各試合の詳しい怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries
などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/opp.htm


 ジャイアンツ(2-5)@チーフス(3-4)


2021week08-031
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 序盤不調の2チーム 立て直すのはどちらか

2021week08-030

ジャイアンツ チーフス共に借金を抱えた状態で対戦となったマンデーナイトゲーム

ジャイアンツは攻守のバランスがあまり取れておらず
、なかなか勝ちゲームが作れない状況となっています。

チーフスはまさかの借金生活 守備は予想の範疇ではありましたが、攻撃がここまで苦戦するのは誰も予想出来なかったと思います。QBマホームズのミラクルが完全に裏目っている感じです。無茶が通らなくなっている現状を打破できるか、それとも底から抜け出せないまま前半戦を終わるのか。チーフスの状態が気になる試合となりそうです。

【今シーズンのチームスタッツ】
2021week08-032
  TOP10    WORST10

2021week08-033


・ジャイアンツ(2-5)

【攻撃】
3年目QBジョーンズは期待には正直答えられてない状況となっています。ここまで5TD 4INTとTDがなかなか伸びていません。REDZONE TD率 9/20 45.0%はリーグ最下位の成績となっています。ターゲットはそれなりな戦力がいるので、もっと思い切ったパス攻撃がみたいところです。

RBバークリーは復帰できず WRゴーラデイが欠場と攻撃の主力選手の欠場が痛いです。それでもターゲット自体はWRシェパード スレイトン トニー TEエングラムとまだまだいるので投げきってほしいですね。

ランはバークリー不在では厳しいかなと。無名の選手がいきなり活躍とかしてくれるといいのですが、期待薄でしょう。

OLは印象ではあまりよくはないんですが、被プレッシャー率は20.7%でリーグ5位の成績となっています。ポケットタイムも2.4秒でリーグの平均レベルですし、もう少しQBジョーンズにがんばってもらいたいですね。現状のままだと来年の先発の席はなくなるかもしれませんよ。



【守備】
プレッシャー率は19.6%でリーグ29位と悪い方です。ただ新人EDGEオジュラリが5.5サック DLウィリアムスも4.5サックと主力はまずまずな記録となっています。この2人以外の1列目がもう少しプレッシャーをかけられるといいのですがね。成績は悪いですが希望が持てる感じはあるかなと。QBマホームズにプレッシャーを与えて無茶させてターンオーバーを奪えるのが理想的な展開となりますので頑張ってほしいですね。

ラン守備はなんとも言えずという感じですね。LBの戦力不足もあり仕方がないところです。チーフスはラン攻撃もあまり良いわけではないので、互角かなと思います。

パス守備は戦力的にはリーグトップクラスのメンバーが揃っています。CBブラッドベリー S/CBライアンなどはプロボウルレベルの選手です。QBマホームズはインターセプトが今年は多いので、ブラッドベリーがインターセプトを奪えればもしかするとは十分起こせるかもしれません。そうなると面白くなるので期待したい。



・チーフス(3-4)

【攻撃】
QBマホームズはここまで9INTと不調が続いています。正直今までマホームズにしかできない無茶なプレイが今年はただ無謀なプレイとなってしまっている印象です。状態が上がるまではちょっと無理な体制ではちゃんと投げ捨てた方がいいんじゃないかなと。

前節のタイタンズ戦ではWRヒルがドロップ2個と攻撃がうまく行きませんでした。2試合連続であんなに沈む攻撃陣にならないと思いたい。結局WRヒル TEケルシーにどれだけボールを供給するかが攻撃の鍵となるでしょう。

ランは元々そこまで期待は出来なかった上にRBエドワース-イレアーが離脱中ということで、やはりパス中心の攻撃を展開することになるでしょう。

OLは被プレッシャー率22.1%でまずまずのプロテクション率です。QBマホームズはポケットにとどまらないタイプなのでこれだけプロテクションできていれば問題ないでしょう。

3rdダウン成功率は57.0%でリーグ1位なのですが、これが得点につながってないのはターンオーバーが多いからということなのでしょうね。ミスを無くすことが勝利につながることでしょう。



【守備】
守備の細かいスタッツでは
3rdダウン被成功率 48.7% リーグ30位
4thダウン被成功率 6/8 75.0% リーグ30位
REDZONE 被TD率 16/26 73.1% リーグ28位

単発でうまく行っても仕留めきれていないという数字になってしまっています。ここが改善し無い限り失点は収まらないかなと思います。

パスラッシュはプレッシャー率は25.7%とまずまずなのですが、サック数がチームで8個は少なすぎます。もう少し仕留めたいところですね。DLジョーンズ リード EDGEクラークにもう少し頑張ってもらいたい。

ラン守備は苦戦していますが、新人LBボルトンがチーム最多の55タックル 9ロスタックルを記録しています。このパフォーマンスをもっと活かせるように他の選手も頑張ってほしい。RBバークリーが欠場なのでランはしっかり止めたいですね。

パス守備も昨年よりも勢いは落ちています。ジャイアンツ相手でも苦戦するかもしれませんがそこまでボロボロになることはないと思いたい。中心人物のSマシューがもう少し大暴れしてほしいですね。




 勝敗予想 
予想はチーフス勝利とします。

チーフスも予測がつかないような不調さではありますが、流石に戦力差がかなりあるジャイアンツ相手で落とすことはないと思いたい。ジャイアンツはRBバークリー欠場がなぁ。QBジョーンズの覚醒がない限り苦しい試合となるかなと思います。ただQBマホームズが不安定なのでターンオーバー次第では何がおこるかわからないかもしれません。



 全試合勝敗予想(74-33 的中率.692)

※サンデーゲームの展望と同じものを載せています。

Week8 結果
パッカーズ カーディナルズ
ベンガルズ ジェッツ
タイタンズ コルツ
ラムズ テキサンズ
スティーラーズ ブラウンズ
イーグルス ライオンズ
49ers ベアーズ
パンサーズ ファルコンズ
ドルフィンズ ビルズ
ペイトリオッツ チャージャーズ
ジャガーズ シーホークス
ワシントンFT ブロンコス
バッカニアーズ セインツ
カウボーイズ バイキングス
ジャイアンツ チーフス
BYE Week
レイブンズ レイダーズ

注目試合としてはタイタンズ@コルツ バッカニアーズ@セインツの同地区対決があります。地区の今後を占う試合となりそうです。金曜に行われたパッカーズ@カーディナルスは常に緊張感を感じられたいい試合でしたね。


 先週の予想結果 

Week7 結果
ブロンコス ブラウンズ ×
パンサーズ ジャイアンツ ×
ジェッツ ペイトリオッツ
チーフス タイタンズ ×
ワシントンFT パッカーズ
ファルコンズ ドルフィンズ
ベンガルズ レイブンズ
ライオンズ ラムズ
イーグルス レイダーズ
テキサンズ カーディナルズ
ベアーズ バッカニアーズ
コルツ 49ers
セインツ シーホークス
BYE Week
カウボーイズ ジャガーズ
チャージャーズ バイキングス
スティーラーズ ビルズ

10勝3敗でした。今年は成績がよい。