トレードなどは週末にまとめます。


 試合結果と気になった試合のまとめ


アウェー スコア ホーム
パッカーズ 24-21 カーディナルズ
ベンガルズ 31-34 ジェッツ
タイタンズ 34-31(OT) コルツ
ラムズ 22-38 テキサンズ
スティーラーズ 15-10 ブラウンズ
イーグルス 44-6 ライオンズ
49ers 33-22 ベアーズ
パンサーズ 19-13 ファルコンズ
ドルフィンズ 11-26 ビルズ
ペイトリオッツ 27-24 チャージャーズ
ジャガーズ 7-31 シーホークス
ワシントンFT 10-17 ブロンコス
バッカニアーズ 27-36 セインツ
カウボーイズ 20-17 バイキングス
ジャイアンツ 17-20 チーフス
BYE Week
レイブンズ レイダーズ

今週はアップセットが多い週となりました。注目の試合と共に今週も4試合をさらっとまとめます。


 パッカーズがカーディナルスの連勝をストップ 

画像

NFCカンファレンスのトップ対決なだけあって、試合を通して緊張感があり最後までわからない素晴らしい試合となりました。

パッカーズはこの試合WRダバンテ・アダムス アレン・ラザードの2人の主力レシーバーを欠く苦しい試合となりましたが、RBアーロン・ジョーンズとRB A.J・ディロンのランを軸に遜色ない攻撃を展開しました。QBアーロン・ロジャースのパスもショート~ミドル中心となりましたがリズムよく攻めれていました。

カーディナルスは先制TDはとりましたが、その後~中盤はパッカーズに押される展開となり、結果的にそのまま押し切られた試合となりました。
カーディナルスはミスがすべて得点に繋げられたのが痛かったですね。カーディナルス新人WRロンデール・ムーアには試練となった試合となってしまいました。

パッカーズがギャンブル失敗で、カーディナルスが逆転勝利となるかという最後のドライブでまさかのインターセプトで試合終了となりました。パスのターゲットだったWR A.J・グリーンがまったく反応しなかったのは、プレーコールがランと勘違いしたのではという憶測がとびかっていました。カーディナルスとしては悔しい負けとなりました。ただ本当に面白い試合でしたね。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=dWeNmTB99FE




 タイタンズが同地区コルツを撃破 

画像



AFC南の同地区対決は序盤はコルツがTD⇒ターンオーバー⇒TDといきなり14点リードの展開に持ち込みましたが、その後はタイタンズが追いつきそこから互角の展開となり、最後コルツが自滅で終わりかと思ったらギリギリで追いつき同点でオーバータイムに、最後はタイタンズがインターセプトを奪取しFGで勝利をもぎりとりました。

コルツはQBカーソン・ウェンツとWRマイケル・ピットマンのホットライン RBジョナサン・テイラーのラン共にうまく噛み合っておりよい攻撃でしたが、最後にミスが重なり残念な結果となりました。チームは上り調子でしたが5敗目(3勝)を喫し、後半戦はかなり巻き返さないと行けない星となりました。

タイタンズは攻撃自体は良かったもののちょっと攻守ともに反則が目立ち、11回161ヤード罰退と特に守備のパスインターフェアで自ら苦しめる展開が続いたところはありました。QBライアン・タネヒル WR A.J・ブラウンのホットラインで155ヤード稼げたことで持ち直しましたが、反省も多かった試合だったと思います。6勝目となり地区内では独走体制となってきました。




ただこの試合でRBデリック・ヘンリーが足を痛め手術をすることとなりました。復帰予定は6~10週となっており、レギュラーシーズン中に戻ってこれるかは難しい状態となりました。リーディングランナーの離脱はかなり痛いです。緊急でRBエイドリアン・ピーターソンと契約を結ぶこととなりました。穴を埋められるか注目です。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=332YW5cjtjM




 セインツ 同地区バッカニアーズを撃破 

画像

好調のバッカニアーズと好不調の波の激しいセインツの同地区対決は、バッカニアーズのミスが多く、セインツが勝利となりました。バッカニアーズは6勝2敗 セインツは5勝2敗となり地区首位争いがかなり混戦となってきました。

バッカニアーズはTEロブ・グロンコウスキーが4試合ぶりの出場となりましたが出場機会はあまりなく1回ターゲットになっただけとなりました。この試合のQBトム・ブレイディは375ヤード4TD 2INTとWRクリス・ゴッドウィンへのパスがよく通せていましたが、2つのインターセプトと1つのファンブルロストがすべて相手の点につながったのが痛かったですね。

セインツはQBジェイミス・ウィンストンが序盤に膝の負傷で離脱 交代したQBトレバー・シーミアンはまあなんとも言えないパフォーマンスでしたが、相手の反則にかなり助けられ得点を重ねることができました。この試合はRBアルヴィン・カマラと新加入というか出戻りのRBマーク・イングラムのコンビが久々の復活で目立っていました。

この試合はプレッシャーがよくかかっており守備陣ががんばった試合だったと思います。バッカニアーズOLのプロテクション相手にこれだけ圧をかけられたのは大きかったですね。



残念ながらQBジェイミス・ウィンストンはACL断裂・MCL損傷の大怪我でシーズンエンドとなりました。

セインツはトレバー・シーミアン以外にも、今週怪我で欠場となったテイサム・ヒル 新人のイアン・ブックがおり、次週以降の先発は誰になるかはなんとも言えません。個人的にはヒルの復活が見たいなぁ。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=2vPBZKZXGjo



 ペイトリオッツが堅守で勝利をもぎ取る 

画像

若手10番QB対決はペイトリオッツが堅守でチャージャースに勝ちました。ペイトリオッツは4勝4敗 チャージャースは4勝3敗となっています。

ペイトリオッツ新人QBマック・ジョーンズはショート~ミドルパスの安定感のある攻撃でしたが、徐々に慣れてきた感じでロングも狙ってくるようになってきました。前節に54得点奪ったことが自信になったのかもしれません。今節はTDは奪えなかったですが、長いのも今後警戒が必要なパス攻撃になってきました。ランも好調でチームで141ヤードを記録、パス・ランバランスの良い攻撃が出来た試合でした。

この試合はS/CBエイドリアン・フィリップスのPICK6を含む2つのインターセプトが試合を決めました。守備も固いし強いなという試合でした。

チャージャースはQBジャスティン・ハーバートが結構厳しいプレッシャーを受け、いつものような攻撃が出来ず、ペイトリオッツに試合をコントロールされてしまった試合となってしまいました。老獪さに負けた感じでしたね。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=Y2bu5qENekY&t=0s


 Week8終了時点の順位表 

2021week08-110


 その他の試合一言コメント 

○ラムズ@テキサンズ
38点連取しラムズ盤石の7勝目 テキサンズは7連敗

○イーグルス@ライオンズ
44得点と攻撃爆発のイーグルスが3勝目 ライオンズは開幕8連敗

○49ers@ベアーズ
攻撃復活で49ersが連敗を4で止め3勝目 ベアーズは3連敗

パンサーズ@ファルコンズ
新加入CBギルモアがINTを記録パンサーズが連敗を4で止め4勝目

ドルフィンズ@ビルズ
後半畳み掛けてビルズが6勝目 ドルフィンズは7敗目と苦しい

ジャガーズ@シーホークス
QBスミスがシーホークスで初勝利 連敗を3で止め3勝目 ジャガーズは6敗目

ワシントンFT@ブロンコス
Sシモンズが2INTでブロンコスが4勝目 ワシントンFTは6敗目

カウボーイズ@バイキングス
QBラッシュが初先発 守備の奮起でカウボーイズが6勝目 バイキングスは攻撃不発で4敗目

ジャイアンツ@チーフス
チーフスが勝つもどちらもなんとも言い難い試合だったなぁ・・・QBマホームズまじどうしたの?


 今週のブラウンズ


 ロースコアゲームで同地区スティーラーズに敗れる 

画像

危惧してたロースコアゲームにもちこまれ敗戦となりました。守備が強かったなぁ・・・開幕ドライブでTD取れなかったのが最後まで響いてしまったかなと。あそこをFGにしたスティーラーズが一枚上手でしたね。

RBニック・チャブが復帰 RBディアーネスト・ジョンソンが2試合連続TDなど悪くはありませんでしたが、もう少しラン中心で行ってほしかったかもしれません。怪我明けなのでスナップ数減らしたということもあるのでしょうけど。

QBベイカー・メイフィールドのパスはまずまずでしたが、3rdダウン成功3/10としっかり止められてしまいました。レシーバーもピリッとしないところも多々見られた感じでしたしね。WRジャービス・ランドリーのファンブルロストが痛かった。ただ相手が強かったのでランドリーを責めたくはない。でもあれがなかったらなぁ。本人も悔やんでいるとは思います。

もちろんプレッシャーも厳しかったなぁ。ただメイフィールドの怪我もあるのでモビリティは求められない試合でしたのでこのくらいで済んで良かったかもしれません。

一方スティーラーズの方はRBナジー・ハリスが良かったですね。後半はモメンタムがスティラーズに行きそのまま突っ切られた形となりました。

前半によくわからんFGフェイク失敗でKクリス・ボスウェルが離脱して、キッカーがいなくなり、キックオフもひどいことになり自滅ムードだったんですがね。(ただ正直ラフィンザパサーの反則を見逃してもらった感はあるが)逆にFGが蹴れなくなったことで攻撃に活がはいってしまったのかもしれません。

昨年のリベンジとともにQBベン・ロスリスバーガーにブラウンズホームでの勝利をまた与えてしまい12勝目となってしまいました。数年前にロスリスバーガーに取られていたホーム最多勝はメイフィールドが取り戻しましたが、ほんと勝ちすぎようちに・・・

最後にドライブWRオデル・ベッカムがミラクルキャッチしてればなぁ。あれあんたの得意技やろ。無茶な嘆きでした。

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=8GvoSZ2GpGE



 今週のAFC北まとめ


 ベンガルズがジェッツにまさかの敗戦 

画像

ジェッツは4年目のQBマイク・ホワイトがキャリア初先発となりました。5勝2敗と好調ベンガルズ相手なのでまず厳しいだろうなと思われていましたが、まさかの大アップセットとなりました。

ホワイトはこの試合405ヤード 3TD 2INT と出入りは激しい記録とはなりましたが、それだけ攻めの姿勢を最後まで崩さなかった見事なパフォーマンスでした。特にRBマイケル・カーターが素晴らしく ラン77ヤード レシーブ95ヤードで攻撃を牽引しました。4Qで2ポゼ差をつけられながらも見事逆転した見事な試合運びとなりました。

この試合は守備がかなりがんばりました。審判がパスインターフェアに甘めだったこともありますが、DB陣の密着カバーでパス攻撃を抑えきりましたし、セカンドエフォートを許さない正確なタックルでしっかり止めきりました。パスラッシュも功を奏し最後のEDGEシャック・ローソンのインターセプトにつながった見事な守備でした。

ベンガルズは攻撃自体はそこまで悪くはなかったのですが、最後は勢いに飲まれました。ジェッツの守備を見るとベンガルズのタックルの甘さが目立つ試合でもありましたね。

てかジェッツQBジョー・フラッコをトレードで獲得してたけど、いらなかったんじゃ・・・

【Highlight動画】
https://www.youtube.com/watch?v=xehJhctWu-o


【勝敗表】
AFC 北地区
レイブンズ 5 2
ベンガルズ 5 3
スティーラーズ 4 3
ブラウンズ 4 4

今週はレイブンズがお休み、ベンガルズが敗れたことで単独首位になりました。

次週Week9の対戦は
ブラウンズ@ベンガルズ
バイキングス@レイブンズ
ベアーズ@スティーラーズ(MNF)


ということでブラウンズは同地区連戦となります。ベンガルズ負けたとは言え強いよなぁ・・・



 その他気になったこと


 QBロジャース記念写真 

パッカーズQBアーロン・ロジャースのスライディング後にアップで映像を撮った絵。なんか撮られるために表情をつくってたんじゃないかというコミカルな映像となり、ツイッターでバズっていました。ロジャースってこういうの狙ってる印象はあるんですよね。ただそんなカッコいいものはないんですがw



本人も気に入っているようでツイッターのヘッダーに使っているようです。
https://twitter.com/AaronRodgers12



 くぁwせdrftgyふじこlp 

カーディナルス戦COVID-19陽性のため欠場となってしまったパッカーズWRダバンテ・アダムス。家で試合を見るしか無い状態で、パッカーズが劇的勝利を収めた後に『Hgkflfndbjddldnbshuzibdvd!!!!!』とツイート とにかく興奮状態ということでしょう。アメリカのネットスラングかどうかわかりませんが、喜びで爆発していたことは間違いないでしょう。



 ハロウィン fromギャレット家 

SnapCrab_2021No-00017

今週はハロウィンということでいろんな仮装がありました。中でもブラウンズEDGEマイルズ・ギャレットは仮装は死神のキャラクターである「グリムリーパー」でマントの背中にはこれまでサックしてきたQBの名前が刻みこんだ凝った衣装を披露しました。

仮装以外にも家のデコレーション
にも着手 家の庭に相手QBの墓を建てるというなかなかの煽り具合のデコレーションを披露しました。

今週のギャレットは1サックを記録し、早くも10.5サックと二桁に記録をのせましたが試合は負け。誰かにブラウンズの墓が建てられないことを願いたい・・・・



 オンサイドキックTD 

シーホークスRBトラビス・ホーマーがオンサイドキックをしっかりキャッチした後エンドゾーンまで走りTD。ちょっと取りやすいキックだったかもしれませんね。しかしお見事。



 見ていられない 

サンデーナイトゲームでカウボーイズはQBダク・プレスコットが欠場となり、5年目QBクーパー・ラッシュがキャリア5年目で初先発となりました。そのスタンドにはアウェーではありましたがラッシュの家族が応援にかけつけており、ラッシュのプレイを心配そうに見たり、祈ったりとカメラが何度もその姿を捉えていました

この状況の中初先発で勝利を挙げたQBラッシュ、人生最高の一日となったことでしょう。おめでとうございます。


 週間MVP


 AFC 

2021week08-101

【攻撃】 ジェッツ QB マイク・ホワイト
405ヤード 3TD 4年目初先発で強敵ベンガルズを撃破 

【守備】 ペイトリオッツ S エイドリアン・フィリップス
PICK6を含む2INTを記録でチャージャースを撃破

【ST】 タイタンズ K ランドリー・ブロック
FG2本 XP4本決める OTでのサヨナラFGでコルツを破る



 NFC 

2021week08-102

【攻撃】 49ers WR ディーボ・サミュエル
171ヤードを記録し連敗をストップ レシーブヤード現在リーグ2位

【守備】 カウボーイズ LB マイカ・パーソンズ(R)
11タックル 4ロスタックル QBプレスコット不在の中守りきり勝利

【ST】 パンサーズ K ゼイン・ゴンザレス
FG4本 XP1本 連敗を4でストップ 元ブラウンズ