レイブンズ(8-4)@ブラウンズ(6-6)(12/13 3:00)
ベアーズ(4-8)@パッカーズ(9-3)(12/13 10:20)G+ G+O DAZN

レイブンズ@ブラウンズはGAMEPASSでしか見られませんが、今週はこの試合がGAMEPASSで日本語実況がつくそうです。一人実況は大変そうですが、ちょっとの間違いは寛容しながら見ましょう。


各試合の詳しい怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries
などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/opp.htm



 レイブンズ(8-4)@ブラウンズ(6-6)

2021week14-011
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位


 もう後がないブラウンズ レイブンズとの第2ラウンド

2021week14-010

AFC 北地区
レイブンズ 8 4 0
ベンガルズ 7 5 0
スティーラーズ 6 6 1
ブラウンズ 6 6 0

この両チームはWeek12で対戦しレイブンズがロースコアゲームを制しました。今回は第2ラウンドとなります。

レイブンズは現在地区首位として一歩抜け出している状態ですがこの一戦も含め全チームと1戦づつ同地区対戦が残っておりまだまだ油断できない状況です。

ブラウンズは現時点でちょっと厳しい位置に居ます。残り5戦できれば全勝 許されても1敗かなと思います。レイブンズ戦スイープされてしまうとまず地区優勝の目はないと言っていいでしょう。必ず勝ちたい一戦です。

ここまでQBラマー・ジャクソンvsQBベイカー・メイフィールドは4勝0敗とジャクソンが全勝中、いい勝負はしてる試合もあるんですが、ほんと勝てないんだよなぁ。そろそろなんとか打開してほしいところだが・・・

【今シーズンのチームスタッツ】
2021week14-012
  TOP10    WORST10
2021week14-013


・レイブンズ(8-4)



【攻撃】
前節はスティラーズ相手に延長に持ち込まず2ポイントで勝負しましたが失敗し敗れました。ここ4戦2勝2敗ではありますが、20点以下と得点があまり取れていません。毎試合ターンオーバーが目立っており、ちょっと雑な攻撃が浮き彫りになっている印象があります。ここが改善されないとプレーオフでは厳しい結果となるかもしれません。

QBジャクソンは4戦で8インターセプトと自ら攻撃を苦しめる状態となっています。プレッシャーもかなり受けては居ますが、ジャクソン自体のパスの改善が必要となるでしょう。ランに関しては問題はないので、パスの調子が上がらない場合はラン中心の攻撃となりそう。不調のままでもWRブラウン TEアンドリュースには警戒は必要だろう。前回の対戦の様にターンオーバーを奪いまくる展開に期待したい。

RBフリーマン マレーにはジワジワ距離を稼がれないように注意したい。一発の警戒度は低いので、しっかり止めてたい。正直QBジャクソンのランのほうが怖い。

直近のOLのプロテクションはイマイチな印象です。前節のスティラーズ戦ではQBジャクソンが7サック受けるなどきついプレッシャーを受けています。付け入る隙は十分ありと見ます。



【守備】
これだけ攻撃がうまく行っていない中なんとか勝ち星を拾えているのは守備のおかげでしょう。被3rd成功率は31.5% 被REDZONE TDは13/29 44.8%でどちらもリーグ1位の成績です。追い込めば高確率で止め、REDZONEでもTDは阻止できる守備でなんとか持ちこたえている状態です。この守備を打破できなければ勝ち目はないでしょう。

プレッシャー率26.9%でリーグ9位となっています。サック数はそこまで多いわけではありませんがQBにしっかりプレッシャーをかけられています。EDGEバウザーが最近目立っているので要注意選手です。DL・EDGE陣の押し込みをなんとか食い止めてほしい。

ラン喪失ヤードが1位となっています。前回の対戦でもランは強烈な押し込みにより出せませんでした。ランを出すためには真っ向勝負ではRBチャブ ハントでも厳しいかもしれません。なんらかの策を練ってほしいところです。

パス守備は苦戦しています。そんな中CBハンフリーが胸筋断裂によりシーズンエンドとなりました。この穴埋めは難しいでしょう。とは言えブラウンズのパス攻撃も今どうにもならん状況。うまく投げきれれば勝機はありそうな選手層ではあるがどうなるか。



・ブラウンズ(6-6)



【攻撃】
前回の対戦は10-16とワンポゼ差での敗戦でしたが、とにかく遠いワンポゼ差で逆転できるイメージが沸かなかった試合でした。QBメイフィールドの左肩・膝・足首の怪我の状況が最悪だったと思います。バイウィークを挟んで左肩以外はなんとか回復してくれているといいのですがねぇ。

今年はレシーバー陣の活躍も少なく未だに500ヤード以上記録している選手がいません。この試合はチームのトップレシーブヤードを稼いでいるTEヌジョークが欠場 TEブライアントも欠場となりターゲット不足が深刻化しています。今年はWRヒギンズが不調なのがほんと痛い。正直レシーバー陣のランブロックに関しては素晴らしい仕事をしているのでそこは評価したいところなんですが、本職でもなんとかしてほしいところです。

RBチャブ ハントは前回の対戦でかなり抑え込まれました。パスが通らないことでラン守備に比重を置かれたこともあり穴が見つからなかったですね。今回は真っ向勝負ではなく何か打開する策を練ってほしいところです。

OLはRTコンクリンがいなくなってちょっとそこから漏れきているんですよねぇ。QBメイフィールドのフットワークも足の負傷でつらい状況でしたので、まずはメイフィールドのフットワークの回復次第かもしれない。代役のハンス頑張れ。今回も分は悪いかもしれない

【守備】
バイウィークの間にEDGEギャレットのサック数がスティーラーズEDGEワットに抜かれました。ギャレットのパフォーマンスは良いんですが、やっぱり週間MVPクラスの大爆発を見せてほしいところです。前節EDGEワットは3.5サックをレイブンズに浴びせていました。ギャレットもやれるはず!

ラン守備はバイウィーク前の3試合が184・168・148ヤード喪失と不調な状態となっていました。パワーランにちょっと押し込まれ気味な試合で、中央突破も結構許してしまっていました。DL陣の出来次第かもしれない。この試合はLBウォーカーが欠場なのが痛いところ。LBコラモアの超反応で見せてほしいところだがどうなるか。

パス守備は中盤戦はかなり連携もとれ良くなってきました。CB陣の競り合いの強さがよく発揮され、Sジョンソンもやっと連携が取れてきてワイドオープンにさせることが少なくなりました。この試合はCBニューサムが欠場なのが残念ですが。CBウィリアムスもいいパフォーマンスを見せているので期待はできる。前回の試合のようにたくさんインターセプトが取れることを期待したい。




 勝敗予想 
予想はブラウンズ勝利です。

もう願望ですハイ。鍵となるのはQBメイフィールドのパフォーマンスがどれだけバイウィークを挟んで回復できているかです。前回の試合は守備は満点に近い出来だったので、ほんと攻撃次第で勝てたはずの試合でした。レイブンズの攻撃はまだ不調のままではあるので、攻撃さえなんとかなれば勝ち目はあるはずです。とにかく勝て!




 ベアーズ(4-8)@パッカーズ(9-3)

2021week14-021
 Q クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 前回の対戦で煽られたお返しができるか?

2021week14-020



前回のWeek6での対戦でベアーズのホームの観客に『俺の勝ちだ!』と煽ったパッカーズQBアーロン・ロジャース。一番古くからあるマッチアップであるベアーズとパッカーズ そんなライバル関係であるものの、近年はパッカーズに苦杯を舐めさせられているベアーズとしては、この煽りのお返しをしたいところでしょう。ランボーフィールドのファンにベアーズの勝利を見せつけることができるか反骨精神に期待したい試合です。



ちなみにこの試合パッカーズが勝利すると地区優勝が決定となるようです。(引き分けでも)バッカニアーズのほうが先に試合があるので、プレーオフ進出一番乗りとなるかは他力になりますがここで決めきりたいところですね。


【今シーズンのチームスタッツ】
2021week14-022
  TOP10    WORST10
2021week14-023


・ベアーズ(4-8)



【攻撃】
ベアーズはすでに8敗目を喫し、全部勝てばもしかするとあるかもという他力本願状態となってしまいました。そんな中新人QBフィールズが怪我から戻ってくるようです。正直パスにはそこまで期待はできませんが、ランには期待できそうです。ただランで負傷して欠場していたわけですから、あまり無理はさせたくないところです。

今シーズンはWRムーニーがすばらしいパフォーマンスを見せています。WRロビンソンとこの2人にうまく投げきってくれることに期待したい。

RBモンゴメリーのランは期待ができます。前節負けたとは言え90ヤード1TDを記録しており、調子は良さそうです。QBフィールズのランも使うとすればラン中心で打開はできるかもしれません。

OLのプロテクションは被プレッシャー率は22.9%といい数字にはなっていますが、被サック数が40個でリーグ31位ですからねぇ・・・いいとは言いにくいでしょう。プレッシャーを受ける回数が少ないのはいいですが仕留められる確率が多すぎてはなという感じです。フィールズのフットワークで逃げきれるといいのですがどうなるか。

【守備】
パスラッシュはEDGEクインがここまで12.0サックを記録しており奮起しています。EDGEマックが離脱した穴を一人でうめる活躍をしており、この試合もクインがQBロジャースを捉えられるかが守備の鍵を握りそうです。

ラン守備は喪失ヤード23位とイマイチな成績となっています。LBスミスが一人頑張っていますが、LBトレバサンの離脱が結構痛かったのかなと。DLもちょっとイマイチなパフォーマンスかなと思います。スミスには期待しましょう。

パス守備は若手CBジョンソン ヴィルドアが素晴らしいパフォーマンスをみせており、WRアダムス相手にどれだけ対抗できるかは見どころとなるでしょう。アダムスを封じることができれば勝ち目がでてくるかもしれません。



・パッカーズ(9-3)





【攻撃】
QBロジャースは足の親指を骨折していましたが、バイウィークの間でどれだけ回復できたかは気になるところです。ただ骨折したままでもパフォーマンスは変わらずラムズを撃破しているので、治ってなくてもそこまで心配はないかもしれません。

メインターゲットWRアダムスにかなり依存しているところはあります。今回WRコブが欠場となり、その依存の比重は更に高くなりそうです。この問題でどっかで崩壊するんじゃと思うんですが、まったく問題なく攻撃できてるんですよねぇ。どちらも超一流だからとしか言いよう無い

ランはRBジョーンズが負傷を抱えながら出場しており、出場スナップをRBディロンと分け合っている状態です。ジョーンズのほうがロングゲインの期待値が高いので問題がなければ出場スナップを増やしてほしいところですね。

OLのプロテクションは可もなく不可もなくという印象です。LTバクティアリがロースターに戻ってきていますがまだ出場していません。ここが戻ってくればもっと良くなるのでプレーオフには間に合ってほしいですね。

画像

【守備】
パスラッシュはプレッシャー率23.2%でそこまで良くはありません。EDGEゲイリーがここまで6.5サックですが 21QBヒットとかなり一人でプレッシャーをかけているようです。前回の対戦ではDLクラークが2.0サック チームで4サックを記録しているようで、パスラッシュはこちらに分があるかもしれせん。

ラン喪失ヤードがリーグ8位としっかり守りきっています。ただチームのタックルリーダーであるLBキャンベルがクエッショナブル登録 LBはあまり層が厚くないので欠場となると結構分が悪くなる可能性もあるかもしれない。

パス喪失ヤードも9位といい記録となっています。新人CBストークスと途中加入のCBダグラスのコンビでパスをしっかり弾いている印象です。特にダグラスはWeek12の週間MVPを獲得するなど大活躍です。パッカーズが拾う前はいろんなチームのPSで転々とする状態からのこの活躍は見事な復活劇ですね。




 勝敗予想 
予想はパッカーズ勝利とします。

ベアーズにも意地をみせてほしいところですが正直厳しいでしょうね。QBフィールズには来年に向け何か掴んでくれることを願いたいですね。この試合で潰されないようにしてほしいなぁというのが正直な気持ちですね。



 全試合勝敗予想(122-71 的中率.632)


Week14 結果
スティーラーズ バイキングス
カウボーイズ ワシントンFT
49ers ベンガルズ
ジャガーズ タイタンズ
シーホークス テキサンズ
レイダーズ チーフス
セインツ ジェッツ
ファルコンズ パンサーズ
レイブンズ ブラウンズ
ジャイアンツ チャージャーズ
ライオンズ ブロンコス
ビルズ バッカニアーズ
ベアーズ パッカーズ
ラムズ カーディナルス
BYE Week
イーグルス ドルフィンズ
ペイトリオッツ コルツ

今週もプレーオフ争いで注目な試合が結構ありますね

カウボーイズ@ワシントンFT (NFC東同地区対決)
49ers@ベンガルズ
レイダース@チーフス (AFC西同地区対決)
ビルズ@バッカニアーズ
ラムズ@カーディナルス


予想もむずいですねぇ。結構今週は冒険した気がします。



今週はカーディナルス パッカーズ バッカニアーズにプレーオフ進出の可能性があるようです。NFCの地区首位争いが早くも終結するかもしれませんね。



 先週の予想結果 

Week13 結果
カウボーイズ セインツ
ジャイアンツ ドルフィンズ
コルツ テキサンズ
バイキングス ライオンズ ×
イーグルス ジェッツ
カーディナルズ ベアーズ
チャージャーズ ベンガルズ ×
バッカニアーズ ファルコンズ
ワシントンFT レイダーズ
ジャガーズ ラムズ
レイブンズ スティーラーズ ×
49ers シーホークス ×
ブロンコス チーフス
ペイトリオッツ ビルズ
BYE Week
ブラウンズ パッカーズ
タイタンズ パンサーズ

前節は10勝4敗といい結果でした。今年AFC北の予想がまったく当たらない気がする・・・