今週のブラウンズはナイトゲームです。AFC北同地区対決が2試合あるのでスティーラーズ@ベンガルズも展望します。

スティーラーズ(5-4-1)@ベンガルズ(6-4)(11/29 3:00)
ブラウンズ(6-5)@レイブンズ(7-3)(11/29 10:20)G+ G+O DAZN

Week11終了時点のAFC順位表はこちらとなっています。

AFC北
レイブンズ 7 3 0
ベンガルズ 6 4 0
スティーラーズ 5 4 1
ブラウンズ 6 5 0

レイブンズが一歩抜けていますが、全チーム勝ち越しており団子状態。今週の同地区対決がターニングポイントとなりそうな重要な一戦を迎えています。大注目の週となることでしょう。


各試合の詳しい怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries
などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/opp.htm



 スティーラーズ(5-4-1)@ベンガルズ(6-4)

2021week12-041
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 前回はベンガルズ勝利の第2ラウンド

2021week12-040

暫定順位では地区2位のベンガルズは第6シード 地区3位のスティーラーズは第8位でシードから外れている状況となっています。

若い攻撃ユニットで勢いがあるベンガルズに対して、老獪な試合巧者っぷりで貯金を作ってきたスティーラーズ 若い力で飲み込むのか経験則でねじ伏せるのか注目の同地区の一戦となります。

この対決はWeek3で対決しており、ベンガルズが勝利をしています。スティーラーズにとってはスイープされると地区内では厳しくなるので勝たなければいけない一戦です。

【今シーズンのチームスタッツ】
2021week12-042
  TOP10    WORST10
2021week12-043



・スティーラーズ(5-4-1)

【攻撃】
チャージャース戦は序盤からリードを奪われ厳しい試合でしたが、2ポゼ差を追いついて一度は逆転し、負けたとは言え好ゲームだったと思います。結果は残念ですが、チーム状態は良かったと思います。前回のベンガルズ戦は湿っぽい攻撃でしたが、今回は得点力が上がっているので打ち合いとなっても面白そうです。

QBロスリスバーガーは前節3TDをあげ今シーズン一番得点をあげることができましたWRクレイプール ジョンソンとの連携がいい感じになってきていますね。TEイーブロンが欠場となり残念ですが、新人TEフィアムースもなかなかのパフォーマンスを見せる選手なので十分穴埋めはできるでしょう。

前回と違うのは新人RBハリスのランですね。前回の対戦ではまだプロの壁にぶち当たっていましたが、今はしっかり本領発揮しています。パワフルなランで攻撃をコントロールしてくれることに期待がかかる。

被プレッシャー率は17.4%でリーグ4位と記録としては良く見えますが、そこまでめちゃくちゃ固いという感じではないです、前節もボサ相手に苦戦はしていましたので。今回もEDGEヘンドリクソンへの対応を誤らないように気をつけなければなりません。前回の対戦ではQBロスリスバーガーが4サックを食らっているので同じ結果にならないように気を引き締めてほしい。



【守備】
前節はEDGEワット CBヘイデン Sフィッツパトリックが欠場となり厳しい試合でした。この試合ではCBヘイデンがクエッショナブルで当日判断となりますが、ワット・フィッツパトリックは戻ってくるので、前節のようにやられまくることはないだろう。

※追記 CBヘイデンは欠場となったようです。

パスラッシュはEDGEワットに期待がかかります。膝と股関節の負傷で先週は欠場となりましたが、今週は練習にも参加しており、試合出場は問題ないようです。QBバロウにプレッシャーをどれだけかけられるかがこの試合の鍵を握るので期待は高い。

今年はラン守備があまり良くありません。DLが離脱者多数で層が薄い LBブッシュ ショバートがそこまでパフォーマンスがいいとは言えないというのが原因なのかなと。RBミクソンのパワーランで力負けしないように気をつけたい。

パス守備はWRチェイスをどう封じるかが大問題です。前回の試合では2TDを奪われやられました。CBヘイデン Sフィッツパトリックが戻ってくるのでメンバーは揃いましたが、果たして一発を防ぐ術があるのか、スティーラーズ守備の手腕にかかっているでしょう。2度同じやられ方はしないとは思いたいが。



・ベンガルズ(6-4)



【攻撃】
前節はレイダース相手に31点を奪い快勝でした。バイウィーク明けの一戦で勢いを付ける勝利でした。

QBバロウはここまで21TD レーティング101.6と見事な活躍となっています。新人年はOLがボロボロで厳しかったですが、今年はある程度保ってくれ本領発揮となりました。新人WRチェイスとのホットラインはリーグトップレベルです。現在チェイスは867ヤード 8TDと新人攻撃MVP筆頭候補となっています。ここにロングボムが通るかがこの試合の注目ポイントです。スティーラーズ守備がどう封じる術を見せるのかは楽しみです。

RBミクソンは現在759ヤードでリーグ4位のランの成績をおさめています。得意なのはパワフルなランですが、基本なんでもこなせるRBです。パスだけじゃなくランも強力でバランスの取れた攻撃となっています。スティーラーズ守備も強力ですが、十分打開できる力は持っています。

被プレッシャー率は26.1とそれなりにプレッシャーは受けていますが、昨年が酷すぎたこともあり、十分保ってるなぁとは感じます。ただQBバロウの被サックは25と多い方ではあるので、ある程度プレッシャーがかかっていることは間違いない。前回の対戦ではEDGEワットが欠場していたみたいなので、この試合では前回の試合とは違うプレッシャーがかかりそうです。なんとか保ってほしいところですね。

【守備】
プレッシャー率は26.1%とリーグ上位の成績です。EDGEヘンドリクソンがここまで9.5サックと期待に応える活躍を見せています。EDGEハバートも6.0サックとパスラッシュは強力です。DLもいいプレッシャーをかけられており、パスラッシュは期待ができるでしょう。QBロスリスバーガーをしっかり捉えて攻撃を封じてほしい。

ランは喪失ヤード5位と好成績です。LBウィルソンが素晴らしい反応を見せており、チームのタックルリーダーとなっています。それに加え4INTを記録しており、パスカバーも素晴らしい成績を収めています。今回RBハリスに対してどれだけいい反応を見せるかは注目です。

パス守備は喪失ヤード25位と苦戦しています。CBがちょっと見劣りするメンバーではあるので致し方がないところかもしれません。スティーラーズのパス攻撃は一発TDが怖いので、ビッグプレイをなんとか阻止できればいいが、ちょっと分は悪いと予想します。




 勝敗予想 
予想はベンガルズ勝利とします。

正直どちらに転んでもおかしくない試合かなと思います。前回の対戦よりもスティーラーズの調子は上向きで攻撃も明らかに良くなっています。ベンガルズも攻撃は安定しています。好勝負になるかなと。点を取り合ってにぎやかなシーソーゲームになればいいなぁ。




 ブラウンズ(6-5)@レイブンズ(7-3)

2021week12-031
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 負けたら終わりと思って戦え!

2021week12-030

暫定順位では地区首位で第2シードのレイブンズ 地区最下位で第11シードとなっているブラウンズの同地区対決となります。僅差で12チームほどが固まっている状況なので、早めにこの位置から一歩抜け出したいところです。

団子状態ですので、まだまだわからない状態ではありますが、それは同地区に勝利が前提の話です。同地区で負けを喫したら一気に差が付きます。なのでこの試合はブラウンズにとってはかなり重要な一戦となります。題名通り『負けたら終わりと思って戦え!』

【今シーズンのチームスタッツ】
2021week12-032
  TOP10    WORST10
2021week12-033



・ブラウンズ(6-5)





【攻撃】
前節は先発QB不在のライオンズ相手に接戦となりました。正直QBメイフィールドのパフォーマンスが悪すぎました。左肩 膝の負傷を抱えてのプレイの影響がもろに出た試合だったかなと。雨も影響はあったとは思います。悪天候にあまりいい印象がないんですよね。天候にも注目かもしれません。

レイブンズ相手に前節のパフォーマンスだったら、まず負けます。今回はいい出目が出ることを祈りたい。前節欠場だったWRピープルズ-ジョーンズがクエッショナブル登録となったので、パス攻撃がもう少しいい感じになるといいのですがね。

ランはこの試合からRBハントが復帰となり、RBチャブと久々のタンデムが見られます。獲得ランヤードはリーグ1位をキープしており、ランが攻撃の軸となることは間違い有りません。この2人の活躍がこの試合の鍵を握ると言っていいでしょう。

OLはRTコンクリンも戻ってきます。これでOLも万全となります。QBメイフィールドにはなるべくポケット内でプレイしてもらいたいので、レイブンズのパスラッシュは強力なので、心配ではありますがなんとかプロテクションは保ってほしいところです。

【守備】
守備も好不調の波があるんですよね。やられるときは何も対応できないまま終わるけど、いい時はうまくハマるんですよね。今回はどちらの目が出るか。

EDGEギャレットは現在13.0サックでリーグトップの記録をキープしています。ギャレットがQBジャクソンを仕留められるかがこの試合に勝つ第一歩となることでしょう。逃げる前になんとか倒してマルチサックを決めてほしい。EDGEクラウニー DLマクドウェルのプレッシャーにも期待です。

ランは前節結構やられました。喪失ヤードはリーグトップクラスとなっていますが、あまりその記録の信用度はないです。QBジャクソンのランの対応をどうするのかが問題となります。LBウォーカー オウス-コラモアの反応で止めてくれることに期待しましょう。ビッグゲインだけはなんとか止めてほしい

不安なのはパス守備です。レイブンズはランが軸のチームなのですが、ブラウンズとの対戦の時は結構パスでやられているんですよね。ただパス守備の調子は良くなっています。シーズン序盤によくあったアサイメントミスはここ数試合なく、連携がうまく取れだしていますCB陣もウォード ニューサム ウィリアムスをうまく使い分けている印象です。この3人のマンカバーはかなりいいので、WRブラウンをしっかりカバーしてほしい。TEアンドリュースはかなり厄介なので、そこはなんとか祈るしかないだろう。



・レイブンズ(7-3)

【攻撃】
前節のベアーズ戦はQBジャクソンが病気で欠場し、代役のハントリーがなんとか耐えきり勝利をもぎとりました。この勝ちは大きかったですね。

この試合はQBジャクソンが戻ってくるようです。無理せずもう少し休んでもいいんですよ。現在639ヤードランを記録しており、今年もラン1000ヤードを目指せる記録となっています。やはりこのランは要注意です。とは言ってもパスも気を抜けないというかブラウンズ相手だとパスが軸となることが多いです。WRブラウン TEアンドリュースの2枚がホットターゲットです。この2人にビッグゲインされないようになんとか封じてほしいところです。

QBジャクソン以外のランはそこそこな状況です。RBマレー フリーマンはそこまでビッグゲインの驚異はないものの、どちらも着実に距離を稼いできます。ジワジワ系なランで試合をコントロールされないように注意が必要です。

被プレッシャー率は22.5%とリーグ上位の成績です。ただこちらにはEDGEギャレットがいますのでなんとか壁をぶちやぶってQBジャクソンを慌てさせてもらいたい。ギャレット中心に1列目の押し込み次第でしょう。

【守備】
被3rdダウン成功率が30.5%でリーグ1位 REDZONE被TDも12/28 42.9%で1位です。この2つの成績は驚異です。ただその割には失点は多いなという印象です。とにかく追い込まれないように、REDZONEでなんとかクラッチ力のあるレシーバー・ランを繰り出してほしい。

パスラッシュはプレッシャー率28.0%でリーグ4位の成績です。ただエース的な存在がおらず、EDGEバウザーの4.5サックがチームトップのサック数となっています。QBヒットが多いらしく、怪我のあるQBメイフィールドにはちょっと怖い記録です。OLがプロテクションしきれればいいのですが、どうなるでしょうね。

ラン喪失ヤードがリーグ2位の成績となっています。LBクイーンの反応の良さと強力なパスラッシュがあるからという感じでしょう。RBチャブのカットバック RBハントの強引なランでなんとか進んでほしい。いい勝負でなくぶち破らないと勝機はないかもしれない。

パス守備は喪失ヤード31位とかなり悪いです。今年のCBハンフリーのパフォーマンスは例年と比べるとあまり良くはないです。CB陣の層が薄いのがこの成績につながっているようです。ただブラウンズのパス攻撃も良いとは言えず。WRランドリーが封じられるとかなり厳しい攻撃となりそうです。なんとかランドリーに通せるといいんですがね。




 勝敗予想 
予想はレイブンズ勝利とします。

これだけ勝たないといけないと言っておいてレイブンズに挙げるという残念な予想です。QBメイフィールドの現状のパフォーマンスではレイブンズ相手に得点をとるのはかなり厳しいかなと思います。もちろんブラウンズ応援ですが、金をかけろって言われたら残念ですがレイブンズに賭けます。RBチャブ ハントが久々に揃う試合ではありますが、やはりある程度パス攻撃がうまくいかないとレイブンズに勝つのは難しいかなと。現状の信頼度の差ですね。

予想はずれろ!



 全試合勝敗予想(104-60 的中率.634)



Week12 結果
ベアーズ ライオンズ
レイダーズ カウボーイズ
ビルズ セインツ
バッカニアーズ コルツ
ジェッツ テキサンズ
イーグルス ジャイアンツ
パンサーズ ドルフィンズ
タイタンズ ペイトリオッツ
スティーラーズ ベンガルズ
ファルコンズ ジャガーズ
チャージャーズ ブロンコス
ラムズ パッカーズ
バイキングス 49ers
ブラウンズ レイブンズ
シーホークス ワシントンFT
BYE Week
カーディナルズ チーフス

勢いのあるチームを推した感じです。今週は注目の試合も多いですね

バッカニアーズ@コルツ
タイタンズ@ペイトリオッツ
チャージャース@ブロンコス
ラムズ@パッカーズ
バイキングス@49ers


チーム力が均衡している対戦が多いように感じます。プレーオフ争いにも影響を及ぼしそうな対戦です。


 先週の予想結果 

Week11 結果
ペイトリオッツ ファルコンズ
セインツ イーグルス
ドルフィンズ ジェッツ
ワシントンFT パンサーズ ×
コルツ ビルズ
ライオンズ ブラウンズ
49ers ジャガーズ
テキサンズ タイタンズ ×
パッカーズ バイキングス ×
レイブンズ ベアーズ
ベンガルズ レイダーズ
カーディナルズ シーホークス
カウボーイズ チーフス ×
スティーラーズ チャージャーズ
ジャイアンツ バッカニアーズ
BYE Week
ブロンコス ラムズ

前節は11勝4敗と久々の好成績でした。アップセット祭りも収まってきましたね。