WC3日目はマンデーナイトゲーム1試合です

カーディナルス(11-6)@ラムズ(12-5)(1/18 10:15)G+ G+O DAZN


各試合の詳しい怪我人状況は
https://www.nfl.com/injuries/
https://www.espn.com/nfl/injuries
などでご確認ください

展望で参考にしているサイトはこちら
【攻撃】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/advanced.htm
【守備】
https://www.pro-football-reference.com/years/2021/opp.htm



 カーディナルス(11-6)@ラムズ(12-5)

2021week19-051
 C COVID-19リザーブリスト(試合当日戻ってくる可能性あり)
 Q 
クエッショナブル(出場確率50%)登録
 D ダウトフル(出場確率25%)登録
選手評価は 高SS→C-低 Dは未知数
OLは個別では難しいので評価入れていません。
OLの太字は過去2年でプロボウルに選出経験ありの選手です。
右の順位 NFLTOP100に選出された選手 その順位



 NFC西同地区対決 RSは1勝1敗

2021week19-050


ワイルドカードプレーオフ最後の試合はNFC西同地区対決となりました。レギュラーシーズンでは最終戦まで地区優勝を争っていた2チーム どちらも最終戦を落とした結果ラムズが逃げ切り地区優勝となりました。

カーディナルスは開幕から7連勝で勢いに乗っていましたがその後は4勝6敗と勢いが正直落ちました。QBカイラー・マレー WRデアンドレ・ホプキンスが3試合欠場していた中盤戦で2勝1敗と踏みとどまったのですが、ホプキンスがシーズンエンドとなり、その影響が響きなかなか立直ませんでした。プレーオフで一新したいところです。

ラムズはシーズン後半戦でターンオーバーが増えましたが守備がしっかりしており、逆転に繋がりました。直近の直接対決Week14でもカーディナルスに勝利しており、流れ的にはラムズの方がありそうですが、果たして結果はどうなるか、ワイルドカードの大トリとして好ゲームを期待したい。

【今シーズンのチームスタッツ】
2021week19-052
  TOP10    WORST10
2021week19-053



・カーディナルス(11-6)

【攻撃】
QBマレーは足首の怪我で3試合離脱がありました。復帰後はあまり調子が上がらないままプレーオフまで来てしまったなぁと個人的には感じています。WRホプキンスが離脱してからパス攻撃の驚異がちょっと減ってしまったのは否めません。WRカーク グリーン TEアーツなどトップクラスのレシーバーはいるのですが、やっぱりホプキンスが特別すぎたなぁという印象は覆らなかったかなと。今いる3人のターゲットでインパクトを残すパス攻撃ができることを期待したい。

RBコナー エドモンズがクエッショナブル登録で出場できるかは当日判断となりそうです。コナーは752ヤードと距離はそこそこなのですが、1D獲得数は12位 TDラン回数15はリーグ2位としっかり仕事をこなしてくれるRBです。プレイセレクションもランが多く、コナーをかなり頼っている攻撃と言っていいでしょう。QBマレーもQBキープでよく走るので、ランで打開できるかがこの試合の鍵を握るでしょう。

OLは被プレッシャー率がリーグ8位と好成績 ただそんなプロテクションが良いという印象も薄いかもしれない。QBマレーのフットワークの良さも記録にあらわれているかもしれません。今シーズンラムズ戦では3サック 4サック と計7サックを喫しています。レギュラーシーズンのような事にならないようにしっかりプロテクションしてあげてほしい。



【守備】
DLワットは現在まだ怪我人リストに入ったままですが、チームには帯同しており試合当日にロースターに戻す可能性があります。リーダー的存在なだけに戻ってくれば士気があがることでしょう。

EDGEジョーンズが10.5サック ゴールデンが11.0サックを記録しているパスラッシュが強力です。ジョーンズはファンブルフォースも6回記録しており、ファンブルからのターンオーバーも多いのが特徴です。ラムズのOLも強固ですが、前回の対戦で3サックを決めていることもあり十分突破できる可能性はあります。ターンオーバーを奪ってモメンタムを引き寄せたい。

ラン喪失ヤードは20位とあまり良い成績ではないが、LBヒックス シモンズの反応は良くそこまで悪い印象はない。ラムズもランが得意なわけではないので、ビッグゲインの心配はそこまでないだろう。ジワジワ試合をコントロールされないように気をつけたい。

パス守備は3年目CBマーフィーのカバー力が素晴らしく、4インターセプトも記録しボールホークとしても活躍しました。ただラムズ戦ではWRカップには苦戦しています。正直止めるのは難しい選手なのである程度は出されることは覚悟するしかない。LB・S陣もパスカバー力が高くTEヒグビーのクラッチ力はなんとか封じてほしいところです。プレイメイカーのSベイカーが何かやってくれることを期待したい



・ラムズ(12-5)



【攻撃】
QBスタッフォードは前半戦はシーズンMVP候補に入る活躍でしたが、後半戦に入りちょっとパスが不安定になりました。後半8試合で18TD 11インターセプトと出入りの激しい成績となってしまいました。不安には感じますが、前半戦が完璧過ぎたことでそう見えるだけで、得点力自体は十分あるのでそこまで心配しなくてもいいのかもしれません。

QBスタッフォードは過去3度プレーオフ出場をしていますが、まだ勝ったことはありません。自身としては5年ぶりのプレーオフで初日を出すことができるかは注目です。

WRカップはレシーブ回数 ヤード TDの3冠に輝きました。なんでもこなし、ドロップもしない安定感のあるレシーブでチームのパス攻撃を牽引してくれました。この試合もカップを中心にパスが展開されていくことでしょう。他WRジェファーソン ベッカムjr TEヒグビーとなかなかの戦力ですが、層が薄いこともあり怪我人だけは出さないように気をつけてほしい。

ランはRBヘンダーソンが怪我人リスト入りとなりRBミッシェルに頼ることになります。終盤戦に入ってから調子が上がってきておりこの試合でもまずまず期待はできるかもしれない。RBエイカーズもアキレス腱断裂から復帰となりましたが、6ヶ月で復帰とか本当に大丈夫なのか心配になります。そこまで期待は寄せれないかなぁ。

被プレッシャー率がリーグ2位と強固なプロテクションをもつOLです。LTウィットワースは40歳なのですが年齢を感じさせないフットワークをみせており、チームの中心として活躍しています。前回の対戦ではQBスタッフォードが3回サックを浴びているので、もう少し減らしたいですね。



【守備】
Sフラーが怪我人リスト入り ラップが脳震盪で欠場と先発Sが居ない試合となります。ということでこの試合前に2年前に引退したSウェドルを呼び戻し復帰させました。オールプロ2回 プロボウル6回選出でNFLを代表するSだったので実績は十分です。ブランクがありぶっつけ本番で、この緊急事態に救世主となれるかは注目です。

DLドナルドは12.5サックと高度安定の成績をのこしました。中央からのパワーとペネトレイト能力はリーグナンバー1であることは間違いない。ドナルドがどれだけQBマレーにプレッシャーをかけるかは楽しみです。

EDGEフロイド ミラーもリーグ屈指のパスラッシャーです。チームスタッツではパスラッシュの数字はあまり良くありませんが、試合を見てると迫力があり相手QBには厄介なパスラッシュだと思います。

ラン守備喪失ヤード6位と良い成績ですが。LBジョーンズが怪我人リスト入りでLBの層が薄い状態なのが気にかかります。Sも急造状態ですので、ちょっとラン守備は不安と見ます。

CBラムジーを中心とするパス守備は良いのですが、上記の通りSが急造状態となっており、そこの連携がうまくいくかは不安ありです。これは本当試合を見てみるまではなんとも言えない状態となりそうです。連携ミスでワイドオープン祭りなどにならないことを祈りたい




 勝敗予想 
予想はラムズ勝利とします。

正直お互い終盤あまりいい戦いが出来なかった印象でした。なので不安を抱えた状態でのプレーオフ突入という印象です。得点力の差でラムズに上げましたが、パス守備がほんと連携が心配なんですよね。ぶっつけ本番みたいなものなので、みてみないことにはわからない。ウェドルが全盛期までいかなくても普通にやれる状態であればいいんですがね。