時点でのキャップスペースは  $23,633,118 です。

(2022年のサラリーキャップを$208,200,000と想定して計算しています。まだサラリーキャップが決定してないので若干変わる可能性もあります。)

NFL Team Salary Cap Tracker



フリーエージェント(FA)について
フリーエージェント(FA)には種類があり、主にUFA RFA ERFAがあります。3月に契約が切れる普通のFAはUFAとなります。解雇された場合もUFAとなります。

キャリア3年で契約が切れる選手がRFAとなり、3段階の1年契約で再契約できるものです。

3段階とは
高:5.5Mくらい 1巡
中:4Mくらい 2巡
低:2.5Mくらい その選手のドラフトされた巡

他チームは右のドラフト巡と交換に引き抜きオファーができますが、同オファーで契約しなおせば引き抜きを阻止することも可能となるFAとなっています。

ERFAはキャリア2年で契約が切れる選手で前年と同額で1年再契約ができます。こちらは引き抜き不可です。

他FAの説明についてはこちらにまとめております。


 FA選手一覧


2022FA 02det-001
   制限付きFA(RFA・ERFA)
   2021シーズン終了後解雇された選手
OLの数値はPFFレーティング 先発選手のみ
https://www.pff.com/news/nfl-final-2021-offensive-line-rankings

2022 Free Agents

RFA・ERFA勢は残すとして、UFAではEDGEハリスが残せればいいなぁというところでしょう。今季は7.5サックを挙げチームのサックリーダーとなりました。フランチャイズ指定は厳しいので、年10M前後で契約延長できるといいのですがね。


 FA選手を抜いた選手一覧


 攻撃選手 

2022FA 02det-002


 守備選手 

2022FA 02det-003
    2021シーズン終了後加入選手


 2021チームスタッツ 

2021チームスタッツ-024det


 補強ポイント 

QBをどうするかですが、FAでは取ることはないでしょう。変えるとしたらドラフト指名となるかなと。WRはセイントブラウンが軸となってくれることを期待しつつ、2番手3番手レシーバーをしっかり補強したい。エース級を取って2枚看板というのもいいかもしれない。OLは若手も多いですし、現有戦力+ドラフトで頑張ってほしい。

あとTEホッケンソンの契約が2022年までとなっています。長期契約も視野に入れなければならない。契約がまとまらなければ来年度フランチャイズ指定は間違いないかな。

守備はLB・Sは層が薄いので補強必須です。EDGEはオクワラ CBはオクダなどシーズン序盤で離脱した選手達の復活を期待したい。CB陣はオルワリエ パーカーの成長が楽しみですしね。

ということでFA補強の狙いはWR LB Sとなります。


 カット候補 

2022 Salary Cap

【キャップ-デッドマネー=キャップスペース】

EDGE トレイ・フラワーズ 23.2-12.8=10.4M

《解雇はしないけど、トレード先などがあれば》
QB ジャレッド・ゴフ 31.2-15.0=16.2M
TE T.J・ホッケンソン 6.5-3.1=3.4M

EDGEフラワーズは成績が落ちており、このサラリーでは解雇も止む得ないだろう。これで10Mほどの空きができます。

QB変更を考えるのであれば、ゴフのトレードもあるでしょうけど、30Mのサラリーで引き受けるチームがあるかはなんとも言えません。トレードが成立すれば16.2Mの空きができます。

やったらブーイングが起きそうですが、価値があるうちにTEホッケンソンを売るというのもあるかもしれません。ただTEなのでドラ1をもらうのは難しいかなぁ。