているようです。それも今年中に達成しそうではありますね。



 Week5には新人QB6人先発予定


 次週は1巡指名QB5人+1が先発出場 

順位 チーム 選手名 Week5対戦相手
1 ジャガーズ トレバー・ローレンス タイタンズ
2 ジェッツ ザック・ウィルソン @ファルコンズ
3 49ers トレイ・ランス @カーディナルス
11 ベアーズ ジャスティン・フィールズ @レイダース
15 ペイトリオッツ マック・ジョーンズ @テキサンズ
67 テキサンズ デービス・ミルズ ペイトリオッツ





49ersQBジミー・ガロポロがハムストリングの負傷により、トレイ・ランスの先発出場が決定となりました。ベアーズもQBジャスティン・フィールズが今後も先発を務めることを表明しました。

Week5は1巡目指名QB5人全員先発となります。テキサンズのデービス・ミルズを含めて新人QBが6人先発となります。

今年は新人QBはプロの洗礼を浴びている印象ですが、シーズン序盤が終わりそろそろプロの水も慣れてきたころ、反撃開始となるか注目です。

ペイトリオッツ@テキサンズは新人QB対決となります。どちらが勝利となるか注目です。


 その他のニュース

・CLE メイフィールド負傷を抱えたままプレイ  

ブラウンズQBベイカー・メイフィールドは会見でWeek2にタックルに行った際に左肩をヒットしたときに関節唇の損傷があり、その負傷を抱えたままプレイしていることを発表しました。

投げない方の肩で現時点では問題はないようですし、ここまで練習も休まずに来ております。ただもうタックルはするな。いいね。


・KC WRゴードン 次週プレイか? 



チーフスはWeek5でビルズ戦を迎えます。このAFCを占う注目に一戦に、練習生契約していたWRジョシュ・ゴードンをロースター登録して望む可能性があるようです。

ゴードンは30歳となりましたが、まだまだレベルの高いレシーブを見せており、今年もそのパフォーマンスが見られるかは注目です。マホームズと合いそうだか怖い。


・ここ2週間のCOVID-19状況



9/19~10/2までのNFLでのCOVID-19感染状況は選手15人 スタッフ20人で計35人陽性だったようです。感染率は0.5%となっています。

ポツポツとは陽性は出ていますが、感染拡大にはならずやはりワクチンのおかげなのかなぁと感じます。ワクチンを打った選手へのプロトコルをかなり緩めていてこの状況ですのでいい感じなのではないでしょうかね。

この調子であればスケジュール変更などはないことでしょう。順調に進んでもらいたいです。




・NYJ Sメイ 飲酒運転他で逮捕の件



ジェッツSマーカス・メイは今年2月に飲酒運転 器物損壊などで逮捕されていたことが報道されました。この件はいままで公表されていなかったようで、これから処分が下る可能性も十分あります。現時点ではまだ処分前となっています。

メイは今年フランチャイズ指定で1年契約となっており、チーム事情もありトレード候補となっております。ただこの逮捕の件でトレードの対価が安くなる可能性はありそうですね。チームにとっても痛い事件となりました。



・元CLE WRプライヤー カボチャを投げる 

元ブラウンズWRテレル・プライヤーは彼女へのDVで逮捕されていました。DVの件は否認していますが彼女の車にカボチャを投げつけたことについては認めたとのことです。

まあカボチャも十分凶器になる重さと固さでしょうしね。怖いことは確かですが、なんかちょっと笑ってしまうところがありますね。まだハロウィンの準備には遠いだろうし、、、まあそれはそれとしてしっかり罪は償いましょう。